後藤 美保

「二元性」人生に有効活用していますか?

「この世は二元性で成り立っているので反対意見があって当然だ」

と、ある日、悟ったように思いました。

憑き物が落ちたように、自由になった気がしました。

それまでは、反対意見を恐れていました。

自分が否定されることが恐かったんです。

でも「この世は二元性」と腑に落ちたとき、意識がひっくり返りました。

わたしを否定する人もいれば、受け入れてくれる人もいる。

わたしを嫌う人もいれば、好きになってくれる人もいる。

だって、二元性だから。

否定されることや嫌われることに苦しむことがバカらしくなりました。

自分が自分を認め、自分が自分を愛すればいいじゃないか。

二元性に苦しみ、二元性に助けられました。

二元性に抵抗するのをやめよう!

二元性を有効活用し人生を楽しもう!と決めました。

続きを読む


自己卑下する癖ダメ人間と自分をいじめるのはもうやーめた!

自分は劣っていると卑下したり、なにもできないダメな人間だと、ずっと自分をいじめていませんか?

卑屈になったり、蔑んでいませんか?

もう、自分を傷つけるのはやめませんか。

客観的に観ても、いいことは1つもありません。

わたしは筋金入りの自己卑下タイプでした。

人より劣っていると思っているので、当然自信がなく、人の顔色をうかがいながら生きる人生でした。

話があると言われると、瞬時に、ダメ出しをされるんじゃないかと不安に襲われました。

そんな反応が当たり前になっている自分に、自分を生きていない、奴隷のようだと思いました。

なにやってるんだろう!と愕然としました。

目が覚めました。

自己卑下、うんざりです。

自己卑下人生、飽き飽きです。

自分をいじめる人生、やーめた!

自己卑下から抜け出す、シンプルでパワフルな1つの方法をご紹介します。

わたし自身、憑き物が落ちたように、自己卑下から抜け出すことができました。

自信を取り戻し、自分らしく、自分が主役の人生を生き始めています。

続きを読む


「自己否定本当にやめたい!?」ならばこの方法!

自己否定している自分、好きですか?

ここを読んでいるということは、好きなわけないですよね。

自己否定なんか、したくないですよね。

ほんとですか?

やっぱりわたしはダメだと、自己否定して、ホッとしていませんか?

なぜそんな意地悪なことを言うんだろう、と思われたかもしれません。

深層心理で、これが意外に、的を突いていたりします。

本当に嫌だったら、わたし達は必死で変えようとします。

本当に自分を変えたいのか?本当の本当は変えたくないのか?自分に聞いてみてください。

変えたいのであれば、変える方向へ、コマを進めます。

変えたくないのであれば、あらためて自分に聞いてください。

この先、やっぱり変えたくないのか?やっぱり変えたいのか?

自己否定して安心している自分が悪いのではありません。

まだ自分を変えたくないんだ、というのであればそのままでいいんです。

いい悪いでは、ありません。

自己否定したいのか?したくないのか?の選択の違いです。

変える方法がわからず、自己否定のループから抜け出せず、苦しんでいる人。

変えたいけれど、変える勇気が出ない人。

まだ変えられないけれど、変えたいと思っている人。

次にコマに進みます。

続きを読む