【目からウロコ】やりたいことをやる人生の創り方!

やりたいことをやる人生を生きたい!

今までは自分を生きてこなかった。

世の中に合わせ、人に合わせて生きれば、しあわせになると思った。

しかし、いつまで経ってもしあわせにならなかった。

目が覚めた。

やりたいことをやって、自分自身で生きる!

悩んでいる時間がもったいない!

どうすればいい?

どうしたらいいのかわからず、足踏み状態。

やりたいことをやってこなかった人生が長く、やり方がわからない。

結局、面倒くさいって、諦めてしまうのがオチ。

また、元に戻るのか!

先に進もう!

やりたいことをやるってどうやったらいいの?

それは、意外な視点の、驚きの方法だった。

意外な視点の驚きの方法


やりたいことをやるって、とてもわかりやすい生き方です。

なのに、実際、どうしていいのかわかりません。

やりたいことをやる生き方がわからないんです。

それだけ、やりたいことをやってこなかった、ということでしょう。

やりたいことやるということが、自分の人生と結びつかないんです。

それで、考えました。

やりたいことをやるってどういうことなんだろう?

自分軸を取り戻す

そうか!

やりたいことをやるって「自分に軸を戻す」ってことだ!

と、気がつきました。

自分に軸を戻すということは、自分の価値観、自分の心の声に従って生きることです。

わたし達は今まで、他人の価値観や思惑に合わせて、自分の言動を決めました。

他人の軸で生きてきました。

他人の軸=外軸。

それは、やりたいことをやる人生とは、真逆の人生でした。

やりたいことを我慢し、抑え、無視してきました。

やりたいことをやるということは、自分の軸に戻って、本当の自分で生きること。

自分の軸=自分軸。

ありのままの自分で生きること。

やりたいことをやるとき、まず意識することは、自分軸に戻ること。

と、思い至りました。

自分軸に戻れば、自然とやりたいことが出てきます。

どうしたらいいか?なんて、思いもしないでしょう。

外軸に合わせていると、自分のやりたいことが見えなくなるのでしょう。

自分のやりたいことは、自分軸にあります。

自分軸に戻れば、ちゃんとそこにあります。

どうすればいいか自然にわかる、ということです。

自分(軸)を生きる


自分軸で生きる。

自分軸で生きるようになったら、やりたいことしかやらなくなるでしょう。

やりたいことをやろうと決めることは、自分軸で生きると決めること。

自分軸で生きると決めることは、やりたいことをやろうと決めること。

自分軸で生きる!

他人に任せていた人生を、自分に取り戻す。

もう後回しにしない!

もう自分から逃げない!

やりたいことをやって、葛藤のない人生を楽しむことは、わたし達の使命でもあります。

さて、ネガティブ!

やりたいことをやる人生は、わくわく楽しいことばかり、というイメージがあります。

いえ、ポジティブ、happyばかりではありません。

ネガティブが出てくることもあります。

また、一見ネガティブと思われることでも、それをやりたい!と思うこともあります。

なぜか?一言でいうと。

ネガティブには、ポジティブをよりパワーアップする役割があるからです。

ネガティブを活用することで、より人生を思い通りに、よりしあわせになります。

ネガティブは、ここを変えたら上手くいくよ、ということを教えくれます。

例えば、自分では気を遣ったつもりなのに、相手にすごい剣幕で怒られたとします。

✳︎ムカついて相手を責めたけれど、自分に原因があったことに気がつきました。

ここで、外軸から自分軸に戻る、ということが起こっています。

✳︎自分軸に戻ったことで、気を使っていたのではなく、自分の思い通りにしようとしていたことに気がつきました。

✳︎コントロールするのをやめ、相手を尊重し、対等な心地いい関係になりました。

このように、ネガティブは自分を変えることができます。

ネガティブをポジティブに書き換えることで、よりいい人生になり、ポジティブがパワーアップします。

意識が拡がり、器が大きくなる、ということです。

ネガティブは、進化成長させてくれる、超ポジティブな側面があります。

実は、この書き換えは、やりたいことをやることの隠された目的と言えます。

もしかすると、書き換えの方が重要な目的、と言えるかもしれません。

そんなわけで、大きく観たら、ネガティブはおいしい体験と言えます。

ただしそれは、自分軸で、ネガティブと向き合う場合です。

他人に合わせる軸=外軸。

外軸でネガティブと向き合ったら、書き換えることができず、ネガティブから抜け出せません。

意識は萎縮したまま、不安や恐怖に縛られています。

自分軸のときだけ、自分を変えられます。

恐怖は幻


みなさんも経験値で知っていると思います。

問題が起こったときにこそ、自分を変えられること。

ショックが大きいほど、自分を大きく変えられること。

平穏なときは、自分を変えようと思いません。

しかし、自分らしく生きていないので、この人生でいいのか問い続けているはずです。

漠然としたモヤモヤに、すっきりしないでしょう。

平穏なときは、そこにメスを入れません。

問題が起こって初めて、自分と向き合うことになります。

問題が解決すると、多くの場合、また元通りになります。

根本解決していないので、また同じ問題が起こります。

自分を変えるのは恐いから、自分と向き合うのを避けます。

なぜ恐いのか?

自分軸で生きると恐いと思わされているからです。

幻の恐怖に縛られています。

なので、やりたいことをやることができません。

どうしたらいいかさえも、わからなくさせてしまいます。

さいごに


まずは、自分軸に戻ることです。

やりたいことをやっても、恐いことはありません。

恐いことが起きるのは、外軸にいるときです。

わたし達は、自分軸にいても、すぐ外軸に戻ってしまいます。

実は、外軸にいるときこそが、恐怖の中にいるのです。

自分軸に戻るのは恐いと、恐怖の中にいながら、恐がっているんです。

不安や恐怖から抜け出す方法は、自分軸に戻ることです。

カラクリ、観えてきましたか。

やりたいことをやる人生!

今です!


★自分軸読者への特別特典★後藤美保無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント後藤美保が無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。