人と比べるのをやめると驚くほど人生が変わる!実体験より

人と比べないにはどうしたらいいのか?「選択しない」方法』を書いた。

その9ヶ月後の年末年始、人と比べないことがどんなにしあわせか、実体験をした。

あまりにも心地よかったので、その実体験を通して、人と比べないことをあらためて考えた。

わたし達は、いつもいつも人と比べ、苦しんできた。

人と比べるのはやめようと思っても、またすぐ人と比べ、苦しんでいる。

幼少の頃から、優劣の優を求められ、競い合い育ったので当然だ。

あらゆる場面で、優越感を得るか?劣等感に陥るか?のどちらかを体験してきた。

優越感を得るとき、同時に、劣等感に陥る人がいる。

つまり、優越感を得るには劣等感に陥る人が必要だ、ということだ。

比べることで得るしあわせは、本当の喜びと言えるだろうか?

真に満たされるだろうか?

また、常に、劣等感に陥る恐怖に脅かされている。

人と比べないとき、恐怖や不安は消える。

人と比べるのをやめると驚くほど人生が変わる!

その方法とは。


ー目次ー
人と比べていないからだ!
あれ?ネガティブな感情が出てきた!
気がついたら人と比べなくなっていた
スピリチュア大学の学び
訂正!
さいごに

人と比べていないからだ!

クリスマス、忘年会、大掃除、年賀状、餅つき、年越し蕎麦、買い出し、お節料理。

年末は、一年に感謝し清々しく新年を迎えるために、やることがいっぱいある。

主婦であるわたしの、最も忙しいときだ。

この時期、毎年、追い立てられていた。

時間に追われ、やらなくてはならないことに追われていた。

大晦日が近づくと、焦りや不満、年末年始独特のヒステリーのような苛立ちが出てきた。

しかし、この年末年始は違った。

追われることなく、心穏やかに楽しく、自分のペースで1つ1やり遂げることができた。

ありのままの自分で、穏やかで、楽しかった。

自然と、感謝が湧き出てきた。

とても心地よくしあわせだった。

この心地よさやしあわせ感はどこからきているんだろうと考えた。

人と比べていないからだ、と気がついた。

人と比べていないからだった。

人と比べないと、こんなにも心地よくしあわせなことに驚いた。

完璧にすべてをやり遂げたから、いつもの年末年始よりアップグレードしたから、しあわせだったわけではない。

逆だった。

人と比べない意識になっていたので、不要だと思ったことは削り、シンプルになった。

不思議なもので、シンプルになったけれど、今までで一番満足した豊かな年末年始だった。

人と比べないので、自分の年末年始を心置きなく楽しめた。

今までで一番満ち足りた、年末年始だった。

あれ?ネガティブな感情が出てきた!

そんな快適な年末年始を過ごしたお正月3日目、不快な感情に覆われた。

原因はなかったのに、心が曇った。

なんでだろう?とその原因を探った。

人と比べていた。

みんなはもっと楽しんでいるんじゃないだろうか。

それに比べてわたしはなにもしていない。

自分はつまらない人間だと、人と比べてネガティブに陥っていた。

人と比べたことが原因だったと気がついて、すぐ人と比べるのをやめた。

人と比べるのをやめたら、不快な感情はなくなった。

人と比べると自動的にネガティブになることを痛感した。

人と比べているときと、比べていないときの、心地よさの違いを明確に体感した。

気がついたら人と比べなくなっていた

わたしは『ニチメコ』で、13年以上、この世の仕組みを学び続けている。

この世の仕組みを活用し、なりたい自分や望む人生を叶えるために、日々取り組んでいる。

余談になるが「人と比べない」ということは、この世は「自分しかいない」ということとも、つながっている。

「人と比べない」「自分しかいない」をマスターしたら、人生は全く違ったものになる。

人と比べるのをやめる方法は、冒頭にも書いたけれど、『人と比べないにはどうしたらいいのか?「選択しない」方法
に、ニチメコで学んだことを書いた。

人と比べるのをやめる参考にしていただければと思う。

わたし自身、実践し続け、気がついたら人と比べなくなっていた。

と言っても、100%、人と比べなくなったわけではない。

以前より比べなくなった、ということだ。

パーセンテージを上げていくために、これからも取り組み続ける。

学びに終わりはない。

スピリチュア大学の学び

人と比べなくなった体験ができたのは、ニチメコで時間をかけて学んできたからだ。

長い間、取り組み続けてきた。

自分を根本から変えるには、それなりの時間がかかる。

ニチメコの学びは、リバウンドしないダイエットのような学び、と感じる。

なぜかというと、根っこに焦点を当てているからだ。

枝葉に焦点を当てない。

枝葉に焦点を当てるのは、一時しのぎ、その場しのぎの解決方法だ。

根っこが変わらなければ、一時的に問題が解決するだけで、結局また同じ問題が起こる。

根っこを変えれば、同じ問題は起こらない。

根っこを変えるということは、相手ではなく自分を変える、ということだ。

人を変えることはできない、自分が変わらないと相手は変わらない。

同じ意味として、相手を変えるには自分が変わるしかない。

つまり自分を変えないと(根っこを変えないと)問題は解決しない、ということだ。

ニチメコの学びのすごいところは、徹底的に根っこを変える取り組みをしているところだ。

訂正!

ニチメコの学びはリバウンドしないダイエットのようだ、と書いたけれど訂正する。

正確な表現ではなかった。

リバウンドはする。

だけれど、リバウンドはリバウンドでも、リバウンドの中身が違う。

枝葉だけを変えるリバウンドは、エンドレスのリバウンドだ。

リバウンドを繰り返す。

体重が減ったと喜んだら、しばらくして元に戻る。

また体重を減らす。

喜んでいたら、しばらくしてまた元に戻る。

その繰り返し。

根っこを変えるリバウンドは、リバウンドはするけれど、リバウンドしながら確実に体重は減っていく。

体重が減ったと喜んだら、しばらくすると少し戻る。

だけれど、元の体重までは戻らない。

また体重を減らす。

喜んでいたら、しばらくして、また少し戻った。

けれど、前回戻ったときの体重には、戻らない。

つまり、行きつ戻りしながらも、体重は下がっていっている。

表現が上手ではないかもしれないけれど、そんな違いがある、という感じ。

ニチメコで学んでいることは、ほんとうにすごい。

本物の学び、と本当に、そう感じる。

同じ内容を学べるところは他にもあるだろう。

どこで学ぶのかではなく、どういうことを学ぶのか、が肝心だ。

さいごに

『人と比べないにはどうしたらいいのか?「選択しない」方法』は、電化製品でいったら取り扱い説明書みたいなものだ。

「比べる」ことに対しての、あらゆる機能が書かれているようなものだ。

この『人と比べるのをやめると驚くほど人生が変わる!実体験より』は、実際に電源を入れて電化製品を使い、その恩恵を受ける使用編ということになるかな。

人と比べないということは、自分を全肯定する、ということ。

自分は自分、人は人と心底から思えるようになり、自分も相手も尊重できる。

当然、人と自分を比べなくなる。

「比べる」には「時間」が関わってくる、と感じた。

なにかをやるとき、わたしたちは時間と競争しているようなものだ。

時間内に終わらせようと、時間を意識して行動する。

人と比べなくなり自分のペースを保っているとき、おもしろいことに気がついた。

時間に追われるのではなく、時間を追っている感覚になった。

時間を追う方が、自由であり、コントロールする面白さを楽しめる。

わたしが伝えたいことは、ただ1つ。

人と比べなくなるとこんなに心地いいんだよ、ということ。

人と比べているといつまで経っても苦しみから抜け出せないよ、ということ。

人と比べることに人生の大半を費やす?

苦しみを選択し続ける?

誰でもない自分が決めること。

ここが変わったらどんな人生になるだろう。

人と比べる自分を責めるのではなく、それよりも未来に向こう。

逆活用して、より豊かに生きよう。

人と比べない生き方に方向転換していくと、人生は変わる!

人と比べない心地よさを日々の生活に取り入れると、現実は変わる!

人と比べないということは、本来の自分自身を取り戻すといういこと。

それは、わたし達が一番生きたい生き方、ではないだろうか。


2021年3月グランドオープン特別無料ご招待!!

この自分軸を書いた仲間たちが体験したように…。


ニチメコあなたの人生のステージを引き上げる学び体験してみませんか?



 

今、ニチメコの無料オープンクラスに登録すると・・・



すべて無料で受け取れます。


▼▼▼


ニチメコは、いつも心が穏やかで毎日幸せを感じる真の自由自分らしさを手に入れたい人を応援します!

SNSでもご購読できます。