後藤 美保

過去は変えられる!過去が変わると未来が変わる!

過去は変えられるということは、驚くことではありません。

わたし達は日常生活の中で、普通に過去を変えています。

気がついていないだけで、ずっと過去を変え続けて生きています。

どういうこと?

自分を変えたい、人生を変えたいと思ったとき、過去を変えています。

なぜなら、自分の思いが現実を創るというこの世の仕組みがあり、過去が未来を創るからです。

つまり、過去を変えないと未来を変えられないことを、どこかで知っているからです。

でも、過去が変わること自体あり得ない!

そうです、過去に起こった出来事は変えることはできません。

ただ、過去に起こった出来事に対する見方は、いつでも自由自在に変えられます。

見方を変えるということは、その出来事に対して出てくる思考感情=思いが変わる、ということです。

例えば、Aさんに酷い仕打ちをされた過去の体験があったら、未来はAさんを憎み嫌っているでしょう。

ところが数ヶ月経ったとき、Aさんは私のことを思って悪者になっててくれた恩人だった、ことに気がつきました。

気がついた後の未来は、Aさんに親しみを持ち好きになっている、に変わっているでしょう。

過去の出来事は変わっていませんが、過去の出来事から出てくる思考感情が変わったことで、過去が変わったということです。

過去が変わったので未来も変わりました。

過去を変えると未来は変わる、とはこういうカラクリです。

ざっくりとした例でしたが、なるほどーやってるわーと思われたのではないでしょうか。

このカラクリを腑に落とし、意識的に活用することで、望む未来を創ることができます。

過去は変えられる!更に深めていきましょう。

続きを読む


自己肯定感が低い!悩みはこの方法で解決!

「自己肯定」は人生の核を成すキーワードの1つといっていいでしょう。

自己肯定感が人生に与える影響は、壮大なものがあります。

自己肯定できているときはポジティブなので、なにをやっても楽しいし、悩むこともなく楽です。

人生も良くなっていくし、いいことばかりです。

しかし、わたしたちは、自己肯定することが難しいと思いませんか?

自己肯定できないのは、自己否定しているからです。

自己肯定したいのに、自己否定をやめられないんです。

なんで自己否定をしてしまうのか?なぜ自分を肯定できないのか?

ミステリーです。

当たり前ですが、自己否定している限り、自己肯定はできません。

自己否定には、驚くほどの吸引力があります。

自己肯定しようと思っても、自己否定する自分に引っぱられてしまうんです。

挙げ句の果ては、自己肯定すること、本当の自分で生きることをあきらめてしまいます。

自己否定はそこまで影響を及ぼします。

あきらめたくないですね!

自己否定をやめ自己肯定するにはどうしたらいいんでしょう。

わたし自身の体験をシェアしながら考えていきたいと思います。
続きを読む


「心が折れそうなとき」自分を責めないで乗り超える方法

心が折れそう・・・誰か助けて!

心が折れそうでどうしようもないとき、心の中で叫んでしまいませんか?

助けてくれる人がいるわけでもないし、信心深いわけでもないけれど、何者かにすがりたくなります。

誰もがみな体験しています。

心が折れそうな自分を否定したり責めなくて大丈夫です。

明けない夜明けはないといいますが、本当に毎日朝がきます。

そうです、ずっとそのままではありません。

どん底に足がついたら、足をポンと蹴って浮き上がるようになっています。

そうは言っても渦中にいると、抜け出せる気がせず、二度と体験したくないと思うほど辛く苦しいです。

まずは、心が折れそうな自分をやさしくハグしてしてあげてください。

それから、立ち直る方法を考えましょう。

心が折れるぐらい辛い体験をしないと、自分を変えられないかもしれません。

ピンチはチャンス!

人生を好転させる絶好のタイミング!その方法をご紹介ます。

続きを読む