「心が折れそう」な自分をそのまんま受け入れハグしよう

心が折れそう・・・誰か助けて!

心が折れそうでどうしようもないとき、助けてくれる人がいるわけではないのに、心の中で叫んでしまいます。

信心深いわけではないのに、神様にすがりたくなります。

心が折れそうになることは、誰もがみんな、経験していることです。

自分を否定したり責めなくて大丈夫です。

明けない夜明けはないと言いますが、本当に毎日朝がきます。

底に足がついたら、足をポンと蹴って、浮き上がるようになっています。

ずっとそのままではありません。

とはいっても渦中にいると、こんな思いは二度としたくない!と思うくらい、辛く苦しいいです。

この不快さから早く抜け出したい、と心底思います。

まずは、心が折れそうな自分を許してあげてください。

やさしくハグしてしてあげてください。

それから、立ち直る方法を考えましょう。

人は、辛いからこそ、自分を変えようとします。

心が折れそうになるって、すごく嫌だけれど、人生を好転させるチャンスにできます。

ピンチになったからこそチャンスにできる!その方法をご紹介ます。

ー目次ー
強運な人でも心が折れそうになる/a>
負けることができる人は強い人
受け入れたことで得るもの
必ず立ち直れる
生きているだけで丸もうけ
やりたいことはあきらめない
自分を生きる
心が折れそうを好転させる方法
まとめ  

 

強運な人でも心が折れそうになる


羨ましいほど強運の持ち主であっても、心が折れそうになります。

強運の持ち主は、心が折れそうになるたびにチャンスに変え、ますます強運になっていくのかもしれません。。

心が折れそうなとき、自分だけが・・という思いが、ネガティブにより拍車をかけます。

自分は孤独だと心を閉じていきます。

自分だけじゃない、みんなも苦しんでいると思うと、不思議と心が軽くなるものです。

誰もがみんな、心が折れそうになっては立ち直り、その体験がその人の魅力になるんでしょう。

いいんです、心が折れそうになっても。

そんな自分を許してあげてください。

心が折れそうになっているなあって、その自分を、認めて受け入れてあげてください。

心が折れそうで辛い自分、孤独で悲しい自分、惨めだと思っている自分。

その、そのまんまの自分を、許して認めて受け入れてください。

わかるよって、ハグしてあげてください。

それが、心が折れそうになった自分が、一番求めていることかもしれません。

心が折れそうになったら、なによりもまず、ありのままの自分を認めて受け入れてください。

実は、これがなかなかできないんです。

しかし、自分を許し認め受け入れることができたら、そこから変化が起こります。

次の段階に進む準備が整いました。
 

負けることができる人は強い人

心が折れる自分を受け入れることは、自分の負けを認めること、だから抵抗があるかもしれません。

負けることを、恐がっていませんか?

負けてはいけないと育ってきたから、当然といえば当然です。

負けると価値がない、のけ者にされる、という生存本能の危機の恐怖かもしれません。

負けてもいいじゃないですか。

負けたことで得るものを得たら、勝ち組です。

(本当は勝ち負けはないんですけどね)

本当に強い人とは、負けることを恐れない人です。

勝ち負けに捉われないで、ありのままの自分を受け入れている人が、真に強い人です。
 

受け入れたことで得るもの

負けた自分を受け入れたとき、負けてもなにも変わらないことに気づくしょう。

恐いことはなにも起きないことに気づくでしょう。

それどころか、強い自分になったことに気づくでしょう。

心が折れそうな自分を許し認め受け入れることは、負けを認めること。

負けを認めたら、強い自分になっていた。

やさしいは、強い人です。

人や物事を受容する心が広くなり、人間としての器が大きくなります。

器が大きくなると、幸運の器も大きくなります。

器の大きさに比例した幸せが約束されます。

幸せになるために生きているわたし達は、本能的に、器を大きくしたくなるのでしょう。

強運の持ち主とそうでない人の違いは、心が折れたあとの対処の違い、だけかもしれません。
 

必ず立ち直れる

心が折れても、必ず立ち直ってきたと思います。

立ち直るたびに自信がつき、自分らしい生き方に変わっていませんか。

人生は常に変化しています。

変わらないでいることは不可能です。

心が折れそうな状態でいられない、ということです。

明けない夜明けはない、必ず朝になる、わたし達はそういう法則の中で生きています。

心が折れる→心を立て直す→器が大きくなった→心が折れる、、、この繰り返しが人生と言っていいでしょう。

心が折れるときは、自分の器を大きくするチャンスです。

自分を変えるチャンスであり、幸せになるチャンスであり、望む人生を叶えるチャンスです。
 

生きているだけで丸もうけ

娘さんを「いまる(生きてるだけで丸もうけ)」と名付けた、明石家さんまさんの話は有名です。

生きているだけですごい!ことを知っていますか。

生きているだけで、わたし達は、すごいことを成し遂げているそうです。

生きているだけですごいんだよ、って自分に伝えませんか。

わたしは生きているだけで素晴らしい!

このことを共有したくなりました。
 

やりたいことはあきらめない

ちょっと視点を変えて、こんな話をさせてください。

心が折れそうになっても、やりたいことはあきらめないでください。

こんな自分では叶うわけがないと、あきらめてしまうと、いつまでたっても叶いません。

やりたいことを叶える途中で心が折れるのは当たり前だ、くらいに思ってください。

本当にそうなんです。

心が折れてしまうか、折れそうになっても立ち直るかで、叶うか叶わないか決まります。

心が折れたらその手当をして、決してあきらめず、叶えてください。

願い続ければ必ず叶います。

この世は、自分の一番強く思ったことが現実になる世界です。
 

自分を生きる

心が折れそうになると、自分はダメだと、自信がなくなります。

自分の価値観で生きる自信がなくなり、人の価値観に合わせ、自分を生きない人生を選びます。

自分の人生に責任を取らなくていいからです。

自分がダメなことを人のせいにでき、傷つかないからです。

いえ、反対かもしれません。

自分を生きていないことに、傷つくのかもしれません。

わたし達は、そんな生き方を望んでいないはずです。

心が折れそうになったとき、自分の価値観で生きていないときかもしれません。

自分の価値観で生きていたら、心が折れそうになる出来事が起こっても、勝ち負けで判断しません。

生きる軸がズレていることを教えてくれている、軌道修正してもっといい人生にしよう、と思うだけです。

心が折れそうになったら、もっと幸せになるチャンス!ってワクワクして、もっと幸運になるでしょう。

心が折れそうを好転させる方法

心が折れそうになったとき、どんなネガティブな思考感情が出てきましたか?

「自分はダメだ。なにもできない役立たずの人間だ」と、自分を責める思考感情が出てきたとします。

そのネガティブな思考感情を、ポジティブな思考感情に変換すると、人生が好転します。

その具体的な方法をご紹介します。

①自分の中にあるネガティブな思考感情に気づく

ネガティブな出来事が起こったとき、ネガティブな思考感情が出てきます。

自分の中からどんな思考感情が出てきたか、その思考感情を見つけ出します。

「自分はダメだ。なにもできない役立たずの人間だ」の場合、自己否定、被害者意識、無価値感が出てきました。

②ネガティブな思考感情を手放し選択しない

ネガティブな思考感情に気づいたら、やってほしいことがあります

「自分はダメだ。なにもできない役立たずの人間だ」と自分を責めている自分がいることを、認めて受け入れます。

ここはとても大事です。

負けを認めて受け入れると同じで、そういう思考感情がある、ありのままの自分を認めて受け入れます。

しっかり認めて受け入れてください。

③そのネガティブな思考感情を手放し選択しない

では次に、自分の中から出てきたネガティブな思考感情を手放します。

その思考感情を自分から切り離すイメージです。

「自己否定、被害者意識、無価値感を手放します!」と強く口に出したり、強く心の中で意図したり、その感情を自分から切り離し手放すイメージをします。

手放すとは、その思考感情はこの先の人生で選択しない、ということです。

自己否定、被害者意識、無価値感のネガティブな思考感情はもう選択しない、ということです。

お気づきかもしれませんが、1度では手放せません。

繰り返し、何度も手放す必要があります。

④ポジティブなイメージをする

手放したら、そこに空間ができる、とイメージしてください。

その空間に、なりたい自分になって喜んでいるイメージ、叶えたいことが叶って幸せを感じているイメージを入れます。

自分を全肯定して喜びを感じている幸せな自分。

被害者意識とは無縁で自分が大好きな自分。

自分を信頼し自信にあふれている自分。

すでにそうなっている、ポジティブな自分をイメージします。

この世の法則は、今ここで感じていることが、未来になり、現実を創ります。

心が折れそうになっているネガティブな思考感情を、ポジティブな思考感情に入れ換えました。

これで、ネガティブな現実から、ポジティブな現実に変換されます。

①~④は、心が折れそうになったことをチャンスにし、人生を好転させる方法です。

自分の望みを叶える方法でもあります。

まとめ

心が折れそうになることを恐がらないでください。

自分を否定したり、責めないでください。

どんなに強運で輝いている人でも心が折れそうになります。

みんな同じです。

この世は常に変化するという法則があります。

どん底にい続けることは不可能です。

どん底までいったらあとは浮き上がるだけです。

安心してください。

心が折れそうになっても必ず立ち直ります。

心が折れそうになったときは、自分をアップグレードできるチャンスであり、人生を好転させるチャンスです。

心が折れそう→心を立て直す→自分の器が大きくなる→器の大きさと比例した幸運に恵まれる。

器が大きくなると、叶えられる夢の規模が大きくなります。

心が折れそうになっても、やりたいことをあきらめないでください。

心に思い続けることが現実になります。

自信がなくなり、心が折れそうなとき、生きているだけですごい!と自分に言ってあげてください。

心が折れても、自分自身の価値観で生きることを放棄しないでください。

自分を生きないことは、自分を最も傷つけることです。

せっかく、心が折れそうになって苦しい体験をしたんです。

①〜④で、ネガティブからポジティブに現実を変換してください。

パワーアップして、最高の人生を楽しみましょう。

チャンスをゲットし、なりたい自分、心から望む人生を叶えてください。

心が折れそうになっても、生きてるだけで丸もうけ!


SNSでもご購読できます。