【人生を楽しむ】しあわせ達人に聞いた10のコツ

生まれたら 死ぬ時がくる
出会えば 別れる時がくる
笑えば 泣く時がくる
だから 息子よ
生きることを楽しむのだ
それだけが生きる理由なのだ

韓国ドラマの中のセリフです。

「生きることを楽しむ、それだけが生きる理由」なんて、なんと素晴らしいでしょう。

いいことも悪いことも、すべてを楽しみたいと思っているわたしは、心打たれました。

人生を心から楽しもう!と新たに決意したときの、燃えるような高鳴りは、今でも忘れられません。

わたし達は、楽しむことが大好きなのに、楽しむのがヘタクソだと思いませんか?

それどころか、人生を楽しむ方法を知らないかもしれません。

すべてのことを心から楽しんでいる、しあわせの達人、と思う人がいます。

その達人に、人生を楽しむ10のコツを聞きました。

すぐには真似できないかもしれません。

しかし、人生を楽しむことを探求したら、いずれ行き着く10のコツです。

コツを知るだけでも、人生を変えるチャンスをもたらすでしょう。できることから始めてみませんか?

1.人生を楽しむと決める

最初にやってほしいことがあります。

自分に、人生を楽しむことを許可してください。

人生を楽しむ!と決め、自分に宣言してください。

宣言すると、その方向に人生が動き始めます。

宣言は、意図と同じです。

わたし達はどんなときも、行動する前には、なんらかの意図をしています。

その意図が、人生の方向を決めます。

2.自分を解き放し自分軸で生きる

自分が自分に枠を設けない。

自分で自分に制限をかけない。

自分が自分を縛らない。

自分の自由を自分が奪わない。

わたし達は今まで、こうでなければならないという世間一般の常識や価値観に縛られ、人の目を気にして生きてきました。

そのように、自分以外の他人の価値観を軸に生きることを、外軸(他人軸)といいます。

本当の自分ではない生き方です。

自分の価値観や、自分の心の声に従って生きることを、自分軸といいます。

本当の自分で生きる生き方です。

自分を解き放し自分軸で生きるとは、外軸から自分軸に変えて、本当の自分で生きようということです。

これは、大変勇気のいることです。

今まで当たり前のように、そうするものだと、外軸で生きてきました。

問題が起こらず、無難に過ごせましたが、どこかに葛藤や不満がありました。

そう、楽しくなかったです。

本当の自分で生きられないのに、楽しいはずがありません。

自分軸で、本当の自分で楽しく生きようということです。

少しずつ、自分軸で生きる時間を増やしていきましょう。

枠や制限をかけて不自由にしていたのは、誰でもない自分自身です。

だから、自分自身で解除できるし、自分自身でしか解除できません。

長年愛用していたので、かなり強固な鎖になっていますが、必ず解除できます。

少しずつ外れていき、気がついたら、自由になっていることに気がつきます。

3.ありのままそのままの自分を受け入れる


自分を全肯定します。

どんなに嫌いな自分であっても、その自分を100%認めて、100%受け入れます。

最初は、100%は難しいと思います。

100%に近ければ近いほど良し、としましょう。

ありのままの自分を認めて受け入れましょう、ということです。

ありのままの自分を認めて受け入れることで、自分を縛っていた鎖が解けます。

が、これ、なかなか難関です。

ネガティブな自分は受け入れ難いからです。

最初は、受け入れられないでしょう。

しかし、ありのままの自分を受け入れることができたら、驚くように人生は変わります。

自分の望む、心から楽しい人生になるでしょう。

1つ1つ、ありのままの自分を受け入れていきましょう。

そして、ありのままの自分を認めて受け入れることができたら、次にやることがあります。

ありのままの自分を肯定した状態で、なりたい自分を意図します。

こうなりたいと!自分が望む自分をイメージします。

例えば、嫉妬している自分がいるとします。

嫉妬している自分を醜いと思い、そんな醜い自分を受け入れることが出来ませんでした。

でも、自分を嫉妬から解放するために、嫉妬があることを認めて受け入れました。

嫉妬から自分を解放しました。

解放した後、嫉妬した相手のいいところを素直に認めて心から讃える自分になりたいと思い、その自分を意図します。

すでにそうなっているポジティブな自分を強くイメージし、意図することがポイントです。

わたしはそうなる!と、100%信じてイメージできたら、叶います。

叶ったら、当然、人生楽しくなります。

4.自分を愛する

わたし達は、今まで、世間一般の常識、価値観に合わせて生きてきました。

自分の価値観、心の声は無視して、窮屈で苦しくても我慢して生きてきました。

自分を抑え、我慢できるときは、まだよかったです。

楽しく生きようと思えば思うほど、ギャップが生じ、苦しさは増していきます。

人の価値観に合わせて生きることに、耐えられなくなります。

しあわせの達人は、なにより、自分を大事にします。

自分を大事にすることが、人を大事にすることだと知っています。

自分を大事にできないということは、人も大事にできないということを知っています。

それは全然楽しくありません。

しあわせの達人は、自分の価値観で生きることを選択した人です。

自分を愛し、人を愛し、人に愛されることを選択した人です。

人生を楽しむことに欠かせないことは、自分を愛することです。

ありのままの自分を認めて受け入れることも、自分を愛することです。

自分を愛することができないとしあわせになれないことは、誰もがわかることでしょう。

しあわせと楽しいは、セットです。

自分を愛することも、なかなかの難関です。

わたし達は、いかに自分を嫌っているか、この取り組みをするとよくわかります。

でも、自分を愛するって、うれしい取り組みです。

5.今ここを100%楽しむ

人生は、今ここ、の連続です。

今ここを、100%楽しみましょう。

そうしたら、人生は楽しい!の連続です。

今ここには、ネガティブは存在しません。

なので、今ここを生きていれば、ポジティブだけの人生になります。

しかし、わたし達は、すぐ過去や未来に意識を向けます。

過去の体験から不安や恐れを引っ張り出し、未来への不安を募らせます。

過去や未来に意識がいくと、不安や恐れから、ネガティブな思考になってしまいます。

楽しい気持ちの反対です。

今ここに、意識を戻しましょう。

今ここに意識を向け、楽しいポジティブな意識を保ちましょう。

6.ネガティブも楽しむ

ネガティブな出来事であろうが、ポジティブな出来事であろうが、分け隔てなく100%楽しむことができるようになると上級者です。

なかなかできないですが、これができるようになると、人生は楽しいことしかないです。

ポジティブな出来事は楽しめるけれど、ネガティブな出来事は楽しめないのが、今まででした。

人生を楽しむには、ネガティブも楽しむ器になりたいです。

二元性のこの世界では、ネガティブも起こります。

心を重くする憂鬱な出来事であっても、楽しもうという気持ちで、その出来事に向き合いますです。

ネガティブな出来事は、辛く苦しいだけではありません。

見方を変えると、最高のギフトに反転します。

ネガティブな出来事は、自分を縛っている鎖に気づかせてくれます。

自分を解放できる、ありがたいチャンスです。

ネガティブな出来事は、自分を解放する、というポジティブな体験に反転します。

自分を解放すると、人生を楽しむ器が大きくなります。

人生を楽しむ達人へ、大きく近づきます。

7.好きなことをやる

自分の好きなことをやるということは、よく知られていることです。

ただ、行動に移せているでしょうか?

好きなことをやりたいと思っているだけで、好きなことをやっていない、のが実情ではないでしょうか。

自分の好きなことをやる。

このことを、今一度、自分に問うてみませんか?

8.完全完璧、満たされている

わたしたちは、今この瞬間、すでに完全で完璧です。

いつも愛に満たされています。

わたし達はすでに満たされているのに、満たされていないと思ってしまう生きもの、と言っていいでしょう。

満たされていないと思い、満たそうと、躍起になります。

ところが、いつまで経っても満たされません。

なぜなら、満たされたいと願うということは、満たされていないと思っているからです。

心の奥で思うことが現実になる、という法則があります。

心の奥では満たされないと思っているので、満たされない現実が起こります。

心の奥で、満たされていると思わない限り、満たされません。

わたしたちは、いつも完全完璧です。

いつも愛されています。

いつも満たされています。

このことを100%信じると、当然の結果として、愛され満たされます。

9.笑顔を常に携帯

笑いは、人生を楽しむ最高の極意です。

笑顔は、最強のポジティブエネルギーです。

笑顔は、幸運を運んできます。

笑顔が身についている人は、すでに人生を楽しむ達人です。

ただし、ネガティブの笑いにはご用心。

人を馬鹿にする笑いがそうです。

自分を誤魔化して笑顔を創ることもあります。

ネガティブの笑いは、ネガティブを引き寄せます。

笑いはポジティブと思われているので、ネガティブの笑いには気づきにくいです。

心の奥から、屈託なく、大笑いしたいです。

10.極意は力を抜くことなり

力の抜けている人が一番強い、ということを聞いたことがあります。

武術の達人が「一番強い人は書道家だ、一番力が抜けているから」と言ったときは、驚きました。

力を抜く方が自分の力を発揮できる、ということですね。

人生を楽しむ極意は、力を抜き、心を開くことかもしれません。

心を開いたところに、ネガティブが起こりようがなく、笑顔しかありません。

10のコツ、いかがでしょうか。


★自分軸読者への特別特典★後藤美保無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント後藤美保が無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。