CATEGORY

自分軸

  • 2022年3月24日
  • 0件

戦争体験者の証言から感じたこと➕心の中の戦争を考えた

テレビで「戦争体験者が証言する」ドキュメント番組を観た。 80歳後半、90歳の方々が、重い口を開く。 戦争体験を語ることは、どれほど勇氣がいったことだろう。 口を開き語るまで一生涯かかった、その戦争体験とは、、、。 戦争がどういうものであったか、その証言から知ったことを、わたし自身の人生と重ねて考え […]

  • 2022年3月25日
  • 0件

世の中矛盾だらけ…気づいた人に奇跡が起きだすPoint3

この記事に辿り着いたあなたは… この世の中の、なにがしかの矛盾や理不尽さに嫌気がさした?!もしくは「なんかこの世の中間違ってない?」と思ったからに違いありませんね?^^ 「あの人、言ってることとやってることが違うじゃない?!」から始まり、あなたがもし私と同じく誰かのママだったら、子供の幼稚園や学校の […]

  • 2022年3月27日
  • 0件

生き方が変わった!日常スピリチュアルの簡単3ステップ

毎日が同じことの繰り返しでつまらない。もっと刺激が欲しい。人生を楽しみたい。こんな生き方しかできないなんて嫌だ。あなたはご自身の生き方について、どんなふうに感じ考えていらっしゃいますか? 生き方は人それぞれです。家族との時間を大切にする生き方や、仕事中心の生き方、趣味に没頭する生き方もありますね。 […]

  • 2022年3月27日
  • 0件

自分を大事にする3ステップがオリジナルの幸せに繋がる

最近やる気が出ないし疲れやすい。いつも気怠いし元気がない。このような原因不明の倦怠感は、自分を大事にすれば軽くなると言われています。今、あなたは自分を大事に生きている自信はありますか? 自分のことよりも人のことを優先してしまう。自分はいつも後回しで置き去りになっている。それが当たり前だと思い込んでい […]

  • 2022年5月8日
  • 0件

自分軸とは何か?他人軸から自分軸に変えて良かった4つの事

気持ちをわかってもらえなくて辛い。本当はやりたいこと、言いたいことがあっても、つい人に合わせてしまって苦しい。 そんな生き方を変えたいというあなたへ自分軸をお勧めします。 自分軸とは、あなたの中心に置いている軸(信念)のことです。つまり、その軸があなたの生き方を決めています。 他人軸で生きる人は、常 […]

  • 2022年3月24日
  • 0件

人の目が気になる!自分軸でのびのび生きるための3つのヒント

「人の目が気になる」、「人の目を気にしてしまう」という感覚は少なからず、誰にでもあると思います。でも、それが度を過ぎると、とても生きづらくなっていきますね。もしかしたら、あなたは自分が回りからどう思われているか気になって悩んでいるのでは? 今回は、人の目を気にしないで自分軸でのびのびと生きるためのヒ […]

  • 2022年3月15日
  • 0件

人間関係のストレスを癒しに変える3つのコツと自分軸

「人間関係って本当にストレスだよね!」 空気が読めない上司、ミスを繰り返す部下、煮え切らない旦那、イライラする妻、言う事きかない子供。 思い返すだけで「はぁ~~~~」とため息。 これじゃ人生楽しくない! って、そりゃごもっともです。 ところで人間関係のストレスを抱え続ける人達の共通点ってご存知ですか […]

  • 2022年5月9日
  • 0件

自分を見失うとき 本当の自分を取り戻す3つの方法

あなたは自分を見失ったと感じた事がありますか? 自信がなく、情緒不安定な状態に陥った事はありませんか?   人間として生きていたら、自分を見失って落ち込んでしまうサイクルが必ず訪れます。 自分を見失うとは、読んで字の如く「自分の現在の状態が、本来とは異なる」状態の事です。 私は、この状態が […]

  • 2017年7月7日
  • 0件

自分を変えたい!芯のある人になりたい人の自分軸の作り方

いつも流されてばかりで、自分で決めることができない。 あああ、どうして私はこんなに優柔不断なんだろう… こんな自分を変えたい!! って思っているあなた。 これ、この先の人生も延々と続きますよ。 なぜだかわかりますか? 変わりたいのに変われない。 あなたが『変わらない』という選択をしているからです。そ […]

  • 2022年3月24日
  • 0件

「心の傷」を癒すためのシンプルでもっとも有効な1つの方法

「傷ついた」体験、いっぱいあると思います。「心の傷」になっていませんか? 心が傷ついたことを「トラウマ」と言ったり、傷ついた子ども時代の自分を「インナーチャイルド」と表現したり、「アダルトチルドレン」という言葉もあります。 わたしたちは「心の傷」を持ちながら生きている、と言ってもいいですね。過去の「 […]