ネガティブ「克服」の本当の意味とは

もしかしたらわたし達は、ネガティブに陥りたくないと、ネガティブを恐れながら生きているかもしれません。

あの不快さを体験することは、恐怖なのかもしれません。

しかし、ネガティブから逃れられないのが現実です。

ネガティブをどう克服するか?が人生を左右します。

ネガティブを克服しようと奮闘していたわたしは、ある日、氣がつきました。

克服の意味を間違えていた!

ネガティブを否定した克服ではない。それでは逆にネガティブを強くする。

否定するのではなく受け入れ、最高のサポーターにすべし!

『禍を転じて福と為す』という諺がありますが、「ネガティブを転じてポジティブと為す」活用方法があります。

ネガティブは不快なものですが、活用次第で、幸運をもたらすスグレモノに変わります。

否定するのではなく、包み込んで味方にする。

ネガティブの本質を知り、使いこなすことができたら、人生大逆転です。

ネガティブの本質とは?
ポジティブと為す活用方法とは?

ネガティブを「克服」する本当の意味とは!?

ネガティブってどう思いますか?
ネガティブをどう捉えていますか?

ネガティブを歓迎する人はいないでしょう。

嫌われているといっていいでしょう。自分のそばに寄らないで、来ないでって。

でも、だからかな、引き寄せの法則で来ちゃうのかもしれませんね。

ネガティブになったら、ものすごく嫌です。ネガティブになりたくないです。でも、なってしまうのがネガティブです。

ネガティブは、好き嫌いに関わらず、常に人生を共にする相棒です。

その相棒のこと、本当に知っていますか?

わたしたちは、暗い(ネガティブ)と思われることに、恐怖を持っていると思います。

明るくなければ(ポジティブでなければ)嫌われる、という強迫観念があると思います。

なので、反射的に、ネガティブを否定しようとします。

ネガティブを克服するとき、ネガティブを否定して、ポジティブになろうとします。

しかし、現実はうまくいきません。

なぜなら、ネガティブを否定すると、善悪といった二元性の法則が働くことになるからです。

二元性の法則が働くということは、光が強ければ影も強くなるのと同じように、ポジティブが強くなればネガティブも強くなるということです。

つまり、ネガティブを拒否したいのに、逆にネガティブを強めることになるのです。ネガティブは健在で、克服されていないということです。

ネガティブとポジティブが分離している状態なので、解決したかにみえても、それは一時的な解決になってしまいます。

分離しているということは、ライバルの相手がまだいる、ようなものです。

本当の意味で克服するということは、ネガティブを否定するのではないということです。分離から統合に考え方を変えることが必要です。

ポジティブとネガティブを統合するということは、ネガティブを受け入れて包む込み1つにする、ということです。

それが、根本解決する唯一の方法です。

本当の意味でのネガティブ克服とは、否定するのではなく受け入れ包み込む、分離ではなく統合するということです。

統合するには、ネガティブの本質を知ることから始めます。

ネガティブの本質

ネガティブの本質を知るということは、特別なことではありません。みなさんすでに体感していると思います。

ネガティブは、二度と体験したくないと思うほど嫌な体験です。

しかし、どうでしょう、ネガティブになってよかったと思ったことはありませんか?

ネガティブになったからこそ奮起して物事がうまくいった。ネガティブになったからこそ変えることができなかった自分を変えることができた。

など、ネガティブに苦しんだからこそポジティブな結果になった、という体験をしていませんか?

ネガティブにのたうち回りながら、この苦しみはもう体験したくないと思い、人生を変えていこうと本氣で思います。

ネガティブで苦しむことが、人生を変える大きな原動力になるということです。マイナスをプラスに反転させる原動力が発動されるのです。

自分を変えたり、望みを叶えることに、ネガティブは最強の効果を発揮します。もっというと、それができるのはネガティブしかない、と言えます、

このカラクリが「ネガティブを転じてポジティブと為す」活用方法です。

この活用方法を知れば、ネガティブは恐れるものではなく、物事を変えるエネルギー源として重宝されるでしょう。

そのうち、ネガティブを積極的に喜ぶようになっているかもしれません。

なぜネガティブになるのか?

ネガティブになったとき、自分の中にあるネガティブが出てきた、と考えてみてください。

奥に隠れているネガティブが表面に出てきた、と考えてみてください。

ここ、とても重要です。

自分の中にあるネガティを、自分に教えるために、ネガティブになる出来事が起きたんです。

こんなネガティブを持っているよ、と自分に氣づかせるために、自分が自分に起こしたアクションなんです。

このネガティブがあるから人生がうまくいかないんだよ、と自分が自分に氣づかせようとしているんです。

実は、自分の中にあるネガティブが、望みを叶えることを邪魔しているんです。

なので、自分の中にあるネガティブに氣づかないと、望みを叶えることができないんです。

ネガティブな出来事は愛のムチのようなものです。痛いけれど、痛いからこそ目が覚め、大事なことに氣がつくことができるんです。

痛くないと氣がつかないんですよね。ネガティブになって苦しまないと、自分を変えようとしないんですよね。

ただ、ご存知のように、ネガティブは本当に嫌な体験です。苦しくてきついです。ゆえに、ネガティブに飲み込まれてしまいがちです。

そんなときは、ネガティブをポジティブに反転、なんて到底考えが及ばないでしょう。

また、わたしたちは、自分にネガティブがあると認めたくないものです。自分のネガティブをちゃんと観ることを避ける傾向があります。

そうなると、根本解決ではなく、一時的な解決でネガティブを乗り超える場合がほとんどでしょう。

ネガティブをポジティブに反転させるには、ネガティブと向き合う勇氣と強い意志が必要です。

自分と向き合うということは、外軸から内軸へ意識を変えることです。

簡単にいうと、外軸と人の目を氣にして生きることであり、内軸とは自分の心の声に従って生きることです。

ネガティブをポジティブに反転させる方法

ネガティブは、なりたい自分、自分が心から望む人生を叶えてくれる一番強力なサポーターです。

ネガティブがなければ望みを叶えることはできない、と言えるかもしれません。

嫌われものだったネガティブは、望みを叶える鍵を握っているキーマンだった、ということです。

そのキーマン、ネガティブが出てきたら、具体的にどうするか?

ネガティブとポジティブを統合させる方法であり、根本解決する方法です。

①→②→③がセットです。

①ネガティブを感じたら、そのネガティブが自分にあることを、認めて受け入れます。

決して、ネガティブを否定しません。ただ、そのネガティブが自分にあることを受け入れて認めます。

認めて受け入れたふりをするのが、わたし達は得意です。本当に認めて受け入れてください。

この時点で、ネガティブを持っている自分を許し、肯定しています。統合した状態です。

ネガティブを持っている自分を許せず否定することが、ネガティブを否定することであり、分離している状態です。

これが、ネガティブを受け入れて包み込む、なります。

②そのネガティブはもう選択しない!と自分に宣言します。

そのネガティブを自分から切り離すイメージをしても、手放すイメージをしてもいいです。

どのような方法でもいいんですが、そのネガティブを今後の人生で選択しない、ということです。

自分をそのネガティブから解放します。そうすればそのネガティブに苦しむことはなくなります。

③自分の望むポジティブな意図をします。

ネガティブを選択しないと決めたら、空間ができます。

未来を決める空間です。その空間に入れるものによって未来が決まります。

そこに自分の望むポジティブな意図を入れてください。

そのポジティブな意図が、ポジティブな未来を創ります。

すでにそれが叶っていると思うことがポイントです。

これから叶うのではなく、今すでに叶っている、とイメージしてください。

ネガティブは嫌だけどいい

ショックな出来事は、ネガティブも大きく、身悶えするほど苦しみます。

だからこそ、ネガティブから抜け出す決意が、強力に発揮されます。

内から湧き出る、その貴重なエネルギーを逃したらもったいないです。

ショックな出来事は、絶対体験したくないです。

けれど、自分を大きく変えることができるので嫌だけれどどこかで待っている、ような氣がしませんか?

ネガティブは大きければ大きいほど、反転するとギフトも大きいです。

このカラクリは、なんとも言えないものがありますが、ネガティブに対する向き合い方が変わるのではないでしょうか。

ポジティブは飽きる?

一方、ポジティブですが、おもしろいことがあります。

ポジティブな状態は、心から願っていることであり、しあわせです。

しかし、しあわせが続くと、しあわせが薄れてきませんか?

飽きてくる感覚や、退屈する感覚を感じたことはありませんか?

ポジティブとネガティブはとてもおもしろい関係なんです。

ポジティブが続くと喜びが薄れてきます。

そんなとき、再び濃厚なポジティブを味わうにはどうしたらいいでしょう。

ここでネガティブ要請!ネガティブ登場です。

ネガティブになる出来事が起きます。そして、ネガティブをポジティブに反転させます。

めでたく再び濃厚なポジティブを味わうことができる、というカラクリが作動します。

ネガティブは、ポジティブになる原動力なんですね。

ネガティブにはこういう働きもあります。

例えば有名人

有名になると天狗になる、という話をよく聞きます。

天狗でいられるときはいいでしょうが、落ち目になるのも常です。

落ち目になったときをネガティブ状態とします。ポジティブからネガティブへ真っ逆さま。週刊誌の見出しは天国から地獄へ、でしょうか。

そのネガティブ期間にどれだけポジティブに反転させることができるかが、その後の運命を決めるでしょう。

再び脚光を浴びることができるか否か、ネガティブとのつき合い方が鍵を握ります。

ネガティブの本来の働きを活用した有名人は、人間的な魅力も輝きも増し、再ブレークです。

ネガティブな期間があったからこそ、本物の揺るぎない地位を築くことができました。

ネガティブは活用次第で天国にも地獄にもできる、という例でした。

さいごに

ネガティブに陥っても、ネガティブの本来の働きを思い出すと、その瞬間に方向が変わります。

このネガティブはわたしをポジティブに変えてくれるんだ、と意識が切り変わり、ネガティブからスッと抜け出せます。

ネガティブは嫌です。そこから抜け出したいと思うからこそ、ネガティブをスグレモノに変えることができます。

ネガティブを自分の味方につけて自由になるか、ネガティブに支配され不自由なままか、自分で決められます。

ネガティブを攻略することは、人生を攻略することかもしれません。


★自分軸読者への特別特典★後藤美保無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント後藤美保が無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。