生き方

【幸せを呼ぶ言葉】幸せが幸せを呼ぶ言葉の仕組み

私は人とかかわるうえで、自分の口から紡ぎ出す言葉を大事にしています。

これは、幸せを呼ぶ仕組みでもあると最近ではそう思えるようになってきました。

今回は、人と接するときに大切にしたいことを、聖書の一節に照らし合わせながらみなさんに是非お伝えしてみたいと思います。

続きを読む


器の大きい人になるために、器の小さい人が実践した5つのこと

「器の大きい人になりたい」ってずっと思ってきた。なぜなら僕の器が小さかったから。

些細な問題を大げさに捉えたり、相手の失敗を許してあげれなかったり、自分がイラついた問題に丁寧に対応している妻を見た時に、『なんてちっちぇー男なんだ!』って、自分の器の小ささに直面することになる。

理想とするのは、ピンチにも動じなくて、人に安心感を与えられて、居てくれるだけでホッとする人。何でも相談できて、一緒に幸せを分かち合える僕の妻のような存在だ。

だからこそ、器の大きい妻から学び、実践しトレーニングを積んできた。

十数年経って、周りの人に頼りにされたり、相談されることも増えてきた。人から慕われるってやっぱり嬉しいし、あなたといると楽しいとか、元気になれるなんて言われると、ちょっとづつでも自己成長を確認できたりする。

もし昔の器の小さいままの過去の自分を許していたとしたら、いまも大切な人にイライラをぶつけ、相手を責めまくり、自分を正当化させ、孤独な人生を送ることになっただろう…。

器の大きな人になるということは、相手にとって優しいだけではなく、自分にとっても優しい生き方になる。僕がそう思えるようになるまでの経緯や、どうやって器を育ませていったのかという具体的な内容を5つに分けてシェアさせていただこうと思います。

続きを読む


母親が嫌いでもいい!それでも幸せになれる9のコツ

母親が嫌いでもいいんです。

大嫌い!でもいいんです。

母親を嫌いな自分を責めないでください!

母親が嫌いって思うたびに、本当は傷ついていたはずです。

母親を好きになろうとしても好きになれず、どれだけ苦しんだでしょう。

十分傷つき、十分苦しみ、十分自分を責めたと思います。

もう、そこから自分を解放してあげませんか?

母親を好きになりなさいとは言いません。

嫌いになる理由があったはずです。

母親を好きになれない自分を好きになりましょう。

わたし自身母親が大嫌いで長年苦しみました。

しかし、その苦しみの中にこそ、幸運になる仕掛けがあることを知りました。

母が大嫌いという辛いことが、実はわたしを幸せへと導いてくれました。

ネガティブな人生をポジティブな人生に反転させる9のコツをお伝えします。

続きを読む