すずか

自分を見つめる第1歩!「気持ち日記」を書きましょう

「自分はいったい何を考えているのだろう」「わたしは、何が一番したいことなのかがわからない」「自分の気持ちがよくわからない」「人生っていったい、なんだろう」。

一番知っているようで、実はよくわかっていないのが、自分だったりします。そんなときに自分の心を目の前に差し出して、客観的に見られる手段ですぐ思いつくのは日記です。書き出したその時は、喜びや悲しみ、戸惑いなど気持ちが入り込んでしまっているかもしれませんが、時間が経って読み返してみると、別の人のように客観的に見ることができるようになります。

自分を見つめる第一歩として、「気持ち日記」を始めてみませんか?

続きを読む


「スキンシップ」3つの効果で、幸せ感UP!

最近、家族や恋人・友人など身近な人と肌と肌のふれあいをしていますか?

親しい人と手をつないだり、身体をさすられたり、頭をなでられたり、抱きしめられたりすると、人は安心感や心地よさ、幸せを感じます。(ただし、嫌いな人からは逆効果だそう・・・)

「ねえ」と声をかけられたときに、ちょっと肩をポン!とされただけで、その人の自分への好意が伝わってきますよね。親しくない人や苦手な人には、瞬間的にボディタッチできないものです。

「好きだよ」「がんばっているね」「すごいね」という言葉でも、思いは伝わるかもしれませんが、そこにスキンシップが加わると瞬時に思いが伝わったりします。

スキンシップは、言葉を越えたコミュニケーションです。

続きを読む


ゲーテの名言37から学ぶ、「充実した人生」の送り方

ドイツの代表的文豪であり日本でも知名度の高いゲーテ(1749~1832年)は、詩人、劇作家、小説家、自然科学者、哲学者、政治家、法律家・・・と様々な分野に長けています。

「ゲーテ」という名前は知っているけれど、詳しくは知らない方は多いのではないでしょうか。わたしも数日前までは、そんな1人でした。あるテレビのドキュメント番組で、この言葉を見るまでは。

見よ よきものは身近にある。
幸福はいつも目の前にあるのだ。

この言葉を見た瞬間、ゲーテの名言をもっと知りたい!という気持ちに駆られました。百数十年前に生きていたゲーテの名言の中には、今わたしたちが生き生きと生きていくヒントになるものがたくさん残されていました。

ゲーテの幅広い知識と多くの経験から結びつけられ生まれた名言、ことさら語学に長けていたゲーテならではの名言から、充実した人生を送っていくのに心していきたい!と感じたものをピックアップしてみました。

続きを読む


「自信がない」あなたへ「根拠のない自信」の作り方教えます

明日の試験、うまくいくだろうか。
今回のイベントが、成功するだろうか。
道に迷わないで、時間までに行かれるだろうか。

自信がある時にはそんなことを考えませんが、過去の失敗経験から自信がない状態に陥ります。
失敗の経験が少ない人は、「これだけ準備したし」「いつもうまくいっているし」と経験に基づいた自信があります。

今までの失敗経験から自信がない状態を作り出してしまうのなら、失敗経験の多い人は、これからどうやったら自信ある状態になれるのでしょうか。

自信がないと口癖のように言っている人でも、時には、「理由はわからないけれど、何となくうまくいく気がする」という経験はあることでしょう。これが、「根拠のない自信」と言われているもので、大体そんな時には成功します。

成功体験を積んで自信をつけていく方法もあるでしょうが、今回は、この「根拠のない自信」を育む方法をお伝えしたいと思います。

続きを読む


即効元気に!テンションを上げる5つのオリジナルセット

やらなくてはいけないことがあるのにやる気が湧かない、パッとしない毎日を送っているので積極的に動くパワーがほしい、気持ちを盛り上げて元気になりたい。

そんなときに、「必ずテンションが上がる方法!!があればいいなぁ~」と思いませんか?

自分なりのテンションが上がるグッズ・音楽・動きなどを前もって用意しておき、ここぞ!というときに、いつでも引き出せるようにしておきましょう。

テンションを上げるあなただけのオリジナルアイテムを作るヒントを、これからご紹介します。

続きを読む


こんなわたしでいいんだ~!気楽に生きる5つのヒント

今の役割を解き放ち、何にも縛られずに、風に吹かれて転がる根無し草のように、のほほんと生きられたら、楽なのに。そんな風に感じませんか?

でも、そう簡単に仕事を変えたり、家族の役割を放棄したりはできません。

外国の人が日本人のよいところを挙げたリサーチ結果では、
「規則やマナーを守り秩序を重んじる」「時間や約束を守る」「几帳面」「協調性がある」「勤勉」などが挙げられていました。

一言でいえば、「まじめ」な人が多いのが日本人と言えるかもしれません。その「まじめ」は美徳でもありますが、暴走すると「クソまじめ」という言葉に表現される一途さゆえの自分を縛ってしまう世界に突入してしまいます。

「がんばりすぎて、疲れた」「プレッシャーに押しつぶされそう」「気を遣いすぎて、生きるのがしんどい」・・・etc.
気楽に生きれらない理由を洗い出し、今の環境を変えなくても(「変えて」も、アリですね!)「真面目一直線思考」から「気楽に人生を楽しめるワクワク思考」に変えるヒントを5つ紹介します。

続きを読む


とっさの時に心を落ち着かせる5つの方法

「大勢の人の前で話す直前で、心臓が飛び出そう!」「仕事中、焦りからくる凡ミスが多くて・・・」「落ち着きがない自分にがっかり」。

毎日、仕事や家事に追われる忙しい生活の中、心に余裕がなくなっていると、緊張状態や不安な状態に遭遇する場面が多いかと思います。仕事でゆとりがない状態だと、ミスが出やすくなり、自分だけでなく一緒に働く人やお客さまにも迷惑をかけてしまいます。

また、電話が鳴ると「クレームではないか?」とドキドキしたり、過去の失敗場面が浮かび緊張したり、ということもあるでしょう。

「歩くおっちょこちょい」と言われたわたしは、失敗場面がそれはそれは数え切れないほどあります。過去の失敗が同じような状況で浮かび上がり、焦ったり、ドキドキしたりということで更なるドジを踏む悪循環。今もまだ焦りからドジることもありますが、昔に比べればずいぶん減ってきています。(「え?!これ以上あったの?」という声が聞こえてきそう・・・)

わたし自身の過去の体験や今の体験を踏まえて、不安から来る緊張、早くしなければという焦りの気持ちやドキドキ感をできるだけ早く「落ち着き」に変える方法を、5つ紹介します。

続きを読む


トイレの夢は自分へのメッセージ~紐解く3つのポイント

トイレですっきり!・トイレが汚い・トイレが見つからない・トイレの水があふれる・・・など、夢の中にトイレが表れることは、意外と多いようです。

トイレの夢は、感情の解放・浄化に関わると言われています。排尿、排便ができるのは、感情の解放がうまく行った証かも?!

わたしたちは、この3次元世界で生きているだけの存在ではありません。夢は、心の奥底の「高次元の私」から届けられる大切なメッセージなのです。夢は誰にでも、寝ている間に自然に届けられます。その夢をうまく活用しないのは、宝をそのまま捨ててしまうようなもの。

あなたの見たトイレの夢は、あなたにどんなことを伝えてくれているのでしょうか?トイレの夢から、夢の活用のしかたについてお伝えしていきます。

続きを読む


【大人のADHD】7つのメリットで人生を楽しく過ごす!  

落ち着きがない、忘れ物が多い、時間を忘れる、約束を忘れる、片づけが下手、ケアレスミスが多い。「だらしがない」「社会人・主婦として失格」と自分で自分にレッテルを貼ってしまったり、同僚や部下、家族を評価してしまっていることはありませんか?これらは、『ADHD(注意欠陥・多動性障害)』である可能性があります。ADHDは、しつけや性格でそのようになってしまっているのではなく、脳の前頭前野がうまく働かない機能障害です。その治療法は、薬物療法と行動療法になります。

もし「ADHDかもしれない」と思ったら、医療機関を受診するという選択肢もありますが、自分自身で社会的スキルを身に着けて生活していくことは十分可能です。以前は子どもの症状とされていましたが、近年、大人にも多いことがわかり、自分を「失敗ばかりする、ダメな人間」と感じ、自信喪失に陥っている人の中に、ADHDが原因であることが多いようです。

一見やっかいな障害とも感じられるADHDですが、ADHDの特徴である衝動性・多動性は、長所にもなります!自分や周りの人がADHDで困っている・・・というあなた。ADHDの長所を知り、「ダメ人間」のレッテルから「ワクワク創造人間」へと一気に転換させませんか?

続きを読む


先輩に好かれる方法って?~3つの心がけと7つのポイント

職場で人間関係をしっかり築くことは、仕事を楽しくしていくのにとても大切です。特に先輩となかよくできると、困った時に尋ねやすかったり、経験話をいろいろと聞くことができたり、進んで仕事を教えてもらえたり、助かることがいっぱい。

でも、わたしの性格ではむずかしいのでは?と思われたとしたら、心配はいりません。ごく当たり前のことができればいいのです。「素直・ていねい・誠実」の心がけで

幼稚園時代から大学まで人間関係で苦しんできた看護師2年目の娘が、今、周りのスタッフと楽しく仕事をしているという話を聞きながら、先輩に好かれる方法をまとめてみました。

続きを読む