「変わりたいのに変われない」の呪縛を解放する唯一の方法

今の自分を変えたい、もっと自分に自信をもちたい...

でも、変わりたいのに変われない・・

私も長いこと「変わりたいのに変われない」の呪縛の中にいましたが、ある時、そもそも最初の一歩でボタンを掛け違えていたことに気づきました。

その掛け違えに気づくと、本当に根本から自分を変えていく方法がわかりました。

ここでは、その仕組みと、自分を変えるための具体的な方法をお話していきましょう。

ご一緒に「変わりたいのに変われない」の呪縛から解き放たれて、本当の自分を、自由な心で、幸せに生きていきませんか?

続きを読む


何もかも嫌だ!は自分を変える最大のチャンス!その方法とは

ああ、もう、何もかも嫌だ!

いいことが何もない!

みんなしあわせそうなのになんで私だけ、、、。

自己嫌悪に陥ったり、人や世の中を憎悪したり、生きているのが嫌になった・・・。

そんなあなたに響く言葉はなんでしょう?

「あなた、愛されているね」

もう何もかも嫌だ!は自分を変える絶好のチャンス!

辛く苦しいからこそ、本気で自分を変えようとするからです。

人生を変えるギフトを贈られたあなたは愛されています。

ネガティブが強ければ強いほど、その裏にあるポジティブも強いのが、この二元性の仕組みです。

つまり、引っくり返せば超ポジティブな現実に変えることができるということです。

ピンチはチャンス!チャンスにするかしないかは自分次第。

引っくり返す方法をご紹介します。

続きを読む


~宇宙の愛~宇宙が私たちを愛する3つのポイント

みなさんは、宇宙のお話好きですか?宇宙の愛と聞いて、何を連想しますか?

ここ、自分軸に辿り着かれたあなたは、きっと宇宙のお話大好きだよね?と思いながらこの記事を書いています。

さて、私がスピリチュアルな世界に傾倒しだして、かれこれ四半世紀以上たちます。その頃は、まだスピリチュアルな世界のことを『精神世界』と言っていた時代です^^

実は、つい最近スピリチュアル系の話題で軽いカルチャーショックを覚えました。

そもそも、私がそういう世界に行きついたきっかけは?と言うと…

独身の頃の私は、自由に楽しく都会でやりがいのある仕事を選び、毎日を生き生きと独り暮らしを満喫していました。

しかし、運命のいたずらか?当時勤めていた会社の取引先で知り合った男性と恋に落ち、知り合いも親戚もいない片田舎に嫁いで来てから、まったく自由のきかないデットスポットに陥り、毎日を苦悩して暮らすようになったことに端を発します。

まさに青天の霹靂。天国から地獄とはこのことを言うのだ、とその頃はあきらめきってしまい内に籠っていた日々を過ごしていました^^;

そんな時代、私の生きてきた現実では、宇宙や心・内側の世界のことを総称して精神世界と言っていたのですが…。

その当時の精神世界のお話は、一般の人たちに受け入れてもらうのは難しく「心が大事だよ…」という話になると「なにか変な宗教をやってるんじゃないですか?」とよく言われていたものです(自分の親にですら、受け入れてもらうのは難しかったです^^;)

精神世界に傾倒しだして10年程たった頃でしょうか…

心のお話や霊的なお話は、スピリチュアルと言う分野の世界に移り、すっかり変わったかのように見えた世界でも、おおっぴらにスピリチュアルな話をするにはまだまだ躊躇するものがありました。

そんな時を渡り歩き、最近ようやく「スピリチュアル」が板についてきたな~と感じていた今日この頃だったのですが…

ところがびっくり!今は「スピリチュアル」を前面に出さないんですね!?

なんと!「宇宙とつながる」ことがメインに心や内側の話は、移り変わっているようです。そして一般の世界では「宇宙とつながる」ことが「変な宗教をやっている」と勘違いされる世の中のようです(苦笑)。

宇宙とつながることが変な宗教かー!うーん、ジェネレーションギャップを感じてしまった最近の私でした。

今回は、あえてそこの「変な宗教」に捉えられがちな宇宙の愛の話題にチャレンジしようと思いました。

なぜなら、精神世界やスピリチュアルな世界に移行する人たちの中には「私は、生まれてこのかた愛されたことがない!」と言う人がとても多いからです。

自分が愛されていないと思っているなんて!こんな悲しすぎる現実を、私は無視することができません。

だって私たちは、まぎれもなく宇宙に愛されている存在だからなんです!宇宙の愛を知ると、人生は善きものにしか思えません。人生が善きものになると辛い現実は、創造のしようがなくなってくるのです。

今日は、愛の概念をものすごーく拡げることに重視し、あなたが宇宙から無条件に愛されていることを知ることで、どんな素敵なことがあるのか?をお伝えできればな~って思っています♪

続きを読む