「今を生きる」習慣は、幸せな人生への『はじめの1歩』

「過去の栄光を心に生きる」「過去の失敗を悔やみつつ生きる」「明日の仕事の算段が頭から離れずに、シュミレーションしながら生きる」「将来の我が国の行先を憂いつつ生きる」。

過去の出来事やその感情に捉われ、また、現れていない未来を想像しながら、今していることに集中していないのが、これらの状態です。今このことをじっくり考えよう!と意識している時は別ですが、おそらく何かをしながら、頭の中はあちらこちらに思いを巡らしているのが多くの状態ではないでしょうか。

これらは全部、わたしがやっていたことです。何かをしながら、でも心は別のところへ漂っているのが当たり前の状態でした。それをなぜ変えようとしたのか。それは、この世界を創造していくという視点からすると、望まない方に向かってしまうと気づいたからです。

「今、何を感じているのか?」から離れて、自分の意識に無意識でいると、この人生の主人公ではなく、振り回されて体験している「多くの中の一人」という立ち位置になってしまうのです。

「多くの中の一人という体験は、何度も味わってきたのではないか?」と心に尋ねてみると、「そうかもしれない」という返事が自分の内側から返ってきませんでしたか?

自分の人生の主人公になり、望む人生を創り上げていくキーワードは、「今」。そして、「今この瞬間の自分が何を感じているのか」に対して意識的に在る状態が「今を生きる」ということのようなのです。

続きを読む


健康生活を日々送るための4つの処方箋

健康な生活が毎日送れること。これこそ幸せの原点です。病院にいくまでもない肩こりや腰痛、頭痛などに悩まれる方が多いのではないでしょうか?そんなときお医者さんに行きますか?それとも薬を飲みますか?サプリメントでしょうか?実はちょっと意識を変えるだけで、そういったことから開放される方法があるんです。健康生活の為の心に効く薬を処方します。

続きを読む


乳がん治療が教えてくれた人生で大切な3つの考え方

 

私は31歳の時に乳がん(トルプルネガティブ)になりました。抗がん剤治療しか効果がなく再発率と死亡率の高いといわれるがんでした。

その時私には、守りたい家族がありました。そして「幼い子ども二人が成長する姿をずっと側で見守りたい」と強く願った事を覚えています。乳がん治療を通じてたくさんの感情と向き合いました。目を逸らす事が出来ないくらい自分の中から湧き出てくる葛藤、恐れ、悲しみ、怒りなどネガティブな感情です。

そして約1年の抗がん剤、放射線治療、手術を経て病気が教えてくれた人生で大切な3つのこと御紹介します。がんになって「自分は死んでしまうのかもしれない」またはがん治療が終わったが「がんが再発するかもしれない」そんな恐れを感じている全ての方に送ります。

続きを読む


「守る」〜無防備は最大の防御?本当の安心へ

「あなたは、守ると聞いて何を連想しますか?」柵や壁、鎧や盾、鍵、あるいは我が子を守る手、などでしょうか。

わたしたちは、安心、安全が脅かされるのは、外からの影響だと思っています。そしてその外の対象から自分や大切な人を守るために、ガードを固めたり、逆に相手を責めたり、あるいは自分にはどうにもならないと無力感に陥ってしまうこともあるかもしれません。

人間関係であれば、自分の正当性を主張する、コントロールする、こころを閉ざす、無関心になる、環境であればたくさんの鍵をつけたり、壁を高くしたり、護身術を習ったり、警報機をつけたり持ったり、塩を盛ったり?まだまだ浮かんできそうですね。

相手を責めた場合、一時は説得できてもまた別の問題が浮上したり、違う人との関係や出来事で同じような問題が起こるのを繰り返していることに気づくことがありませんか?

また、どんなに厳重な防備を施しても巧妙な手口でそこをくぐられてしまったら、まさにイタチごっこ、ゴキブリ退治のようなものです。どちらにしても不安はなくならず心は閉じ、意識は萎縮して疲れ果ててしまいます。

安心のためにほどこしたはずの防備を作れば作るほど、守りに入れば入るほど、敵が大きく見え、力を増し、恐れや不安が大きくなっていくのを感じてきます。本当の安心はどうしたら得られるのでしょうか?

続きを読む


親子関係を紐解き繰り返しのパターンから抜け出す一つの方法

 

親子関係を紐解いて見ませんか?

人は、環境や両親を決めて生まれてくるといいます。

親子関係は、あらゆる人間関係の原点です。

負のループからなかなか抜け出せないでいるあなた、父親との関係、母親との関係と真剣に向き合って見ませんか?

そこには、どうしても抜け出せないでいる繰り返しのパターンが隠れていることがあります。

私は、父の介護や母の入院をきっかけに、真剣に両親と向き合う機会をいただきました。

そして、あたり前に過ごしてきた親子関係を紐解き見直すことで、親子関係が変わり負のループから抜け出すことができました。

そんな私の体験をお話したいと思います。

続きを読む


苦手な人を知って、もっと楽しく生きるための4つのステップ

日々生活をしていると、学校や仕事関係、ご近所、友人、親類縁者など、実に多くの方々とお付き合いをします。大勢の中には、親しくなれる人、あるいは、苦手な人がいるものです。

苦手な人とは、できるだけ会わないようにしたいですね。けれど、どうしても会わなければならない時もあります。そのような時は、一体どうすればいいのでしょう。
続きを読む


頑張らないラクな生き方のための3つのステップ

以前、私の大好きなあこがれている仕事をしている人から「頑張らない」と言われて、ビックリしたことがあります。私は、好きなこと、あこがれのものを自分のものにするには頑張らなきゃいけないと堅く信じていたからです。

その人からの「頑張らない」の一言は私にとっては驚き以外のなにものでもありませんでした。この人は「頑張らない」で大好きな仕事をしているのか?と思うと「人生どんなに苦しい時もがんばって生きなきゃダメ」という私の信念は、ガラガラと音をたてて崩れていったのでした。

「頑張らない」と声をかけられた時、身も心も一瞬にしてゆるむ想いでした。その時の私は張りつめて緊張していたのでしょう。いったい「頑張らない」でラクな生き方をしていくには、どうしたらいいのでしょうか?

続きを読む


自分と向き合い諦めなかったことから得た1つのギフト

先日の出来事です。

今までは、最初だけやればそのあとのことは全部やってもらえていたことを、これからは自分でこなさなくてはいけないという現実がやってきてしました。それは、私には苦手な分野!自分と向き合いながらも、逃げるかやるのか、悩み続けていても、時間はただただ経過していく。さて、わたしの選択はいかに・・・。

続きを読む


仕事効率3倍!なんだそれを意識するだけで良かったのか…

いつも忙しそうにセカセカ仕事してるA君。

いつもゆったり仕事を楽しんでるB子。

この二人には決定的な違いがあります。それは、A君は自分ばかり忙しい。B子は、どうやったら効率よく進められるか。それを絶えず考えています。

カンタンに言ってしまえば、たったそれだけの違い。これが現実としてあらわれる上で、どれだけの違いになると思いますか?

現象で見れば、A君は毎日残業。B子は毎日定時。

A君はこう思うのです。『いいよなB子は、ラクな仕事で。』
B子はこう思うのです。『これから何をして過ごそうかなぁ。』

あなたはどちらになりたいですか?

今日は、A君が、B子になるための秘策をお伝えしたいと思います。

続きを読む


『人生を変える』人生を創り変えるただ1つのコツ

私たちには、『人生を思い通りに描く能力がある』って知っていましたか?人間には、本来そういう能力が備わっているようです。そう聞くと「本来は、ふつーに暮らしてても人生バラ色ってこと?やったね!」と色めき出ってきますね!

しかし、この世の中の出来事をみてみると、いろんなことに悩んでいる人が大半で、幸せな人生を歩んで、それを謳歌している人の話を聞くことの少ないこと少ないこと。

それどころか、ニュースを見れば、あちこちで起こっているテロや事件のことばかり…たまに、芸能人の熱愛や結婚や出産などのおめでたい情報もあるけれど、それって、なんだか遠いお話しですよね?

では実際、近場の現実に目を向け、近所の人の話を聞いてみれば、やれ「嫁が気が利かない」だの、「姑にいじめられている」だの、ネガティブな話のオンパレード…(私の現実の一部だったりします:苦笑)

人は、なぜこんなにもネガティブにどっぷりはまってしまうのでしょうか?それほどにもやっかいな、この【ネガティブ】思考ここに、人生を変えるコツが隠されているとしたら…人生最大の秘密が解き明かされる気がしてきませんか?

続きを読む