弱い自分と仲良くなると奇跡がどんどん起きるその理由

学校に行かない!という選択をしたあなた!!私はそんなあなたのことを「なんて意志の強い子なんだろう!」と誇らしく思います。

あれから何年たったでしょう?

最近、成長したあなたが就活を前に少し落ち込んでいることを聞いたとき、あなたの心の中に当時の悲しかったこと、ガマンして辛かった想いがまだそのまま残っていることをあらためて知りました。

そして、ここまで頑張って生きてきたあなたのことを心から愛おしく思ったのです。あなたのまわりの子たちがみんな「学校へ行く」という選択をする中で「学校へ行かない」という選択をすることはどんなに勇気がいったことでしょう。

心がビクビク、気持ちがクヨクヨ、態度はオドオド、心臓バクバク、のどはカラカラ。。。怖い体験をたくさんしてきましたね。

就職という新しい門出を前にその弱い自分の気持ちが再び出てきた。それは実は超大チャンスなんです!!思い悩むことはありません。大丈夫です!

今日は、そんなあなたの中の弱い自分と仲良くするだけで奇跡が起こせることを書いてみます。きっとこれから先もあなたの大好きな道を迷わず進むことができます!

1・弱い自分が浮上した理由!

みんなと同じに学校へ行かなくても、大好きな絵の道や心許せる仲間のいる場所を選んでこれました。弱い自分はすっかり克服したと思っていたのに、就職という扉は再び「大きな壁」となってあなたの前に立ちはだかっています。

「社会に適応しなければ働いてお金を得ることができない」という怖れ

「お金がなければ自立することは無理」そう考えるのは当然です。

小学生の頃、学校に行かないという選択をしたのは「行きたくない」と感じたからでした。

あの時と同じいじめられる恐怖や嫌なことを我慢しなきゃいけない辛さが今、強く再浮上していますね。

なぜ再びあの頃の弱い自分が出てきたのでしょう?

それはあなたが強く生きていくために、弱い自分を丸ごと箱の中に閉じ込めて頑丈な鍵をかけ、おまけに鎖でグルグル巻きにして心の奥底にしまい込んだからなのです。

就職という新たな旅立ちの時、弱い自分を封じ込めた箱は重すぎてあなたを軽やかに飛び立たせることができません!!

さてさて、どうしますか?ちょっと深呼吸して部屋の片付けをするイメージをして見てください。

使わなくなった物や着なくなった服は、そのまま置いていても消えることはありません。重たい箱を丸ごと捨てるのは大変なので、箱を開けてゴミ袋へ入れて捨てるという作業をしますよね?

それと同じように弱い自分も箱から出してあげて、大切な友達の話を聞いてあげるような気持ちで弱い自分の心からの声を聞いてあげてください。

もう我慢しなくていいんです!!弱い自分はそれをあなたに伝えたくて浮上してきたのです。何故なら、その弱い自分もあなたの大切な大切な一部だからなのです。

弱い自分を抱きしめるようにそっと大切に「受け入れる」と決めてください。

「気づいたよ!」と言ってあげるだけで大丈夫です。

そうすることで重たい荷物はどんどん軽く片付いていきます。

◆「社会に適応する」ということ

弱い自分は「社会(学校)に適応できなかった」と涙ながらに訴えています。悲しく辛い体験がありました。

社会に適応できなかった自分を責めています。あなたの中に「社会に適応しなければいけない」という思いがあるからですよね?

ここに「◯◯しなければならない」という思いが出てきました。この思いが鍵になります!

「◯◯しなければならない」というのは、あなたを縛っている固定観念です。「社会に適応しなければならない」というのは誰から学びましたか?

本当に社会に適応しなければこの先生きていけないのでしょうか?ちょっとそこを疑ってみてください。

ぜひメモでもいいので出てくるままの考えや感情を書き出してみてください。意外な発見がありますよ。

2・統合のチャンスの訪れ

ここであなたが今体験しているこの時期が、宇宙的な視野においてとても特別なエキサイティングな時だということもお伝えします!

それと「弱い自分」がどう関係あるのか?って?。。。。はいはい。それが大ありなんですよ。

アセンション(上昇する)という言葉を聞いたことがありますか?今この時期はアセンション(上昇)するために最もチャンスに恵まれた時期なのです。

上昇するのはあなたの「意識」です!その意識が上昇するためには2つのことを統合する必要があります。表と裏、光と闇、陰と陽、男と女。。。というふうに、真逆の相反するものが一つになることで上昇することができるのです。

あなたは今、ここまで頑張って強く生きてきたはずなのに、弱い自分が再浮上してきたことで落ち込んでいました。でもこの弱い自分が再浮上してきてくれたことで、あなたの中の見えなかった部分が明らかになり、はっきりと「あなた」というひとつの形を完成させるというふうに考えてみてください。

強く生きてきた自分と弱い自分の統合です。

人には必ず「喜怒哀楽」という感情が備わっています。喜びや楽しさだけでは気の抜けたサイダーみたいなものです。(笑)悲しみや辛いその気持ちを、喜びと楽しさと同じように受け入れて認めてあげてください。

おめでとう!あなたはやっと隠していた感情に気づけたのです。

◆罪悪感の解放

「学校へ行かない」選択をしたあなたのことを、理解して支えてくれた一番の協力者はあなたのお母さんでした。あなたが辛いとき苦しいとき、そばに寄り添って一緒に苦しみ一緒に涙を流してくれました。

あなたのお母さんが子どもの頃は「学校に行かない」という選択は考えられない時代だったので、お母さんにとっても愛するあなたの選択に寄り添うことは辛く厳しいことだったと思います。あなた方2人の母娘の姿は本当に素晴らしいと思います。

私の場合は、お母さんを困らせてはいけないという思いが強かったので、泣きたいくらいの弱い自分を閉じ込めて、大人になってからも母親に対して「いい子」でいることを無意識に選択し続けていました。

子どもの頃は私自身が困ったりしたことをお母さんに隠して言わなかったりしたことが実は結構いっぱいありました。

「困ったり悲しい私ではいけない」と思い込んでいたので弱い自分=罪悪感となっていました。

弱い自分でもいい!罪悪感もいりません。

◆「本当は◯◯したかった」という想い

弱い自分を受け入れて心から許せるようになってくると、「本当は◯◯したかった」「本当は◯◯と言いたい」という気持ちが自然と出てきます。そのことはとても大事なことです。

「本当は~~~」の気持ちを聞いてあげてください!!あなたの中で目に見えない統合が起こっています。

「本当は~~~~」という気持ちが出てきたからと言って焦って行動にでる必要はありません。まずは心静かにその心の声に耳を傾けてあげてください。

3・奇跡は起こすことができる!

「本当は◯◯だ」というありのままのあなたの心の声を聞いてあげるときは緊張を吐き出すように深呼吸をすることも効果的です。そして明るく穏やかな色に包まれているイメージをすると、どんどん身体もリラックスしてきます。

弱い自分を受け入れて今まで偏っていた感情のバランスがとれてくると、ふっと閃いたり次の行動を促すようなシンクロする場面が出てくることがあります。それが直感です。

ここを信じて行動してみると思わぬ展開が広がるのです!!ぜひ楽しんでみてください。

思わぬ展開!これこそ奇跡です。

弱い自分は、あなたへ奇跡のチャンスをもたらしてくれる大切な存在です。

*さいごに

人はこの地球に生まれてくる時に「課題」を設定してくるそうです。そう考えると、あなたの「学校に行かない」選択から辛い体験をして弱い自分を知るというのも一つの設定だったわけです。

私は大人になって試練にぶつかり、ニチメコに入学しました。「私は何のために生まれてきたのだろう?」という大きな疑問を抱えていました。ハイゼミで学ぶ中で弱い自分の存在が果たす大切な役割にも気づくようになりました。

人生色々あっても全てはうまくいっている!と感じることが多くなり、生きることが楽になりました。今はその壮大な宇宙の仕組みや自分というものを知ることが楽しくて仕方ありません。

あなたはこの世で唯一無二の大切な存在です。生まれてきてくれてありがとう!!

あなたが大好きなことをして毎日を楽しんでいる。こぼれるような笑顔が浮かんでうれしくなりました!!


★自分軸読者への特別特典★太田ヒロ無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント太田ヒロが無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。