死にたいと思ったとき 脱出を図るための3つのヒント

このページにお越しいただけたということは、貴方が今まさに「即、死にたい」と感じていたり、もしくは「もう消えてなくなってしまいたい」と思っておられるのかもしれません。

この人生の大海原で直面するさまざまに、打ちのめされ絶望しもうどこにも逃げ場がないとそう思い詰めておられるとしたら、まずはそのお気持ちそのものへ心から、そっと寄り添わせていただけたらと感じます。

至るには、それ相応の理由もおありかもしれません。二度と取返しのつかないことをしてしまった、もう死んで償うしかない、死ぬより他に方法がない、そんな極限状態を体験されていらっしゃる方、

とっても屈辱的な場面に遭遇した、「これだけは知られたくなかった」ということが公に露呈した、莫大な金銭トラブルを抱えてしまった、大切な方を亡くされたり、別離を体験し「もう一人では生きていけない」と感じた時など…「死にたい」と思うその背景も人それぞれ。

そんな思いに苛まれているときはどうしても、自らを極まった孤独に追いやってしまいがちなこともあります。だれに相談することなく冷静に、ただひたすらその方法を見いだそうと邁進し、脱出することすら思い浮かばないかもしれません。

しかしいったんその背景を脇に置き、「私は心から本当にそう望んでいるの?」と何度でも何度でもとことん自分に問うた時、その思いにかすかでも「待った!」がかかる瞬間をとらえることができたとき。

それしか選ぶ道も方法もない…という切実へ向けて、「死にたいという思いそのもの」から脱出を図るための3つのヒントを以下にご紹介します。

1、「死にたい」と思っている私は私自身ではない

kyoko_no18_1

私の記憶をさかのぼると「死にたい」という気持ちが沸き始めたのは小学校3年生位の時からでした。そう思うと私にとって、「死にたい」と考えたりそう思うときにセットになって浮上する「絶望感」や「自己不信感」は子どもの頃から、まるで日常茶飯事の当たり前の出来事であったように思います。

その思いを持っていることが当たり前な世界からの眺めは、見るもの、感じるもの、触れるものというのはいつも色褪せていたなぁ~と振り返りますが、それが普通だった幼少時の中にあって、そのこと自体にあまり疑問も持たず生きていました。

事あるごとに気が付けばふと「死にたいな…」と思っている。この絶望感や不信感をなくそうとも思わず、また、その状況から脱出できるかどうか?ということも思い浮かびもしない幼少期でとても脆弱な子どもであったと思います。

そういった状況ですと、日々の暮らしはいつも、「どうなったっていい」「興味がない」という投げやりな姿勢で、集中力も続かなかったり「どうせ○○だし」とすぐに諦めてしまったりする癖が骨身に沁みついていました。

どこかいつもヘラヘラと、「自分の人生を真剣に生きる」ということそのものの意味がずっと分からずにいた幼少期でした。私と関わってくれていた両親、先生、友達たちもきっと「こいつなにを考えているのだろう?」と、困惑していたに違いないと思います。

その後。そんな生き様をもったまま成長した私の日々ももれなく、なにもかもが味気なく色褪せて観え、そこにイキイキとした可能性を見いだすこともなくありました。友達と遊んでいても、思いっきり心から楽しむという感覚がわからず、いつも独特の空虚感が漂っていました。

同時に、「どうなったっていい」と日々思っているわけですからある意味怖いもの知らず、熟考することなく思い立ったらそのまんま突進してしまったりと、とにかく激しい性格も持ち合わせていましたが、その瞬間こそが唯一、「イキイキとした生」を感じるとれる貴重な時間でもありました。

ですので、「日常のつぶさを丁寧に生きる」ということや「自分を大切にする」ということの本来の意味も分からず、無鉄砲さだけが際立っているようなところもありました。

「死にたい」とそう思うこと、又、そこに付随する感情はこのような具合で、日々の根本的な在り方そのものにとてもリアルに影響していました。そのリアルこそが当たり前の日々の中で「私」というアイデンティティーは育まれていきました。

そんな実体験を踏まえ、まず一つ目にご紹介したい考え方は、その「死にたい」という考え、付随する「感情」は、それをどんなにリアルに味わっていたとしても、そのもの自体が「私そのものではない」という考え方です。

幼少時から当たり前の思いとして味わってきた「死にたい」という考えや感情、そこから派生し沁みついていた「性格」そのものが「私そのものではない」ということを、私自身、にわかには信じられませんでした。

生き様そのものを培ってきたこの在り方が「私そのものではない」となったとき、では本当の「私」はどこにいるのか?「それが私だ」、と思って生きてきたことそのものをまるで否定されたかのような感覚さえ覚えました。

けれどもこれは「真実」でした。本当の私は「死にたい」と思う自分でもないし、そこに付随するさまざまなリアルな感情、そのものではない、ということ。

実は本当の私は、「もう一人」いました。「死にたい」と考えること、絶望感や自己不信感を感じること、この二つをありのまま、そのまんま受け入れることができ、その意識の方向性を変換することができる、

「思考・感情を観察する私」こそが「もう一人の私」だったのです。

「死にたい」と思う、その思いそのものから脱出するはじめのステップ、考え方はこの「観察する私を認識する」「本来の私はコッチだょ」と自らに教えてあげることからはじまります。

その思いがあまりにリアルで強烈であればあるほど、「そんなはずないじゃないか!」と、はじめはなかなかうまくいきません。なので一定の根気は必要になってきます。即、「死にたい」という考えや付随する感情にも強烈に引っ張られてしまいます。

けれども、「死にたい」と思ったり感じたりしたときは「これは私そのものではなく、それをありのまま観察する私こそが本来の私だ」ということを都度都度認識し、自分に教え続けていくと、ふと気づいたとき「死にたい」と思うことそのものの状態から脱出できている…ということを体感する瞬間を得ることができます。

2、「死にたい」を感じることが出来る理由

kyoko_no18_2

そんな訳で私は、子どものころから成長し大人になっても尚、それが当たり前であるかのようにふと気づけば「死にたい」と思って生きてきました。

ただ、感覚・直観的に、「自らの手で幕を下ろすのはなにか趣旨が違う」という思いも同時にもっていていたので、幼少期から大人になっての日々は、その思いにすがるようにして生き延びできました。

物心ついてからの成長過程、この時間の流れに沿いながらその思いに変化が訪れることはなく、また、「死にたい」という思いを抱かせる出来事やその思いの質はその時その時移り替わっていきましたが、別のとらえ方をすれば一環して「死にたい」という気持ちを「感じ続けてこれた」ともいえます。

ではなぜ、この成長過程や時間の流れに準じてその気持ちを感じ続けることができたのか?というのが「死にたい」という気持ちから脱出するための考え方、2つ目のヒントです。

この世がこの世として成り立っていること、そこに大きな理由がありました。それはなにか?というと、この世が「二元性、陰陽の世界」で構成されている、というのが理由です。

「熱い」という感覚が得られるのは「冷たい」という感覚が同時に存在しているから。「固い」という現象が成り立っているのは「柔らかい」という現象が同時に存在しているから。

質こそ違えどその対極がバランスよく同時存在し、二つがセットではじめて成り立つ「二元性、陰陽の世界」。この世のメカニズムのいったんを表現するとこのような具合です。

例えばそれを数字に置きかえると、「5」という出力があるとき、質は違えど対局には同じ「5」という出力が必ず存在する、と捉えなおすことができます。

こういった「二元性、陰陽の世界」がどんな場面にも必ず作用しているというメカニズムが「この世」を構成し、成り立っているということです。この世界に身を置く私たちも例外なく、余すところなくこのメカニズムの恩恵、影響を受けて生きています。

この逃れようのないメカニズムそのものを、「死にたい」という思いに当てはめて考えてみると・・・「死にたい」という気持ちを感じることができるのは、その質は違えど対極の「生きたい」という気持ちが存在しなければその思いや気持ち自体も存在せず、感じることもできない、ということになります。

先ほどの数字の例えを応用すると、「10」の出力で「死にたい」と思っていたとすると対極には、同じ「10」の出力で「生きたい」と思う気持ちが存在しないと、「死にたい」という気持ちそのものを感じることができないということになります。

この考え方も、当初の私にはにわかには信じられませんでした。ただただ「死にたい」という気持ちそこだけを常に思い感じてきたのに、「生きたい」と思う気持ちが私の内側のどこにも見いだせなかったからです。

なぜ見いだせなかったか?といえばそれは、あまりにも「死にたい」という気持ちに埋没していたからです。それが骨身に沁み込みすぎて、意識がそこにしかフォーカスしない自分がいたためです。

「生きたい」なんて気持ち、私にはこれっぽっちも芽生えない、そんなものは存在すらない!と感じた時期もありました。「死にたい」という気持ちそのものがすでに安住の地がどこくにまでなっていた、ともいえます。しかしそこを即、認識できなくても、

「死にたい」という気持ちを感じるには必ず「生きたい」という気持ちも同時に、セットで存在している。

ここに、「死にたい」という意識のベクトルを、自らの意志で「生きたい」に変えられる可能性を見いだすことができます。この考え方も、「死にたい」という気持ちそのものから脱出するヒントの一つとしてあげさせていただきました。

3、決してあきらめないこと

kyoko_no18_3

「死にたい」という気持ちが、どんなに根深く、その思いそのものが自らの生き様かのになってしまっていようとも。「死にたい」とう気持ちから脱出する考え方、最後の3つ目のヒントとしてあげさせていただきたいのは「それでも決してあきらめないこと」です。

「死にたい」という気持ちや感情が、日常茶飯事で当たりまえになっているとき、その思いは決してやむことなく、四六時中発動し続けます。

ですので、いくらその考えや感情が私自身ではないとしても、この世に生をとって逃れられない2元性・陰陽の世界のメカニズムでは「生きたい」という気持ちが必ず存在するよといわれても、無意識にしていると即座「死にたい」という状況になっている自分に気づきます。

しかし、ここで最も大切なことは、「あ、また死にたいって考えてる。自分で本当駄目だなぁ」って、自分自身を責めないことです。もういいや、面倒だ・・・って、投げやりになっても、それでもまた「生きること」へと意識を向けようと自分を優しく導いてあげることです。

とても根気がいる地味な作業です。

何度も何度も同じことが繰り返されると、「こんなことしてて意味があるんだろうか?」「本当にこの考え方で脱出なんてできるんだろうか?」という思いも必ず浮上してきます。

それでもです!それでも決してあきらめないこと。決してあきらめず、「自分のこの貴重な人生を真向から真剣に生き抜くこと」「この人生を、自分を信じてイキイキと輝かせること」

私達には、その大いなる可能性がすでに備わっています。

そうしていると、「死にたい」と思ってきたこの思いそのものこそが実は、「真剣に人生を生きる」上での「最高の道しるべ」であったことに、「死にたい」というその思いが人生の恩恵そのものに変容する瞬間を、自らの意志と責任で体感できる奇跡の瞬間を迎えることができます。

4,まとめ

「決してあきらめない」その意志を意識的に選び続けることが私達にはできます。私達は決して「独りぼっち」ではありません。それがどんな状況下であっても、私達の誰しもにみな、そのありのまま全てを観察し受け入れ変容させることができる「もう一人の私」がついています!


≫有賀享子推薦!人生を変える無料講座 ↓↓↓↓↓

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。


ニチメコあなたの人生のステージを引き上げる学びを体験してみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…



解決の糸口を見いだせなかった問題も、それを作ったステージより高いステージから見下ろすとカンタンに答えに辿りつけることがよく起こります。

なぜなら問題の原因と結果の因果関係が見いだせるようになるからです。

それによりあなたが手にするものは、物事に翻弄されず、冷静に全体を俯瞰できる広い視野心のゆとり

さらに、あなたを縛ってきた根本原因を解放することで、自由にキラキラと輝いて生きられる理想の自分へとシフトすることだってできるのです。


今なら6日間
無料で受講できます。


2007年4月の開校以来20000件以上の具体的な実践方法を提供し続けてきた学長が、受講生以外に初めて、その機会を提供させていただきます。


▼まずは学長からのメッセージを
お聞きください。


人生を変える無料講座は
LINEで受け取れます。


あなた史上、最も輝く自分と出会う
始まりの6日間特別講座はこちらから
↓ ↓ ↓







▼無料講座の内容はコチラ

本 日:望むことがなかなか現実化しない理由とは?
****
2日目:誰も教えてくれない「幸せを求める」本当の理由
****
3日目:私たちは物質とエネルギーの融合体だった!?
****
4日目:私たちが生まれてくる本当の理由とは?
****
5日目:生まれてくる前に決めてきた設定と運命の分岐点
****
6日目:習慣化された無意識の回路をアップデートする
****




学長の言葉が、あなたの中に眠っていた答えを引き出し、スッと心が軽くなるのを感じられた瞬間

「こんなに自分を縛っていたのか…」と驚かれるかもしれません。


気づいた分だけ軽くなる、あなたの心を自由にするレッスンの始まりです。

★――――――ご注意――――――★


人生を変える無料講座は
LINEで受け取れます。


あなた史上、最も輝く自分と出会う
始まりの6日間特別講座はこちらから
↓ ↓ ↓


◎無料講座にご参加いただいた方の感想をご紹介

特典で受け取った動画がインパクトがあってすごく面白かった!こんな内容は今まで見たことない!親と一緒に見ました!

 




このサイトに出会う前、色んな自己啓発や、本を通して頭ではわかっていたはずの引き寄せ、魂のステージを上げるなどの知識で分かっていました。

しかし、実際の生活に落とし込んでみると、自分を変えることばかりで苦しくて、苦しくて、嫌いな自分、出来ない自分を責めつづけてきました。

何が起きたかと言うと、生きる気力を失い、毎日死なずに日々生きることに必死になっており、自分を信じるとか、能力を信じるだとか、もうどうでもよくなっていました。

そこで、もう、どうしたらいいか分からなかったとき、答えを教えて欲しいとネットを探していたら、こちらのサイトを見つけ、何と優しい言葉の数々。

もう、無理しなくていいだなぁ。って、思えました。

絶えず同じパターンの思考を繰り返し、日々同じ習慣を繰り返し、人生脚本もどうせ…と言う内容ばかりで、自分のしっぽを追い回していた自分に気付き、ワークを実践し、新しい回路にし始めたら、一つ、ひとつの出来事に幸せを感じ、家族を宝と感じ、今までとはちがう見方で、家族とふれあい、会話しています。

あんなに憎かった主人のことも、感謝の気持ちで満たされています。この人で良かった…って、心から感じています。仕事場では、新たな思考回路にするために、自分の意図とする内容のアファメーション、祈りを繰り返すことで、とても楽になり始めています。これがずっと続くよう、実践しつづけます。

実践は、何より自分の為であり、自分の幸せのためでもあります。
これに気づかせて頂けた事に、心から感謝しています。




私はいままで、潜在意識関係の本を結構、読みあさってきましたし、いくつかの成功法則セミナーのようなものも受講して、相応のお金も使ってきました。

しかし、いろいろ知識は増えたのですが、実際の自分の生活は、まったく変わらないままで、人生もとうとう半ばを過ぎてしまいました。

もうセミナーの類は絶対に受けないぞ、と思っていたのですが、今回、ひょんなことからこの無料講座を受講する機会を得て、学長のメッセージに、心惹かれるものを感じ、引き続き、学んでみたいと思うようになりました。




25年以上前から自己啓発には興味があり、セミナーをたくさん受けたり、セミナーを開催する側の社員になる程関心はありました。

でも、いわゆる頭でっかちで、結局実践出来ていませんでした。頭では分かっていても、腑に落ちていなかったので実践まで至っていませんでした。具体的な方法も、今まで学んだやり方がやっぱり腑に落ちず続きませんでした。

でも、この無料講座を体験して初めて腑に落ちました!

自分軸も見させて頂いたんですが、その実践方法はとても有効的で効果抜群です!これに回路の書き換えをプラスして今実践しています!

昨日も早速職場で嫌な感情になったので、その感情に気づき、すぐにワークを実践してみました。私の場合、Q4の4は「いらない!」と言うだけでなく焼却炉で燃やしてしまいます(笑)

今までにないスッキリした気持ちとうれしい感情が生まれてきました。でも当たり前ですが、すぐには書き換えられませんね…何十年とこの回路だったんですから。

たぶんこの回路の方が慣れているから楽なんだと思います。でも、古い回路の感情が自分にとってとても嫌なことにハッキリと気付いた今からは、この作業を繰り返していけば必ず書き換えられて、幸せに楽しく生きていけると確信しています。




☆明子さん

講座が送られてくるのを毎日とても楽しみにしていました。

古い回路を新しい回路に書き換えるワークは、最初難しそうに思えましたが、考えることによって、自分の中に新たな回路が生み出されたように思います。これから変わることができそうです。

毎回一番最初に出てくる動画、私たちの魂の誕生などに関する内容は、大変興味深く、私が今まで疑問に思っていたことを解き明かしてくれるものでした。とても良い勉強になりました。




☆ゆいさん

とても勉強になった無料講座でしたが、特に最後のワークは一度しただけでガラッと自分の中の回路が書き変わり、今まで悩んでいた時間は何だったんだろうと思うくらいポジティブな自分に早変わりして驚きました。

そして、自分にはこんな一面もあったのかと、新しい自分の要素を発見することが出来ました!また、苦しい体験ほど、大きく感謝できる経験に書き換えられることを身をもって学びました。




☆三枝子さん

「ニチメコっていいよ。暇があったらネットで見てみて」…と友人に言われていたけど、なかなか時間がない。

今回、旅行の初日に新幹線の中でチェックして申し込み、毎日の移動の時間に見ています。

いつもと違う時間の流れで「毎日の自分」を見ています。主人の欠点が嫌で嫌で許せなくて機嫌が悪くなっていましたが、許していけそうです。




☆麻世さん

すごくよかったです。ありがとうございました^^

なんかいま夫婦問題とかいろいろいろいろ向き合わざるをえない状況でなんだか朝が憂鬱でした!が、お蔭様で朝ゆめうつつでiPhoneで聴く音声や動画にはホっとさせていただきました。おっといけないいけないいまフォーカスずれてるって気付かせていただき自分の中心にかえろう^^とおもえました。

こういう宿題的なのも、ふだん大嫌いなんですが。いま本気で自分と向き合うことがあたしには必要な気がしてて正直めんどくさいけどやりましたーー笑!ことばでうまく言えないけどほんとなんかタイムリーでありがたかったです。途中からの動画もなんだかココロわしづかみなかんじでした。




☆千佳さん

とても分かりやすかったです。願望を達成するために宿命があるというのが意外でしたけど話を聞いていてちょっとずつ理解してきた感じです。非二元や思考は三次元ではないという話、全てが一瞬にして繋がるという部分に特に興味が出ました。




☆さちこさん

こんにちは。無料講座を6日間楽しく学ばせてもらいました。ありがとうございました。

今まで人とは違う感覚を持っていて、なぜ?と思う事がいろいろあって、誰にも共感してもらえなくて、しんどかったですが、本当にわかりやすく、今までの喉のつかえが取れた様な気持ちです。

あー、そうなんだ。そういうことなんだ。と思いました。
もっと、学びたいと思いました。




☆祐子さん

無料講座に参加させて頂いたことをきっかけに、自分を愛すること、どんな感情も自分で丸ごと受け止め許し、癒してあげること、これらの大切さに気づきました。

今はまだ毎日がジェットコースターに乗っているようで、上がり下がりの激しい状態で、前よりも疲れてしまうこともありますが、気付けたこと、自分と向き合えるようになったことは素晴らしい前進だと思えます。このような情報を開示くださったこと、とても感謝しています。




☆恵さん

毎日楽しみにしていました。今まで考えた事のない世界に触れ、世界が広がった気持ちです。ただわからない事や府に落ちないことももちろんたくさんですが、知っていきたいと強く思いました。




☆英美さん

最後のワークは難しかったですが、何とか取り組んでいくうちに、自分の思考回路・無意識な感情の反応パターンに気付く事かできて、本当に良かったです。

実際に現実で何度もチャレンジして、新しい思考回路を定着させます。




☆昌美さん

なんだか、これまで「知っていた」ことを、再認識させられるような気分でした。これまで、プールの端で、水に飛び込むべきかどうか、ずっと悩んでいたのだ、と思い知らされました。

そろそろ覚悟を決めて、新しい世界に飛び込む時期が来たのだ、と思いました。




☆あゆみさん

動画がとても分かりやすくスッと自分の中に入ってきました。回路を書き換える事でどのように自分が変化していくのか楽しみです。




☆さやさん

わたしも、堂々巡りの中にいましたし、まだいる状態でもあります。わかりやすく説明していただいて、ハッとすることが多く、ありがたく読んでいます。




☆ヨウコさん

今まで聞いたことが無い内容ばかりだったので、驚きながら受講しました。




☆いずみさん

ここ数年感情が揺さぶられることが続き、自分に自信がもてないこと、自分軸がブレやすいとに気づき、自分の人生の課題を意識するようになりました。無料講座の内容はわかりやすく、なるほど、と思えることが多くありました。これから人生を前向きに進めるように少しずつ実践したいです。




☆なおみさん

少しでも自分を変えたいと登録しました。人のためと思いながら、実は自分のためだと指摘されたときはショックだったけど、無料講座でもやっぱりそうなんだ。とある人に言われた言葉と重なりました。

今、やりたいこと目指していることがあります。少しでもそこに近づきたい。そのヒントが得られたような気がしました。




☆昌枝さん

毎日少しずつ知る事が出来て楽しかったです。最後の課題は考える事自体が結構難しくて、しかもこれだけでは無い気もしますが、確かにパターンなのだな、と気付けて良かったです。

先程丁度またパターンが出て来て、考えただけでは書き換え出来た訳では無いのかな、と思ったのですが、その時点でちゃんと説明しよう、悪かった点は謝ろうとした結果、いつもなら相手が一方的に怒りまくる方向にはいかなくて、大丈夫でした。

続けてきたパターンを急には上手く書き換えられないのかもしれないけれど、きっと日々の実践なのですね。




☆静さん

まだ、自分の思考パターンを客観的に書いてみる作業になれてないせいか、自分が感じている感情や思いを、うまい言葉で書き表すことができないが、頭の中だけで漠然と思っているだけでは、考えているようで考えていないんだなと、書いてみて思いました。書き方のテンプレートがあったので助かりました。




☆智子さん

今までもやもやしていたことがすっきりしたというか整理出来たような感じで 毎日の講座が楽しみでした。もっと色々知りたいと思いますし実践して変化していきたいと思いました。




☆優子さん

一週間で、なんとなくわかってきました。
面白いい、楽しい、回路の変換が、これからできそうでワクワクしてます。




☆昭子さん

ワークを通して自分の潜在意識の中にある否定的な感情や敵対心などが浮き彫りになるにつれて、そういう感情を抱えてよく生きてきたなと思いました。そういう古い回路をあたらしく書き換えることによって、楽な自分になっていけるという事がわかりました。まだまだ書き換えは続くと思いますが、その方法を知る事が出来て良かったです。



人生を変える無料講座は
LINEで受け取れます。


あなた史上、最も輝く自分と出会う
始まりの6日間特別講座はこちらから
↓ ↓ ↓


SNSでもご購読できます。