精神的に疲れた そんな心を軽やかにするシンプルな1つの方法

仕事のこと、育児や介護、将来のこと、お金のこと。。いろいろな場面で気持ちが塞いでしまって、「もう、何もかもが嫌になった」「気持ちがほとほと疲れてしまった」そんな精神的に疲れた感じる気持ちに見舞われたことはありませんか?

なにをしていてもその気持ちがいっこうに晴れない、この疲れの、いったいどこから手をつけていいのかわからない、それほどに疲弊した疲労感であれば尚更、日々がとても辛いですね。

そんな、精神的な疲れを感じたとき、その心を自らの取り組みで回復へ向かわせるにはまず、どうすればいいのか、シンプルな方法を1つご紹介します。

題して「心を軽やかにするミラクルクエスチョン」です。

ふと気づいたら、「あれ?いつの間にか気持ちが軽くなっている…ぞ?」そんな体験が待っているかも!それでは以下、ご一緒に、心を軽やかにするための1つの方法、「ミラクルクエスチョン」の詳細へ!

ミラクルクエスチョンとは?

kyoko_no13_1

「もう、何もかもが嫌になった」と、そう心が塞いで精神的に疲れたと感じる気持ちがピークであるとき人は大にして、やること成すこと、関わるあらゆる場面において「面倒くさい」という気持ちが沸いてきます。いつもならやっていたことをやらずにいてしまったり、後回しにしてみたり、丁寧に対応できていたことも雑になってしまったり。

身体そのものの動きにもこの「面倒くさい」という思いが影響しはじめ、行動も鈍くなり、精神的な疲労感もさら蓄積してきたりするもの。精神的な疲れは、日常生活の身体的な些細な行動にもこのような形で現れてくるように感じます。

しかし、この「面倒くさい」ということの中に、精神的疲労を解き放ち、心を根本的に軽やかにさせる「鍵」が隠れているのです!

その、「鍵」を見つけるための、自分に対して自分ができる、ミラクルな質問、それが「ミラクルクエスチョン」です。

それは本当に「面倒くさいこと?」「なぜ面倒くさいの?」と、自分に問う

kyoko_no13_2

では、いったい、どんな質問をするのか?それは「それは本当に面倒くさいことなのか?」と、自分に問うてみること、又、「なぜ面倒くさいと思うのか?」と、自分に問うてみること、その気持ちを丁寧に観察してみること、この2つの「クエスチョン」が精神的に疲れたと感じる日々の心を次第に軽やかにしてく入口、突破口になります。

はじめは「面倒くさいものは面倒くさいんだ」という答えがかえってくるかもしれません。例えば、

〇疲れてるし、

〇そんなに急いでやることでもない、

〇他に優先的にやることがあるし、

〇後でもできるし、

などなどです。
私の体験上では「後でもできる」として後回しにしたとき、その「できる瞬間」は訪れることはなかなかありません。仮に訪れたとしてもそのクオリティー全体が、そもそもの時より低くくなってしまっていることに、さらに後で気づいたりします。

そしてなにより、「後でもできる」としながらも「いつやろう?」「あれをやらなくちゃ…」と心の中では自分を無意識に駆り立てている状態でもあるので、この心の状態がすでに、精神的に疲れたと感じる原因になり、その疲労感が拭えることなくむしろ自分を追い立ててしまうことにもなりかねません。

つまり、心が休まる時を、自分自身が与えてあげていない状態ともいえそうです。そう思うと、例えば人は騙せても、自分を騙すことはできないものだと、改めて痛感します。

この連続が、精神的な疲労感として蓄積し何もかもが嫌になっているき、いったいどこから手をつけていいかわからない、そんな時こそ、この「面倒くさい」という些細な部分にまず、取り組んでみるということをおススメします。

実体験としては。

朝、一日のはじまりを迎えたとき「あぁ~、仕事に行きたくないな。面倒くさい。。」と思ったとします。こんなときこそ「それは本当に面倒くさいこと?」「なぜ面倒くさいと思うの?」と自分に問う、「ミラクルクエスチョン」の登場です。

即座、さまざまな理由が浮かんできます。上記に挙げたように、「疲れているし」とかですね。しかしそれもそのまま受け入れながら、それでも、「本当に面倒くさい?」と問い続けたとき、ふと「いやぁ、本当はさ、元気にイキイキと働きにでたいんだよ」とか「たのしく会社にいきたんだよ本当は」など、疲労困憊な自分でも、実はそう思っていたんだ、と気づく瞬間が訪れます。

これはほんの一例にすぎません。

心に疲労感を抱きながらも、自分が本当に望むことはなにか?というヒントが現れてきたりします。ミラクルな所以はここにあります。心が本当に望むことがはっきりと見えてくると、疲労感でいっぱいだった心の、その自ら向けていたベクトルに変化が訪れはじめます。

「あぁ?でもさ、現実はそうはいかないから、こんなにも疲れているんだよこっちは。」そんな声も聞こえてくるかもしれませんが、それはいままで、精神的疲労感を生むのに向けていた心の、古いベクトルの気持ちが出てきているにすぎません。

これを繰り返し自分に問うているうちに、「心の本音としては、自分が思っている以上に、実は面倒くさいことではなかった」という新しい発見にも繋がることがあります。この心のベクトルの変化、「本当は面倒くさいとは思っていない」と気づけると、すぐにとはいかないまでも次第に、後回しにしていたことや雑に扱ってしまっていた部分にも自然に身体が反応し、動きだします。

それは「心に本音に気づき、素直に従う」ことにもつながり、「穏やかな心地よさ」として精神的に疲れたと感じる気持ちに豊かさをもたらしていきます。

では次に「なぜ面倒くさいと思う?」という質問です。そこも自分に正直に、そのありのまま、「あの人に会いたくないからさ。」とか「苦手な仕事があるんだよ。」とか、理由は千差万別。それを知ること、自分がしっかりと認識することがとっても大切です。この部分を我慢強く、心の奥に押し込めていたり、実はわかっていながらもみないことにしていること、そのこと自体も精神的疲労へと繋がるキーポイントだからです。

すこし勇気がいるかもしれません。けれど、ゆっくり、ゆったりと構え、丁寧に向き合っていけば必ずできます。その嫌な人、苦手な仕事、実はそこにこそ、精神的疲労を軽やかにする根本的な「鍵」が隠されていることがあります。そこに、自らを癒すべき「傷のサイン」が内包されているのです。

「どうかそこに気づき、軽やかで自由な人生を取り戻すように」と、自分が自分に対して送っている「メッセージ」の一つ、それが実はこの「面倒くさい」という思い、そのものかもしれません。

日々の些細な部分に随所、ひょこっと顔を出すこの「面倒くさい」という気持ちの蓄積に、「ミラクルクエスチョン」を充てながら、精神的に疲れたと感じる連続に少しづつのゆとりと豊かさを、そして、これまでの古い心のベクトルを変えながら、解いていくこと。この繰り返しがやがて「あれ?いつの間にか気持ちが軽くなっている…ぞ?」と感じ体験する、その突破口となり得ます。

「心を軽やかにするミラクルクエスチョン」ぜひ、試してみてください!

 


SNSでもご購読できます。