「仕事の不安」を根本から解決し起業を成功させる8つの方法

起業する夢を叶えたものの、喜びは束の間、毎月の支払いに四苦八苦。この先どうなるんだろう?不安で不安で夜も眠れない!!

「もう限界だ!これ以上不安になりたくない!この不安をどうにかしたい!!!」心からの叫びだった。

不安から脱出したい一心で、ネット検索した友人がいます。真剣な思いが引き寄せたのでしょう、不安を解決する方法にピンポイントでヒットしました。

友人は、不安を根本から解決する方法を知ったばかりではなく、起業を成功させる方法も知りました。その方法を実践し続け、現在、仕事は軌道に乗り順調です。

なんと!ツインレイといわれるパートナーとの出会いまで引き寄せました。

仕事の不安を脱出したい!がキッカケとなって、人生そのものが大きく好転し、本当に生きたかった人生を歩き始めています。

その友人が実践した、仕事の不安を根本から解決し、起業を成功させ、望む人生を叶える8つの方法をナビゲートします。

1.今までの解決方法とは根本的に違う

「会社がつぶれるんじゃないだろうか?」「資金繰りをどうしよう?」」という不安が出てきたとき、「営業に行こう」「お金を借りよう」という具体的な解決方法を取ると思います。

この方法は、現実に即した「現実的な」仕事の不安の解決方法で、必要不可欠な解決法です。

友人は、現実的な解決方法以外に、「不安自体」を解決する方法はないだろうか?不安という恐怖から解放されるにはどうしたらいいんだろう?と藁にもすがる思いでネット検索したのではないかと思います。

友人のその求めに応える解決方法をこれからナビゲートしますが、現実的な仕事の不安の解決方法とは根本的に違います。

どのように違うのかというと、現実的な解決方法は、自分の外にある現実世界で解決する方法です。自分と相手がいて成立します。

ナビゲートする解決方法は、馴染みのない言葉だと思いますが、自分の内側から出てきた感情を解決する方法です。わかりやすくいうと、自分を変えるということです。自分一人だけで成立します。

自分の外側で不安を解決するのか?自分の内側で不安を解決するのか?という根本的な違いがあります。友人は、現実的な解決方法と並行して、自分の内側を変える方法に取り組みました。

2.自分の感情にフォーカスする

まず最初にやることは、自分の感情にフォーカスすることです。

仕事の不安を感じたとき、自分の内側からどんな感情が出てきましたか?

仕事の不安を感じたときに、自分の内側から出てきた感情が、仕事の不安を解決する一番の鍵になります。

どんな感情が出てきているのか、客観的に、自分の内側を観察します。

感情には、「ポジティブな感情=心地よい感情、快い感情」と「ネガティブな感情=心地悪い感情、不快な感情」がありますが、不安や恐怖を感じたときに出てくる感情は「ネガティブ」な感情です。

ネガティブな感情を見つけ出してください。

「多額の借金を抱えてしまうんじゃないか?そうなったら人生は終わりだ!悲観的な感情が出てきた」「なんで自分の人生はいつもうまくいかないんだろう!自分を責める感情が出てきた」「うまくいかないのは政治のせいだ!怒りの感情が出てきた」とします。

「悲観的になる」「自分を責める」「怒りが出る」というネガティブな感情を持っていることに氣がつきました。

 3.生きる目的

先に、このことを聞いてください。

わたしたちの生きる目的は、自分を成長させることです。

「人生は自己実現だ」と言われるように、わたしたちは、自然に、成長したいと願い、そのように生きていると思いませんか?

簡単にいってしまうと、「ネガティブな感情を手放す」ことが、成長することであり、生きる目的である、ということなんです。

「自分を浄化する」「自分をクリーニングする」「自分をクリアにする」ということと同じです。自分を磨く、人間力を高める、円満な人物になるということとも同じです。

唐突に思われたでしょうか?びっくりしたかもしれません。すぐには受け入れられないかもしれませんが、これがこの世の仕組みです。この仕組みでこの世は成り立っています。

4.「仕事の不安」と「感情」の関連

ずばり、一言でいってしまいます。

「仕事の不安」は、自分の持っていた「ネガティブな感情」が原因で起こりました。

「ネガティブな感情」が「仕事の不安」を現実に引き起こしたんです。

「資金繰りがうまくいかなかったらどうしよう」というネガティブな感情が、「はい、お呼びでございますか?」と、逆に、資金繰りに苦しむ現実が駆けつけるんです。ネガティブな感情が、仕事の不安を招くんです。

なぜこのようなことが起きるのでしょう?

「自分が持っているネガティブな感情を手放す」という、生きる目的を果たすためなんです。

これが、「仕事の不安」と「感情」の関連です。

仕事の不安を感じたとき、現実に即した現実的な解決をしても、ネガティブな感情にフォーカスしないと、また同じ仕事の不安を感じる現実が起こることになります。

自分が持っているネガティブな感情に氣づき、手放すためにです。

仕事の不安の原因であるネガティブな感情を解決しないと、何度でも仕事の不安が繰り返されることになります。

5.「ネガティブ」な感情は「ネガティブな現実」を創る

 「ポジティブ」な感情は「ポジティブな現実」を創る

というこの世の仕組みがあります。

「ネガティブ」な感情が、「仕事の不安=ネガティブな現実」を創りました。

そういうことを知ってしまったら、ネガティブな現実を創るネガティブな感情はすぐに手放したいですね。ポジティブな感情はそのまま持っていて、ポジティブな現実を創りたいですね。

ネガティブな感情を手放すと、ネガティブな現実は起きなくなり、ポジティブなしあわせな現実を生きることになります。

「人はしあわせになるために生まれてきた」と言います。「ネガティブな感情を手放すことがこの世にいる目的だ」ということと、「しあわせになるために生まれてきた」がつながりませんか?

6.「ネガティブな感情を手放す」・・・クリーニングする

「ネガティブな感情を手放す」とは、ネガティブな感情を自分から切り離すことです。ネガティブな感情から自分を解放することです。

ここからは「ネガティブな感情を手放す」ことを「クリーニング」と表現します。

この段階では、自分の内側にあるネガティブな感情はすでに見つけ出しています。

クリーニングの方法は極めてシンプルです。

6―①意図する

「ネガティブな感情をクリーニングする!」と強く意図します。強ければ強いほど効果大です。

意図するとその方向に現実が動き出します。

6-②認めて 受け入れて 許す

ネガティブな感情が自分にあることを、認めて、受け入れます。許すことが必要と感じたら、許します。心底から、認めて、受け入れることが大事です。

ここは、やったつもりになって、おろそかになってしまいがちのところです。でもここをしっかりやるかやらないかで、クリーニングできたかできないか、の分かれ道になるくらい、重要なところです。

ネガティブな感情を認めて、受け入れて、許すは、必ずやってください。

6―③手放す

ネガティブな感情の手放しです。

自分から「ネガティブな感情を切り離す!」と強く意図し、イメージをします。そして、そのネガティブな感情を「手放す!」と強く思い、ネガティブな感情が自分から切り離れていくイメージをします。

「わたしはお金の不安を手放します!」「わたしは自分を責めることを手放します!」「わたしは怒りを手放します!」という感じです。

ネガティブな感情は「金輪際 いらないっ!」と思うほど、強く手放すイメージをします。ここも、強ければ強いほど効果大です。

7.クリーニングは繰り返し

ネガティブな感情をクリーニングすれば、その感情を感じる必要がなくなります。そして、その感情を感じるために不安な出来事が起こる必要がなくなります。

ただ、繰り返しクリーニングする必要があるネガティブ感情があります。

長年持ち続けていたネガティブ感情は、どんどん成長し凝り固まっててへばりついているからです。頑固者を説得するには時間がかかる、のと同じです。

玉ねぎの皮をむくように一枚一枚はがしていく必要がありますが、手放しを続ければ、確実に手放せます。

8.心から望む人生を思い描く

8―①クリーニングが終わったら必ずやること

自分が心から望む未来を思い描きます。強くイメージし、想像します。

「仕事は順調です。望んだ仕事ばかり舞い込んできます。やり甲斐があり、アイデアがあふれ出てきます。毎日が楽しくて、充実し、満たされています。資金繰りの心配はまったありません。お金がどんどん入ってきます。生活は豊かになり、家族は仲良く、みんなが笑顔でしあわせです」

こんなふうに、心から望む願望を思い描きます。そして、「今すでに叶っている!」と強く思い込みます。

「今すでに叶っている」「今それを体験している!」と信じきることが重要なポイントです。すでにその世界に住んでいるかのように、その場面を強くイメージし、想像します。

「葛藤なく」「100%」イメージし、想像できた願望が叶います。

「どうせ叶わない・・叶うわけがない・・・」という氣持ちが1%でもあったら、現実になりません。自分の中に「叶うわけがない・・」という氣持ちがないかどうかチェックしてください。

もし1%でもあったのなら、「今すでに叶っている」と葛藤なく100%信じきって、再度イメージし、想像してください。

8―②「ポジティブ」な感情が主役

心から望む願望を想像するときに、ポジティブな感情が出てくると思います。そのポジティブな感情を、超リアルに感じます。

「みんながしあわせでうれしい!」という、その「うれしい!」という感情を、100%、葛藤なく感じきります。

「うれしい!」と思う感情が、うれしい!と思う現実を引き起こします。

8―③「想像」は「創造」

「自分が思ったことが現実になる」というこの世の仕組みがあります。自分が一番強く想像した感情が現実になります。感情が自分の現実を創るということです。

「お金が豊かに循環しています」「自分を肯定しています」「自分に自信を持っています」「人のポジティブな面にフォーカスしています」100%、葛藤なくイメージし、想像してください。叶います。

さいごに

仕事の不安は、「こうなったらどうしよう?」と心配していたことがその通りの現実になった、という現象です。つまり、仕事の不安は誰でもない自分が創っていた、自分の内側にあったネガティブな感情が製造元だった、ということです。

まさか!信じられない!かもしれませんが、この世の仕組みです。仕組みがわかれば、解決方法もわかります。また、仕事の不安は自分が創っていたということは、仕事の成功も自分で創れるということです。

クリーニング&創造をすることで、仕事の不安を解決し、仕事の成功を手に入れることができます。自分の望み通りの人生を叶えることができるということです。

「自分が思ったことが現実になる」ので、「ネガティブな感情はクリーニングしましょう」ということです。自分にネガティブな感情があることがわからないとクリーニングできないので、クリーニングするために、仕事の不安という現実を創る、という仕組みです。

「自分の思いが現実を創る」ことは、科学で証明される時代になりました。この世の仕組みを活用し、自分の思う通りの人生を楽しんでいる方が大勢います。

その一人になりませんか?


SNSでもご購読できます。