ライトワーカーの役割とそのゆくえ!集団意識を変える先駆者たち

今日は、ライトワーカーが何のためにこの世に生まれてきたのか?

その役割とは何か?をお話ししていきましょう。^ ^

私たちの現実は、自分自身の意識が創っている、ということは、今これを読んでくださっている方はご存じかもしれません。

意識を変えれば、すべての現実は変わる・・というお話しも、きっとあなたは聞いたことがありますよね。

今日はそこからさらにもう少しお話を進めていきましょう。

この世の闇を光に変え、その光の波紋を全体へと広げていくこと、つまり集団意識を変えていくことが、ライトワーカーの役割と関係しています。

では具体的に、どうしたらいいのか?それをお話ししていきましょう。


   目  次

1.この世の仕組みと私たちの思考回路
 1-1.世界は一つではない?!
 1-2.ネガティブな感情の書換えってどういうこと?
2.ライトワーカーの役割
3.ライトワーカーの役割のゆくへ
 3-1.社会常識・固定観念を書き換える!
 3-2.集団意識の変容
最後に...


1.この世の仕組みと私たちの思考回路

1-1.世界は一つではない?!

私たち一人一人の意識が、それぞれにこの世界を創っている。ということは、それぞれの人の想いの分だけ無限にこの世界は存在している、ということでもあります。

Aさんの見ている世界と、Bさんの見ている世界は、確かに同じ世界をみているように感じるかもしれません。

でも、よく考えてみてください。例えば、AさんにとってCさんは、前向きな優しい人だとしても、BさんにとってのCさんは、いつも不満や文句ばかりの人、と見えることってありませんか?

それを単なる、相性の良さで片付けてしまうのか?それとも、実はこれは、AさんとBさんは、まったく違うCさんを見ていると捉えるのか?!

こんな風に、ちょっと頭を柔らかく新しい捉え方をしてみると、今までとまったく違った目線で、この世界をみることができます。

実は私たちは、一つの大きなこの世界を共有しながらも、それぞれ個々が、別の見え方をする世界に生きているのです。

1-2.ネガティブな感情の書換えってどういうこと?

そんなそれぞれ個々が別の見え方をする世界の中で、ライトワーカーたちの役割は、自分の見えている世界を変えていくことです。

変える..というのは、目の前の世界を変えていくことではありません。

例えば、「みんなが、幸せで喜びに溢れたユートピアを私は創りたい~」と思うならば、ユートピアとは反対のもの。例えば「戦いやいざこざ」「嫉妬や悲しみ」など、ネガティブな出来事や相手に対して、自分自身が感じている思いや感情を書きかえていくのです。

じゃあ、書き換えていくってどういうことか..

私たちは現実の中で、たくさんのネガティブな思いや感情を感じながら生きています。たとえば、今目の前の相手が、文句ばかりいう人だったら、そんな相手をみて、あなたはどう思いますか?

私だったら、「いい加減にしてー」「嫌だなあー」と思うかもしれません。

こんな風に私たちは、ちょっとしたことで、絶えず心の中にネガティブな思いや感情を感じています。

でもこの「いい加減にしてー」「嫌だなあー」という思いは、相手の文句に対して感じる、自分自身の【反応】と捉えてみます。この【反応】は、実は自分の中に既にある思考回路に沿ってでてくる【思考】なのです。

つまり同じ相手の行為を見ても、【反応】する人としない人がいるのは、自分の中にそこに反応する思考回路があるかないかの差だったのです。

思考回路とは、「こういう風になったら、こう思う」と瞬時に繋がっていく、思いや感情の回路のことです。

例:(自己中心的な相手から何か言われる)→いやだなあ→もう少し人のことも考えたら?→怒り→この人何言ってもわからない→ほっとくしかない→あきらめる→(そのうち気分が変わって)→穏やか・幸せ→(また不快感を感じる相手の言動がある)→いやだなあ..

こんな感じで、誰もが自分の中に、ぐるぐると繰り返し廻る思考回路を持っています。そしてこの思考回路を変えていくことが、ライトワーカーの役割と関係します。

2.ライトワーカーの役割

実は私たちライトワーカーの役割を一言でいえば、私たちの住むこの世界を、幸せと喜びに溢れれるユートピアへ変容させていくこと、といってもいいかもしれません。

でもそれは、世界平和のための活動をしていくことではありません。本当の意味で根本から目の前の世界を変えるには、自分自身の思考回路を、ネガティブなものからポジティブなものへ書き換えていくことです。

なぜならば、あなたの世界は、あなたの意識が創りだしている世界だからです。それは、あなた自身のネガティブな思考回路を、新しく幸せや喜びの感情を感じるポジティブな思考回路に書き換えていくことで、現実世界に幸せや喜びの世界が反映されていく、ということなのです。

目の前の現実世界は、私たちの意識が投影するスクリーンです。そのスクリーンに映る映画を、ネガティブ劇場から、ポジティブ劇場へ変えていきます!

つまり..

私たち自身の内側を変えていくことで、目の前の世界を丸ごと変えてしまおう!というのが、ライトワーカーの壮大なミッションだったのです!

3.ライトワーカーの役割のゆくへ

3-1.社会常識・固定観念を書き換える!

ライトワーカーたちの自分の世界を変容させていく取り組みは、集団意識の変容へと繋がっています。私たち一人一人の意識が変わることは、この世界を共有している世界中の人の意識の中の、「集団意識」へと繋がっていきます。

実は、集団意識さえも、わたしの意識が創りだしたものです。

例えばあなたのお母さんは「女性は良妻賢母であるべき」という固定された常識を持っていたとします。でも、世代の違うあなたにはその固定観念はなかったので、ありのままの自分を自由に生きたい!と思いました。

すると母親から、「もっと妻として、母としての、やることをしっかりやりなさい」とあなたのしていることを否定されたのです。

そんな時あなたは、自分を否定された悲しみ、制限をかけられた窮屈さ、本当の自分を我慢して生きなければならない絶望感を感じて、母に対して嫌な気持ちを感じたかもしれません。

でもここで、ライトワーカーである私たちは気づいてください!

お母さんの中には、小さいころからの教育や、社会常識に沿った考え方があっただけなのです。お母さんはけして、あなたの存在を否定したわけではないのです。

そしてその固定観念・常識は、あなたの中にもあるものです。例えあなたはそう思わなくても、潜在的なレベルでみていけば、相手にあるものは、全てが自分の中にあるからです。

そうやって相手がみせてくれた固定観念や常識を、あなた自身が新たな常識に書き換えていくとき、本当にあなたの世界は変わり始めます。

3-2.集団意識の変容

この固定観念や常識、自分の中のネガティブな思いや感情を、私たち一人一人が解放していくことは、実はすごいことに繋がっています。それは..集団意識の変容です。

「100匹目の猿現象」のお話は、きっとあなたも聞いたことがありますよね。

あるとき一匹のメス猿が川でサツマイモを洗って食べ始め、しばらくすると、他の猿たちもマネをするようになり、どんどんその数が増えていったとき、不思議なことに、遠く離れた別の島に住む猿たちまでもが、サツマイモを洗って食べるようになったのです。

これはまさに、一定の意識が共鳴することで、その共鳴の輪はどんどん広がって、近くにいない人(猿)までもが同じ常識を共有していくというお話です。

私たち一人一人が行う、自分自身の中のネガティブな思いや感情の書き換え、これも人数が増えれば増えるほど、やがては100匹目の猿現象のように、全体をも変容させていきます。それが、集団意識の変容です。

始めは自分一人の取り組みが、水の中に石を落して広がる波紋のように・・全体へと広がっていくのです。

これこそが、本当の意味で、ライトワーカーたちの役割です。

最後に...

この記事をここまで読んでくれたあなたは、ライトワーカーですね。^ ^

あなたの中のネガティブをポジティブに変容させて、今みている目の前の世界が変わっていく体験を一緒にしていきませんか?

私たちは自分の中の闇を光に変えていくことで、その光の波紋を全体へと広げていくことができます。

ライトワーカーとは、世界の集団意識を変えていく先駆者たちだったのです。


2021年3月グランドオープン特別無料ご招待!!

この自分軸を書いた仲間たちが体験したように…。


ニチメコあなたの人生のステージを引き上げる学び体験してみませんか?



 

今、ニチメコの無料オープンクラスに登録すると・・・



すべて無料で受け取れます。


▼▼▼


ニチメコは、いつも心が穏やかで毎日幸せを感じる真の自由自分らしさを手に入れたい人を応援します!

SNSでもご購読できます。