「自分には価値がない」は勘違い!自分の価値を高める3つのこと

「自分には価値がない」

あなたがそんな風に感じてしまうのは、人から受けいれてもらえなかったり否定されたり、自分に自信がなくなる辛い体験があったからかもしれませんね。

そんなあなたへ。

今日はあなたの価値を蘇らせ「私は価値がある!」と心から思えるようになるための、3つのことをお話しします。

「自分には価値がない」と思うのは、本当は勘違いだったのです。

これを読むと、自分の価値はどうやって決まっていたかがわかり、人の評価に左右されずに生きられるようになります。

「自分には価値がない」と感じる悩みの根本解決です!きっと読むだけでも元気がでてきますよ。^^

1.自分の価値って何?

そもそも、「自分の価値」って、どうやって決めていますか?

価値を決めるには、それを測るモノサシが必要ですね。たとえば、そのモノサシの基準は何でしょう?

 

「どのくらい、人の役に立てているか」とか「仕事ができるかどうか」など。

 

でも、モノサシの基準をよーくみていくと、

ある人は、社会的立場で人のために役立つことが「価値ある」と信じていたり、ある人は、家族のために役立つことが「人として価値ある」と思う人もいるかもしれません。

 

つまり、「価値」を測るモノサシは、人によって、メモリの長さも形も、ぜ~んぜん違うのです。

それでは、まったくモノサシの役割を果たさないと思いませんか?

2.自分の価値は自分で決められる

つまり、自分の価値は自分の持っている「モノサシ」が決めているわけです。

 

しかも、人それぞれまったく違う基準のモノサシで!

だとしたら、そんなモノサシ、もう使うのをやめた方がいいと思いませんか?

 

でも、モノサシを使わずに、「自分の価値」を測るにはどうしたらいいのでしょう?

その答えは簡単です。

 

「測ることをやめる」ことです。^^

本当は「自分の価値」は測るものではなくて、自分で「決める」ものなのだったのです。

3.人の価値とは何か?を書き換える

でも、「そうはいっても..私って何もできないし、どうやって価値があるって思えるの?」って思うかもしれないですね。

そんな方は、まず始めに、人の価値とは何か?を「書き換える」といいかもしれません。

そもそも、人の価値って、そんなに簡単に変動するものでしょうか?

 

例えば、「社会に貢献する仕事をしているから、私は価値ある」

あるいは、「私は人のために何もしていないから、価値がない」

 

どちらにしても、まずこのことを思いだしてみます。

あなたがこの世に「オギャー」と生まれたときのことです。

あかちゃんは何か社会に貢献することをしていますか?

 

もちろんまだ何もしていないですよね。でも、価値がない存在だと思いますか?

いいえ.. 生まれたてのあかちゃんは、ただそこで「オギャ-」と泣いているだけで、両親にとっても大きな価値ある存在です。

 

こんな風に、人間は本来、何かをしようがしまいが、ただここに生まれ、生きている。

それだけで、大きな価値ある存在なのです。

それは、あかちゃんだけではなくて大人になった私たちだって同じことだと思いませんか?

 

私たちは、成長するごとに、いろいろな基準を自分の中に取り入れてきました。

それで、「自分の価値」を測るモノサシをつくりだしたのです。

 

そこで「私は価値がある!」と心から思えるようになるための、1つ目は

「人の価値は誰もが同じ!」と捉えることです。

 

人の価値は、あかちゃんも、おじさんも、おばさんも、若者も、成功している人も、お金のない人も、人のために役だっている人も、そうではない人も、偉そうな人も、優しい人も.

みーんな同じです。

4.自分の価値を決めるのに、どんな条件も必要ない

ここまでお話しを読んでも、もしかしたら、「でも、やっぱり私は価値がないんじゃないの?」と思いたくなる人もいるかもしれません。

そんな時はもう一つ新しい考え方を、自分の中に取り入れてみましょう!

 

「私は価値がある!」と心から思えるようになるための、2つ目です。

それは「自分を否定する人の話は、どんなに正当なお話であっても、信じなくてもいい」と思うことです。

 

最初にお伝えしたとおり、誰もがそれぞれのモノサシをもっています。

あなたを否定した人も、その人独自のモノサシで、あなたを否定しただけなのです。

ならば、そのモノサシを使ってお話しする相手の価値判断を受け入れる必要はないと思いませんか?

 

あなたの価値は、あなた自身が決めていけます。それには、どんな条件も基準も必要ありませんよ!

5.他人軸で生きるのをやめる

他人軸で生きるとは、人の評価や価値観が、自分の価値を決める基準になって生きることです。

 

その場合、人から褒められたり、認められたときは、自分の価値は高くなるかもしれません。

でも反対に、人から否定されたり、受け入れて貰えなかったとき、一気に心が萎んで「私って価値がない」って思ってしまうのです。

 

でも人の評価は、独自のモノサシを使っているのですから、本当はものすごーくいい加減です。

Aさんは、あなたの性格を「いつも他人を思いやる優しい人」といってくれるかもしれません。

でもBさんは「いつも相手中心の優柔不断な人ね」って思うかもしれないのです。

人の意見は必ず分かれます。

 

そこで「私は価値がある!」と心から思えるようになるための、3つ目は!

「人の意見は必ず分かれるもの。」と捉えることです。

 

全ての人みんなに評価してもらうことは、そもそも不可能なことです。

始めから、「私を否定する人もいるのが普通」って思っていたら、人に否定されたり、受け入れてもらえなくても、「私は価値ある存在」という思いが崩れにくくなると思いませんか。

6.みんな価値がある!

私たちは、本当は全てのみんなが価値ある存在です。

本当は人の価値は、良くなったり、悪くなったりするものではなかったのです。

 

何ができてもできなくても、どんな物を持っていてもいなくても、価値はみんな同じです。

誰もが人として価値ある存在です。

 

「自分には価値がない、だから、何かをしなくては」

これは、とても自分を苦しめる考え方だと思います。

 

だって、自分は価値がない、と自分自身が決めているのだから、自分の価値を証明する架空の何かを探し続けなければいけないわけです。

そして、他人の評価をいつでも気にし続けて生きるのです。

 

それでは、人生楽しく生きられないと思いませんか?

もう自分の価値なんて、探さなくていいし、見つけようとしなくていいのです!

 

今すぐ、ここで、「私は価値ある存在」と、自分自身で決めてください!!

 

私たちの価値は、何の根拠も、基準も、条件もいりません。

人はみんな、存在そのものが価値ある存在です!大切なことは、それをあなたが信じられるかどうかです。


★自分軸読者への特別特典★安藤妙子無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント安藤妙子が無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。