浮気された妻が、夫を許して理想の夫婦になる5つの心得

パートナーの浮気が発覚したとき、信頼していればいるほど、そのショックは大きいものです。嘘であってほしいと願ったり、怒りや悲しさ、悔しさ、憤りや苦しさ、屈辱など、さまざまな感情が一気に溢れて、どうしたらいいのか分らなくなります。

今のままでは耐えられない。けれど、どうしたらいいのか分らない。

夫婦関係改善までの道のり

yuyu_no3_1

パートナーの浮気が発覚したときは、衝撃のあまり頭が真っ白になり、冷静な判断が出来なくなります。怒りが込み上げてきて、大声で責め立てたり、泣き喚いたり、尋問したりと、感情が暴走してしまいます。このような状態では、建設的な話し合いはできませんね。とても辛く苦しいでしょうが、気持ちを落ち着かせて冷静になることで、あなたの気持ちがパートナーに伝わりやすくなります。

パートナーの浮気で信頼関係が一気に崩れ、悲しさや悔しさで引き裂かれた心は、簡単には前向きに切り替えられません。そして、信頼していたパートナーに裏切られるということは、相手を責め、自分を責め、修復どころではないかもしれません。

けれど、起こってしまったことに拘り続けて、暗く重い気持ちで日々を過ごしていくのは、今後のおふたりにとって、決してプラスではないとお分かりでしょう。もう一度、やり直したいというお気持ちがあるのでしたら、笑って暮らせる毎日を取り戻すように、出来る限りの努力をしてみませんか。

諦めない強い気持ちを持って、できる限りの努力をして、すべてやり尽くして、それでもお互いの信頼関係が取り戻せなかったら、そのときに、別れることを考えても遅くないと思います。

<1>話し合うタイミング

怒りや悲しみの感情に、心が支配されないときを持てるようになって、この先のことを冷静に考えられるようになったら、話し合うタイミングです。まだ感情的になっているのでしたら、よい関係で話し合うことができません。やっぱり分かってくれないという現実を創るようなものですから、もう少し待ちましょう。

yuyu_no3_2

気持ちを落ち着かせるために、どなたかに、起こったことを話してみるのも良いでしょう。そのときに、気をつけていただきたいことがあります。

聞き役に徹してくださる方に、事の次第をお話しするようにしましょう。あなたに自分の意見を主張したり、パートナーを強く批判する方では、あなたの気持ちが落ち着きません。

あくまでも、あなたの気持ちを整理するために聞いていただくのですから、それを先にお伝えしてから、お話しするように意識しましょう。

<2>何を伝えるか

今の素直なあなたの気持ちを、パートナーに伝えましょう。浮気をしたことを批判するよりも、それによってあなたがどんなに悲しかったか、どれほど苦しみ悩んだか、そして、どれほどパートナーを愛しているかなど、ご自分の気持ちを素直に話すことで、パートナーの反省する気持ちが深まります。

yuyu_no3_3

家庭とは、憩いの場であると昔から言われていますけれど、それだけではありません。

家庭では、生き方やその人の性格、習慣、癖、長所も短所も、すべてをさらけ出します。友人間や職場では、関係が円滑に成り立つように、ある程度、自分をコントロールしますね。できるだけ自分の短所を出さないようにして、関係を成り立たせようと努力します。けれど、リラックスしている家庭では、嫌だと感じる部分も自然に現れます。

お互いに欠点を見せ合っているのですから、夫婦間に問題が生じるのは自然なことといえるでしょう。それを放置して居心地の悪い家庭にしてしまうのは、とても残念なことです。本来、家庭とは、長所も短所もさらけ出し合いながら、お互いの理解を深め、より良い関係を築いていく場なのです。

このように考えると、問題を解決しながら夫婦の関係を深めることは、とても大切なことだと言えます。このお気持ちを持って、話し合いを進めていかれてはいかがでしょう。

<3>問題を違った角度から見る

問題が解決してから振り返ってみると、浮気されるという出来事があったからこそ、お互いの大切さや愛情を一層感じるようになったのが分かります。ただ単に許せても、愛情がなくなっていたら、パートナーをもう愛せないのです。それでは、幸せではありませんね。
yuyu_no3_4

浮気をされて初めて、本当の気持ちに気付くのです。自分を理解し、パートナーへの理解が深まるにつれて、どのように何を選択していくのか、夫婦のあり方が問われます。辛く苦しい景色を見たからこそ、見えてくる景色が変わります。パートナーが浮気をした原因の一端は、自分にもあるのではないかと、考えられるようになるのです。

一刻も早く、今の辛く苦しい気持ちから逃げれたいのは分かりますが、すぐに解決する特効薬は、残念ながらありません。大切なことは、解決に向けて、ご自身と向き合う時間です。衝撃的な出来事だっただけに、心の深い部分での苦悩や葛藤は、とても大きいことでしょう。その最中には気付けないかもしれませんが、あなたは今、心を育む大切な経験をなさっているのです。

それが、夫婦関係を新たなものにしてくれます。どんなに苦しくても、逃げ出さない勇気を持ってこの悩みに向き合えば、光を見る経験に変わります。そして過去に拘らず、お互いに前だけを見て進むことが大事だと気づけます。

<4>パートナーを理解することで変わるもの

浮気が発覚していない頃を振り返ると、パートナーのことを余り気にしていなかったという人が、結構多いものです。夫婦間に何か問題が起こらないと、パートナーのことを、そこまで真剣に考えることはないのですね。つまり夫婦の問題は、パートナーシップを深めるための出来事だとも言えそうです。

yuyu_no3_5

浮気されたら否が応にも、相手のことを真剣に考えざるを得ない状況になります。まさかパートナーが浮気をするとは、想像もしていなかったというのが、大方の経験者の感想です。これは、パートナーを理解していたつもりだったけれど、そうではなかったということに他なりません。

浮気問題がきっかけになって、パートナーのことを考える時間が増えると同時に、あなたご自身のことも考える時間が増えます。「私って弱い人間だった。」とか、「嫉妬するとは思わなかった。」とか、「こんなに彼を愛していた。」とか、ご自身に対しても、新たな発見をすることでしょう。

そして、これまであなたを支えてきた価値観や概念が崩壊していくことで、物事の理解の仕方も変わっていきます。このような体験があるからこそ、今までよりも深い部分で相手を知り、ご自身を知ることができるようになるのです。それによって、あなたは人として、より深みを増していくことでしょう。

<5>合わせ鏡

yuyu_no3_6結婚したおふたりは、72億人以上いる地球上の人たちの中で、同じ時期に生まれて出逢うという、大変な奇跡を起して夫婦になったのです。本当にとてもご縁が深いのですよ。

私たちは自分の顔を、鏡を通さなければ見ることができません。これと同じように、自分の心や性格は、写し出してくれるものがなければ、知ることが出来ません。それが、パートナーなのです。

パートナーの嫌で堪らなかった部分は、実は、ご自身の嫌なところだったのです。ここを変えてくれたら、と思っていたところを、ご自身が変えたならどうなるでしょう ?

鏡には、変わった姿が写し出されますね。夫婦は合わせ鏡です。つまり、自分の姿を相手の姿に写して見せてくれるのです。ですから、写し出された姿は、自分であると同時に、相手の姿でもあります。と言うことは、自分が変われば、相手も変わるということなのです。

もし自分を変えないで、相手にだけ変えて欲しいと望んでいると、いつまでも相手は変わりません。それどころか、おふたりの関係も、問題を起すような深刻な関係になっていきかねません。そのような過ちを犯すよりも、パートナーの姿は、自分の姿であるということを理解して、自分を変える努力をしてみませんか?

この努力を積み重ねていくうちに、いつしかパートナーと心が通い合い、お互いに尊敬し、信頼し合えるようになるのです。夫婦とは、相互に影響する合わせ鏡です。人間として精神的に、より一層成長することを願い励み、お互いに成長させてもらいましょう。


SNSでもご購読できます。