何もかもうまくいかない時に取り組む3つの事

何もかもうまくいかない時は誰にでもある。

実はまさに今、私自身が何もかもうまくいかないと感じています(涙)

そしてモチベーションが下がり、体調不良と何もかもやりたくないサイクルに入っているからこそ書いてみようと思いました。

私が現在直面している何もかもうまくいかないと感じる点は・・・・
思ったとおりに時間が持てない。

思ったとおりに人に伝わらない。

思ったとおりに仕事や物事を進められない。

大まかに上記3点が現在ぶち当たっている壁です。

そして、うまくいかないオーラに陥ってイライラし意識は散漫になり気持ちが落ち着かない状況です。

もしこの記事を読んでいるあなたもそうかもしれません。

何度もどうにかならないか?と取り組んできた私ですがこの状況から抜け出すのはどうやらこの世界を創造している自分自身しかないのです。

一緒にこの何もかもうまくいかない時を乗り切るために取り組む3つの事を実践していきましょう。

 

何もかもうまくいかない時は誰にでもある。と書きましたが私の場合・・・・

何もかもうまくいかない時は、何度も負のサイクルとして目の前にやってきます。
そして現在も進行形で塗り変え作戦を実行しています。
何度も何度も目の前に起こって来る「嫌だなぁ」「不快だなぁ」と感じる負の出来事は、今回の人生で乗り越えようとしてきたパターンなのです。
まず私の場合として一つずつ見てみましょう。

yuuyuu_no18_2

まずは、「思ったとおりに時間が持てない。」ケース

仕事を早く終わらせて家事をすばやく済ませ自分の時間を持とうと思うと、

子ども「お母さん宿題手伝って、明日までに提出する作文なの」

私「えぇ!普段は一人で出来るのに今日に限ってそれ言うのかよ」と突っ込みを入れたくなるようなパターンが目の前で起こります。

そして娘の宿題と息子の宿題を見て、ご飯を食べてお風呂に入り

「よし!ようやく自分の時間だ!取り組むぞ!」と思うと夫が帰宅する。夫に食事を用意する。

そしてやる気が途切れていくのです。その後は、「もう嫌だ」「やりたいときに出来ない」と怒りを感じるパターンか「もう嫌だ」と何もしたくない症候群に陥るかのパターンをたどります。

 

次に「思ったとおりに人に伝わらない。」ケースです。

仕事や家庭で何度も起こっています。自分が伝えている意図が伝わらず何度も作り直しで期限に間に合わない→焦る→イライラする→「だから何度も確認し早く提出していれば」となります。
そしてやる気が途切れていくのです。その後は、「もう嫌だ」「だから言ったのに」と怒りを感じるパターンか「もう嫌だ」と何もしたくない症候群に陥るかのパターンをたどります。

 

次に「思ったとおりに仕事や物事を進められない。」ケースです。

優先順位をつけて仕事を進めていますが、急な仕事が入ってきて優先順位が変化する。
優先順位が低い仕事を人に任せる→優先順位が高い仕事をどうにかこうにか処理しようと躍起になる→だんだん追いつかなくなる→焦る→イライラする→気が散漫になる→集中したいけど出来ないサイクルに陥る。

そしてやる気が途切れていくのです。その後は、「もう嫌だ」「私は仕事が出来ないから納期が守れない」と自分を責めるパターンか「もう嫌だ」と何もしたくない症候群に陥るかのパターンをたどります。

 

kyoko_no18_1
もうお分かりの通り3つの傾向から見える私の状況に共通している見えてくる事は、

「もう嫌だ」(怒り)→「もっとちゃんと聞いてよ」(批判)→何もしたくない(うんざりする)

「もう嫌だ」(怒り)→「自分はなんて駄目な奴なんだ」(自己否定)→自分はやりたいのに出来ない(言い訳)

「もう嫌だ」(怒り)→「邪魔が入る」→やる気がなくなってくる→やりたいのに出来なかった(言い訳)
書き出してみてよくわかります(涙)自分がこの現実を感情と思考を使って創造している自覚が全くない状況です。

意識が現実の出来事に入り込んでしまっていて創造している責任を忘れてしまっています。

この記事は、自分を励ますためにも書いています(笑)

共通するパターンがわかってきたら、もう手放すことが出来るサインです。
今後上記のようなパターンに入るサインは、「もう嫌だ」なのです。

「もう嫌だ」→おおっといけないここに入り込まない。ここで気がつくことがとても大切です!!

新しいサイクルを創造しました。

「もう嫌だ」→「負の出来事は手放すサインだった!」→「また2時間後に取り組もう」

→「完成する事は必ずできる!自分を信じよう」→「私は必ず時間が持てる!そして集中して取り組む事が出来る」

こうやって自分をあきらめない。自分を信じて続ける。を定着させていく訓練を続けて古いパターンを手放し続けます。

 

こうして続けていくともしかしたらもっとしっくりくる方法が出てくるかもしれません。

その時は、心に従ってその度に創造して行きましょう。

これからも日々続けて望む人生を創造していきます。

tae_no20_6
まとめ

現状や状況を把握する(パターンに気がつく)

そのためには、日々不快だと感じる出来事を日記に書き出しましょう。後で言いやと思って後回しにするとすぐに忘れてしまいます。

せっかく不快だと感じる望まない現実を手放すチャンスが逃げてしまいます。

明日から、後でいいやではなく今日、今からメモにとって日記をつけてみましょう。私も3日坊主なたちですが毎日出来ないときもあります。

自分の人生を望むとおりに創造する事は自分にしか出来ません。今後も出来る限り自分の感情と思考を逃して無意識に陥らないように意識して創造していきます。何度でもやり直すぞ!と自分を励ましています。

 

やりたい事とやらなければならない事のバランスをとる

やりたい事だけで人生が埋め尽くされていたら毎日ハッピーだと思います。ですが肉体を持って生きる体験をしているとどうしてもやらなければならない事もセットでついてきます。私は、正直料理がやりたくない事なのですが、育ち盛りの子どもが二人いるのと、望む現実を創造するには肉体を健康に保つ必要があります。

そのために、仕事と家事とやりたい事をバランスよく取り組むために優先順位をつけて取り組んでいます。取り組むまでが気分的に重いのですがやりたくない事でやらなければらならない事から先にはじめてしまうと案外早く終わってしまいます。

 

望む事と望まない事をリスト化する

毎日日記やメモで自分のパターンを把握したら、ここから新しいプログラムパターンを創り出すチャンスです!

私も何度も古いパターンに入り込んでは、落ち込みまた気がついて新しいパターンを創造する訓練を繰り返しています。

自分が心から望むことを明確にするには・・・・・望まない事を体験することが一番の近道です。

生まれてから今日まで地道に作り上げてきた望む事と望まない事。

これから一緒に現在どうしても変えたいと感じる望まない事を、望む創造に塗り変えていきませんか?

この記事を書き上げてまた一つ望む現実を創造することができました。

スピリチュアル大学では、同じ目的をもって各々が真に望む人生を創造し支えあう仲間がいます。一緒に取り組んでみませんか?


SNSでもご購読できます。