老けない人の老けない生き方4つのポイント

 

最近立て続けに80歳前後でとても若々しく見える方に出会いました。私より、20歳ほどご年配の方なのに背筋もしゃんとして、歩き方も若い人とまったく変わらないのお二人。それが無理に若作りしてるわけでもなくごく自然なのです。いったいどうすればあのように年をとることができるのだろう。そんな疑問から彼女たちの共通点を探ってみました。

眼科で出会ったとても若々しい方

harumi-no13-1

一人目の方は、眼科でお隣に座ったご婦人。「お寒いですね」から始まった会話。どう見ても私(ちなみに私は61歳)より少し年配にしか見えないのです。肌もつやつや、髪艶もいいし、無理に若作りしてる感じでもなく、「私は、~から来たんです。」というお話に始まって、「素敵なお洋服着てらっしゃいますね」と私が言ったらその方の顔が「パッ!」と明るくなって実はこれ着物から作ったんですよ~」「私着物のリフォームをしてるんです。その先生は85歳でしてね、私より5歳年上なの」

イヤー驚きました。ま、さ、か80歳とは。其の85歳の先生も驚きですが、私が驚いてることに気づく様子も無く、「それがとても楽しくてね。近所の方が着なくなった着物をもってきて作って欲しいって頼まれるのよ。ほんとこの年になって人様のお役に立てるなんて幸せですよ。ただ毎日目を使うものですから、目は大事にしないとと思ってこうして眼科にお世話になってるんです。」ておっしゃっていました。改めて私は其の方の姿をまじまじ見た次第です。

スーパーで出会った幸せな方

harumi-no13-2

そして、もう一人の方10数年ぶりにばったりスーパーで出会いました。確か私より20歳ほど年が上のはずだけどとても若々しくて以前とちっとも変わらない。「こんにちは~」って声をかけたら、「ごめんなさい、どなたでしたかしら?」あのときの。。。と伝えたらすぐにわかってくれて、「ごめんなさいね。わすれっぽくなって」と、でもお姿はちっとも変わらない。「変わらないですね~」というと、「そんなことは無いけど、おかげさまでこうして元気ですよ」と、そして彼女の話が始まりました。

「私は今子供が3人、孫が8人。そして、ひ孫が10人いるの。お正月に集まったのが36人なのよ!、8畳間を二つ通しにして食事したの」   「おおおおおこれってちょっとした旅館でしょ!」とただただ驚き!我が家のお正月13人なんて足元にも及ばない数。其の後すかさず「私一人子だったから、こんなに増えるなんてほんと幸せ、みんなにご馳走するのが楽しくて~」ニコニコしながらそのときの様子を語ってくれました。

「毎日7人の夕食を作るの。そのメニューを考えるのが楽しくてね」  「あら、普通は、面倒だって言うでしょ!でも、それまでも楽しみなんだ~」と内心思いました。「どうしたらそんな風に元気で若々しくいられるんですか?って尋ねたら、若くいる秘訣もちょっと伝授してくださいました。「健康でいたいから、朝晩体操してるのよ。それからコットンに化粧水をたっぷり含ませてパッティングしてるの。それが若いころからの習慣でね」と何気に教えてくださいました。立ち話5分の間に美容と健康法をゲットした気分でした。

私へのメッセージ

harumi-no13-3

立て続けに出会ったこの二人のご婦人。これは私への大切なメッセージのような気がしました。まずお二人から発せられた共通の言葉が、「楽しい!」「幸せ」でした。そして、決して無理に若作りをしていないごく自然であること。たいてい出会うご年配の方の多くの方はこうおっしゃいます。「年だから、あちこちが痛いんですよ~」とか「年でね、大変なの」と愚痴のほうが多いです。で、そういう方はそれなりに年をとられています。

では、このお二人とほかの方とでは何が違うのでしょう。人はみんな年をとります。でもやはりみんな元気でいつまでも若々しくいたいというのが心からの願いでは無いでしょうか?

老けない生き方のポイント

harumi-no13-4

さて、人生が楽しく、生きがいを持っていられるエネルギーのもとはどこにあるのでしょうか?私なりに考えてみました。

1、自分自身が好きであること。
2、自分を大切にできていること。自分を大切にすると、お金も時間も家族も友達も大切に思えます。
3、健康であること。
4、美しいものや、心地いいものに対して敏感であること。

やはりり意識が外に向かない。自分軸なんです。楽しむことに、物事が大切であることに、健康であることに、そして美しいものに意識をあえて向けること。ラジオの周波数を合わせるように意識をそこに合わせて生きることだと思いました。
誰もが、若くありたい、年をとりたくないと思います。でもそれは、若く見られたいと言う外軸ではなく、自分自身が自分を大切にし物事を楽しめる心の余裕が必要なのだと思います。そして、何かを大切に慈しむ気持ち。そんなことが楽しさや、幸せに繋がっているようです。

最後に大切なおまじないの言葉をお伝えします。「わたしには老いるということはありません。」これを必ず毎日最低十回は唱えてください。

おまけ

リフォーム2_R

その後わたしは自分流で着物リフォームにチャレンジしました。今とてもはまっています。これもまた私へ似素敵なプレゼントになりました。

皆様がいつも若々しく、人生を楽しまれますように心からお祈りします。

 

 


SNSでもご購読できます。