宇宙とつながると奇跡が起こり1つの学びで願望成就は当たり前!

今から20年以上前の話です。あるパステル画作家さんの『子宮』という作品を観て、わけもわからず涙がこぼれ落ちました。

「あぁ、やっと逢えたね」という気持ちで、その絵に魅入っていたのを今でも覚えています。

その絵を前にしたら「子宮は、宇宙とつながっています」という言葉が降りてきたんです。

それを聞いた作家さんがいたく感動され、のちにパステル画『子宮』を私に贈呈してくださいました(この場を借りて今一度「その節はありがとうございます!」)

この出来事から『子供のころから漠然と感じていた「結婚したら子どもは女の子。その子は優しくて、私よりも賢い!」』という願望が、現実になる仕組みを知ることになりました。

∞子宮と宇宙がつながっているって?!

そういえば、不思議ですよね?女性の子宮と言う臓器に命が宿り(その過程では、もちろん人間の愛が必要ですが…)十月十日(とつきとおか)の間に、地球上のすべての生命の形態を具現しながら人間と言う生き物になって行く…

kirara_no10_1

この命は、どこからやってきたのでしょう???

『子宮』のパステル画を観たとき、「子宮は宇宙とつながっている」という答えが降りてきました。そうして宇宙のメッセージどおり、宇宙とつながっている子宮から人間と言う生命が産み出されているのです。

神秘です!奇跡です!このことから『願望は宇宙が叶えてくれる!』ということが、私の中で認識されました。

宇宙とつながると、人生にたくさんの奇跡が舞い降りてくるのです。

では、実際に宇宙とつながることで、どんなことが起こるのでしょう?そして、どうすれば宇宙とつながることができるのでしょうか?

★私たちは万能であることを思い出す

kirara_no10_2

ジャンクDNAという言葉を聞いたことはありますか?

ジャンクDNAとは…
ゲノム解析の結果「既知の遺伝子と相同性が見られない」あるいは「相同性が高いにもかかわらず機能するために必須な配列に変異などがあり実際の機能が疑わしい」といった領域が多数発見されたことから、そういった一見してごちゃごちゃしており余分・無駄に見えるような未解明の領域に対して付けられた名称である。(中略)
ヒトゲノムのおよそ97%は”ジャンク”であることが示されている。

wikipediaジャンクDNAより

ここで、質問です。
私たち人間の、果たして97%のものDNAが、本当にジャンクなのでしょうか?

「そんなことない!」と、思われる方が大半だと思います。私もそう思いますし、実際wikipediaの中でも

分子生物学というのはまだ非常に若い学問であり、このような機能の認められていないDNAの領域も、まだ発見されていないような機構で機能しているのかもしれない、という観点から、ジャンクという言葉は呼び誤りであると認識されている。
実際、2005年現在、新しい研究において、ジャンクDNAがまだ確認されていない機能を果たしているかもしれない、ということが示されている。

wikipediaジャンクDNAより抜粋

という記述もあります。

そして最近の3次元世界でも、まことしやかに『ジャンクDNAが正しく配列されたら、いったいどんな能力が発露されるか?可能性は未知数』とささやかれているのです。

DNAは、私たちが自分自身を「くずではない」と認めたとき…ものすごい能力を発揮するのではないでしょうか?

★くず=認識されていないだけ

kirara_no10_3

では、ジャンクDNAはなぜ〝くず〟というひどい言われ方をされているのでしょうか?それは、科学者たちがただ単に解明できないから〝役に立たない〟と決めつけただけ、なのではないでしょうか?

そうすると〝役に立たない〟のではなく、〝未知数の可能性〟として捉えられませんか?

そうなんです!私たちの能力は、未知数なんです!

さらに高次元のお話では『人間のDNAは、12本鎖である!』といわれています。これを聞いてあなたは「そんな馬鹿な?人のDNAは、2本鎖に決まっている!」と言いたいですか?

実は、ジャンクDNAといわれている〝くず〟DNAが、全て機能すると12本鎖になるようなのです。〝くず〟DNAが解明できたとき、いったいどんな奇跡が起こるのでしょうね!

★ジャンクDNAを〝くず〟ではなくす方法

kirara_no10_4

ニチメコのハイゼミ(ハイヤーディメンションゼミナール)では、このジャンクDNAを正常に戻す方法も学びます。日常で繰り返し地道に訓練していくのですが、この学びには、専門的な知識も科学の知識も一切必要としません。

それは、「DNAのリミットをはずす」あるいは「DNAの絶縁体をみつける」という方法で体感し、習得して行きます。日々それを繰り返し、自分で自分自身の能力の絶縁体となっているものを解除していくのです。

やってみると一見地味ではありますが、日々こなすうちに明らかに前とは違う自分を発見することでしょう。それを意識が拡がった、物事を捉える軸が変わってきた、という風に捉えることもできます。

★DNAの絶縁体をはずすと宇宙に近づく?!

kirara_no10_5

冒頭にご紹介したように、宇宙とつながると宇宙からふいに言葉が降りてくることがあります。最近ではよく聞くチャネリングも、宇宙とつながっている証拠といえるでしょう。

そうなんです、宇宙とつながるとこの3次元の自分の思考とは違う、高次元の声と思われる、インスピレーションやメッセージが「降りてくる」「湧いてくる」「聞こえてくる」のです。

この感覚は、ハイゼミの学びを進めて行くととてもはっきりとした体感として体験できるようになり、それはやがて日常茶飯事のものとなって行きます。

そして、奇跡が当たり前!ということが毎日起こる日常になっていくのです。

なぜ目指すのか?と聞かれれば「この世の枠に囚われない知識はとても崇高なものだし、それを発信している宇宙は私たちを素晴らしい高みに導いてくれるから!」と、答えるでしょう。

私は、常に白黒つけたがる二元性の三次元世界から抜け出し、宇宙という無限の世界まで到達したいと思い、毎日地道に自分と向き合い、DNAの絶縁体を見つけ解放し続けています。

今、私は自分の可能性を自分の力で発揮できる喜びに満ち溢れています。そしてこの奇跡は、もちろんあなたにも起こせることなのです。

この記事は2016.02.13にUPしたものを加筆修正したものです♪


望む人生の作り方を読む



日本メンタルコンサルティング協会®︎
認定メンタルコンサルタント
寺尾 清美


私は今「こうなればいいのに…」と思っていた願いが全て叶い、幸せで満ち足りた奇跡のような日々を過ごしています。

でもかつての私は、現在とはかけ離れた暗い闇を生きてきました。あまりに辛すぎて、家族から離れることを目標に生きていた時期もありました。しかしそれが叶っても、一向に幸せは訪れませんでした。

就職で独立しても、大好きな人と結婚しても、精神世界を学んでも、その度ごとに「今度こそ幸せになれるはず!」の希望は、はかなく消えていったのです。

そんな2007年、日本メンタルコンサルティング協会®︎のハイゼミに出逢いました。そこで初めて「なぜ自分が幸せになれなかったのか?」根本原因が紐解かれることになります。

どんな努力もやり方を間違えていれば、改善されないのは当たり前。でも、努力する方向が整うと、確実に成果を挙げられることが受講生たちの成果からも証明されています。

そんな根本解決の王道を知ったいま、私が過去苦しんだ経験も無駄ではなかったと思えるようになりました。遠回りした分、あなたが幸せへと続く道を見つける際にお役に立てると思うからです。