心のもやもやをスピリチュアル的に解消する7つの方法と効果

なんとなく気分が晴れない…なんだか心がもやもやする。

別に、今日嫌なことがあったわけでもないのに心が重い…大好きな映画を観ていても、とっても素敵なお店でのショッピングも、おいしいランチを食べていても、気づけばためいきばかり…

そんなときって、ありますよね?

先日の私がそうでした…
大のドライブ好きな私。1人でドライブするのは自由で解放された唯一の楽しい時間のはずなのに、なぜだか気分が鬱々とし、暗く重い気分でした。

現実の私は、とてもハッピーな出来事に心躍っていたはずなのに…です。

なぜこんな風に心って、いとも簡単にもやもやして、どよ~んと暗く重くなってしまうんでしょう?

今日もスピリチュアル的な観点も含めた、心のもやもやの解消法7つとその効果をお伝えしてみたいと思いました。

◆もやもやの正体を突き止めよ!

一見ベタな方法なのですが、実は…もやもやの正体がなかなかつかめなかったりすることがあるんです。

私の場合は、こうでした。

長年の夢が叶って、毎日ウキウキワクワクのはずなのに、ふとした心の隙間になぜか「もやもや」したものが漂っていたのです。

それは、朝から晩まで私に付きまとっていました。この暗く重い気持ちが私の中のほとんどを占めてしまい、毎日がウキウキワクワクではなく、どよ~んとしていました。

どよ~んとしたまま、仕事以外では外出したくなくなり、引きこもり状態のそんな日が2週間くらい続いたでしょうか…。

今日もどんより日和…。さすがにそんな自分に嫌気がさし、ようやく原因究明に重い腰を上げる気になり自分の心の中を覗き始めました。

それは、初めは言葉にもならないもので、ただ心の片隅に黒い物体が横たわって、なんだか嫌な感じのもやもやが周りを漂っているイメージだったのですが…。

意を決して自分と向き合う!と宣言すると、もやもやの正体がようやく形になりはじめました。

◆自分だけの時間を作る

もやもやの正体が形になるまでのしばしの時間、私がもやもや中にやってみた解消法をご紹介をしてみようと思います。

普段、忙しく過ごしている人に是非やって欲しいこと、それは…自分だけの時間を作ることです。

★自分だけの空間を楽しむ

はじめにもご紹介したように、私の一番の自遊空間は、自分しか乗っていない車で、ばびゅ~んとドライブする事です。

なんなら、大好きなアーティストのCDも大音量でかけてみます。

普段の仕事や家族のしがらみから解き放たれ、1日の内でもっとも自由になれる空間です。

CDの音楽に合わせて気持ち良く歌った日には、とても自由を満喫できます。ご自分の車をお持ちの方は、ぜひお試しあれ!

★好きな香りに包まれてみる

お好みのエッセンシャルオイルの香りがお部屋中に拡がった空間で浄化されてみる。

アロマランプやアロマディフューザーでお気に入りの香りをゆっくり堪能してみましょう。

<おすすめのアロマレシピ>
・ラベンダー+ティーツリー+ユーカリ=最強ブレンドです。

今、この記事を書いている季節は春ですが、この時期のこのブレンドは、花粉症やインフルエンザ予防に大活躍してくれるでしょう♪

※余談ですが、ある入院病棟で実験的に空気清浄にアロマを使った階と、普通の空気清浄器を使った階と分けてみたそうです。

その年のインフルエンザが猛威を振るった時期、アロマで空気清浄した階では1人もインフルエンザ患者がでなかったそうですよ^^

最強ブレンド以外にも、ぜひご自分の好きな香りを見つけて癒されてみてくださいね!

★ゆっくりバスタイムを楽しむ

仕事に追われ、いつもは時間がもったいなくてシャワーで済ませていませんか?

お風呂にお湯を張ってゆっくりと湯船につかり、疲れから解放された自分だけの時間を過ごしてみてください。

大好きな香りの入浴剤に包まれ、温かい湯船にゆったりと浸ることで、心のもやもやがきれいにかき消されるとき、心も身体も癒されるでしょう。

もやもやがなくなれば、また明日から前向きになれる気がしませんか?

★思い切って瞑想にチャレンジしてみる

この際、瞑想にチャレンジしてみてはどうでしょう?

瞑想と言っても、あぐらを組んだり正座をしたりの苦しい姿勢でやるのではなく、楽な姿勢で手軽にやってみませんか?

現代風の瞑想、この楽な姿勢で「考えることを考えない」という禅の世界に飛び込んでみませんか?

考えることを考えない瞑想に慣れてきたら、ヒーリングミュージックを聴いてみるのもいいですね。心が落ち着き雑念が払われるように、もやもやも吹き飛ぶかもしれません。

特に最近話題のソルフィジオ周波数を駆使して作成された音楽など、おすすめヒーリングミュージックです!

ソルフェジオ周波数

周波数の単位
1Hz=一秒間に一回の周波数・振動数

1939年
ロンドンA=440Hzユニバーサルピッチが世界標準。

528Hzは古代グレゴリア聖歌などの音階(六音)に見られる周波数(ソルフェジオ周波数とも呼ばれる)の一つである。 528Hzの周波数。古代グレゴリを聖歌とは九世紀から十世紀にかけてローマ・カトリック教会で用いられた、単旋律、無伴奏の宗教音楽。

旧約聖書『民数記』七章十二節から始まる部分に六つの音の周波数が節番号に隠されている。 その数字がソルフェジオ周波数の六つの音、396,417,528,639,741,852

提唱者:レオナルド・G・ホロウィッツ

174ヘルツ・・・苦痛の軽減
285ヘルツ・・・多次元領域を知覚した意識の拡大と促進をする
396ヘルツ・・・罪・トラウマ・恐怖からの解放
417ヘルツ・・・マイナスな状況からの回復、変容の促進
528ヘルツ・・・理想への変換、奇跡、DNAの修復
639ヘルツ・・・人とのつながり、関係の修復
741ヘルツ・・・表現力の向上、問題の解決
852ヘルツ・・・直感力の覚醒、目覚め
963ヘルツ・・・高次元、宇宙意識とつながる

こんなにすごいソルフェジオ周波数なら、もやもやもすっきり解放できて、スピリチュアルな覚醒のおまけまでついてきそうですね!

◆お気に入りの場所に行ってみる

★虹の袂(たもと)を探しに行ってみる

虹の袂にはお宝が埋まっているって聞いたことありませんか?

先日、職場に車を走らせていた朝一番、虹を発見したのですが、信号待ちしているときに、何か所かで違う角度からの虹をスマホで撮影していたら、右端と左端の両方を発見してしまい朝からエキサイトしてしまいました!

お出かけ先が仕事場でなかったら、たぶんどこまでも車を走らせお宝を探しにいったことでしょう(笑)

虹は、観るだけでも幸せになれると聞きますね。

それくらい虹には不思議な魅力があるものです。夢中になって追いかけていると、悩みやもやもやも吹き飛んでしまうくらいです。

※車で追いかける際は、虹の袂をさがすのに夢中になりすぎて運転誤りなどないよう、くれぐれも安全運転をお願いします。

★海に行って浜辺で波の音を聴く

もしも、ご自宅の近くに海がある方は、ぜひ人気(ひとけ)の少ない海岸を見つけて行ってみてください♪

波の音は不思議なものです。

誰もいない静かな海岸で砂浜を座布団にして波の音を聴いているだけで、心が洗われ魂ごと清らかになって行くようです。

このように、癒しの効果のある自然界にある音は「1/fゆらぎ」と呼ばれ、心と身体にとても良い効果があるそうですよ!

1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)とは

パワー(スペクトル密度)が周波数 f に反比例するゆらぎのこと。ただし f は 0 より大きい、有限な範囲をとるものとする。

ピンクノイズはこの1/fゆらぎを持つノイズであり、1/fノイズとも呼ばれる。自然現象においても見ることができ、具体例としては人の心拍の間隔、ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ、小川のせせらぐ音、目の動き方、木漏れ日、蛍の光り方などがある。

また物性的には、金属の抵抗、ネットワーク情報流が例として挙げられる。

1/fゆらぎの効果は世界中で研究されており、「1/fゆらぎに関する国際シンポジウム」が 40年以上にわたって2年ごとに世界各国持ちまわりで開催されている。

生物に与える効果については、 生体のニューロン(神経細胞)が 生体信号として電気パルス(電気信号)を発射しており、細胞の発射間隔を調べたら、 その間隔が1/fゆらぎをしていることが発見されている。

そのことから、 生体のリズムは基本的には1/fゆらぎをしていると分かり、 この1/fゆらぎは 快適性と関係があることが判明している。

人間の生体は五感を通して外界から 1/f ゆらぎ を感知すると、生体リズムと共鳴し、自律神経が整えられ、 精神が安定し、 活力が湧くと考えられている。

精神・心理的変化(Mental /Psychological transition: 鬱状態から回復へ精神・心理的状態が変化)時の人間が描いた絵画などに 1/fゆらぎが表現されたケースを科学的に示した例もある。

wikipedia:1/fゆらぎより

ヒーリングミュージックにも波の音はよく使われていますね。前出のソルフェジオ周波数も波の音と一緒に組み込まれることで、相乗効果を生んでいるようです。

★夕日を観に行く

海に癒され、時間も忘れたころ日が傾きかけたら、その流れで夕日を観て更に効果的に心のモヤモヤを吹き飛ばしてもいいですね!

一時期スピリチュアルな話題で、日の出を3週間見続けたら覚醒するという噂が、まことしやかに流れていました。

なので、てっきりそういうエネルギーは朝日に限ると思っていたのですが…。

ハイゼミの学長によると、夕日の方がエネルギーが高いそうです\(◎o◎)/!

早起きの苦手な私には、日の出前に頑張って起きて3週間見続けなくても、ばっちり起きている夕方に、夕日の高いエネルギーを浴びられると思うとうれしくてしょうがありません^^

※もし3週間見続けて変化があったときは、ぜひ教えてくださいね!

◆正体を突き止められたもやもやの行方

もやもや解消法と癒しの効果をご紹介している間に、形になったもやもやの正体がいよいよはっきりしてきました。

私のもやもやの正体は…家族のことに関することでした。

夢に向かって娘と一緒に「さぁ!やろう!!」とワクワクすることにベクトルが向いていたはずなのに、そのタイミングで娘と夫の仲が険悪になってしまったのです。

もちろん、私の心にも少し悲しみが出てきたのですが、そのことに関して真剣に考えることから逃げていたのです。

それどころか、娘と今までよりもっとお互いの存在が近くなって、夢を叶えられることの方がうれしすぎて、大元の悲しい感情に蓋をしてしまって、なかったことにしていたのでした。

そのことが私の心の重しとなり、もやもやしたエネルギーを放ち、いつまでも心が晴れなかったのです。

さて…正体がはっきりわかったところで、このことをどう捉えればいいのでしょう?

私たちハイゼミ生は、何かネガティブなことや現象に見舞われたとき、必ずやることがあります。

それは…
目の前の人や現象に囚われ、相手を責めたり相手のせいにしたりするのではなく、それらすべてを自分のホログラムとして捉え、なぜそういう現象になったのか(現実を創ったのか)?全てを自分の内に還すのです。

簡単に説明すると「この出来事から私は、いったい何を学ぼうとしているのだろう?」と、自分の前に見えない鏡を置くがごとく自分を見つめ直し、自分に還るのです。

そうすることで、本当は自分が何を望み、何を手放せばいいのか?はっきりと観えてくるのです。

私の場合は、こうでした。
「パパ、ママ、娘、わんこたち。3人と2匹で、毎日仲良く楽しくワクワクと、家族で夢を叶えつづける!」という、それが本当の望みだったのです。

そして「誰かの望みのために、誰かが犠牲になる」ことは、まったく望んでいない、それこそ手放すべきものでした。

こうやって、心に重くのしかかっていたもやもやが、私に「何かが違うよ?!」と教えてくれていたのです。

◆おわりに…

今の地球は、とても厳しい局面を迎えているようです。周りを見回せば、諍いが絶えません。

地球全体を観ると、誰かが戦争を待ち望んでいるかのように毎日きな臭いニュースが流れています。

しかし、スピリチュアルな観点からすると、それら諍いや争いは、私たちの心の中に重黒くもやもやのように横たわっているだけで、実際には何も起こっていません。

その出来事やニュースを観たとき、すべて物事を自分に還し「自分は、どうありたいのか?」を選択し続けることが、これからの自分の人生の向かう先を決めることなのです。

平和や幸せは、人から与えられるものではありません。自分が創りあげていく行くものなのです。

あなたも、心のもやもやを見逃すことなく、幸せを創る材料として生かしていく試みを、私たちと一緒にやってみませんか?


★自分軸読者への特別特典★寺尾清美無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント寺尾清美が無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。