何もかも嫌だ!は自分を変える最大のチャンス!その方法とは

ああ、もう、何もかも嫌だ!

いいことが何もない!

みんなしあわせそうなのになんで私だけ、、、。

自己嫌悪に陥ったり、世の中を憎悪したり、生きているのが嫌になっていませんか?

そんなあなたに響く言葉はなんでしょう?

「愛されているね」

人生をアップデートできる、大チャンスを贈られたあなたは、愛されています。

自分を変えたいと思っても、キッカケがなければ、本気になれません。

辛く苦しいから、状況を変えようと、行動を起こします。

また、ネガティブが強ければ強いほど、その裏にあるポジティブも強いです。

引っくり返せば、超ポジティブな現実に変えることができる、ということです。

ピンチはチャンス!

苦しみは、喜びに転換できる、愛のムチにすることができます。
です。

引っくり返す方法をご紹介します。


ー目次ー
この世のカラクリ
引っくり返す方法①
引っくり返す方法②
まとめ
 

この世のカラクリ

光と闇、幸せと不幸、ポジティブとネガティブ、生と死、男と女、愛と憎しみ、喜びと悲しみ、等々。

この世は二元性の仕組みで成り立っているので、1つのことには必ず裏表があります。

何もかも嫌だ!と思ったとき、自己嫌悪に陥っているはずです。

こんな自分嫌だ!って。

二元性なので、その裏に、自分を好きになりたい!自分を変えたい!があるということです。

何事もなく平穏無事なときも、心のどこかで、自分を変えたいと切望していたと考えてみてください。

その隠れていた願望に光を当てるために、自己嫌悪に陥る出来事が起こったとしたら?

何もかも嫌になる!ことは、辛く苦しいですが、こうでもしないと自分を変えようとしません。

何事もなければ、モヤモヤするけれど今の自分でいいか、と人生が進んでいきます。

モヤモヤした自分に見合った、モヤモヤした人生になります。

それでよければ、問題は起きません。

何もかも嫌だ!という問題が起こったということは、今の自分は嫌だ!変えたい!と思っているということです。

私たちは成長したがる生き物なので、成長をとめるモヤモヤを放っておくことができません。

早かれ遅かれ、いつかは、モヤモヤと向き合うことになります。

引っくり返す方法①

何もかも嫌だ!と思ったとき、自己嫌悪になり自分を責めることもあれば、逆に相手や世の中にその矛先が向くことがありませんか?

何もかも嫌だ!と思うキッカケになった相手であったり、世の中に憎悪が出てきませんか?

抑えられないほどの強い憎しみ、強い怒り、殺意まで出てくることがあるかもしれません。

抑えられないほどの憎悪に身悶えすることは、とても辛く苦しいです。

加えて、激しい憎悪が出てきている自分を自己嫌悪し、二重に苦しむことになりかねません。

いいんです、憎悪しても。

だって、本当に、憎悪の感情が出てくるんですから。

でも、そんな自分は醜いと、醜い自分に蓋をしてしまうかもしれません。

ここが分かれ目です。

蓋をするのか?認めて受け入れるのか?で、違った人生になります。

憎悪している自分を、自分が、認めて受け入れてあげましょう。

蓋をしたら、憎悪する自分を見なくてすみますが、体の中で巣を作り増殖していきます。

そこに触れる出来事が起こったとき、成長しパワーアップした憎悪となって、より自分を苦しめます。

憎悪は嫌な感情ですが、憎悪している自分をそのままジャッジせず、認めて受け入れてあげてください。

ありのままの自分を肯定してあげてください。

そうすると、憎悪は、おとなしくなります。

引っくり返す方法②

この世には、「自分軸」と「外軸」の2通りの生き方があります。

(外軸は、他人軸とも言います)

私たちは、常に、どちらかの軸で生きています。

自分軸と外軸を簡単に説明します。

「自分軸」とは、自分の価値観で生きることです。

自分を信じ、自分で自分の人生をコントロールしているので、快適です。

自分に起こることは、すべて自分が原因と結果を創っている軸です。

自分の内側に矛先を向けることで、すべて自己責任と捉えています。

「外軸」とは、他人の価値観で生きることです。

他人の顔色を伺って、他人に合わせ他人にコントロールされるので、不安な人生です。

自分に起こることは、相手が悪い世の中が悪いと、原因と結果を人のせいにする軸です。

自分の外側に矛先を向けることで、私に責任はないという軸です、

私たちは一日のうちで、自分軸のときもあれば、外軸のときもあります。

自分軸に多くの時間いる人、外軸に多くの時間いる人、半々いる人、7:3の割合の人。

など、人の意識状態によって、様々です。

自分軸にいると、自分と自分が葛藤しません。

自分と自分が1つになっています。

なので、問題は起きません。

外軸にいるとき、自分と自分が葛藤し、問題が起きます。

自分が2つに分かれてしまうんです。

何もかも嫌だ!は、外軸で、問題が起きている状態です。

問題を解決する、引っくり返すには、自分軸に戻ることです。

自分軸は、元々私たちがいた場所であり、私たちが還る場所です。

自分を変えたいということは、究極には、自分軸に戻りたいということです。

といっても、自分軸と外軸に、いい悪いはありません。

選択の違い、だけです。

自分軸と外軸の選択は、真逆の結果をもたらします。

選んだ軸(原因)にそった未来が現実化(結果)されます。

自分軸を選ぼうが、外軸を選ぼうが、自分が選んでいることに変わりはありません。

どっちの軸を選択しても、原因と結果を創っているのは自分です。

自分に起こることは自分が創っている、という揺るぎない真理です。

逆にいうと、望む人生を自分で創れるということです。

引っくり返すことができる、ということです。

人生を楽しむということは、この揺るぎない真理を活用すること、といっていいでしょう。

詳しくは説明しませんが、外軸にいることには、大きな意味があります。

まとめ


何もかも嫌だ!という、辛くて苦しい最悪な状態は、自分の人生をよくするために起こったギフト。

自分を変えよう!という、自分から自分への切実なサインでした。

何もかも嫌だ!のネガティブの強さと、自分を変えたい!のポジティブの強さは比例します。

つまり、ひっくり返したら強いポジティブになる、ということです。

ネガティブが強いほど、大きく自分を変えることができます。

ネガティブになっている最中は、本当に苦しいので、ネガティブになるのは絶対に嫌です。

でも、ネガティブがポジティブに引っくり返ったとき、感謝に変わります。

自分を変えることができ、喜びの人生に変わたからです。

その恩恵の大きさに、ネガティブがギフトだとよくわかります。

なにを選択し、どんな未来を創造しますか?

選択する自由が、私たちに、無条件に与えられています。

ネガティブをプラスに活用し、望む人生を創ることを楽しみましょう。


2021年3月グランドオープン特別無料ご招待!!

この自分軸を書いた仲間たちが体験したように…。


ニチメコあなたの人生のステージを引き上げる学び体験してみませんか?



 

今、ニチメコの無料オープンクラスに登録すると・・・



すべて無料で受け取れます。


▼▼▼


ニチメコは、いつも心が穏やかで毎日幸せを感じる真の自由自分らしさを手に入れたい人を応援します!

SNSでもご購読できます。