できないことができるに変わる!人生が劇的に変わる根本解決の道

「本当は好きなことをして生きたいけど、お金のことを考えると、今の仕事は辞められない」

「あと5キロ・・痩せたらすっきりするってわかっていても、そこがなかなかできない」

「これだけは無理、できない…」と感じることは、大なり小なり誰にでもあるかもしれませんね。

でも本当は、「できないことはこの世に存在しなくて、できないのは『できない』と自分が決めているだけ」と聞いたらあなたはどう思いますか?

「そんなこといったって、できないものはできないでしょ」と諦めますか?

でももし『諦めたくない』と思うなら、ぜひこの先を読んでみてくださいね。^ ^

本当はそうしたいのに「無理・できない」と感じるのには、それなりの理由があります。

そしてできるようになるには「努力」することではありません。

努力ではなくて、もっと根本的に..どんなことも可能にしていく仕組みを紐解いていきましょう。

私たちは、本当にどんなこともできるのです!

1.現実の仕組み

たとえば、自分にとって本当はそうしたいけど「でも無理」と思うことを一つ思い浮かべてみてください。

本当はそうしたいけど、でも無理..そこには、色々な無理な理由がありませんか?

中には誰に聞いても「それは無理に決まってる」と言われる、無理なのがあたり前なこともあるかもしれません。

でも実は、その無理な理由の前に、共通する大きな理由があります。

それが自分の中に「できない」と思う思考パターンがあることです。

目の前の世界は、自分の思いが投影して創り出している世界です。

現実は自分の思いが創り出しているならば、シンプルに「できる」と思えば、できる現実がやってきて、「無理」と思えば、無理な現実がやってくるわけです。

簡単にいうと、それが私たちの生きるこの世界の仕組みですが、実際には、私たちの思考は、「できる」と思っても「やっぱりむり」と思ったり、思いが行ったり来たり、複雑に絡み合っていることもあります。

また表面的な意識では「できる」と思っても、自分でも気づかない潜在的な部分で「無理」と思っていることもあるかもしれません。

ですから、現実はうまくいったりいかなかったり、色々あるわけですが。

でも、この世界の仕組みは、本当はとてもシンプルで、心の中の「思考・感情」と同じものが、現実に反映されていることには変わりありません!

2.なぜ「無理」と思ってしまうのか?

ではなぜ、私たちは「できない」と思うパターンをもっているのか?

これは、実は生まれてくる前に決めてきた、ブループリントと深く関係しています。

プループリントは生まれてくる前に決めてきた、「人生の設計図」のようなものです。

その設計図に沿った生き方ができるように、私たちは「思考パターン」をもって生まれてきました。

なぜなら、「思考」が現実を創りだしているのですから、決めてきた設計図を生きるには、それを創り出す「思考パターン」が必要なわけです。

ですから繰り返す思考パターンは誰でも持っていて、人はそもそもがそのパターンの中で人生を生きているわけです。

でも、ちょっと驚くかもしれませんが、このパターンは誰もがネガティブな思考パターンだったのです!

3.古い思考パターンから、新しい思考パターンへの書き換え

ネガティブなこの思考パターンの一コマに、「あきらめ」というピースが入っている方は、もしかしたら多いかもしれません。

「あきらめ」へ繋がる思考は、「無理・できない」です。

この思考パターンの中で生きていると、瞬時になんの疑いもなく「できない」という思考がでてくるわけです。

でも、ちょっと考えてみてください。

たとえば..「人前で話すことは私にはできない」と思っている人は、本当に人前で話すことはできないのでしょうか?

「文章を書くことは苦手、ムリ」と思っている人は、本当に文章は書けないのでしょうか?

確かに練習が必要だったり、始めはできないこともたくさんあると思います。

でも実はこれらはすべて、最後はあきらめる、という設計図通りの古いパターンを生きているので、自然と無意識に「無理に決まっている」という発想が生まれているのです。

でも、私たちはこのパターンを変えていくことができます!

実は、人生の設計図・ブループリントの中には、古いネガティブな思考パターンの生き方を、ポジティブな思考パターンで生きる、新しい人生も設計されています。

4.意図から始める

ここからは、「あきらめ」のパターンをやめて、新しいパターンの人生を生きるにはどうしたらいいか?をお話ししていきましょう。

ではまずは始めに、「あきらめ」のパターンから抜けるための、魔法のようなすごい「意図」をお伝えしますね。^ ^

意図とは決めることです。

まずは、決めることから全てが始まります。

決めるとは意思を発動させることなのです。

意思の発動とは、そこにその意思の波動を創りだし動き出させることです!

それでは、魔法のような「意図」をご紹介します!

それは…

「この世にできないことは存在しない!」です。

この意図はある意味、無敵です(笑)。

できないことは、この世に存在しないわけですから、なにはできて、なにはできないなんて考える必要もないわけです。

まずは一番始めにこの意図を自分の中で決めて、その波動を振動させます。

でも安心してくださいね。そう決めても、もちろん、「できない・無理」という思いはでてきます。

でもその「できない・無理」という思いは、「できる」という思いに変えていくためにでてきてくれる、と捉えなおすことができます。

5.自分を観察する

「できない」と思わないようにしよう、とするのではなくて、いつでも自分を観察して、「あっ、今、できないと私は思っている」と知ることが大切です。

そうやって、今自分が「できない」と思ってることに気づけると、その思考を変えることができるからです。

なぜなら、思考は無意識に思っているときは、「変える」という選択すらでてこないので、無意識の思考は変えることができないからです。

まずは、「この世にできないことは存在しない」という立ち位置にたって、その後は、日常生活を過ごしながら、いつでも自分の心の中を観察し続けます。

観察とは、今自分はどう感じてるか?どう思っているか?と、俯瞰した目線で、自分自身をみることです。

それはまるで、感情を感じている自分と、観察をしている自分の2人の私がいるようです。

そして、「できない・無理」という思考がでてきたら、その思考を別の思考に変えてみます。

6.古い思考を新しい思考に変える

たとえば、できないのではなくて、「しないだけ」と思い変えてみるとか。

「できない」と「しない」は、それをやっていないことには変わりないですが、ここにはとても大きな意識の違いがあります。

「今はしない」という選択は、できなくてしないのではなくて、「しない」という選択をとってるからです。

そして「しない」という選択には、「自分は本当にしたいのか、したくないのか?」という問いが生まれます。

自分に問いかけて、もし「本当はしたい」と答えが返ってきたら、それはやってみることです。

たとえそれが、今は上手にできなくても「この世にできないことは存在しない」と既に決めたのですから、まずは行動に移してやってみます。

ここで注意することは、「今はしない」といいながら、心の奥では「できない」と思っているのは、ただのあきらめです。

本当はしたいのかしたくないのか?は、何度も自分へ問います。ここがとても重要です。

実はこのステップを、日々の些細なことから、大きなことまで、すべてに行っていくことは、生まれてくる前に決めてきた設計図を、古いパターンから新しいパターンへ書き換えていくことでもあります。

7.新しいパターンの人生へ!

古いパターンから新しいパターンへ書き換えていくとは、「あきらめ」の人生から、「この世にできないことは存在しない」という人生への書き換えでもあります!

本当は、そもそも、何一つ、この世にできないことはないのです。

「できない」と決めているのは自分です。

そして、あきらめて、行動を起こさないでいるのも自分です。

どんなときにも、「本当はしたいの?どうなの?」と問いかけと共に生きることは、自分軸を生きることでもあります。

実は、私たちは、それをするためにここに生まれてきたのかもしれません。

だからこそ、人生の中では、「できない・無理」と思うような出来事にぶつかることが多々あるのでしょう。

でもそれは、自分自身の人生を、本当の意味で、本来の望む生き方へ変えていくための、大切な一コマです!

本当は「できない」という黒いコマは、「できる」という黄金のコマに変えるために、あなたの目の前にある大切なコマなんですよ!


★自分軸読者への特別特典★安藤妙子無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント安藤妙子が無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。