謙虚な人が知っている5つのこと

謙虚な人と聞いてどのようなイメージをもたれるでしょうか。控えめで奥ゆかしい感じ、素直さ、または、弱々しく目立たないイメージでしょうか。

 謙虚な人の方が好感が持たれやすい事は多くの方が感じられているのではないでしょうか。でも、なかなか難しいことも知っています。

 外面的にそれらしく見せることはできるでしょうし、もしかしたら自分でもそれが謙虚と信じているかもしれません。しかし、謙虚さは自分にしっかりとした軸がなければ示せません。人からの評価や人の目を気にした恐れから来る謙虚さ(のようなもの)は、真の謙虚さではないからです。

 では、真の謙虚さとはなんでしょうか?何がそれを邪魔するのでしょうか?どうしたらそうなりますか?

*真に謙虚な人とは?

REL_No9_1

これは、表面的に何かができるとかできないとかで計るものではありません。能力や容姿や社会的な地位などはラベルであって、その人の本質ではないからです。

 私たちの本質、源はみな同じ宇宙エネルギーそのものです。真の謙虚さは、このことを本当に理解していることから生じます。みな同じエネルギーなので本来優劣はないはずです。

 そこをしっかり落とし込んでいくと、ここに人間として存在しているので個性がありますが、その違いを優劣で計ることはしなくなります。

 しっかりとした自分の中心にこの軸があれば静かな力を感じるどっしりとした謙虚さがあらわれます。表面的なセルフイメージに囚われていないので、人の評価にグラつかず、公平な目で素直に聞くこともできるし、落ち着いてとてもナチュラルでその有り様は周りのひとにも安らぎを与えるものになります。周りにそんな方いませんか?そういう人と一緒にいたいですよね。

 *謙虚さを失わせるもの

謙虚になるのは、自己信頼を養っていないとなかなか難しいことです。表面的なことに振り回されるので、見せかけだけ謙虚にふるまったり、ただの自信のなさからくる引け目ゆえに弱々しい印象を与えます。また、他の人の評価に反応してしまい自己弁護で忙しくなるか、怒りで反応するかになりがちです。

 つまり優劣にハマってる状態がその要因の大半を占めます。

 *自信を持つには?

REL_No9_2

何かを克服するための積極的な努力はすばらしく自信にもつながります。それに本質は無限の可能性を秘めていても肉体でいるうちは、その中から力を引き出すのにトレーニングが入ります。知識だけでは磨かれた技術は体得できません。

 とはいえ、動悸が見返してやりたいとか認めさせたいなど、相変わらず誰かの評価を得るためであればやはり同じような関係性を繰り返すことになります。あるいは、ダメな自分をなんとかしたくてと、「自分がダメだからがする」がスタートになるとどこかでまたダメな自分が浮上してきてしまうものです。

 なのでそのことが自分にとってしっくりくるのか、深い喜びを感じるのかが大切です。そうであれば努力とさえ感じない楽しみになりますね。

 人は、内側に喜びを見出すと自然と力が湧いてきます。恋してるときがいい例ですよね。またアートセラピーなんかも内側から自信を引き出すアプローチです。

 このように周りの情報に振り回されず、自分の内側で感じるものに意識を向け、それに信頼を寄せていくと自信が湧いてきます。「考えるな、感じろ」です。(ブルースリーさん)

 *支配的な人とどうかかわるか

謙虚な人に対して謙虚であることは容易ですが、支配的な人に対してはなかなか難しく反抗心が出てくることがありますね。見下された言い方をされるとほんと頭にきます。または、怖くて萎縮してしまうでしょうか。

 恐れて表面的な謙虚になるか、戦うかどちらも解決にはなりそうもありません。

 その背景にあるものは、認めてもらいたいという強い欲求かもしれません。自分は一廉のものと思われたいとか。また恐れを感じるのであれば引け目や罪悪感が挙げられるかもしれません。

 何を守ろうとしているのでしょうか?何にせよ守ろうとしている自己イメージは本質のあなたではありません。体験しているあなたです。

 よく自分を客観視しろって言われますがそんな感じで自分を観察してるとなんとなくわかってきます。これ体験しているだけなんだって。もっと本質的なものが奥があることに気づきます。

 *自分の感情に気づき手放す

REL_No9_3

では、こうして出てきた感情にどう向き合えばよいのでしょうか。中には認めたくない感情もあり無意識に押し込めてきたり逃避してきたものもあるかもしれません。

 大切なのは、まず自分の中にその感情があることを認め受け入れることです。自分をジャッジするためではありません、ただ自分の中にそれがあることを認識してキチンと向き合うのです。

 そして望む自分をイメージしてください。シンプルにこれを繰り返していきます。そのとき、いつなくなるのだろうと結果だけにフォーカスしないでくださいね。

 お部屋も毎日暮らしていれば、ゴミもほこりも出てきますので掃除が必要です。でもどうせまた散らかるからやってもしょうがないといってやらなかったらえらいことになります。コツコツやっていくことで習慣にもなりますし、スッキリして掃除自体もどんどん楽になっていきます。

 もう、優劣や支配とコントロールの世界から抜けると決めちゃいましょう。そしてコツコツと心のクリーニングをすることで必ず抜けていくと信じてくださいね。

 わたしも続けていきます(^ー^)☆

 穏やかに毎日を過ごす自分を想像しただけでうれしくなりますね。

 

 

 


SNSでもご購読できます。