「人生に疲れた」からの7つの抜け出すきっかけ

人生に疲れた・・・と、心底疲れ果て、どんよりと重たい気持ちでいっぱいのとき、「頑張れっ」て言われることがどれほど辛いか。そんな思いしたことないですか?

あなたよりもっと大変な人なんてたくさんいるんだから!と言われても、そういうことではないのですよね。

そんなときの対処法を提案させていただきますね♪

1、専門家に頼ることもあり!を自分に許す。

mahalo_No14_2

心底疲れ果て、もう何も考えられない、何もする気になれない、誰にも会いたくない、このまま消えてしまいたい・・。眠れないし、食欲もない、とういうときは、是非専門家の方にご相談をすることを、自分に許可してあげてください。

今の時代、カウンセリングを受けることは、風邪引いて内科に行くのと同じです。心がインフルエンザにかかった、と思ってみてください。

その自分を責めないこと!これとっても大切なことだと、私は認識しています。

2、思いを吐き出そう

mahalo_No.14_3

あなた自身が心を許せ、信頼できる友達がいたら、「ノージャッジで、ただただ話を聞いて欲しい」と、思いきってお願いしてみましょう!

もし10人いるなら10人に頼んでしまっても、それは一人に10回話すより、10人に一回ずつ10回話せるのなら、その方が相手にも負担が少ないですよね。

心許せ、信頼できる友達なら、喜んで聴いてくれると思いますよ。

そして、その時は素直に思ったまま、支離滅裂でもなんでも素直に話してしまえると、自分自身で気づいてないことまで見えてくることがあります。

ただその場合、それが依存になってしまわないように、話していないと不安で押しつぶされてしまう、という改善がみられない、もしくはどんどんエスカレートするようであれば、1の専門家に頼ることへ、気持ちを開いてみてはいかがでしょうか?

3、環境を変えてみる

mahalo_no9_5

もし引っ越しができる状況なら、引っ越しをしてみることでもいいですし、部屋を片付けてみたり、カーテンを変えてみたり、花を飾ってみたり・・・。部屋を片付けて、家具を動かすだけでもかなり気持ちが変わってきます。着なくなった服を処分するとか、模様鵜替えをする。

何かしらの風通しをよくしてあげることで、随分と気持ちが変わることも多々在ります。

環境と一緒で、女性がよくするのは、髪型を変える、化粧を変えてみる、服装を変えてみるというのもありますね。友人で口紅の色一つで気分が変わる、と言っていた人もいました。

そう考えてみると、もしかすると女性は本来そういったことに、男性よりも少し柔軟なのかもしれませんね~。

といって、男女に甲乙をつけるつもりはまったくありませんのであしからず。

4、なぁ~んにもしないこともOK

mahalo_No14_4

とにかく疲れ果てたというのなら、一切何もせず、のんびり、ゆったりすることを、自分に許してあげてみてください。

「がんばらなくてはならない」ループにはまると、がんばらなくてはならないことがどんどんやってきます。一人でがんばってしまって、抱え込まないでくださいね。

なぜなら、「もっとがんばらなくては!」っておもっているから、それを自分で引き寄せてしまうのです。そうです、引き寄せの法則ってやつですね。

「がんばらなくてはならない」自分を自分が選択しているのです。そうじゃないと自分が許せないのかもしれませんね。

自分で自分の首を締めている場合が在りますので、それはその自分に気づいてあげること。その自分を知ることです。そこに気づけると、抜け出すのも早いのではないでしょうか。

5、香りを楽しんでみませんか?

mahalo_No.14_5

今はアロマを生活に取り込まれている方も多いかと思います。

リフレッシュしたいなぁ~というとき、私はグレープフルーツ、オレンジ、ベルガモットを使用しています。

アロマの情報はインターネットで沢山の方が様々な情報をアップされていらっしゃいますので、是非調べてみてください。たかがアロマ・・と思ったそこのあなた〜、なかなかあなどれないんですよ。

もしかしたら、それがきっかけであなた自身がアロマの勉強を始めてしまうかもしれませんね!

ここでポイント!是非、選ぶ精油はできるだけ「質のよい精油」をお選びくださいね。

一つの目安として合成で作られている香りの物は、安価な物が多いです。これでは本来持つ成分は入っていないことが多いので、気をつけたいところです。

アロマ専門店などで相談されてみることもおススメです。

6、できるだけ自然の中に身を置く

mahalo_No.14_6

時には、人から離れて、仕事から離れ、電子機器から離れて、都会の雑踏から離れて、自然たっぷりの中に身を置いてみませんか? それを自分に許可してください。

頭の中がぐるぐる、ぐるぐる、四六時中何かしらを考えているのを沈めてみましょう。

自然たっぷりの温泉地にでも出かけてみるとか、森林浴などができそうな静かなところでゆったりとした呼吸に意識をむけてみてください。海の波の音や、小川のせせらぎ、野鳥のさえずりなどなど・・気持ちをゆったりとさせ、拡げていく、そんな感覚に居てみてください。

頭の中ぐるぐるのとき、あなたの呼吸はかなり浅く早くなっていると思います。酸素を身体の細胞の隅々まで意識的に届けてみてあげてください。イメージするだけでいいのです。そこでまた、あれこれ、あーだこーだと理屈で考えそうになったら、それを一先ず脇に置いてあげてくださいね。だいじょうぶです!イメージする力はとっても大きいのですよ。

そしてわたしのおススメは、空を見上げること!空って広くて大きくて、その向こうには大宇宙が広がっていて。

今でこそそのように感じますが、これが全くわくわくできなかったこと、空を見上げるたびに余計に辛くなったこともありました。でもね、空のおっきさを見て涙が溢れてきて、なんだか地球ってすごいよなと、しみじみ感じるそんな日は、突然にやってきます!はい、体験済みです。

7、最後に・・・♪

mahalo_No.14_7

人生に疲れ果ててしまったとき、その原因はご自分にしかわかりません。

本来の自分の気持ちを押し殺し、人に合わせてばかりだったり、自分でない自分になろうとして必死になっていたり、みんなに認められたくてそのためだけにがんばっていたり・・・。

外の世界を思いやるばかりに、自分の本当の気持ちを、どこかに置いてきぼりにしてしまっていたり、後回しにしているかもしれません。

どうして人生に疲れ果ててしまったという気持ちになったのか、そこに気づくこと、それを知ることがないと、同じことの繰り返しになります。

ここスピ大では「自分の内側と向き合う」ことが習慣化していきます。

私自身やっと今頃になり、第一ステージの課題があぁ~こういうことだったのかとあらためて知る。そんな状態ではありますが、繰り返し學ぶことで、よりその奥へと入っていくことができる。その繰り返しです。

地道なことかもしれませんが、あぁ!そういうことだったのか!!と腑に落ちた時の感覚は、自分にしかわからない喜びでもあり、そのときのすっきり感は、なんとも言えない醍醐味です。

自分で向き合い続けるのですから、時には苦しいこともあります。だからこその仲間がいます。

一人で向き合いますが、仲間がそこにはいつも居てくれています。でも、私はまだまだ心を全開に開けてはいません。共に在る仲間に全開で心を開ける日を私は楽しみに、今の私をわたし自身が、わくわくしながら見守っている、そんな感じです。

もし、人生に疲れてしまった、この繰り返しはもう嫌だというとき、ふっと思い出してもらえたなら幸いです。


SNSでもご購読できます。