自分を責めるカラクリと自分を責めるのをやめるカラクリ

自分を責めることが癖になっていませんか?

足を踏まれたのに、ごめんなさいと言ってしまう、そんな人ではありませんか?

人に声をかけられると、反射的に責められる!とビビってしまいませんか?

わたしがそうでした。

自分に自信のない、筋金入りの自分を責める人生でした。

当然、しあわせになれるわけがなく、自己嫌悪に苦しみました。

自分を変えるしかない!と意を決し、その方法を必死で探し求めました。

その結果、自分を責めるカラクリ、自分を責めることをやめるカラクリがわかりました。

長年染み付いた、自分と同化しているような癖をやめることは、容易ではありません。

この2つのカラクリが、頑なな癖を解きほぐし、徐々に自信を取り戻しました。

ネガティブな人生から救い出し、ポジティブな人生を変えてくれた、そのカラクリとは!


ー目次ー
1.本当に求めていることは?
2.自分に宣言する
3.自分を責めるカラクリ
①裏の理由
②身を守る
4.自分を責めることをやめるカラクリ
①自己観察
②解放する
③意図する
さいごに

1.本当に求めていることは?

自分が悪いと自分を責めるのが、わたしの癖でした。生きる基本姿勢でした。

卑屈でした。自分に自信がなく萎縮していました。人より自分が下だ、という気持ちが根っこにありました。自分を卑下するタイプでした。

そんな自分が、心底嫌になりました。限界でした。

カラクリを学んでから、わかったことがありました。自分を責めることで、いい人をやっていた、ということです。そんなカタチでいい人をやっても、なんのいいこともありません。

それどころか、自分を責める波動は、人から責められる波動を生み出しました。つまり、人に責められる現実を、自らが創ってしまうということです。

みんなに愛されている、憧れの人達に、自分を責める人はいませでした。

わたしはなにをやっているんだろう!こんな人生望んでいない!自分を変えよう!いい加減目が覚めました。

自分らしく自信を持って生きたい!

2.自分に宣言する

自分を変えるため最初にやること。

「自分を責める癖をやめる!」と宣言します。

言葉に出すとよりいいでしょう。自分の一番しっくりくる言葉がベストです。

宣言することで、自分を責める癖をやめる方向に現実が動き出します。宣言することが大事です。この宣言からスタートです。

モヤモヤはするけれど、宣言するほどではない場合は、躊躇するかもしれません。葛藤がある状態、と言っていいでしょう。

それが悪いわけではありません。正解も不正解もありません。自分が本当にしたいこと、葛藤がない答えを見つけてください。

これを読まれているということは、表面の自分ではなく、本当の自分がなにか訴えているかもしれません。

本当は、どうしたいですか?

3.自分を責めるカラクリ


①裏の理由

自分を責める自分とはどんな自分だろう?と考えました。

謙虚で控えめでいい人だと思われたい。または、相手より下に見せることで安全を確保する。自分を責めるのは、世の中を上手く渡っていく処世術。

自分を責める裏にある、打算的な自分に気がついたんです。自分を責めることで、自分の身を守っていたことに気づきました。得するから手離せなかった、ということです。

また、表面では自分を責めながら、心の中では相手を責めていることに気がつきました。自分を責めるとは反対の、傲慢な自分がいました。

自分が悪いという態度を取りながら、心の中では相手を非難し、怒り、責めていました。

人を責める自分はもっと嫌でした。人にも自分にも嘘をついているようで、本当に嫌になりました。そんな自分でいたくない、気持ちよく生きたいと思いました。

また、自分を責めることで、自分の人生の責任を放棄していたかもしれません。自分を責めるのは人と比べるからです。人と比べて自分は駄目だと思うからです。自分の人生を人に明け渡しています。

人と比べるときの価値観は、この世の常識や固定観念、集団意識による価値観です。自分の価値観ではありません。

結局、人に責任転嫁して生きることになります。その方が楽といえば楽かもしれません。

それで本当にしあわせと言えるでしょうか?

②身を守る

自分を責めることで、身を守っているんです。

この世で生きていくためには、身を守らなければなりませんでした。自分を責めることで、自分の身を守ってきたんです。

自分を責める、という身の守り方をするに至った、恐い体験をしたがはずです。幼少の頃でしょうか、小学校の頃でしょうか。

なので、自分のせいではないと言えます。自分を責めることはありません。

身を守らなければ生きていけなかったんだよね。そう思い込む恐い体験をしたんだよね。だから自分のせいじゃないよ。よくここまで身を守ってきたね。

自分の中にいる、幼少の頃の自分に寄り添い、労り、癒してあげてください。

もう自分を責めなくても大丈夫だよ。恐いことはなにもないよ、と伝え、安心させてあげてください。

自分を責めることは必要ないことがわかり、頑なな癖が、解きほぐれるでしょう。

これからどう生きたいですか?

4.自分を責めることをやめるカラクリ


①自己観察

今まで、なにかあるとすぐ自分を責めました。

これからは、自分を責める前に、自分を責めようとしている自分にいち早く気がつくようにします。自分を責める前に気がつかないと、自分を変えられないからです。なので、自分を責めようとする前に気づくようにしてください。

常に、自分はどんな思考や感情が出ているだろう?と、自分の思考や感情を意識的に観察する癖をつけます。

最初は、自分を責めてしまった後に、気づくかもしれません。それでOKです。観察し続けていれば、自分を責める前に気づくようになります。

気がついたら、自分を責めようとしている自分がいることを、認めて受け入れてください。ここはとても大事です。

認めて受け入れないと、自分を責める気持ちが静まらず、まだ自分を責めたい!と駄々をこねると考えてください。それでは、いつまで経っても自分を責め続けるということです。

認めて受け入れることによって、自分を責めることをやめ、次の段階に進むことができます。自分の望むことを叶える段階です。

自分を責めようとする自分に気づいたとき、そんな自分では駄目だと自分を否定しないでください。また、自分を責めることになります。

自分を責める人は、自分を否定しがちです。自分を否定することを徹底的にやめましょう。

どんな自分でも否定せず、認めて受け入れる癖をつけましょう。とても重要なポイントです。

②解放する

自分を責める自分に気がつき、それが自分にあることを認めて受け入れました。

次は、解放です。自分を責めることをやめる方法です。

今まで、自分を責める自分に、がんじがらめに縛られていました。その鎖を外し、縛られていた自分を解放するイメージをします。

または、自分を責める自分を自分から切り離すイメージをします。

あるいは、自分を責める自分はもう選択しないと心で強く思ってもいいです。

イメージしたり心で思う方法でも、紙に書き出す方法でも、自分が一番しっくりくる方法で解放しください。

自分を責めることに焦点を当てない、自分を責めることを人生に登場させないということです。

この世は二元性なので、自分を責めると自分を責めないは、コインの裏表です。自分を責めることが、なくなるわけではありません。

自分を責める面をずっと裏返してして置いて発動させない、表にしなければ無いも同然、というイメージです。

③意図する

解放したら、次に意図です。

なりたい自分、望む現実をイメージすることで、現実化させます。

自分を責める自分を、自分から切り離したら、空間ができます。その空間に、なりたい自分をイメージして入れます。そうすることで現実化される、というカラクリです。

なりたい自分を強く思い描きます。すでにそうなっているポジティブなイメージをすることが肝心です。

うれしい!喜び!楽しい!などの、ポジテティブなエネルギーを感じてください。ポジティブエネルギーが、ポジティブな現実を引き寄せる、というカラクリです。

①②③と必ずセットで行います。『解放と意図』のセットです。

さいごに

自分を責めるのもうは嫌だ、と思った大きなキッカケは、「自分を責めている人は同時に人を責めている」ことを知ったからでした。

自分が人を責めていたなんて、ショックでした。

しかし、よくよく自分を観察して納得しました。そうでした、自分を責めるように人を責めていました。

そんなの嫌だと思い、解放と意図をして、自分を責めるのをやめることができるようになりました。

まだ、自分を責めてしまうことがありますが、すぐ解放と意図をします。

自分を責めてしまっても、解放と意図をすれば大丈夫です。

自分を責めていた体験も、実はとても貴重な、必然の体験です。

自分を責めていたからこそ、自分を責めない、しあわせな人生に進むことができるからです。

それはそうですね。なんでそんな当たり前のことを書いているんだろう?と思われたかもしれません。

当たり前といえば当たり前ですが、それこそが、この世の仕組みそのものなんです。そこに、すごいカラクリが仕組まれています。

自分を責めなくなると、人を責めなくなります。

ワンネスの世界に近づきます。

自分を責めることに、自分の大事な時間を使うのは終わりにしませんか?


2021年3月グランドオープン特別無料ご招待!!

この自分軸を書いた仲間たちが体験したように…。


ニチメコあなたの人生のステージを引き上げる学び体験してみませんか?



 

今、ニチメコの無料オープンクラスに登録すると・・・



すべて無料で受け取れます。


▼▼▼


ニチメコは、いつも心が穏やかで毎日幸せを感じる真の自由自分らしさを手に入れたい人を応援します!

SNSでもご購読できます。