自分を責めるカラクリと自分を責めるのをやめるカラクリ

自分を責めることが癖になっていませんか?

足を踏まれたのに、ごめんなさいと言ってしまう、そんな人ではありませんか?

人に声をかけられると、反射的に、責められる!とビビってしまいませんか?

わたしがそうでした。

自分はダメだ自分が悪い、自信がなく自己否定する、自分を責める人生でした。

劣等感と自己嫌悪に苦しみました。

当然、うまくいくわけがなく、こんな人生嫌だ!幸せになりたい!と追い詰められました。

自分を変えよう!と本気で思い、その方法を探しました。

その結果、自分を責めるカラクリ、自分を責めることをやめるカラクリがわかりました。

自分責める癖をやめる!

しかし、自分と同化しているような癖をやめることは、容易ではありません。

この2つのカラクリが、凝り固まった癖を解きほぐし、徐々に自信を取り戻しました。

ネガティブな人生から救い出し、ポジティブな人生に変えた、そのカラクリとは!

本当に求めていることは?

自分を責めるのが、わたしの癖であり、生きる基本姿勢でした。

自分に自信がなく、人前に出ると、萎縮してしまいます。

「自分は人より下だ」が根っこにある、自己卑下タイプでした。

そんな自分が心底嫌になりました。

もう限界でした。

自分を責めるカラクリを学んで、わかったことがありました。

自分を責めることで、実は、いい人をやっていたんです。

よく言えば謙虚、悪く言えばへりくだることが、いい人だと勘違いしていたんです。

ところがそれでは、バカにされたりナメられてしまいます。

自分は下だとへりくだっているので、当然と言えば当然です。

ナメてくださいと言っているようなものです。

また、自分を責める癖を持っていると、人から責められる現実が起きます。

人に責められる現実を、自らが創ってしまっているということです。

自分を責めることで、自分の存在価値を見出していたかもしれません。

そんなの嫌だ!

わたしが憧れる魅力的な人に、自分を責める人はいませでした。

自分に自信を持ち、自分を信じ、自分らしく生きていました。

結局わたしは、愛される人ではなく、都合のいい人になっていました。

なにがいい人だ!
わたしは今までなにをやっていたんだろう!?

こんな人生望んでいない!
自分を変えよう!

いい加減、目が覚めました。

自分に宣言する

自分を責めるのをやめるにはどうしたらいい?

「自分を責める癖をやめる」と自分自身に宣言します。

自分の耳が聞いています、声高らかに宣言すると、より効果的です。

宣言するということは、向かう方向を自分に明確に指示することであり、その通りに現実が動き出すということです。

こうしよう(宣言)と思うことで、物事が動き出します。

モヤモヤするけれど、自分を責める癖をやめると宣言するほどではない、と躊躇する場合もあるかもしれません。

自分を変えたいと思っていても、いざ変えようとすると抵抗が出てくることがあります。

それが悪いわけではありませんが、チャンスを逃していませんか?

本当はどうしたいのか?葛藤がない答えを見つけてください。

これを読まれているということは、表面の自分ではなく本当の自分が、自分自身に何か訴えているのかもしれません。

本当はどうしたいですか?

自分を責めるカラクリ

裏の理由

自分を責める自分とはどんな自分だろう?と考えました。

謙虚で控えめでいい人だと思われたい。

相手より下に見せることで自分の安全を確保する。

自分を責めるのは世の中を上手く渡っていく処世術。

実は、自分を責めるには、おいしいものところがあったんです。

自分を責める裏にある、打算的な自分に気がついたんです。

自分を責めることで、自分の身を守っていたことに気づきました。

自分を責める癖は、得するから手離せなかったということです。

表面では自分を責めながら、心の中では相手を責めていることにも気がつきました。

自分を責める謙虚な自分とは反対の、傲慢な自分がいました。

自分が悪いという態度を取りながら、心の中では相手を非難し、責めていました。

人を責める自分は、自分を責める自分より、もっと嫌でした。

人にも自分にも嘘をついているようで、本当に自分が嫌になりました。

そんな自分でいたくない、気持ちよく生きたい、と思いました。

また、自分を責めることで、自分の人生の責任を放棄していたかもしれません。

自分を責めるのは人と比べるからです。

人と比べて自分は駄目だと思うからです。

人と比べるときの価値基準は、この世の常識や固定観念、集団意識です。

つまり、自分の価値観で自分に責任を持って生きるのではなく、人の価値観で人に責任転嫁して生きることになります。

その方が楽といえば楽かもしれませんが、それで本当に幸せと言えるでしょうか?

身を守る

この世で生きていくためには、傷つかないように身を守らなければなりませんでした。

自分を責めることで、自分の身を守ってきたんです。

自分を責めるという身の守り方をするに至った、恐い体験をしたはずです。

幼少の頃、その原体験をしているはずです。

なので、自分を責める癖は、自分のせいではないと言えます。

そうせざるを得なかった、からです。

自分を責めることはありません。

「身を守らなければ生きていけなかったんだよね」

「そう思い込む恐い体験をしたんだよね」

「だから自分のせいじゃないよ」

「よくここまで身を守ってきたね」

「よくがんばってきたね」

「もうそんなことやらなくて大丈夫だよ」

幼少の頃の自分に寄り添い、癒してあげてください。

もう自分を責めなくても大丈夫だよ、恐いことはなにもないよと伝え、安心させてあげてください。

これで、自分を責めることをやめる準備が整いました。

自分を責めることをやめるカラクリへ進みましょう。

自分を責めることをやめるカラクリ

自己観察

今まで、なにかあるとすぐ自分を責めました。

これからは、自分を責めようとする前に、自分を責めようとしている自分に気づいてください。

自分を責める前に気づくと、そこで立ち止まって、自分を責めることをやめることができます。

自分がどんなことを感じているか気づくために、自分を観察する習慣をつけてください。

今自分はどんな思考や感情が出ているだろう?と意識的に観察してください。

最初は、自分を責めてしまった後に、自分を責めていたと気づくかもしれません。

それでOKです。

自分を責めていたと気づいた後で、自分を責めることを修正できます。

観察し続けていれば、自分を責める前に気づけるようになり、自分を責める前にやめることが出来るようになります。

認めて受け入れる

自分を責めようとしている自分がいることを、認めて受け入れてください。

ここはとても大事です。

実は、意外に、自分を責めようとしている自分を認められないものです。

表見では自分を責めているようで、本当は相手を責めているかもしれません。

そういう場合、自分を責めていると認めて受け入れていない、ということになります。

本当に認めて受け入れることが出来ない場合、わたしのことをまだ認めてくれないのねと、自分を責める癖が駄々をこねます。

早く認めて受け入れて、と自分を責め続けることになります。

本当に認めて受け入れることによって、自分を責める癖が、癒されるんですね。

癒されると自分を責めることをやめ、次の段階に進むことができます。

わたし達は、自分を責めて、心が傷ついてきました。

心の傷は、癒やされるのを待っています。

ただし、注意点があります。

自分を責めようとする自分に気づいたとき、そんな自分ではダメだと、決して自分を否定しないでください。

それでは自分を責めるループから抜け出せません。

これやりがちです。

否定するのではなく、癒してください。

自分を責める人は自分を否定しがちです。

自分を否定することを徹底的にやめましょう。

どんな自分でも否定せず、そういう自分がいるなと、本当に認めて受け入れる習慣をつけましょう。

とても重要なポイントです。

解放する

自分を責める自分に気がつき、それが自分にあることを認めて受け入れました。

次に、自分を責めることをやめる方法です。

自分を責めることから、自分を解放します。

ネガティブを解放する、ということです。

今まで「自分を責める自分」に、鎖でがんじがらめに縛られていました。

その鎖を外し、縛られていた自分を解放するイメージをします。

または「自分を責める自分」を自分から切り離すイメージをします。

あるいは「自分を責める自分」はもう選択しない、と決めます。

そういう自分をイメージしたり、紙に書き出したり、自分が一番しっくりくる方法で解放しください。

この世は二元性なので「自分を責める」と「自分を責めない」はコインの裏表です。

厳密にいうと、自分を責めることがなくなるわけではありません。

自分を責める面をずっと裏返しにしたままにして、発動させないということです。

表にしなければ無いも同然、ということです。

意図する

解放したら、次に意図です。

宣言ですね。

今度は、ポジティブの出番です。

すでになりたい自分になっていると、自分の心から望む現実をイメージすると、現実化します。

ネガティブを解放したら、そこに空間ができます。

その空間に、すでになりたい自分になっている、その望むポジティブな現実をイメージして入れます。

そうすることで、それが現実化する、というカラクリです。

なりたい自分、望む現実を強く思い描きます。

すでにそうなっている、叶っているとポジティブなイメージをすることが肝心です。

うれしい、喜び、楽しいなどの、ポジテティブなエネルギーを感じてください。

ポジティブエネルギーが、ポジティブな現実を引き寄せる、というカラクリです。

①〜④の『解放と意図』はセットで行います。

さいごに

わたしが自分を責めるのもうは嫌だと思った大きなキッカケは、「自分を責めている人は同時に人を責めている」ことを知ったからでした。

自分が人を責めていたなんて、ショックでした。

自分を責めているとばかり思っていたし、自分を責めるのはいい人、と勘違いしていました。

それが、実は人を責めていた、とは驚きでした。

しかし、よくよく自分を観察して納得しました。

そうでした、自分を責めるように人を責めていました。

解放と意図をして、自分を責めるのをやめることができるようになりました。

まだ自分を責めてしまうことがありますが、すぐ解放と意図をします。

自分を責めてしまっても、解放と意図をすれば大丈夫です。

自分を責める体験は、実はとても貴重な宝物のような体験です。

わたし達は、進化成長するためにここにいるそうです。

進化成長するために、自分を責める体験が必要だったんです。

自分を責めていた辛いネガティブな人生を、自分を責めない幸せなポジティブな人生に変える、そのプロセスで進化成長するようになっています。

自分を責めなくなると、人を責めなくなります。

自分も人も責めない世の中って、どんなに心地いいでしょう。

自分の大事な時間を自分を責めることに使うのは、もう終わりにしませんか。

自分の本当にやりたいことに、自分自身を生かしませんか。

じゃあどうしたらいい?

自分を変えたい!人生を変えたい!あなたへ、下記の『望む人生の作り方』をおすすめします。


望む人生の作り方を読む


日本メンタルコンサルティング協会®︎
認定メンタルコンサルタント
後藤 美保


「今がうまくいってなくても大丈夫!」私も過去そうだったし、それを変える方法を知っています。かつて問題だらけの人生だった私が、現在はメンタルコンサルタントとして人生を変えるサポートをしています。

私は母に愛されないことが劣等感でした。愛を知らないから自分も人も愛せない、だから幸せになれないと思っていました。最も苦しんだのはアル中の夫との不仲で、家庭内別居状態でした。

2007年、ハイヤーディメンションゼミナールで「問題を根本解決する方法」「望む人生を叶える方法」を学び、現実を好転させていきました。アル中は治り、夫婦仲良く旅行に行くまでになりました。自分を愛せるようになり、人間関係が良好になりました。心から笑い、自分らしく生きる喜びを取り戻し、楽に生きられるようになったんです。

この自分軸では、そんな私が確信した「現実を変える方法」を発信します。あなたが悩みや苦しみから解放され、自分らしく生きるきっかけになったらうれしいです。