いい人やめると楽になる!1つの驚きの方法

いい人やっていると疲れる。

断らないから都合よく利用されて損だ。

笑っているけれど本当は腹が立っている。

怒らないから軽く扱われる。平気なふりしているけれど本当は傷ついている。

人に合わせて気を遣っているのに、なんで嫌な思いしなければならないの!ストレスたまる。

本当はいい人じゃない。

いい人でいなければと、いい人をやっている自分が嫌になった。

いい人やめたい!

でもいい人をやめる勇気がない。いい人をやめたら嫌われそうで恐い。

いい人でいることに悩んでいるあなたは、いい人の素質十分です。

この際、本物のいい人になってしまいましょう。

本物のいい人は疲れません。嫌われることを恐れません。

本物のいい人はポジティブ体質です。幸運を引き寄せます。

本物のいい人とは?

本物のいい人になる方法とは?

1.いい人はなぜ疲れる?

いい人のフリをしているからです。

世間の常識・価値観に合わせたいい人を演じているからです。

そして、いい人じゃない自分がいることを知っているからです。

いい人じゃない自分を隠し、嘘の自分を生きているようで、自分の中で葛藤が起きているんです。

そんな裏表のある自分に苛立ち、自己嫌悪に陥ったり、自分を責めているんです。

それがストレスとなり、疲弊してしまいます。

2.いい人はなぜ損なのか?

いい人は、嫌なことを頼まれても断りません。

なので、人の嫌がることを気軽に頼まれてしまいます。

また、嫌な顔をしないで引き受けてしまうんです。

だから、利用しやすい都合のいい人なんです。

いい人は、損なんです。

また、自分は気を遣っているのに、案外人には気を遣ってもらえません。

いい人が当たり前になって、感謝されません。

よく言うじゃないですか、性格の悪い人がたまにいいことをすると、すごく褒められて感謝されるって。

感謝を求めているわけではなくても、そんな自分がバカに思え、悲しくなってきます。

心の中では怒っています。

しかし、いい人なので文句は言えません。我慢します。

いい人って、割に合わないし、損です。

3.いい人って、、、

いい人って言われてうれしいですか?

最初はうれしかったけれど、今はうれしくない。

いい人って言われると、バカにされている気がする。

いい人って都合よく利用され、軽く扱われ、損だ。

いい人って言われると、魅力がないと言われたような気持ちになる。

と、マイナス要因ばかり出てくる。

いい人って言われることに違和感を感じ始めている。

いい人って言われたくない。

いい人って言われると、ダメ出しをされたような気持ちになる。

いい人っていいことがないって思いませんか?

どうしてだと思いますか?

本物のいい人じゃないからではないでしょうか。

4.人を演じるのをやめるのは恐い

「いい人になりなさい」と家でも学校でも教えられました。

だから、その通りにいい人になりました。

でもそれは、世間の常識・価値観に合わせたいい人であり、社会で認められるいい人でした。

それは、本来の自分で生きるのではなく、いい人を演じるということでした。

本来の自分ではない自分で、笑顔でいい人のフリをする。

そんな自分が嫌で、生き方を変えたいと思った。

本来の自分で、自分の価値観で生きたいと思うようになった。

けれど、世間の常識・価値観から逸脱した生き方をするのが恐い。

自分を変えることがどうしてもできず、悶々としたままいい人を演じ続けている。

顔は笑っているのに、心の中は怒りや不満、ネガティブな感情でいっぱい。

裏表のある自分に嫌気がさした。

そのループから抜け出せず苦しんでいませんか?

いつか我慢の限界がきて爆発します。

現実が改善されるわけではなく、結局マイナスとして自分に返ってきます。

5.本物のいい人になればいい

じゃあ、どうしたらいい?

本物のいい人になればいいです。

本物のいい人とは、裏表のない、葛藤のない自分のことです。

ありのままの自分です。

本来の私たちは、いい人を演じなくてもそのままですでにいい人です。

本物のいい人になるには、本来の自分に戻るだけです。

人は元来、いい人でいることに心地よさを感じます。

いい人と言っても、本物のいい人で、ありのままの自分です。

それが本来の自分の姿だからです。

いい人になりたい、いい人でいたい、というのは自然な欲求です。

それは、本来の自分に戻りたいという、自然な欲求を表しているとも言えます。

本物のいい人と、社会一般で言われるいい人は、全く違います。

6.本物のいい人は幸運を引き寄せる

本物のいい人は魅力的です。誰からも好かれる人気者です。

人に認められたい愛されたいと思わなくても、人に愛されています。

自分らしく自然体で、自由に伸び伸び日々を楽しんでいます。

なぜなら、本来の自分でいるからです。

ポジティブな、喜びに満ちた人生です。

喜びは幸運を引き寄せます。

ポジティブはポジティブを引き寄せ、人生は開運していきます。

いい人を演じているときとは真逆です。

いい人を演じていると葛藤が起きネガティブになります。

ネガティブはネガティブを引き寄せます。

わたしたちはそのことを本能で知っています。

なので、いい人を演じている自分に葛藤し、違和感を感じるんです。

葛藤し、違和感を感じるからこそ、いい人を演じている自分を見直すことができます。

自分を変えるチャンスにできます。

わたし達の本質は、本来の自分に戻り本物のいい人になり、ポジティブな人生を生きたいんです。

7.いい人を演じる気持ちもわかる

いい人を演じる気持ちもよくわかります。

世間の常識・価値観に合わせて生きることが良しとされ、処世術となっている世の中です。

自分の身を守るためにいい人を演じるのは、ある意味の自然な行動です。

みんなあたり前にやっている、と言っていいでしょう。

なので、いい人を演じている自分、裏表がある自分を責めることはありません。

決して、自分を責めないでください。

責める時間があるのならば、いい人を演じ続けるのか?本来の自分に戻るのか?進む方向を検討する時間にしてください。

選択次第で、天国か地獄か、くらいの真反対の人生になります。

8.本物のいい人になる方法

まず、「本来の自分に戻る」「本物のいい人になる」と決意します。

世間の常識・価値観を軸にした、他人の価値観を軸(外軸)にした生き方から、自分の価値観を軸(自分軸)にした生き方を変更します。

何かを選択するとき、わたしは本当はどうしたいのか?自分の中から答えを探します。

常に自分の心の声に耳を傾けます。

世間の常識、価値観は、1つの参考にして、じっくり自分と相談してください。

答えは、自分の中に、ちゃんとあります。

常に、自分の価値観を軸にした選択をしてください。

自分の価値観を軸にしているつもりで、いつの間にか世間の常識や人の価値観を軸にしていることがよく起こります。

その時は、自分自身とつながっていません。

ありのままの自分との回線が途切れている状態です。

本来の自分自身とつながり、ありのままの自分でいる状態が、本物のいい人です。

そして、、、

自分の中から答えが出てきて、本当にやりたいことを選択しようとすると、その選択を揺るがす思考や感情が出てきます。

その選択を、エゴが邪魔してきます。

ちなみに、本来の自分とつながっているときは、エゴは出てきません。

自分の価値観、つまり自分軸で選択することに、不安や恐怖が出てくるんです。

今まで慣れ親しんだ、世間の常識・価値観で生きる外軸に引き戻されます。

これはよく起こることです。

そういうときは、邪魔する思考や感情と向き合います。

真剣に対峙する必要があります。

ここはとても大事なところです。

邪魔する思考や感情を、具体的にして、自分の中から取り除きます。

例えば、人に嫌われることに恐がっている、とします。

そうしたら、人に嫌われることが恐いという感情を、自分の中から取り除きます。

取り除くと邪魔しなくなります。

ただ、邪魔するものを取り除く作業はそう簡単ではありません。

世間の常識・価値観の外軸から逸脱して、自分軸という新しい生き方を実行するには、強い意思と勇気が必要です。

しかし、自分軸で生きることから得られるものは計り知れません。

真の喜びはもちろん、自分軸で自分とつながると、心から望む願いを叶えることもできます。

自分軸で生きる快感を知ったら、外軸の生き方には戻れなくなります。

まとめ

いい人を演じている自分に耐えられない!

裏表のある自分は苦痛だ!そこから抜け出したい!

世間の常識、価値観で生きる外軸でいい人を演じていると、葛藤に苦しみます。

一歩踏み出して、悶々とした人生から脱出しましょう。

自分の価値観で生きる自分軸のいい人は、本物のいい人です。

本来の自分自身です。

本来わたし達はいい人はなんです。

世間の常識や価値観の外軸のいい人と、本来の自分とつながっている自分軸のいい人は、全く違います。

本来の自分に戻ると、必然的に本物のいい人になります。

本来の自分に戻りましょう。

本物のいい人はいいことばかりが起こります。

外軸から自分軸へ大転換して、あなた自身が主役の人生を楽しんでください。

自分が主役の人生の方が絶対に楽しいです。

しかし、この現実を生きていると、いい人を演じることをやめることは容易ではありません。

やめるのは、恐いです。

悶々としたまま、いい人をやり続け、自分を傷つけていることが多いです。

一歩踏み出す勇気が必要です。

一歩踏み出すのは恐いですが、ほんのちょっと一歩を踏み出すと、その次の一歩が踏み出せるようになります。

最初は小さな小さな一歩でいいんです。

とにかく足を前に踏み出すことで人生は動き出し、変わり始めます。

本物のいい人には、最高にご機嫌な人生が待っています!


望む人生の作り方を読む

日本メンタルコンサルティング協会®︎
認定メンタルコンサルタント
後藤 美保


「今がうまくいってなくても大丈夫!」私も過去そうだったし、それを変える方法を知っています。かつて問題だらけの人生だった私が、現在はメンタルコンサルタントとして人生を変えるサポートをしています。

私は母に愛されないことが劣等感でした。愛を知らないから自分も人も愛せない、だから幸せになれないと思っていました。最も苦しんだのはアル中の夫との不仲で、家庭内別居状態でした。

2007年、ハイヤーディメンションゼミナールで「問題を根本解決する方法」「望む人生を叶える方法」を学び、現実を好転させていきました。アル中は治り、夫婦仲良く旅行に行くまでになりました。自分を愛せるようになり、人間関係が良好になりました。心から笑い、自分らしく生きる喜びを取り戻し、楽に生きられるようになったんです。

この自分軸では、そんな私が確信した「現実を変える方法」を発信します。あなたが悩みや苦しみから解放され、自分らしく生きるきっかけになったらうれしいです。