居場所がない!永久に消えない自分の居場所を見つける方法

自分の居場所がどこにもない!自分のことをわかってもらえない!

ずっと心の中で叫んでいませんか?

わたしがそうでした。子どもの頃から、学校でも、会社でも、家庭でも、実は仲のいい友だちといるときも「自分の居場所がない!」「誰も自分のことをわかってくれない!」と思っていました。

一人ぼっちだと感じ、孤独で、寂しくて、悲しくて、そんな自分が惨めでした。そして、傷つきたくないので自分を守るために心を閉じました。

大人になっても自分の居場所はどこにも見つかりませんでした。

あなたはどうですか?

仲間に入れないわけではない、仲間外れにされているわけではない。

仲のいい友だちがいても、自分の居場所がないと思っている人が多いんじゃないでしょうか。

わたしはついに自分の居場所を見つけ、孤独や寂しさから抜け出すことができました。しかも、永久に消えない自分の居場所です。

心穏やかに、自信を持って、本当の自分で生きる醍醐味を楽しんでいます。

自分の居場所を見つける方法を、ぜひ!みなさんにもご紹介させてください。

1.なぜ自分の居場所がないと思うのか?

 

なぜ自分の居場所がないと思うのか?その理由を明確にします。自分の中から理由を見つけてください。

わたしは、人と心と心が通じ合っていないと感じたときに、「ここに自分の居場所はない」と心を閉ざすことに氣がつきました。

心が通じ合って仲良くしているときには、自分の居場所がないとは決して思わないことに氣がつきました。

表面では仲良くしていても、心と心が通じ合っていないと感じるきは、自分を偽っているときでした。

本当の自分を隠して相手に合わせているときでした。世間の常識、価値観に合わせて本当の自分を押し込めているときでした。

心と心が通じるということは、本当の自分でいるときでした。

自分の居場所がないと感じるとき、本当の自分でいるのか?本当の自分ではなのか?が関係していることに氣がつきました。

同時に、自分を偽って生きることがどんどん嫌になっていきました。

人や世間の価値観に合わせて生きるのではなく、自分の価値観を軸にして生きようと思い始め、自分を変えていきました。

2.自分をわかってほしい!

自分の居場所がほしい!というのは、自分をわかってほしい!という切実な叫びでした。。

親に始まり、先生に、友だちに、恋人に、配偶者に、子どもに、自分をわかったもらいたかった!社会にも、だったかもしれません。

孤独は嫌だ!一人ぼっちは惨めだ!自分をわかってほしい!みんなに愛されたい!みんなに認められたい!

人と心と心で通じ合いたい!人と心と心でつながりたい!

・・・自分の居場所がほしい!

心の奥底から求めていました。

3.自分の居場所がないということは根無し草と同じ

根を張る場所がないと草は伸びません。

人は成長したいという自然な欲求、本能があります。根の張る居場所がないということは、その欲求、本能が満たされないということです。

では、どうすれば、根を張ることができる自分の居場所を見つけることができるでしょう。

4答えは1つ「自分自身とつながる」

答えはたった1つと言い切っていいでしょう。

「自分自身とつながる」

自分の居場所は、実は自分の中にあったんです。どこかに見つけにいくものではなかったんです。

自分の居場所を見つける方法は、「自分自身とつながる」ことであり、「本当の自分で生きる」ことでした。

人の価値観に合わせて生きるのではなく、自分の価値観を軸にして生きることでした。

実は、人は関係なかったんです。自分が自分とつながることだったんです。

そして、自分とつながれば人ともつながります。

「心がつながって仲良くしているときは、自分の居場所がないとはまったく思わなかった」という友達との体験とつながりました。

そうなんです、自分の居場所がほしければ自分自身とつながればいいんです。居場所は自分の中にいつもあったんです。

5.「自分とつながる」とはどういうことか

自分とつながるということは、自分の内側とつながる、ということです。

わたしたちは人に合わせて生きざるを得ませんでした。自分の本当の思いを押し込めて、人の思いに合わせたり、世の中の価値観、常識、固定観念に合わせて生きざるを得ませでした。そうしないと恐かったからです。

自分の外にある価値観に合わせて生きることを「外軸で生きる=外軸」と言います。この生き方を、ここから先は外軸と表現します。

外軸の生き方の反対が、「自分の内側とつながる」「内軸で生きる=内軸=自分軸」です。この生き方を、ここから先は自分軸と表現します。

「自分とつながる」ということは、「自分軸で自分の言動を決める」ということです。

外軸である人の価値観で自分の言動を決めているときは自分とつながっていない、ということになります。

6.自分とつながる具体的な方法①自分を観察する

自分とつながるには、本当の自分で生きることです。本当の自分で生きるのは恐いです。ですが、いつまでも偽りの自分で生きたくはありません。ほんのちょっとの勇氣を出して、まずは、本当の自分で生きると決めてください。

自分とつながるには、自分自身を知ることが大事です。常に自分自身を観察する必要があります。自分の思考感情、言動を客観的に観察します。

自分を観察するには、2人の自分が必要です。

7.自分とつながる具体的な方法②2人の自分

 

わたしたちは自分の頭の中で、常におしゃべりをしています。当たり前のようにやっていますが、よく考えたら誰とおしゃべりしているんでしょう?

よく「独り言」といいますが、この独り言を聞いているもう1人の自分がいることに氣がつきませんか?

話している自分、その話を聞いている自分。この状態が2人の自分を表していると考えるとどうでしょう。「その話を聞いている自分」が、自分の話や自分の言動を観察している自分です。

例えば、「今、わたし、友だちに合わせている」と思ったとします。それが、自分を観察している状態です。

そして「わたしはそう思わないけれど、面倒くさいから友だちに合わせようかな?」「やっぱり本当に思ったことを言おうかな?」と自分と自分が相談し、自分の言動を決めます。これが2人の自分の共同作業です。

わたしたちはこんなふうにいつも自分と相談して次の言動を決めています。

8.外軸と内軸をいったりきたり

わたしたちはすぐ外軸になり、自分とつながっていない状態になります。そうすると自分の居場所がない!という枯渇感が出てきます。

なので常に、自分軸か?外軸か?自分を観察し、外軸になっていたら自分軸に戻す必要があります。

例えば、「友だちの意見とわたしの意見は違う。友だちの意見にわたしは反発を感じている。苛立っている」と自分の状態を把握することが、自分を観察している状態です。

自分を観察した上で、「友だちの意見に反発を感じたので、自分の思ったことを伝えよう」という結論を出すことが、自分とつながった状態で決めた言動ということになります。

また、「友だちの意見に反発を感じたけれど、今回は友だちに合わせよう。それをあえて選択しよう」と人に合わせることがわかっていて、それを承知の自分主導で言動を決めることも、自分とつながっている状態です。

自分の意見をそのまま通すことが、イコール自分とつながっている、ということではありません。

自分が感じたことを主体にして自分の言動を決めることが、自分とつながっている状態であり、自分軸にいる自分です。本当の自分自身自分であり、自分の居場所がある状態です。

その逆が、相手がこう思っているからこうしよう、世間ではこうだからこうしようと、自分の感じたことや思ったことを押し込めて自分の言動を決めることです。外軸の自分で、自分の居場所のない状態です。

9.自分とつながって生きる=本心で生きる不安が出てきたら

 

相手に合わせていたら無難な人生を送れるでしょう。問題は起きないでしょう。

ただ、自分の思いを押し込めているとモヤモヤが残りませんか?それが不快な感情となって体の中にどんどんたまっていきませんか?

これまでの人生で、自分の意見を言ったばかりに嫌な思いをしたり、人間関係が壊れてしまったことがあったかもしれません。

その嫌な思い出と結びついて、自分を押し込める方を選んでしまうかもしれません。

自分を出すのは恐いです。

自分を出すことに不安や恐怖を感じている人が大半だと思います。不安が出てくるのは自然現象、不安が出てくるのは当たり前、くらいに思ってください。決して、「自分はできない」「自分は駄目だ」と自分を責めないでください。

「恐いから今回は相手に合わせよう」でOKです。それは、自分主体の自分軸です。

わたしたちには成長したいという本能があるので、相手に合わせるだけにはとどまりません。そこから自分を変えていこうとします。人に合わせることは心地いいことではないからです。

常に、「自分軸でいる」「自分の内側とつながっている」という方向に氣持ちを向け続けることで、恐いけれどちょっと自分の思ったことを言ってみようかな?と変化します。恐怖に立ち向かえる力が少しずついてくるからです。

10不安や恐怖を取り除くトレーニング

相手に合わせようと思ってしまうときに出てくる不安や恐怖を取り除くトレーニングがあります。そのトレーニングを実践することによって自分軸にいられるようになります。

自分を浄化する、自分をクリアにする、自分をクリーニングするという言葉を聞いたことはありませんか?それが、自分の中から出てくる不安や恐怖を取り除くトレーニングです。

トレーニングを積んでいくと、こういうふうに生きたい!と自分が心から望む人生を叶えていきたくなり、そして叶えることができるようになります。

まとめ

「自分の居場所がない」と思っているときは、「自分自身とつながっていない」ということに氣がつきました。

そして、自分とつながっているということは、人ともつながっているということでした。

人とつながっているときには、孤独を感じません。寂しくありません。悲しくありません。惨めではありません。

その反対の、自分とつながっていないときは、人の価値観に合わせた外軸の自分でモヤモヤしながら生き続けます。モヤモヤがたまっていっている状態です。そのモヤモヤの行方が氣になります。

またその状態は、自分の人生を人に明け渡していることであり、人に自分の人生をコントロールされることを了承しているということです。

自分の居場所がない、自分とつながっていないということは、「そこに自分はいない」ということになりませんか?自分がいないと感じて、自分の居場所がないと思ったかもしれません。

自分の居場所がないということは、人や場所はまったく関係ありませんでした。友だちがいるかいないかも関係ありませんでした。

問題なのは自分が外軸にいるか?自分軸にいるか?でした。

ずっと人の価値観に合わせて生きてきたので、ずっと自分の居場所を見つけることができなかったということです。

自分の居場所を見つけたいならば、自分とつながればいいだけでした。誰でも、今すぐ自分の居場所を創れます。

今すぐ心を満たすことができます。

一歩踏み出して人生を変えてみませんか!
一緒にトレーニングして、自分の望む人生を叶えませんか?


SNSでもご購読できます。