逆境は人生をプラスに変える大チャンス!その3つのコツ

なんで私だけがこんなにツライ想いをしなきゃいけないの?!!

いつまでガマンすれば私は幸せになれるんだろう?!!

出会ったときは大好きだった彼と今は一緒にいるのが辛くてしょうがない!!

こうした場面は「逆境」として私たちの現実に重くのしかかってきます。

人生を季節で例えるとまさしく真冬のような体験!

人は逆境の中で苦しみながらも、なんとかそれを克服して幸せになりたいと考え始めます。

「進化・成長する」という視点を持ってこの逆境を捉えたとき、
そこには、大いなるチャンスが眠っていることに気づくことができます。

今!目の前の「逆境」はあなたの人生をプラスに変える最大のチャンスです。


<目次>
1・体験を観察モードに引き上げる
▼自分の内側を見るという訓練
2・「設定」という新たな認識を持つ
▼固定観念に気づく
3・目的を持って進む決断をする
▼逆境こそ新しい回路への移行チャンス


1・体験を観察モードに引き上げる

逆境にある時「ツライ」と感じる体験を「それを体験している」というふうに自分自身をちょっと離れたところから「観察」するような視点を持てますか?

ゲームをしているような感じです。

あなたがコントローラーを持っていてゲームをしている。

その画面の中のキャラクターをあなた自身として捉えて見るような感じです。

逆境=ネガティブな体験の場合、その視点はとても有効です。

 

幸せや喜びの体験はそのワクワクしたエネルギーに包まれることで心身共に軽くなります。

しかし逆境のツライ体験は声も出せないほど苦しく縛られた重い感じになりますよね。

その時あなたから発しているエネルギーはとても重く低いものになっています。

あなたが重いエネルギーを発すればそれと同じ重いエネルギーの現実が出来上がります。
それは宇宙の法則です。

その悪循環から免れるためにもぜひツライ時こそ自分自身をちょっと俯瞰するような「観察」の視点を持つことを意識してみてください。

▼自分の内側を見るという訓練

ここにお伝えしようとしている方法は、たぶんあなたがこれまで求めた問題解決の方法とは違うタイプのものです。

今まであなたが越えてきた辛く苦しい体験はたしかにあなた自身を強くたくましく成長させてきました。

しかし人生には山あり谷あり。

ツライ体験を重ねた人でも「どうして私だけが・・」と思ってしまう。。。それはむしろ自然な流れです。

逆境を体験するからこそ「幸せになりたい」と強く願う気持ちが生まれます。

そうです!「変わりたい」「変えたい」と思うエネルギーが人をここまで「進化」させてきました。

その進化の中で私たち人類が見落としていた重大なことに今!気づき始めた人が増えています。

それは逆境を作り出している原因を外の出来事や人にフォーカスして見つけようとしても解決できない!ということです。

ツライ出来事を体験してしまう根本を解決するには自分自身の内側の思考や感情をていねいに観察していくことで逆境を心から望む人生へと変えていくことができます。

今、私も日々実践しています。
そしてそのうれしい変化に気づいています。

今まで問題の解決を外に見つけることは疑いもない習慣となっていました。
ですからツライ事、嫌な事が起こった時に、自分自身の思考や感情を観察するモードにまずは「慣れる」ことが大切になります。

新しい習慣のための訓練!!

それが日常という舞台の上で自分自身の内側を観る、思考や感情を観察することです。

2・「設定」という新たな認識を持つ

人は一日の中でも7万回というマイナス思考を繰り返しているそうです!

私たちには、思考と感情を組み合わせ、体験により、膨大なデータを集めてより思考や感情の種類を増やし続けていく能力があるそうです。

なぜそんな能力が備わっているのでしょうか?

それは自分自身の思考と感情を知り、それを使いこなすことによって「運命」を変えていくことができるからなのです。

ビックリでしょう?
目からウロコとはこのことです!!
それほどまでに人類は確実に進化し続けています。

「運命」には逆らえない。

それは多くの人の意識の中に未だ強くあり「集合意識」として存在しています。

「運命」とは私たちが生まれてくる前に設定してきた回路のことをいいます。

回路=パターン、「逆境」というツライ体験を繰り返してしまうパターンに気づくことは今では不可能なことではありません。

パターンに気づくことができればそこから抜けることが可能になります!

▼固定観念に気づく

どんなに逆境でもあきらめないでください!!

それはある意味あなたが自分自身の隠された素晴らしい能力に気づくための「設定」にすぎないのです。

逆境で辛く苦しいと強く思うから、その反対の幸せや喜びの人生を初めて「望む」という気持ちが生まれます。

「望む」気持ちは

ツライ体験の繰り返しのパターンから新しいパターンに書き換えることにつながっています。

ふと気づくとまた同じツライパターンに入っている。

その時あなたの考え方の中に「こうでなければ」と強く信じている固定観念があることに気づく!と意識してみてください。

その固定観念が逆境のパターンに入ってしまう「鍵」を握っています。

どんな固定観念=思い込みがありますか?

::例えば
・困っている人や弱い人は助けなければいけない
・女性は家事ができなければいけない・・・etc.

まず出てきたら紙に書き出してみて「本当にそうかなぁ?」と問いかけてみてください。

やってるうちに「え~~~っ!!こんなこと信じ込んでいたの?」と笑えるくらいビックリするものが出てくるかもしれませんよ。

ぜひ書き出して、時に笑い飛ばして楽しんでみてください。

3・目的を持って進む決断をする

先日、車で伊吹山を訪ねた時、まわり一面が濃い真っ白な霧に囲まれ、道を確認しながら低速でゆっくり進むという体験をしました。

そのとき、仲間の一人に「なぜまわりが全く見えないのに進めるのか?わかりますか?」と聞かれました。

しばらく意表を突かれた感じになり考えてしまいました。

その答えは「目的地がはっきりしているから」でした。

確かに!!周りが全く見えなくても、目的地(そのときは米原駅でした)が決まっていれば、そこに向かうために行動を起こすことができます。(その時は、まずナビを米原駅に合わせました)

目的=ゴールを設定すれば、そこに向かって進むためにまず何ができるかを考えて行動を起こすことができます!

私たちの人生もそれと同じです。

どうなりたいか?
自分がどこに向かって進んでいくのか?
を決断することで行動を起こすことができ現実が変わり始めます

ワクワクのスタートです!

まさに白い霧から素敵なメッセージをいただきました!

▼逆境こそ新しい回路への移行チャンス

逆境は、確かに体験しているその時は喜び溢れるものではなく、苦しくツライと感じることばかりかもしれません。

でもその苦しいツライ体験があるからこそ「こうなりたい」という新たな望みを持つことができます。

そして、望むことと真逆の体験によってたくさんの気づきを得ることができます。

例えば、自分自身の考え方のパターンやそこにある感情がいつも同じであることに気づいたり・・・ということです。

「気づき」は起こる物事や人にフォーカスしているときは得ることができません。

逆境のような激しい体験の最中でも自分自身の内側の思考や感情にグッとフォーカスすることで、それは得ることができます。

「気づき」を得ると、まるで暗い部屋に灯がともるように私たちがずっとしまい込んでいた「能力」にスイッチが入ります。

まさにそれが目覚め「覚醒」の体験なのです。
ずっと長い間眠っていた自分自身の新しい回路を開くのは他でもないあなた自身なのです。

覚醒が起こると今まで無理だとあきらめていたことができるようになります。

なぜならあなた自身が自らの心からの「望み」に気づいてあげることができるからなのです。

素晴らしい体験です!!

逆境を楽しんで新しい回路へと進むのは今です!!


2021年3月グランドオープン特別無料ご招待!!

この自分軸を書いた仲間たちが体験したように…。


ニチメコあなたの人生のステージを引き上げる学び体験してみませんか?



 

今、ニチメコの無料オープンクラスに登録すると・・・



すべて無料で受け取れます。


▼▼▼


ニチメコは、いつも心が穏やかで毎日幸せを感じる真の自由自分らしさを手に入れたい人を応援します!

SNSでもご購読できます。