仕事ができる人は仕事が早いから見出す解放すべき思い込み

仕事ができる人と言われるには、必ず理由があります。そのひとつに、仕事が早いという要素があります。

仕事が早い人は、段階ごとの具体的な計画ができていますし、仕事に優先順位がつけられています。それで、急に入った仕事でも対応が可能になりますし、余裕をもって仕事に取り組むことができます。すると俯瞰して状況を観察できますので、仕事の流れを明確に把握できるようになり、更に余裕が生まれます。

そんなことは分かっている。けれど、そうできないから困っているという人は、心の奥に、相反する思い込みがあるのかもしれません。これから、それを探してみましょう。

yuuyuu_no15_1

仕事ができる人は仕事が早い

仕事が早いとは、その仕事を完了するまでが早いという意味だけでなく、次の4点も含まれます。

1、仕事に取りかかるまでが早い
2、変更点などの修正が早い
3、人に振り分けるのが早い
4、経過報告や、問題が起きた場合に相談するのが早い

変化が目まぐるしい現在、仕事が早いということは、それだけで価値があります。仕事の優先順位を考えるのは当然ですが、仕事を依頼されたら、すぐに取り掛かるのが基本です。

その際、不明なことはないかを確認し、自分がやることと、部下や同僚に依頼することに分けて、進捗状況をチェックするタイミングを決め、仕事の期限から逆算して工程を組めば、すぐに取りかかれます。

期限までに余裕を持って完了すれば、見直しの時間が取れますし、アドバイスを頂く時間も、それを活かして完成度を上げることも可能です。

これに対して、考えてばかりで仕事に取り掛かるまでに時間をかけすぎたり、途中でチェックをしなかったり、期限が迫っても完了の見通しが立たずに他のチームを巻き込んだりすると、何とか期限に間に合ったとしても、余裕のある仕事とは言えないでしょう。

yuuyuu_no15_2

迅速さ優先か、仕上がり優先か

仕事には、丁寧さも必要ですが、同じくらいスピードも大切です。そして、先方がこだわっていることと、自分がこだわっていることが、一致していることが重要です。迅速さ優先のケースと仕上がり優先のケースがあるならば、仕事ができる人は、どちらが優先されるのかを見極めています。

そして、どのような仕事でも、合格ラインを超えた、100点満点中80点の出来に達すれば、そこで十分だと判断します。つまり、完璧さにはこだわっていないということです。これに対して、完壁主義だと些末な部分までもが気になり、細部まできちんと仕上がっていないと納得しません。

大抵の場合、ある仕事に3倍の時間をかけたとしても、その仕上がりを3倍良くすることは、とても難しいでしょう。毎日、新たな別の仕事が入ってきますから、完壁さにこだわるあまり、重要な仕事ができなくなるという事態は、避けるようにしたいものです。

yuuyuu_no15_3

思い込みとは

仕事ができる人のように、余裕を持ちたいと思っても、なかなか簡単には運びませんね。そこには、相反する思い込みが影響を及ぼしている場合があります。その思い込みは無意識の領域にありますので、意識することは滅多にありません。

そこで、どのような思い込みがあるのか、いくつか例を挙げてみます。思い込みを認識することで、書き換えることができますので、ぜひ、仕事の能率が上がるように変換してみてください。

書き換える方法は、とても簡単です。今までの思い込みを、○○に書き換える、と意図するだけです。

1、自分に任された仕事は、自分で最後までやり遂げなければならない。

決断が鈍ったり遅れる、あるいは、人に割り振りできないなどの場合、このような思い込みがあるかもしれません。

これは、「自分に任された仕事でも、早く完了させるために分担してよい。」と、書き換えられます。

2、仕事は丁寧に、完璧にしなければならない。

完璧主義の場合、このような思い込みを持っているかもしれません。

これは、「合格ラインに達していれば、迅速さを追及してもよい。」と、書き換えられます。

3、努力して達成するからこそ価値がある。

このような思い込みがあると、事故が発生したり、急な状況の変化に見舞われることが、度々起こるかもしれません。

これは、「楽にスムーズに完了させてこそ、真の価値が分かる。」と、書き換えられます。

yuuyuu_no15_4

3つの例をご紹介しましたが、書き換えの文言は自由に設定できます。あなたが抵抗なく受け入れられる文言を、ぜひ探してみてください。

どのような思い込みでも、書き換えは可能です。書き換える文言は、あなたの気持ちが楽になったり、軽くなるのがお薦めです。どうか自由に書き換えて、大いに楽しんでください。

仕事は、それ自体がまるで生き物のように、常に何らかの変化を起こしています。想定外の追加注文や、予期していなかった至急の納品、条件の変更など、突発的な出来事に見舞われることもあります。

それらに柔軟に対応するために、選択の幅を広げておくことはとても大切です。そのために、あなたが持っている思い込みを見つけて書き換え、仕事ができる人になってくださいね。


SNSでもご購読できます。