お金を貯めるにはエネルギーとして扱うのが大切な理由

誰もがお金が欲しい、お金を貯めたいと思っています。巷には、貯蓄を増やす方法や節約法が溢れているのに、学校では教えてくれません。とても知りたいことなのに、お金のことを話題にするのを避けようとします。

あなたがお金に対して持っているイメージは、どのようなものですか?

「夢を実現するのに必要」、「大切なもの」、「自分を大きくしてくれる」、「求めていいもの」、「持っているとやりたいことが全部叶う」、「なくなっていくもの」、「入ってきそうで入ってこない」、「話題にしてはいけない」、「求めることは卑しい」、「生きていくのに必要」、「無いと不幸になる」、「汚い」、「苦労しないと手に入らない」、「縁のないもの」など、人によって様々ですね。

お金とは、一体何なのでしょう。


yuuyuu_no13_1

お金はエネルギー

お金というのは、エネルギーを物質化させて、数値に置き換えた状態と捉えられると思います。エネルギーという抽象的なものではなく、どなたにでも分かるような客観的な形態として、お金は存在していると考えてみてください。

ここで言っているエネルギーとは、「受け取ることで、何らかの変化を起こさせる」ものです。

ポジティブなエネルギーとは、受け取ることで楽しくなる、感謝できる、やる気が起きる、嬉しくなる、親切にしたくなる、安心するなどのエネルギーです。ネガティブなエネルギーとは、受け取ることで怒りが生じる、恐怖が募る、心配になる、嫉妬や妬みが出てくる、やる気がなくなるなどのエネルギーです。

お金だけでなく、あなたご自身も身の回りの物質も、感情や思考も、すべてはエネルギーです。エネルギーは、同じものが引き合い集まってきますので、喜びのエネルギーには喜びのエネルギーが、怒りのエネルギーには怒りのエネルギーが集まります。

そして、あなたが考えたことや感じたことを、鏡のように映し出し体験させてくれるのです。「何故、お金がないのだろう?」と思えば、お金のない現実を体験させてくれますし、「お金が入ってきた。嬉しい!」という感情を放てば、嬉しいという感情を起こさせるような環境を整えてくれます。

あなたに信じるもの、求めるものがあるならば、現実は、あなたの発するエネルギーに呼応して形成されていきます。つまり、あなたが何を望み、どのような現実を創造したいかは、自由に選択して実現できるということです。

 

yuuyuu_no13_2

あなたの信念をチェック

私たちの心の深い部分では、意識していようが無意識であろうが、お金に対しての信念エネルギーが存在しています。ネガティブな信念エネルギーがあると、お金が欲しいと思っても、多くの収入を得たり、お金を貯めたりすることを妨げてしまう現実を創る場合もあるのです。

それでは、あなたが持っているお金に対する信念をチェックしてみましょう。子供の頃のお金にまつわる出来事を、いくつか思い出してみましょう。その出来事で、あなたはどのような気持ちになりましたか?

お金にまつわる出来事を思い出そうとしたときに、何となく不安や焦燥感、困惑、心配そうな顔などが浮んできたり、あまり楽しくない感覚や感情を伴う記憶が蘇ったならば、「お金とは、関わると苦しく辛い思いをするものだ。」というような、ネガティブな信念があるかもしれません。

それでは、もうひとつのチェックをしてみましょう。あなたがお金を貯めたい理由と目的は何ですか?

結婚費用、旅行、子供の学費、マイホームの購入資金、老後のため、不意の出費に備えてなど、いろいろな目的があると思います。その目的は、あなたにワクワクした感情を起こさせるものですか?

貯金の目的が、楽しさやワクワク感を伴うものであるならば、そのエネルギーによって、貯金へのモチベーションは保ちやすいでしょう。

けれど、老後が心配だからとか、何かあった時のために、あるいは、もう定年だから貯金しなければ、などのような将来への、漠然とした不安が動機になっていて、目的が曖昧な場合には、そのエネルギーが、お金を貯めようという意欲を半減させるかもしれません。

貯金することを考えたとき、あなたはどのような気持ちになりますか?
気が重くなったり、心が硬くなったり、面倒だと感じたり、頭がスッキリしない、嫌な気分になるなどしていませんか?

プレッシャーや不快を感じることは、本能的に避けるのが人の常です。

お金を貯めようと思っただけで、嫌な感覚や感情が起こるようならば、そのようなエネルギーがご自身に内在しているのですから、貯金できないのも無理はありません。まずは、あなたが持っているお金や貯金に対するイメージや不快感を、幸福感やワクワクする感覚に置き換えましょう。

置き換えるには、一体どうすればいいのでしょうか?

 

yuuyuu_no13_3

感情エネルギーの置き換え

お金や貯金に対するイメージを変え、不快感を取り除くには、将来、楽しく有益に使うイメージを持つことが大切です。つまり、意味もなくお金を貯めるのではない、ということです。心配を小さく、幸せを大きくするために、あなたは貯金をするということを、明確に意図しましょう。

私たちは毎日、お金で品物や体験を買っています。その目的は、幸福感や満ち足りた感覚、安心や平穏を感じることです。つまり、人がお金で買うのは、体験を通した感情エネルギーなのです。

あなたは、ご自身で貯めたお金で、大切な人を喜ばせることができて、とても満足したし嬉しかったという、お金がもたらす充足感を、これから何度も何度も味わってみたいと感じれば、そのエネルギーは、同様のエネルギーを備えた状況を用意してくれます。

小さなことからで構いませんから、あなたがお金を支払うことで得られる、本当の意味で心が喜ぶ体験を繰り返していきましょう。

そうすることによって、あなたの心の深層にあるお金に対するネガティブな信念エネルギーは、より健全で心地良いエネルギーに変わっていきます。すると、お金を貯めることに対して、ポジティブなイメージや感覚を持つことができるようになるでしょう。

お金は、あなたの生活を向上させるだけでなく、未来の可能性を広げ、大切な人を笑顔にすることができる素晴らしいエネルギーです。ぜひ、あなたが今生で経験したいことや、夢や目標に向かって、ワクワクする幸せなエネルギーを伴ったお金を使ってください。

そして、未来の楽しみに心躍らせながら、ぜひ幸せな「お金を貯められる人」になってくださいね。


SNSでもご購読できます。