なぜ人に心を開けないのか?心を開けない心理を知ることの重要性

どうしても対立してしまう人がいる。そんな相手に心を開くなんて、ありえない・・

人に心を開けない・・

どうしたらもっと心を開いた関係性を相手とつくれるのだろう?そんなことを思っているあなたへ。

人に心を開けないのには、実はちゃんと理由があります。その理由を知って対処していくことで、自然と人に心を開いていけるようになれるのです。

そして心を開くことは、本当の意味であなたの人生を大きく変えていきます。今日はそのわけをお話していきましょう。^^

1.どうして相手に心が開けないのか?

本当は、もっと相手に心を開きたいと思うけど、どうしても閉じてしまう。どうしてなの?

その理由は、あなたの中に、「心を開きたくない!」と思う存在がいることです。^^

その存在とは..生まれてから今まで生きてきた中で、人と接して傷ついたり、悲しい思いをしたときに、自分を守るためにできた一つの人格みたいなものです。

生まれたばかりのあかちゃんって、無邪気に知らない人にも「にこ」って微笑んでくれますよね。

でもどうして大人になると、私たちは人の顔色をみたり、心を開いてありのままの自分でいられなくなるのでしょう。

それは、私たちが幼少期からの体験を通して、たくさんの鎧を身につけるようになったからです。

鎧の種類は人によって違いますが、誰もがみな「鎧」を身にまとっています。しかもほとんどの場合、その鎧は幾重にも重なり合っているのです。

そしてその鎧が自分自身をぎゅっと縛り、心を開けなくしています。

でも、この鎧!一つずつ外していくことができるって知っていますか?

2.心を開くと、どんないいことがあるのか?

鎧の外し方は、この後、お話をしていこうと思いますが、まずは、鎧を脱いで心を開くと、どんないいことがあるのか!をみていきましょう。(^-^)

思い浮かべてみてください。

あなたの周りに、本当は心を通わせて一緒にいたいのに、どうしても対立してしまう相手はいませんか?

なぜか気づくと言い合いになってしまう..。そんな相手です。

鎧を脱いで、あなたから「心を開く!」実はこれは、魔法のようなことなのです。

なぜなら、あなたからそれをすると、相手は変わってしまうからです。

あなたが心を開いて相手と接するとき、相手は「あなたに優しくなったり、信頼してくれたり」するようになります。

さらにはあなたが本当はこうしてほしかった、ということも、何もいわずとも、相手からしてくれることもあるかもしれないのです。

これを読んで、そんな簡単に人は変わるわけないでしょ~、信じられないよーと思ったかた。^^ よかったらこの先を読んでみてくださいね。

「どうして、自分から心を開くと、そんな夢のようなことが起こるのか!」その仕組みをお話していきましょう。

3.心を開くってそもそもどういうこと?

心が開いている人ってどんな人?って思い浮かべると、たとえば、

「自分のことを、なんでも相手に伝えられる人」だったり、「誰とでも気軽にお話ができて、仲良くできる人」という風に、相手に対して心がオープンなイメージがあるかもしれません。

でも実は「心を開く」とは、自分から相手に何かをすることではないのです。

真の心を開くとは、どんな相手も自分も、ただありのままに受け止めるられることです。

ジャッジや判断がなく、相手の良い部分も悪い分もただそのままに受け入れられること、それが真の「心を開く」ことなのです。

4.鎧の役割り

たとえば、相手が少しあなたを責めた口調で話してきたとき「私、何も悪くないわ!」と思ったとします。そんなとき、あなたの心の中はどんな様子ですか?相手に開いた気持ちでいられますか?

きっとそんなとき、相手に対して心が閉じてしまうかもしれませんね。

それは「相手のそのありのまま」の姿を受け入れることができないからです。

実はこのありのままとは、良くも悪くも、どーんな相手もなのです。嫌な相手をありのままに受け入れて、自分から心を開く、ってなかなかできないですよね。^^

でもそれをできなくしているのが、あなたの中に存在する鎧を着ている子だったのです。

なぜなら、この子の思いはいつでも「私は悪くない」「あなたが悪い」と、「正しいと悪い」を振り分けているからです。

その子の世界の中では、必ずどんなことも「良いと悪い」があります。

そのジャッジや判断のもとに、鎧で身を隠したり、剣を振り回して相手を脅かしたりしているわけです。

良い・悪いのジャッジ判断は、「ありのままの相手を受け入れる」ことの正反対の行動です。

その子が正義の裁判官のように「良い・悪い」とジャッジ判断を続けているうちは、いつまでたっても、あなたの心は開かず、相手との間の幸せは感じられないわけです。

5.どうしたら心が開くの?

ではどうしたら、鎧を外し心を開けるのか?

それにはあなたの中の小さな子を癒してあげることが大切です。その子が、自分から心を開くのを拒んでいるのだから、まずはそのこを受け入れ、抱きしめてあげます。

その子の声を聞いてあげてください。

「本当はどうしてほしかったの?」「相手に否定されて辛かったね」って、自分で自分の心の中へ話しかけます。その子は子どもの頃のあなたです。小さいとき、誰かに否定されたときに、自分を守るために鎧を着たのです。

だから、何度も子どもの頃辛かったこと、本当はしてほしかったことを聞いてあげて、自分で自分を抱きしめてあげます。

そうすると、少しずつ、心の中で固まっていた思いが解けていきます。

自分の中の頑な思いや、辛かった感情がほどけてくると、相手のどんな部分も、あるがままに受け入れられるようになるのです。

6.相手は鏡

実は、相手があなたに対して文句をいったり、心を開いてくれない、と感じているとき、自分自身の心が開いてないよ、というサインです。

相手はあなたの鏡。

あなたの心が閉じているか、開いているかは、あなたの周りの人をみるとわかります。

あなたの周りの人が優しく思いやりと愛で、心が開いていると感じるとき、それは、あなたの心も開いています。でも、相手はいつも怒ってばかりで嫌だなあ~と感じるとき、それは、あなたの心が閉じているのです。

相手は鏡に映っている人なのだから..

あなたの心が開くと、相手の心も開きます。

すべては私から..

だからこそ、あなたが心を開いて相手と接するとき、相手は「あなたに優しくなったり、信頼してくれたり」するようになったり、本当はこうしてほしかった、ということも、何もいわずとも、相手からしてくれることもあるわけです。

だって、すべては、あなたを映し出す鏡なのだから。。。

それは不思議なことじゃなかったのです。^^

7.私たちとは?

私たちは恐れや不安を、覆い隠して生きなければ、この世で生きていくには、あまりに心細く、恐く感じます。だから、今までたくさんの鎧をまとって、自分を守ってきました。

でも、誰もがその奥には、恐れや悲しみ、孤独感、認められたいという思いをもっています。

そして私たちは、その鎧をまとった相手と関わりを持っています。だから、相手の心は閉じていて、逆にネガティブな感情を感じてしまうわけです。

でもそのときに、表面の恐れや孤独感などのネガティブな部分を通り超して、自分から心を開きます!

守るより開け!

自分から心を開いていくのです。

心を開くとは、相手の奥と繋がることです。相手のネガティブをただそのままありのままに受け入れて、その奥に繋がります。

その奥のエネルギーに繋がれたとき、心にたくさんの温かなものや広がる感覚を感じられ、自然に感謝の気持ちや愛の気持ちが溢れてきます。

それが、本当の意味で心を開くことです。

そして、その愛の心があなたの人生を大きく変える源です!

なぜなら、この世は私たちの心(意識)が映し出す世界だからです。

心が広がり、愛や優しさ感謝の気持ちで溢れたら、目の前の現実もまた、愛や感謝が溢れていきますよ。^^


★自分軸読者への特別特典★安藤妙子無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント安藤妙子が無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。