恋心は創造の源!恋とはなにか?しあわせになる秘訣は?

2018年冬季オリンピックで大注目された、フィギュアスケート選手の羽生結弦さん。

日本のみならず、世界中にファンがいるそうだ。

スケートリンクに投げ入れられたくまのプーさんの数は、それこそ異次元の人氣を知らしめた。

テレビでは連日、羽生結弦さんの話題で持ちきりだった。

街頭インタビューで、羽生結弦ファンだという女性にマイクが向けられた。

「ゆづに恋しました。初めてです、こんな気持ちになったのは・・・。わたし70歳ですよ」

淡々と、だけれど溢れ出てくる想いが、迫りくるように伝わってきた。

その真っ直ぐな恋心に、衝撃を受けた。

70歳ではなかった。

恋する心は、16歳も70歳も同じであることを証明していた。

淡々とした口調とは対照的に、瑞々しく光を放っている恋心に、強く打たれた。

命を司るものがそこにある。
自分を輝かせるものがそこにある。
生きるということの秘密がそこにある。

と、直感的に感じた。

その奥になにかある。
生きることの核心に触れるなにかがある。
それはなんだろう?見つけたい!

と、探究心がムクムクした。

70歳の迸る恋心が、わたしの内に、強力なスパークを起こした。

なにが見つかるのか?どんな情報につながっているのか?解き明かしたい。


ー目次ー
恋心は衝動
創造の源
生きることは恋をすること
ほんとうは誰に恋したい?
なぜ本来の自分に戻る?
本来の自分に戻る方法
さいごに

恋心は衝動


恋心とはなんだろう?

おばあちゃんと呼ばれる年齢の女性が、完成装備の日焼け対策をしている姿を見るにつけ、いつも疑問に思った。

失礼を承知で言わせてもらうと、なんで日焼け対策が必要なんだろう?誰に見せるんだろう?と思った。

恋愛は若い人がするもの、という固定観念があった頃の話だ。

で、あるとき、わかった。

おばあちゃんの日焼け対策は恋心だ。おばあちゃんの中に永遠にある恋心が、日焼け対策をさせるのだ。

おしゃれをするのも、気に入ったものを買うのも、恋心が起こす行動だ。

異性への恋心が一番吸引力が強いだろう。最も欲するもの、であるだろう。

しかし、同性の友だちにも、恋心を感じたことはないだろうか?

同性の友だちと仲良くするのも、恋心だ。

親子の間も、恋心だ。

絵を描く、文を書く、物を創る、音を鳴らす、料理をする、掃除をする、仕事をする、勉強をする、遊ぶ、ことも恋心だ。

生きることそのものが、恋心だ。

と、極端な解釈だけれど、日々の暮らしと恋心は深く関わっている。切っても切り離せない。

ケンカしたり人を憎むのは恋心の裏返し、と言えるのではないか。

異性を好きになることだけが恋心ではない、ということだ。

恋心は、衝動。

恋心が自分を突き動かしている!

こうしたい!と行動に駆り立てるのが、恋心。

恋心は、自分を動かすエネルギー。創造の源。

恋心がポジティブに作動しているときは、喜びやしあわせを感じ、人生がどんどんHappy♪になる。

恋心がネガティブに作動しているときは、嫌なことばかり考えて、嫌なことばかり起こる。恋心の本来の働きが失われ、有効に働いていない状態だ。

恋心をポジティブに作動し、しあわせであることが、生きる目的の1つと自覚したい。

創造の源


異性への恋心に話を戻そう。

Happy♪な恋心と不安と恐怖は、表裏一体だ。恋がうまくいっているときも、この恋が破れたら、という不安がいつもつきまとう。失恋の恐怖だ

恋が破れると絶望的になる。とても辛い。

例えば、絵が上手く書けないとき、落胆し失望する。つまり、失恋と同じだ。

恋心は、しあわせにもすれば、辛くもする。どっちの側面もある。

恋心とは一体なんなのか?

今さら言うまでもなく、恋心が創造の源になることは、多くの人の知るところだ。

恋心=性エネルギー=創造のエネルギーという図が成り立つ。

わたしたちの人生は、こうしたい!と行動する=創り出す、ことで成り立っている。

わたしたちは、毎瞬毎瞬なにかを創り出している。

睡眠中、肉体は動いていなくても、思考や感情は常に動いている。そして、間接的に、それが現実を創り出している。思考が現実を創るから。

創造の源である恋心は、生きる希望、生きる原動力、生きる源だ。

冒頭で書いた「命を司るものがそこにある」「自分を輝かせるものがそこにある」「生きるということの秘密がそこにある」とは、このことだ。

それは、わかった。じゃあ、その奥にある核心はなんだ!?

生きることは恋をすること

異性への恋心から、もっと大きく拡げた恋心に話を変える。

生きるって、恋をすることなんじゃないか。恋心を持ち続けることなんじゃないか。

もし恋心を失っていたら、恋心を取り戻すことが、生きることかもしれない。

恋心がないと、家事や仕事をやる気がしない、遊ぶのも面白くない。

恋心が起きるから、イキイキ行動でき、しあわせが循環する。

しかし、恋心がなくても、嫌々であっても、生きるために行動しなければならない。そして、実際、行動できる。

その状態は、本来の恋心が作動されていないので、根っこがネガティブだ。しあわせではない。辛い状態だ。

そして、ネガティブはネガティブを生む。この問題は後で考えるとして、先に進む。

ということは、自分にとって必要なことに恋心を抱くようになっている、と考えられないだろうか。

恋心とは、しあわせに生きるために備わっているものであり、しあわせになるガキを握っているものではないだろうか。

ほんとうは誰に恋したい?

ほんとうは誰に恋したい?と聞かれたら、なんと答えよう。

自分に恋したい、とわたしは答えよう。

究極の恋の相手は異性ではなく、自分自身なのではないか。

自分に恋心を持つ。自分に恋したい、のではないか。

好きなものを買うことは恋心、と書いたけれど、それは自分への恋心から発生しているのではないだろうか。

自分を喜ばせたい、自分を愛したい、自分への恋心を自分に伝えたい、と行動する。

完成装備の日焼け対策をしているおばあちゃんも、自分への恋心が、美しい自分でいたいと行動させるのではないか。

自分自身に恋心を持つということは、本来の自分自身に戻るということ。

わたしたちは、本来の自分を隠し、世の中の価値観に合わせて生きざるをえない。

そんな自分に違和感を感じながらも、そこから抜け出すことが出来ない。本来の自分で生きる勇氣を持つことができない。

そして、葛藤が起き、苦しむ。

苦しんでいる自分を自分が救い、本来のしあわせな自分に戻るために、恋心が作動する。自分への恋心が、自分を救う。

それが、わたしが解き明かしたかった、恋心の核心だった。

なぜ本来の自分に戻る?

なぜ本来の自分に戻る必要があるのか?もっと深く探ってみると。

しあわせになりたいからではあるけれど、本来の自分自身に戻るために、ここ地球に生まれてきた。

自分の心から望む人生を叶え、しあわせに生きるために、本来の自分に戻る。

そのプロセスに大きな学びがあり、その学びをすることで進化成長することが、おっもっと深い理由。

わたしたちはそのことを知っている。忘れているだけ。

本来の自分に戻る方法

本来の自分に戻るには、自分の思考や感情を、ネガティブからポジティブに書き換える必要がある。

自分の中にあるネガティブが、本来の自分に戻ることを邪魔しているから。

そのためには、常に自分を観察し、自分の中にあるネガティブに気づくことが必要不可欠。気づいたらポジティブに書き換える。

ネガティブをポジティブに書き換えることを日々実践すると、本来の自分に戻っていく。

異性への恋心は、強力なネガティブ感情を誘発する。ゆえに、自分の中にあるネガティブに気づきポジティブに書き換えるのに、最強の効力を発揮してくれる。

先ほど「その状態は、本来の恋心が作動されていないので、根っこがネガティブだ。しあわせではない。辛い状態だ。そして、ネガティブはネガティブを生む。この問題は後で考えるとして、先に進む。」と書いた。

「この問題」の、これが解決方法になる。ネガティブをポジティブに書き換える。

本来の恋心を失ってネガティブになっている自分に、生き生きとしたポジティブな恋心を取り戻してあげる、ということだ。

恋心は不安や恐怖と表裏一体だ。恋心がネガティブに傾いたら、現実もネガティブになってしまう。それは、自分に恋をしていない状態だ。しあわせになれない。

ポジティブな恋心を取り戻すと、現実はポジティブになり、しあわせになる。自分に恋している状態だ。

自分に恋しているということは、どんな自分でも認めている、肯定している、愛しているということだ。本来の自分自身であり、しあわせな状態だ。

さいごに


恋心は自分を輝かせる創造の源。

いつも自分に恋していよう!

ゆづファンの70歳の女性に衝撃を受けたのは、自分自身に真っ直ぐに恋している、と感じたからだ。

自分に恋するとは、どんな自分でも認めよう、肯定しよう、愛そうということだ。

70歳の女性から、ゆづに恋心を持っている自分を、認め肯定し愛していることが伝わってきた。

本来の自分自身で生き、揺るぎないしあわせを感じている、恋する乙女のエネルギーとわたしの意識がスパークしてこの文になった。

自分に恋しているということは、自分を大事にし、自分の価値観で生きているということだ。

世の中の価値観に左右されて生きていない。人に合わせて生きていない。自分の価値観で生きている。

それが本来の自分に戻るということだ。

本来の自分に戻るということは、自分の心から望む人生を叶えることができ、しあわせになる唯一の方法だ。

自分に聞いてみよう。

自分に恋してる?


2021年3月グランドオープン特別無料ご招待!!

この自分軸を書いた仲間たちが体験したように…。


ニチメコあなたの人生のステージを引き上げる学び体験してみませんか?



 

今、ニチメコの無料オープンクラスに登録すると・・・



すべて無料で受け取れます。


▼▼▼


ニチメコは、いつも心が穏やかで毎日幸せを感じる真の自由自分らしさを手に入れたい人を応援します!

SNSでもご購読できます。