自分のやったことは自分に返ってくる!信じると人生は変わる

「自分のやったことは自分に返ってくる」

というのは本当ですか?

本当です。

100%返ってきます。

他の誰かに返ることはなく、巡り巡って必ず自分に返ってきます。

いいことも悪いことも、分け隔てなく、そのまま返ってきます。

シンプルでわかりやすい、究極といってもいい、この世の仕組みです。

信じて受け入れ、意識的に活用すると、望む人生を創ることが可能になります。

夢物語ではありません、超現実的な話です。

「自分の発したものは自分に返ってくる」

自分のやった出来事が返ってくるというより、自分の出した思考や感情が返ってくる、と考えるとよりこの仕組みを理解できると思います。

自分が発した周波数(波動)が返ってくる、ということです。

今までもずっと、発したものが返ってました。

今もこれからも変わりはありませんが、人生を左右する1つの分かれ道があります。

無意識に発するか、意識的に発するか、です。

それは、コントロールされる人生か、自らがコントロールする人生かの大きな違いです。

人生を変える、意識的に発する方法とは?

自分がやったことは自分に返ってくる


自分がやったことは自分に返ってくるとは、人に意地悪をしたら、同じように自分も意地悪をされるということです。

人を騙した場合も、騙される羽目になるでしょう。

人をバカにしたら、バカにされるでしょう。

人に優しくすれば、優しくされるでしょう。

人を助けたら、助けられるでしょう。

『自分のやった出来事が返ってくるというより、自分の出した思考や感情が返ってくる、と考えるとよりこの仕組みを理解できると思います。』と先ほど書きました。それはどういうことかというと。

意思悪をした場合、意地悪をされたときに感じる思考や感情を体験することが自分に返ってくる、ということです。

人を騙した場合、騙されたときに感じる思考や感情を体験する羽目になる、ということです。

この世はすべて周波数(波動)だそうです。意思悪をするのも意地悪をされるのも、実は同じ周波数です。自分の出した周波数が返ってくるということです。

ここからは、自分の「やったこと」を、自分の「発した思考や感情=周波数」と置き換え話を進めていきます。

自分の発したことは「すべて」自分に返ってくる。
自分の発したことは「自分にしか」返らない。

「すべて」と「自分にしか返らない」ことに衝撃を受けました。厳しい!と思いました。一切の妥協はないんだと思いました。いいことも100%返ってくる、ということでもあるのですが。

自分の発したことは自分に返ってくることは知っていても、厳密には意識していないんじゃないでしょうか?しかし、この世の法則は、1%の妥協もなく厳密に執り行われています。

ここを曖昧にしないで、明確に自覚し、上手に活用しないともったいないです。これから自分の人生は、自分の望むようにコントロールしていきましょう。

過去世から引き継いでいる

そんな悪いことをやった覚えはない!なんでこんなに親切にしてくれるんだろう?

そういうときは、過去世の自分が発したことが返ってきているかもしれません。

わたしたちは、生まれて死んでまた生まれて、輪廻転成を繰り返しています。

生まれ変わるたびに違う人生を設定をし、別人として生まれ変わります。生まれ変わるたびに前回の人生を忘れるので、生まれて死ぬ1回の人生で完結していると思いがちです。

しかし、たった1つの魂が、生死の輪廻を繰り返し生き続けています。気の遠くなるような年月を生き続けているということです。

1冊の本に例えたら、1章、2章、3章がそれぞれ別の人生です。1章では王様として生まれ、2章では奴隷として生まれ、3章では普通の人として生まれました。しかし、全体を見たら1つの物語です。たった1冊の本、1つの人生です。

自分には覚え知らないことでも、過去世で発したことが返ってきている、こともあるそうです。つまり、自分のやったことは、輪廻を超えて自分に返ってくるということです。

過去世の発したものといわれても困ってしまいますが、わたし達にできることは、今ここで発する意識に意識的になることです。返ってきてほしい意識を発することです。

意識的に発する方法とは!

今まで、無意識に思考や感情を発していたことの方が、断然多かったはずです。

無意識に発することは、実はネガティブなことです。それにはちゃんとした理由がありますが割愛します。無意識で発する思考や感情はネガティブだ、ということを覚えておいてください。

なので、ネガティブな出来事が起こってしまうんです。無意識にネガティブな思考や感情を発して、ネガティブな思考や感情を体験することが返ってきているんです。

意識的でいると、自分はどういう思考や感情を発するか、選択することができます。ネガティブを発するか、ポジティブを発するか、選択することができます。

じゃあポジティブを選択すればいい、簡単だ、というわけにはいきません。

ネガティブな思考や感情は、はがしても取れないくらい、身に染み付いています。どうしても、ネガティブな思考や感情を発してしまうんです。

そこで、自分がどんな思考や感情を発しているか、常に自分を観察する癖をつけます。

ネガティブな思考や感情が出てきたら、その場で削除して、自分が望むポジティブな思考や感情に書き換えます。パソコンの上書き保存と同じです。

削除の方法は、簡単にいうと。

このネガティブな思考や感情は選択しない!と選択することをやめます。そのネガティブな思考や感情に縛られているので、その鎖から自分を解き放ちます。⇒解放です。

自分の中にあったネガティブな思考や感情を、自分から切り離して、2度と選択しないということです。そうすると、ネガティブな思考や感情を発することはなくなるので、当然返ってきません。

しかし、こびりついているネガティブな思考や感情は、容易には解放できません。トレーニングが必要です。

わあ大変!と思われたかもしれませんが、わたし達はその学びをするために、この地球に来ています。なので、わたし達の本来の目的なんです。

ネガティブな思考や感情を解放したら、ポジティブな望む意図をします。すでに望む自分になっているポジティブな思考や感情をイメージをします。その周波数が返ってくるからです。⇒意図です。

意識的に発する方法とは、意識的でいること、ネガティブな思考や感情を解放と意図することです。

自分の魂の成長のため

自分の発したことが返ってくることを、恐がらないでください。自分に超えられることしか返ってきません。大丈夫です。

意地悪をし、それが返ってきたとします。実はそれは、自分の未熟な部分を成長させるため、自らが起こしたことです。意地悪をしてしまう未熟な自分を書き換えるためです。

自分が意地悪をされることで辛さを体験します。自分も人に意地悪をしなかったか?と自分を顧みます。人に意地悪したことを思い出しました。そんな自分は嫌だと自分を変えます。

それが魂の成長です。

この世はホログラム


「現実はホログラム」ということをご存知ですか?現実は幻だ、ということです。

わたしたちが日々暮らしている現実は、自分が心の中で思っていることが投影された映像であり、幻です。

映写機にフイルムを入れるとスクリーンに映像が映るように、自分の心の中で思っていること(フイルム)が、現実(スクリーン)に映し出されているに過ぎません。

現実というのは映画と同じです。作り物のセットの中で、まるで本当の暮らしがそこにあるように演技している映画と同じです。

映画のセットだという認識と、現実だという認識の違いだけです。そっくり同じことが起こっていると考えてみてください。

すぐには理解できないかもしれません。わたし自身、理解し腑に落とすのに長い時間がかかりました。ただ、直感のようなもので、そうかもしれないと思いました。

「現実はホログラム」は真実か?真実でないか?、その答えはどこを探しても見つけることはできません。

この世界には、YESとNOが、同時に2つ存在しています。YESと主張する人も、NOと主張する人もいる、ということです。

どっちを選ぶかは個々の自由意志です。自分しか自分の答えを出すことはできません。わたし達は、いついかなるときも、自分で答えを選んでいます。自分の選んだ答えが、自分の真実です。

ホログラムに戻します。この世はホログラム、現実は自分の心の中が投影されている映像。

ということは、自分の人生はすべて自分で創っているということです。自分の人生は自分で好きなように創れるということです。

つまり、わたし達は自由だ!ということです。

受け入れる段階がある

「自分の発したことは自分に返ってくる」をどれくらい受け入れられるのか?

この範囲なら受け入れられる、という段階があると思います。

最初は、明らかに自分がやったことが返ってきている、という自覚のあることだけしか受け入れられないでしょう。

次の段階では、自分と結びつけたくなくても、自分を振り返ることでわたしもやっていたと気がつくようになるでしょう。

そして次の段階では、自覚はないけれど自分の発したものが自分に返ってきている、という視点で自分を観れるようになるでしょう。

最終的には、納得がいかないことが起こっても、抵抗せず認めます。魂の成長ができる、ありがとうございますと感謝するでしょう。

このように段階があり、受け入れる体験を積んでいくことで、だんだん意識の範囲が拡がっていきます。

自分の発したことが自分に返ってくると信じると、人を責めることができなくなります。魂の成長と思えば、どんな嫌な出来事でも、感謝になります。

自分に問題があったと認めたとき、人は初めて、自分を変えることができます。人生を変えることができます。

まとめ

自分に起こるすべての出来事は、自分の魂の成長のため、自分が計画し起こしたことです。それを信じて受け入れると、ネガティブな出来事が起きても、誰のせいにもできません。自分に向き合うしかなくなります。

ここまでこれたらしめたものです。そういう心境になったときには、すべての出来事を楽しんでいるでしょう。問題が問題ではなくなっているでしょう。

自分のやったことは自分に返ってくる。この世はホログラム。

この2つが明示していることは、自分の人生は自分で創っているということです。自分の望む人生を自分で創れるということです。

この世の仕組みを心から信じることができたなら、想像を超えるうれしい現実が、次々と起こるかもしれません。

テレビや漫画の世界にしかいないと思っていた、魔法使いになっているかもしれません。

魔法使いになることも、夢ではありません!

子どもの頃夢にみた魔法使い、わたし、本気で目指しています。

その夢を叶える1つの大きな方法が、解放と意図です。

この夢、共有しませんか?


★自分軸読者への特別特典★後藤美保無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント後藤美保が無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。