波動を上げてストレスをなくす!自分でできる簡単3ステップ

最近、何となく元気がなくて気が重い。
イライラすることが多くて家族にあたってしまったり、不機嫌になってしまう。

そんなストレス状態のときは波動が下がっているので表情は暗く、話すことはネガティブなことが多くなります。そして周りにも愚痴や不満を言う人が増えてきます。

いくら気持ちを立て直そうとしても、愚痴や文句を聞かされるとますますストレスを感じて波動が下がりますよね。それはある意味仕方ないことなのです。

すべてのものは波動ですから感情や思考も波動です。ですから波動の低い愚痴や不平不満などを聞かされることは、話し手だけでなく聞き手の波動も下げて気分を重くします。

物質も自然界も、人間をはじめとする動物も、私たちの感情も思考も大元は波動です。そして、自分の波動に合ったものが引き寄せられます。

つまり体験していることは、自分の波動と共鳴して引き寄せられたことですから、現実は自分の波動のバロメーターでもあります。

私たちは意識的にしろ無意識的にしろ、たえずお互いの波動で影響し合っています。それはいつも一定ではなく、日々何度も上がったり下がったりしながら他に影響を与えています。

そう考えると、今の自分の波動は高いのか低いのか気になりますよね。波動を自分で測ることができて、波動を上げると何を引き寄せるのかを知っておきたいですね。

まずは、あなたの波動の状態を知ることからチャレンジしてみましょう。


波動ってどんなもの?

波動とはどんなものか、まずはイメージしてみてください。

例えば感情の場合、ストレスを感じてイライラしている波動と、穏やかで優しい波動とはその波形が違う気がしませんか?

イライラしている波動はとんがっていてその幅は狭くスピードも速く、一方穏やかな波動は丸い波形を描いてゆったりと流れているイメージがしますよね。

そう見てみると、感情は波動そのものだというイメージがしやすいと思います。

では、波動が高いとか低いというのはどのようなイメージでしょう。

例えば、ある人のことを批判したり評価している自分と、その人を尊敬したり賞賛している自分とでは、どちらが波動が高いと思われますか?

批判するより賞賛するほうが気持ちがいいから、後者のほうが波動が高いということになります。ここで同じ相手なのに感じ方が変わることがあると気づかれたかもしれません。

そうなんです。同一人物なら相手に対する評価は一定のはずです。それなのに相手が変化していないにもかかわらず感じ方が変わるのは不思議だと思いませんか?

これは今まで嫌いだと思っていた相手の何かが、ふとした拍子に私の心に響いた場合に起こる変化です。すると相手がとても愛おしく思えたり、素敵に思えるようになります。

つまり相手の嫌な部分に私の意識が捉われていたのに、ふとした拍子に相手の愛おしい部分に意識が向いた結果、私の感じ方が変わったのです。決して相手が変化したわけではなく、私の心が、私の意識が、私の波動が変化したということになります。

よく目の前の人は自分の鏡などと言われますが、それは感じている人自身の波動が変わって、相手の見え方が変わったのです。

時によって私たちは、同じ出来事を体験しても嫌なものとして捉えることもあれば、良いこととして捉える場合もあります。ネガティブに捉えるとかポジティブに捉えると表現されますが、このあたりが私たちの発する波動と大いに関係があると思います。

自分の波動の見極め方

まずはあなたが、今発しているご自身の波動の見分け方について、次の項目をチェックしてみてください。

  • 今あなたの精神状態は穏やかですか?
  • 今あなたの目の前の人を愛することができますか?
  • 今あなたは自然界に意識を向けたら、空や山や海などに平和や幸せを感じられますか?

仕事の問題で頭がいっぱいになっているとき、家庭に何か問題があるとき、人間関係で悩んでいるときはストレスフルな状態です。そんなときに穏やかでいたり平和や幸せを感じることは難しいですね。その問題だけで精一杯になってしまい決して余裕はないものです。

『今の状態に悩むことで精一杯』ということが、波動が落ちている証拠なのです。

波動が落ちているから悩み事がやって来るのか、悩み事があるから波動が落ちるのか、どちらが先かは別問題として、波動が落ちた自分を引き上げることも、波動を上げ続けることも私たちの幸せのためにはとても大切なことです。

その波動は意識して自分でコントロールできます。その方法を試す前に、波動が下がるとどうなるのかを知ってください。

波動が下がっているときの特徴

自分の波動をコントロールするためには、あなたの今の波動の状態を知ることが大切です。そのためのチェック項目を挙げてみました。

  • 悩み事で心がいっぱいになってはいませんか?
  • 人のことが気になって、その人のことをいつもジャッジしていませんか?
  • まだ起きてもいないことに不安や心配ばかり感じていませんか?
  • 過去にあった出来事に後悔の念を感じ続けていませんか?
  • やるべきことを面倒くさいと感じていませんか?

こういったストレスが多い状況のとき、あなたの波動は下っています。

引き寄せの法則で言われているように、今の状況はすべてあなたの波動が引き寄せたものです。意識的、無意識的な感情や意識があなたの波動として現実に現れているのです。

ストレスのない幸せの波動と苦しみの波動のどちらを選ぶのかと問われたら、もちろん幸せの波動を選びますね。でも、大抵の人はそれがなかなか難しいと感じています。

なぜ、すべてが思い通りにいかないのでしょうか?
なぜ、思い通りのものを引き寄せられないのでしょうか?

波動を下げる原因

思い通りにいかない、思い通りのものを引き寄せられない理由は、波動が下がっているからです。波動が下がるとそれに相応しい物事が引き寄せられます。ですから、思い通りにならないことが多くなります。

それでは、私たちの波動を下げる原因を考えてみましょう。それは、ズバリ!

意識が今ここにないからです!
自分軸にないからなのです。

周りの出来事に意識が翻弄されたり、過去のことを悔やんだり、未来のことを心配したり、人のことが気になったりするのは、意識が外を向いている場合に陥るパターンです。

つまり自分の軸が傾いている状態です。

 

コマが回り続けるのは軸がしっかり立っているときです。コマの軸が傾くとバランスを崩して回転のスピードが落ち、やがて止まってしまいます。

いつもあなたの軸がしっかり立って回るために必要なのは、軸を垂直に保つことです。もしバランスが崩れて止まりそうになったら、傾いた軸をまっすぐに立て直して元に戻すことが大切です。そのために次のことをお勧めします。

あなたの波動を上げるために

あなたの波動が落ちそうなとき、あなたの自分軸が傾きそうなときに試してみてください。

  1. 大きく深呼吸します。
  2. あなたの意識に働きかけながら、「すべては必ずうまくいく!」と繰り返しつぶやいて頭にインプットします。
  3. 今起きている混乱から抜け出せた最善の状況を、頭の中でイメージします。

これらは、今あなたがネガティブな方向に向けている意識をいったんリセットして、新しい方向に意識を切り替えるというメソッドなのです。

例えば仕事で失敗をしてしまったとき、極限のストレス状態の中でそれを何とかしようと考え始めます。あれこれ手順や、やり直す方法や、同僚や上司に対する言い訳などを考えることもあるかもしれません。

でも、まずはそれらのことは一掃して、深呼吸した後「すべては必ずうまくいく!」と繰り返しつぶやいてください。今、展開されているそのドラマに感情を入れ込まないでください。

その上で、相手の表情が明るくなって気分が変わるように、相手の心の安らぎを心から願い思い描きます。これは相手の軸を立て直すお手伝いです。それがあなたも相手も波動を下げない方法なのです。

何か衝撃的なマイナスの出来事に出くわしたとき、それでも自分軸でいられたら、あなたはいつも高い波動をキープしている証拠です。

最後にもう一度

あなたの波動は周囲に影響を与えています。そしてその波動で物事を引き寄せています。つまり、あなたの波動が絶えず高いところにあれば、マイナスなことは引き寄せないのです。

仮に引き寄せたとしても、それはあなたがもっと高い波動を放つチャンスだと思って、そんな中でも自分軸を保てるかどうかチャレンジしてみてください。

ところで、私たち日本人には神社に参拝するという習慣があります。そして「良いことがありますように」とお願いしますね。あれは神社という波動の高いところで自分の波動を上げる効果があるのではないかと思います。

また逆に私たちが神社に行って低い波動を置いてくるものですから、その波動を上げるために神社ではお祓いをし祝詞を上げる必要があるのです。

実生活において、世の中にはいろいろな不安や心配をあおる情報が氾濫し、人は苦しむものだという思い込みをだれもが少なからず持っています。

そんな中で絶えず自分の波動を意識して高く保つことは容易なことではないでしょう。でも、そこをチャレンジし続けること。これこそが私たちの幸せと進化に繋がるのです。私はこのことをニチメコで学びました。


★自分軸読者への特別特典★大塚春美無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント大塚春美が無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。