我慢することをやめる!たった一つの勇気

「我慢しなさい!」って子供のころからよく言われてきませんでしたか?おもちゃの取り合いになって、「あなたはおねえちゃんだから我慢しなさい!」とか大人になって「私さえ我慢すれば。。。」こんな思いで生きてきたことは無いですか?

日本人は特に我慢強い民族だと思うのですが、第二次大戦の影響が大きいのでしょうか?おそらく、あのころは日本国中我慢と言う言葉が飛び交っていたに違いありません。我慢を美徳として、そのせいでもしかしたら、無意識にいろんなことを我慢することを習慣にしてるのかもしれません。

「言いたいことを我慢する」「欲しいものを我慢する。」「やりたいことを我慢する。」いろんなところに我慢って使ってますね。そのせいで自由に言いたいことを言い、欲しいものを手に入れ、やりたいことをやってる人を見て、うらやましいと思ったり、非難したり。。。そんなことないですか?

我慢強いあなた。今まで我慢が美徳だと思ってきたあなた。我慢と言う枠から勇気をもって一歩踏み出してみませんか?

我慢は美徳?

harumi-22-4

そもそもなぜ我慢するのでしょう?そこには、自分が我慢すれば周りがうまくいく。とか、我慢すればこの場が収まる。と言った精神が日本人には根強くあると思うのです。武士の世界にある「切腹」などというのはその我慢の究極のような気もするのですが、実際我慢と言うのは美徳なのでしょうか?

「我慢することによってうまく行ったと思ってるのは、我慢してる私だけではないのか?」とふとそんな風に思えました。

もし逆の立場で、相手が我慢してる。つまり我慢されてるとしたら、どうです?あんまりいい気になれないきがしませんか?相手が私のせいで我慢してる。。。なんて、もしかしたら自分が我慢してるとき必ず相手も我慢してると言えるのかも

わたしは結婚生活で、長い間夫に対して自分が我慢してると思ってきました。でも同時に相手も我慢してることに最近気がついたのです。自分が気を使うと相手も気を使う。私が感謝の気持ちを持つと相手も感謝の気持ちで答えてくれる。そう、よく言われる鏡の法則ですね。相手は私の写し絵なんです。
そう考えると、相手にも同じように与える我慢は美徳から離れたものになってしまいませんか?

我慢は誰が得するの?

貴女が我慢したから、誰かが得をしてると一見そう思いがちですが、実際我慢されたほうはあまりいい気分ではありません。なぜなら、我慢したほうが心の中で優位に立ってるからなんです。「わたしはあなたのために我慢してやった!」状態ですね。
これははっきり言って迷惑です。我慢から誰も幸せににはれないのではないか。そう思いました。

我慢とわがままはどっちがいいの?

harumi-no22-2

では、みなが我慢しないで、わがまま放題にしたら。と不安になったりしますか?我慢することはよくなくて、わがままがいい。と言うことではありません。どちらが正しいとか間違ってると言うわけではなく、我慢もわがままも表裏一体。実は同じなのかも。。。

感情を抑える。

harumi-no22-1

我慢することの一つに感情を抑えることってあります。とても怒っているんだけど、ここは自分の感情に蓋をして、すごく悲しいんだけど、ここは我慢して。そんな場面が今まで何度もありませんでしたか?私が最近気がついたことの一つに「感情は感じつくさない限り何度も現れてくる」と言うことです。

感情はその時押さえてもまた別のところで出てきます。感情は蓋をしたからといって決して消えるものではありません。感情と言うのは私達が持ってるあるエネルギーなのです。そして感じつくしてこそ消えるものなのです。ですから感情は抑えないで感じつくしちゃいましょう。ここはちょっと辛いかもしれませんが、感じつくして、そしてこう宣言してください。

「私は○○(恐れや、不安、嫉妬、妬み、罪悪感、などなど)の感情を感じつくしました。これからは一切必要ありません。」そうすることによって今まで出てきた感情がいつの間にか表れなくなります。ただし、一度でなくなるわけではありません。何度もやってくるかもしれませんが、根気強くやってみてください。そのうち不思議なことにそういった感情が出てくる状況すら現れなくなるのです。そしてやがては、感情を抑えることを我慢する必要はなくなるでしょう。

では、たった一つの勇気

harumi-no22-3

「我慢してる自分をまずは認めること」そして、我慢してる自分を非難しないで、自分と向き合ってください。ここに一つの勇気がいるかもしれませんね。そして、自分にこう言い聞かせてください。「我慢しなくてもいいの。私はそのままで十分すばらしいのだから。そのままでいい。そのままでいいの」と何度も何度も唱えてください。
つまりあなたは、我慢しなくてはならないと言う思い込みを持っていたに過ぎないのです。

「我慢する事はいいことなんだ!」とか「私さえ我慢すればいいことなんだ」そういう思い込みを今すぐ捨ててください。これこそが勇気です。その勇気から、貴方は我慢すると言う事から卒業することになります。

明日から、いいえ今すぐ貴女はもう我慢と言う事から開放させましょう。


SNSでもご購読できます。