不平不満が消え!協力し合える職場になる4つのヒント

不平不満の多い職場で、もういやだー。文句の多い部下や上司。周囲の不満や愚痴に毎日うんざりしているあなた。相手に働きかけることなく、状況を変化させ、職場の雰囲気も変えてしまう、魔法のような方法があるのをご存知ですか?

不平不満の世界から抜けるための、根本解決法です。

この方法で、部下が不平不満をいわなくなったり、笑顔の溢れる職場になったり、驚きの変化が起こるかもしれません。何より、あなた自身がどんな時も平安な気持ちで、幸せな人生が送れるようになりますよ。

1.職場の不平不満が消える!4つのヒント

ヒント1:不平不満をいう人の心を知る

1つ目のヒントは、職場から不平不満が消えるための下準備です。不平不満や愚痴が嫌だと感じた時、相手の心理を知ることは、状況を変化させる第一歩です。

人は自分の欲求が満たされないときに、不平不満をいいたくなることがありますが、同時にそれは、「自分にはその問題を解決する力がない」という、「無力感」や「あきらめ」があるときです。逆に「私はこの状況を変えられる」と思う人は、そもそも不平不満をいう必要はないのかもしれませんね。

無力感は「恐れ」を作りだし、「私は部長に不満をもっているから、きっと部長も私のことが嫌いに違いない」など思うようになったり、様々な情景を映し出します。そして、心の壁がどんどん厚くなって、上司や会社の欠点や悪口をいうことで、相手を下にして、自分を守る心の働きが生まれるのです。

でもよくよく心理をみていくと、表面上は相手に不平不満をいっているように見えても、根本にあるものは、ダメな自分が許せないことが多いようです。つまり..自分自身への不平不満なのです。

こんな風に知ると、あなたの周りの不平不満の人へも、「〇〇さんも、自分なりに弱い部分を守って生きているんだな」と、少し優しい気持ちになれるような気がしませんか?

まずは、相手に向かう嫌な気持ちを静め、優しくなれる心のゆとりを作ることで、不平不満の世界から抜けるための準備が整います。

ヒント2:自分の心の中にあるもの

2つ目のヒントは、本当の自分が思っていること、感じていることの中にあります。まずは自分の心の中を観察してみます。

不平不満の相手を変えたいのに、どうして自分の心を観察するの?と、不思議に思うかもしれません。でもここに、不平不満の世界から抜けるための重要なヒントが隠されていたのです。

相手の不平不満を聞いたとき、あなたは心の中でどう感じていますか?たとえば、「またかー」「愚痴ばかり聞きたくないよ」「いいかげんにしてくれー」など、思っていませんか?

確かに、部下や上司の不平不満ばかり聞かされたら、気分が悪くなり、もう聞きたくない、と思いますよね。でもここで、自分の思いや感情をよーく観察してみます。

すると...

実はあなたの言葉もまた、相手への「文句」」だったと見えてきませんか?

実際に言葉に出して文句をいうか、心の中でこっそり思うかの違いはあれど、不平不満をいう相手に対して、あなたもまた、不平不満を感じる悪循環が起こっているわけです。

ということで、同じような感情が自分の中にもあったと気づくことは、この状況を変えていける、2つ目の大きなヒントです!

ヒント3:この世の仕組みを知るとわかること

3つ目のヒントは、この世の仕組みの中に隠されていました。それは、私の体験を元にお話しましょう。

私は、Kさんの不平不満にとても苛立っていました。嫌な気分は雪だるま式に膨らみ、あるとき私は耐えられなくなったのです。そして気づきました。私の心の中にもたくさんのKさんへの文句があったことを。

そして、覚悟を決めて自分から文句をやめることにしました。心の中のもやもやを手放し、Kさんへの文句をやめて、逆に今までしてくれたことへ目を向けると、やっと感謝の気持ちを思い出すことができました。

すると..その数時間後、Kさんの態度は突然変わったのです。不満は消えて、逆にあやまられました。その間私がしたことは、自分の心の中を、「不平不満」から「感謝」の気持ちに変えることだけでした。

いったい何が起きたのでしょう?この出来事を知るには、この世の仕組みを知ることでもあります。

この世の仕組みがここにある!

この世界は、「自分の思いが創り出している世界」ということを、ご存知ですか?

実は私の出来事は、何も不思議なことではなくて、ごく当たり前なことでした。なぜなら、目の前で不平不満を発していたKさんは、私の心の不平不満の投影だったからです。

投影というのは、映画をイメージしてみてください。この現実世界をスクリーンに映る映画と例えると、それを映し出す元のフィルムがあります。そのフィルムが、自分自身の心の中の感情や思考です。ですから、望まない状況が目の前にある時は、まずは自分からその感情を切り替えると、現状が変わるのです。

実際には、潜在的な部分まで含みますから、そんなに単純なことじゃない場合もありますが、大切なポイントは、本気でやめることです。特に相手と直に不平不満が行ったり来たりする状況は、自分からやめると、わりとダイレクトに反映されることが多いかもしれません。

ということで、不平不満の世界を抜ける3つ目のヒントは、本気で自分から文句をやめることです!

ヒント4:凡人と成功者の違いにある秘密

不平不満の世界を抜ける4つ目のヒントは、凡人と成功者の違いを生む秘密の中に隠されていました。その秘密とは...

凡人と成功者の違い

この世はまるで感謝よりも、文句の方が簡単にできてしまうかのように、私たちは、何も考えないでいると、あっという間に、不平不満をいいたくなってしまいます。でも、必ずしもすべての人がそうではなく、ここに凡人と成功者の違いがあると思いました。

なんでも夢をかなえて、幸せな人生を送る人(成功者)と、そうではない人(凡人)。その二者の違いは..実は「不平不満」を自分からやめた人か、そうではないかの違いともいえるのです。

どんな状況でも、自分が変えていける、と思える人は、そもそも不平不満を持たないのでしょう。その状況を変える力とは、能力とも関係しているかもしれませんが、実は、その根底にあるものは、意識的に物事を捉える視点を、マイナスから、プラスに変えていける力だと思いました。

物事を「不平不満」と捉えるか、「自分の学び」と捉えるかで、人生に大きな違いを生みだすのです!

おそらく、幸せな人生を送る成功者たちは、どんなことも「自分の学び(良さ)」と捉えて、そこから自分が得られるものに焦点をあてていける人たちだと思います。でもこれは、ごく一部の人だけの能力ではなくて、誰でも練習することで養える力です。

視点をマイナスから、プラスに変えるゲーム

これは筋トレのようなものです。今まで筋肉がなかったので、自動モードでマイナスに捉えてしまったことを、筋力がつくことで、プラスに捉える力を養えます。

やり方はいたって簡単!意識的に、出会った人 見た景色 食べ物など、日々の中に、「良さ」や「魅力」を見つけて心の中でつぶやいてみます。とても単純なゲームですが、繰り返し続けていくと、ある時自分が、物事を良い方向からみる癖がついているのを感じる時がきます。そうなったら、ほぼ不平不満の世界から抜け、豊かな人生に一歩足を踏み入れていることでしょう!

ということで、4つ目のヒントは、意識的に何にでも良さを見つけることです。

2.4つのヒントを実践して、起こる3つの変化!

4つのヒントは、昔から誰でも知っているような、当たり前なことばかりですが、本当に本気で実践すると、職場の環境だけではなく、人生そのものを大きく変化させる力があります。それぐらい、不平不満を自分からやめて、意識的に良さを見つけていくことは、現実を変える大きな要素なのです。

さあそれでは、4つのヒントを実践して、起こる3つの変化をみてみましょう。

その1.自分の周りに、不平不満をいう人が少なくなる

不平不満をいう人が少なくなる、これは時間の問題で、確実に起きてくることだと思います。或いは、あなた自身が部署や職場が変わって、環境そのものが変わってしまうかもしれません。どちらにしても、自分が変われば現実は確実に変化します。これは驚くほどに正確です。

しかし、また不平不満をいう人が目の前に現れることもあるかもしれません。でもその時、あなたはそれを何とも思わなくなるでしょう。人の不平不満に左右されることはなく、自分の心の平安を保っていられるようになれるのです。それが究極の不平不満の世界から抜けた生き方かもしれません。

その2.器が大きくなる

自分から不平不満をやめて、相手に感謝の気持ちを持てたあなたは、一回りも二回りも大きな器になれます。上司や部下、妻や彼女がそんなあなたを頼りにして、信頼してくれるでしょう。

さらには、不平不満をいっても広い心で受け止めることができるあなたの周りでは、逆に人が不平不満をいうのをやめたくなる、そんなオーラを感じるかもしれません。こうやって、あなたの存在そのものが、不平不満をいう人を引き付けなくなっていくのです。

そして何よりも嬉しいことは、いつでもどっしりとした豊かな気持ちでいられるようになることです!

その3.すべてがうまくいって、望みが叶う!

この世界は、「自分の思いが創り出している」とお伝えしましたが、これは願望実現のお話とも繋がっています。心の中がいつでも、「感謝と喜び」で満ちていれば、望んだことは叶いやすくなるのです。

なぜなら、感謝・喜びの感情が、そもそも夢を叶えるエネルギー源だからです。その仕組みについては、※1記事を参照してみてください。

逆にいうと、望むことを叶わなくしている大きな要素が、「不平不満」だともいえます。

◎体験談

Hさんは文句と愚痴の多い取引先の担当者に嫌気がさしていましたが、ある時、自分の心の中こそ、相手への文句でいっぱいだったと気づき、不平不満を感謝の気持ちに変えてから商談に臨みました。すると話はとてもスムーズにいき、まるで相手は別人のようだ、とHさんは感じました。そして結果、大きな取引が成立したのです。

こんな風に私たちは、自分の内側を変えることで、現実を変化させていくことができます。

※1 願望実現のお話は、こちらをどうぞ。
言霊の力を呼び覚まし「夢を叶える」3つの秘訣と創造の極意

ひとこと...

あなたがもし、職場の不平不満が消えて、皆が協力し合える職場で働きたい!と願うなら、まず一番先にやることは、あなたの中の「不平不満」をやめることです。なぜなら、そもそもあなたの心の思いが、目の前の不平不満な現実を創り出しているからです。

長い間私たちは、「不平不満」を心に持ちながら生きてきました。それは、自分以外の外のものを責めて、攻撃する力でした。これからは、自分の内側の不平不満をやめることで、相手と戦わずして現実を変えていける内なる革命の始まりです!

でも、会社で一人、内なる革命に取り組むのは難しく感じることもあるかもしれません。私はスピリチュアル大学で仲間と共にこの取り組みを続けてきました。仲間がいることは、一人でできないことも可能にしていきます。

あなたもご一緒に、内なる革命、この取り組みを続けてみませんか?そして、不平不満の世界から抜けて豊かな人生を生きていきましょう!

▼不平不満の多い職場で、仕事が辛い方はこちらの記事もどうぞ
仕事が辛いに終止符を打つ!本気で自分を変える唯一の方法


SNSでもご購読できます。