仕事が辛いに終止符を打つ!本気で自分を変える唯一の方法

日曜の夕方、サザエさんが終わる頃、「もう休みも終わりか..」 と、憂鬱な気分になってきて、「休めるもんなら休みたい、でも、そんな考えじゃいけない」と自分を励まし、家族のために毎日お仕事頑張っているあなた。

仕事が終われば身体は疲れ、たまの休みは1日中寝てる..仕事が辛い..でも、まじめなあなたは、辛くても「仕事とはこんなもんだ」と喝をいれ、毎日を生きてきたかもしれませんね。

でもそれは、とても辛いことですよね。あなたがもし、そんな人生を送っているのなら、ぜひこの続きを読んでみてください。

「仕事が辛い」と感じるのは、ある一つの根本的な理由があります。その理由を知ると、あなたの人生から、人との競争がなくなったり、経済的な心配から解放されたり、望む現実を生きて仕事が楽しくなる、そんな世界の扉を開くことができるのです。

1.仕事が辛いと感じる、根本理由

tae_no22_1

仕事が辛いと感じる理由は、営業のノルマ、上司が嫌い、残業が多すぎなど、たくさんあります。では起業して自分の会社やお店を持ったら、その悩みはなくなるのでしょうか?いえいえ..今度は、売り上げが気になり、安定しない経営状態に、もっと仕事が辛い、と感じるかもしれません。

では、仕事が辛いと感じる、根本的な理由はなんでしょう? ずばり、その答えからいきましょう。

仕事が辛いと感じる根本理由は、あなたが「今のあなたのままではダメだ..」と思い込む、自己否定と関係しています。

自己否定..と聞いてもピンとこないかもしれませんね。ではわかりやすく一つずつ解説していきましょう。

1-1.「辛い」は感情

まず「辛い」と感じる感覚は、感情です。

例えばちょっと極端な例ですが、Aさんは周りの人から、ダメな人と思われ、疎まれていたとします。でもAさん自身は、「私はみんなに頼りにされてる」と思い込んでいました。

おそらく多くの人は、自分が周りから疎まれていると感じるとき、会社が辛い場所となり、仕事が辛いと感じるかもしれません。

しかし、Aさんの場合はどうでしょう?

実際のAさんはさておき、Aさんの気持ちにだけ焦点をあててみます。そうするとおそらくAさんは、仕事は辛いと感じることはなかったのでは?と推測できます。なぜなら「自分はみんなに頼りにされてる〜」と思い込んでいるからです。

これは周囲と自分の間に、大きなギャップがあるちょっと極端な例ではありますが、ここでお伝えしたかったことは、「辛い」という感覚は、実は「その状況=辛い」のではなくて、自分がその状況を「辛い」と感じるかどうか、に関係しているということです。

そうすると、なぜあなたはその状況を「辛い」と感じるのか?を、一つずつ紐解いていくとき、辛さは消えてなくなってしまう..というわけなのです。これは本当ですよ。^^

それでは、さらに深くみていきましょう!

1-2.「辛さ」のメカニズム・からくり

例えば、会社員ならば、営業のノルマ。経営者ならば、売上。上手くいっているときはいいですが、少しでも足りない時や、今年はよくても、また来年、また来年..と、毎年続くそのプレッシャーに心休まることはなく、「仕事が辛い」と感じることはあるかもしれません。

これは、「ノルマや売り上げが足りなくなる=辛いこと」

という、あたり前の紐付があなたの中にあるからです。では、こんな風にちょっと視点を変えてみましょう。

「ノルマや売り上げが足りなくなっても、辛くはない。」

これを聞いてあなたはきっと、「そんなのありえない!」と思うでしょう。ではなぜあなたは「ありえない」と思うのですか?ノルマや売り上げが足りなくなった時の自分を、少し思い浮かべてみてください。

ノルマが足りなくて、上司に怒られているあなた。或いは、売り上げが足りなくて経営がうまくいかず、妻に責められたり、不安で眠れなくなるあなた..

どちらにしても、あなたにとって、かっこよい自分ではなく、ダメな自分がそこにイメージされたかもしれません。

実はこれは、『上司に怒られる自分/妻に責められる自分は、ダメな自分 ⇒⇒⇒ ダメな自分でいることは、辛いこと』という紐付があるからこそ、感じられる「辛さ」という感情なのです。

例えばここで、上司に怒られる自分も、妻に責められる自分も、ありのままで、頑張っているかっこいい自分だ!って、本気で思えたら、そこには辛さはなくなってしまうと思いませんか?

あなたは、これをトリックだあーと思うでしょうか?(笑)

いいえ、これが「辛さ」という感情のメカニズムであり、からくりなのです!でも、例えそのメカニズムを知っても、簡単には辛さを変えられない理由もちゃんとあります。それを、もう少しみていきましょう。

1-3.あたり前の信念(思い込み)を疑ってみる

tae_no22_2

「辛さ」のメカニズムを知っても、仕事が辛いという気持ちがなくならない理由の一つは、信じて疑わない思い込みがあるからです。

それは、あたり前に信じて、まったく疑わない信念のようなものかもしれません。その信念を見つけて、「果たして本当にそうなのか?」と一つづつ疑ってみるのです。

具体的に例をだしてみてみましょう。例えば..

「立派な仕事ができる男はカッコいい」
「一家を支えるのが男の役目」

という思い込みがあったとします。

これによってあなたは、自分がカッコいい男でいられるために、あるいは家族のために、頑張って仕事をしようとするかもしれません。では、この思い込みを少し検証してみましょう。

ここでは、人からみてどう思われるか、ではなくて、自分が本当にそう思っているのか?に焦点をあててみます。そのためにまずはその裏側の思いをみつけます。

「立派な仕事ができる男はカッコいい」の裏の思いは、「仕事ができない男はカッコ悪い(ダメ男)」

「一家を支えるのが男の役割」の裏の思いは、「一家も支えられない男はダメ男」

こうやってみていくと、ほとんどの場合、心から自分がそれを望んでいる..というよりも、ダメな自分にならないように、「立派に仕事をやり遂げよう」とか、「一家を支える父であり続けよう」と思っていることがほとんどかもしれません。

つまり、がんばって仕事をしようとする自分は、ダメな自分にならないようにするための、対処策や防御策だったりするのです。

他にもこんな思い込みはありませんか?

・仕事は我慢するもの
・お客さんに満足してもらうように努力するもの
・言われたことはキチンとやるもの

これらもみんな、裏の思いは同じです。仕事で我慢もできないのはダメな男。お客さんに満足してもらえるまで努力できないなんて、ダメなやつ。言われたことを守らないなんて、社会人として最低、という具合に..

1-4.ダメなあなたもそのままでステキ!

でも、そのような思い込みを原動力にして仕事を頑張ることは、多かれ少なかれ無理がきます。ダメな自分をなんとかしようと行動を起こすことは、「ダメな自分」と「カッコいい自分」の2つの状況を、既に自分の中に創っているからです。

2つの状況を想定しているので、たとえ今は、ダメな自分になっていなくても、ダメな自分になるかもしれない、という恐れや不安がいつも付きまとい、真から心休まることはありません。その様な心のあり様では、仕事が辛い..と感じるのは、当たり前なことだと思いませんか?

では、いったいどうしたらいいのか?

答えは、とてもシンプルです。
今のままで「オレはカッコいい!、価値あるオトコだ!」と、自分で決めることです。

でもそれは、どんな自分もです。立派な仕事ができなくても、営業成績をあげられなくても、言われたことをキチンとできなくても、どーんな自分も、例外なく!そのときの最善なんだ、と思ってみてください。

本当は、人からみてどう見えるか、ではなくて、自分が思って、そう決めればいいだけなのです。

そして、本当に…あなたはあなたのままで、何も変えることなく、いつでも、価値あるカッコいい男性なんです。そうやって、自分の価値を認められる男性は、内側からパワーが溢れ、たとえダメな部分があっても、実は女性からみると、カッコ良くて魅力的な男性に見えたりもするものですよ。^^

声にだして、自分自身へこの言葉を伝えてみてください!

「オレは価値あるオトコだ!」「オレはカッコいい!」

人は自分を価値ある存在だと思えたとき、内側から生命のパワーが湧きあがります。しかし、「オレはダメな男」と自分を責めるとき、どんどん小さくなって、生きる力は枯渇してしまうのです。そうなれば、本来のあなたらしさが出せなくなって、仕事が辛い、という気持ちも大きくなるのでしょう。

2.楽しく仕事をして、望む人生を生きるには?

もしかしたら、ここまでお話を聞いて、あなたは、言われたことがキチンとできない自分や、営業成績もあげられない自分も、価値ある存在でカッコいいだなんて、ただの自信過剰で、自己満足の世界じゃないか?って思ったかもしれませんね。でもこれは、仕事が辛いという思いを解放する、ベースになるあり方です。それは決して、過信や高慢さ、自慢とは違います。

どんな自分もそのままで「価値がある」と決めること。

仕事が楽しいと思える人生を生きるには、まずは、ここから始まります!

tae_no22_3

2-1.自分は価値あるオトコと認めたとき、何が起こるか?

自分は価値あるオトコと認めた時、具体的に何があなたに起こるのかみてみましょう。

1.自分は価値があると思えたので、人と比較することがなくなる。
2.自分へ自信がついたので、偉そうで威圧的な相手に対しても、恐れを抱くことがなくなる。
3.自分を信じているので、人に見下されても、なんとも思わなくなる。

つまり..自分自身を価値ある存在と認めると、他人の言動に左右されることがなくなり、劣等感や優越感、比較や競争、支配・コントロールの世界から抜けることができるのです。

おそらく、男性社会で働くとは、仕事のできを人と比較したり競争したり、それに伴い劣等感や優越感を感じたり、又は上司からの威圧的な支配・コントロールがあったり。「仕事が辛い」と感じる要因は、そんな様々な理由が重なり合って起こる気持ちだと思います。

ですから、自分の価値をしっかりと認め、他人の言動に左右されなくなると、だいぶ仕事が辛いという思いは消えていくでしょう。

2-2.自分は価値あると思えると、どんな望みも叶う!

そしてもう一つ、例えば、お金に関すること、経済的な不安などは、そもそもその現実が変わらないと、仕事が辛いという気持ちはなくならない、という方もいるかもしれません。

ここからは現実創造のお話になりますが、あなたは、「現実は思いが創っている」ということをご存知ですか?

どの様な現実も、すべては思いから始まっています。自分は価値ある存在と思えて自己信頼が強くなることは、こうなりたいという思いに迷いがなくなるので、思ったことがどんどん現実化するスピードが加速するのです。

現実創造のお話は長くなりますので、※1の記事を参照していただきたいのですが、ここでお伝えしたいことは、自分自身を価値ある存在と認めると、そもそも嫌だと思っていた現実さえも変えていくことができる、ということです。

私たち人間とは、そもそもその様な存在です!

※1 現実創造の仕組みと夢を叶える秘訣は、こちらをどうぞ。
言霊の力を呼び覚まし「夢を叶える」3つの秘訣と創造の極意

3.忘れていた少年の頃の夢を叶える!

tae_no22_4

さあ!ここまで読んでくれたあなたは、もう、その先の扉が開いています。仕事が辛い..と感じる人生から、仕事が楽しいと感じる人生への扉です!

扉を開けるその唯一のカギは...

それは..まずはあなたが少年だった頃、どんな夢を心に抱いていたか思い浮かべることから始まります。

その世界は、競争も比較もない、みんなが平等で、自分も幸せで、たくさんの笑顔が溢れるユートピアだったかもしれません。

秘密基地を作って冒険した時のように何もかもがワクワクとする、ピュアで素直な心を思い出してください。少年の頃、プラモデル作りに目を輝かせたあなたは、物創りの世界に喜びを感じたかもしれません。或いは、虫かごいっぱいに昆虫を集め、道端に咲くきれいなお花を摘んだあなたは、自然と共に生きることに喜びを感じたかもしれません。

生きるため、お金のため、家族のために働いてきたあなたを、いったん横に置いて、本来のあなたと繋がってみてください。

その本来のあなたが望む生き方を選択して、仕事にすることも、あなたが望めば必ず道はあります!

その新しい世界の扉を開くカギは、一つです。

それは、「オレは価値あるオトコだ!」と決めて、自分を信頼すること。

仕事が辛いと感じる根本理由は「自己否定」です。ならば、その逆のオレは価値あるオトコだ!と決める「自己信頼」が、仕事が辛い人生に終止符を打ち、本気で自分を変える唯一の方法だったのです。そして「自己信頼」こそが、心から望むことをライフワークにして生きる世界へのカギです。

逆にいえば、どんなに望む職種についても、自己信頼がなければ、いつかはまた..仕事が辛い、と感じる所へ繋がっていくのかもしれません。

4.最後に...

最後にひとこと。ここまで読んでも、まだどうやって、オレは価値あるオトコだ~と思えるんだ?と思ったあなたへ^^

素直にそう思えるには、心の中の思いに気づき、解放していくステップや、練習が少しだけ必要かもしれません。

そんなステップを、わたしはスピリチュアル大学で取り組んできました。私自身以前は、仕事が辛いと感じる日々を生きていましたが、今では心軽やかに、自分の好きなことをして過ごせるようになりました。もちろん、男性のあなたとは立場も状況も違うのかもしれません。

しかし、最後に私から心よりお伝えしたいことは、自分が自分を認めて、価値ある存在だと思えることは、全てをひっくり返すようなとてもパワフルなことです。それは、仕事だけではなく、あなたの人生すべてに!大きな影響を与えていくことでしょう。

ぜひそんな、喜びと幸せに溢れた生き方を一緒にしていきませんか。


SNSでもご購読できます。