「アウト・オン・ア・リム」は願望を叶えるおまじない!

「アウト・オン・ア・リム」は願望を叶えるおまじない!ってどういう意味!?と思われたかもしれません。

スピリチュアル界のレジェルト本といってもいいであろう、ハリウッドの大女優シャーリマクレーン著「アウト・オン・ア・リム」。

この本が火付け役となり、世界的なスピリチュアルブームが巻き起こりました。

「アウト・オン・ア・リム」とは「果実、すなわち”真理”を得るためには、枝の先まで危険を冒して登らなければならない」という意味だそうです。

その意味がストンと腑に落ち、問題に直面したとき、いつも思い出していました。

この世の仕組みを知っていくほど、「アウト・オン・ア・リム」の意味の真実性が、どんどん強くなっていきました。ついには、「アウト・オン・ア・リム」というタイトル自体が本一冊分の内容がある、と感じるようになりました。

「アウト・オン・ア・リム」は心から望む願望を叶えるための、格別な言葉になりました。強力で壮大な鍵であり、おまじないです。

最近さらに、「アウト・オン・ア・リム」の意味はここまで深く意図されているものだったのか!?ということに氣づき、驚きました。

ト・オン・ア・リム」が、なぜ願望を叶える鍵でありおまじないなのか、さらに驚いたこととはなんなのか、みなさんと共有したいと思います。

「アウト・オン・ア・リム」のエネルギーを使って、心から望む願望を叶えませんか。

「アウト・オン・ア・リム」の紹介と新たな発見

「アウト・オン・ア・リム」シャーリー・マクレーン著。山川紘矢・亜希子・訳。地湧社出版。

34年前の1983年にアメリカで出版、1986年に日本で出版されました。

この本が出版された頃、世界は大きく変わろうとしていました。1989年にはベルリンの壁の崩壊、1991年にはソ連が崩壊しロシアになりました。

日常生活を送りながら、世界が揺れ動き変わろうとする大きなうねりを、肌で感じていました。

わたし自身も、激動の中にいました。一向に解決できない問題に苦悩し、2年間真っ暗なトンネルの中にいました。

そこから抜け出すキッカケとなったのが「アウト・オン・ア・リム」でした。

余談ですが、この苦悩こそが、わたしの人生をわたしが心から望む方向へと変えていきました。

下記は本の宣伝文です。当時は「スピリチュアル」を「精神世界」と言っていました。

「アウト・オン・ア・リム」 世界を震撼させた一冊

「愛と追憶の日々」で、アカデミー主演女優賞を獲得した著者は40代初めに世界中を飛び回る。

その中で、インドのヨガ教師から前世のあることを示唆され、ヒマヤラのラマ僧との会見で、デ・ジャブを覚え、スウエーデンの霊媒師から、精神世界の説明を受けるなど、奇妙で不思議な体験を繰り返す。

その結果、自らのこれまでの即物的な生活を反省し、ついには、俳優ピーター・セラーズの突然の死を予知したり、体外遊離を経験するまでになる。

それまでは「実利的な合理主義者」だった著者が、オカルテイックな領域の存在を認めるに至るまでの経緯が、平易な文章で書かれている。

それだけに、精神世界に対して疑いの目を向けるであろう大多数の人々にも、納得のいく仕上がりになっている。

現在、精神世界をにぎわす様々な要素を勉強できると同時に、世界的女優とその恋人との、大胆な逢瀬の様子を、のぞいてみることもできる。

両方の意味でセンセーショナルな話題を提供した一冊だ。

行動派で知られる人気女優の著者が、数々の神秘的な体験をきっかけとして、本当の自分、神、宇宙について知りゆく過程を綴る。その勇気ある試みは新しい時代の幕開けを予感させる。

今回「アウト・オン・ア・リム」触れて、新たな発見が2つありました。

1つ目の発見です。「スピリチュアルな目覚め(神秘体験)」と「恋愛」の2つの話で成り立っていることに、ハッ!としました。

今まで、氣になるほどではないんですが、スピリチュアルな世界と現実の世界の異なるような世界の2本立てに、ほんのちょっと違和感を感じていました。

でも今回、スピリチュアルに目覚めるプロセスにおいて、恋愛こそ最強の学びであることに氣がつきました。恋愛こそ、魂の成長を促す一番と言ってもいいテーマ、体験と言ってもいいことを思い出したんです。

しかも、スピリチュアルと現実を切り離すこと自体が違っていました。スピリチュアルとは、特別なことではなく、生きていることそのものですから。

「スピリチュアルな目覚め」と「恋愛」の組み合わせの、絶妙な計らいに感嘆しました。

2つ目の発見です。「愛さえも超えて」という副題が目に入りました。

今の今まで、この副題には反応せず、でした。当たり前のことが書かれているという意識だったんでしょう、疑問を持たず読み過ごしていました。

わたしの成長が追いつかず、「愛さえも越えて」が発しているメッセージを、捉えることができなかったんですね。今ようやく反応できました。

「愛さえも越えて」とは、なんとすごいことを伝えているでしょう。驚きました。

「愛」は越えるものであるということ、ここにも壮大で深い意図が隠されていると感じます。

この2つの発見について、さらに探っていきたいところですが、今回はここまでにします。

ここからは、本題である「果実、すなわち”真理”を得るためには、枝の先まで危険を冒して登らなければならない」に秘められている、願望を叶える鍵とおまじないを一緒に考えていきましょう。

「果実」と「危険」を天秤にかける

心から望むことを叶えるには、必ずや「果実、すなわち”真理”を得るためには、枝の先まで危険を冒して登らなければならない」を問われる、と考えています。

自分が本当にしたいことをするとき、危険を冒して細い枝の先にある果実を取りに行くか行かないか、選ばなければならないということです。

あなたは危険を冒してまで果実を得ようとしますか?それともやめますか?

川に橋がかかっています。その橋を越えると果実の取り放題です。ただし、橋の状態が危険です。板が腐っているかもしれませんし、問題がないかもしれません。渡ってみないとわからない状況です。

現実的に考えると、多くの人が、危険だから橋を渡っては駄目だ!と止めるでしょう。

しかしあなたは心底から果実が欲しいです。あきらめきれないほど欲しい果実です。でも橋を渡るのは恐いです。命の危険も感じます。さあ、あなたはどんな答えを出しますか。

勇氣を出して橋を渡ったら、果実は得られます。果実を得るだけではなく、このチャレンジをしたことによって、新しい自分に変わっているかもしれません。

橋を渡るのをやめれば、当然果実は得られませんが、危険な目には合いません。自分の殻は破れなかった、ということになります。

わたしたちはどっちの選択をするでしょう。

多くの人は、橋を渡らないでしょう。果実は欲しいけれど、危険を冒してまで手に入れる勇氣はないでしょう。恐怖を超えられないでしょう。

今までの自分を変えたいと思いながらも、危険を冒すことが恐くて、そのままの自分でいることを選んでしまうのではないでしょうか。

わたしたちは、恐怖をなかなか超えられないものです。頭で考えるのと、実際に行動に起こすのとでは、全然違います。本当にわたしたちは、危険を冒してまで超えることが、とても恐くてできないんです。

そんな恐がりのわたしたちが、危険を冒して超えようとするとき、なにかが大きく動きます。なにかを動かします。

強力で壮大な鍵でありおまじない

『「アウト・オン・ア・リム」は心から望む願望を叶えるための、格別な言葉になりました。強力で壮大な鍵でありおまじないです。』と最初に書きました。

鍵でありおまじないとは。そうなんです、お察しの通り、そのまんまなんです。

「果実、すなわち真理を得るためには、枝の先まで危険を冒して登らなければならない」この意識が、願望を叶える鍵です。おまじないです。

きれいな水にするために、水をろ過します。問題解決するとき、この鍵、おまじないで、問題をろ過して答えを出そう、と言うことです。

どんな答えが出ようが、答えを出す前にこの意識で問題をろ過しよう、ろ過して答えを出そう、ということなんです。

橋を渡るという答えが出ようが、橋を渡らないという答えが出ようが、それは二の次です。この鍵、おまじないでろ過してから選択することが、肝心だと考えます。

ろ過する=恐怖と対峙することで、たとえ恐怖を超えられなくても、次につながります。次に恐怖と対峙したとき、恐怖が超えやすくなっているでしょう。そんな効果を期待できます。

なにに驚いたのか?

『最近さらに、「アウト・オン・ア・リム」の意味はここまで深く意図されているものだったのか!?という氣づきがあり、驚きました。』とやはり最初に書きました。

なにに驚いたかと言うと。

わたしは、心から望む願望を叶えようとすればするほど、「アウト・オン・ア・リム」にぶつかることに氣がついていました。

細い枝の先まで危険を冒す覚悟をすることは避けられない、と確信が強まる一方でした。

願望を叶えたいということは、願望は叶っていないということです。なんで叶っていないのかといえば、叶えることに恐怖が伴うからです。

願望を叶えるということは、恐怖を超えなければならない、ということです。ものすごく恐いけれど、この恐さを超えないと心から望む願望は叶わない、ということです。

わたしは、恐さを超えることを突きつけられる毎日を過ごしていました。

「アウト・オン・ア・リム」を思い出していたときに、今まで以上に、「アウト・オン・ア・リム」の意味と深くつながったんです。

それまでわたしは「アウト・オン・ア・リム」の意味を、自分の外にある具体的な恐怖と対峙しその恐怖を超えることだ、と捉えていたんですね。

今回「アウト・オン・ア・リム」は、外ではなく自分の中にある恐怖と対峙するということだ、ということとつながったんです。

外にある現実的な具体的な恐怖も、結局は自分の中にある恐怖と対峙することになるのですが、本を読んだ当初は、外にある具体的な恐怖を超えることだと思っていたんですね。

今回、心の中のある恐怖を超えるという「アウト・オン・ア・リム」の真の意味とカチッと合って、そういうことを伝えていたのか!?と驚いたんです。

「アウト・オン・ア・リム」の真の意味

恐くて恐くて超えられない、と思うほどの恐怖を超えない限り、本当に心から望む願望を叶えることはできない。

全身全霊、命を懸けるぐらいの覚悟で、真剣に、自分を恐怖から解放し、恐怖を超える。

「この世でやることはそれなんだよ」ということを言っているんだな、それが真の意味なんだな、と悟りました。

「アウト・オン・ア・リム」にはなんとすごいメッセージが秘められているんだろう、と驚嘆したわけです。

それを、みなさんと共有したかったんです。

恐怖は外にあるのではない恐怖は自分の中にしかない

恐怖は、実は、自分の中にあります。外にあるように思えますが、外ではなく自分の内側にあります。

自分の内側にある恐怖を、自分自らが取り除ぞかなければなりません。

恐怖を取り除くと、危険な橋を渡る勇氣が出てきます。

恐怖は幻です。幻ですから、本当は、恐怖はどこにも存在していません。

自分が恐怖を創り出し、その幻の恐怖に縛られ、怯えているんです。自分が自分を、恐がらせているんです。

恐怖は幻であることに氣づき、その幻の恐怖の中で生きるのをやめましょう。幻の恐怖から出ることです。

危険な橋も、幻です。幻ということは、頑丈な橋も自分で創れるということです。イメージで、果実まで安全に悠々と渡れる橋を創ればいいんです。果実を得られます。

ここで注意することは、無事に渡れる橋を葛藤なくイメージすることです。そのイメージができてから、橋を渡ってください。橋が壊れて落ちないかな?渡れないかもしれないと不安に思っている間は、その通りになってしまいます。

実は、望む願望が強いほど、恐怖は大きいです。恐怖を超える大きなチャレンジになるでしょう。恐怖を超えることは、想像以上に大変です。が、必ず、超えられます。

恐怖を超えた先の、自分の心からの望む、喜びに満ちあふれた人生を楽しみたいですね。

「アウト・オン・ア・リム」の鍵、おまじないで、心から望む願望を叶えましょう!


☆あなたの心を自由にする無料レッスン

この自分軸を書いている仲間たちが体験したように…。

スピリチュアル大学あなたの人生のステージを引き上げる学びを体験してみませんか?




◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…



解決の糸口を見いだせなかった問題も、それを作ったステージより高いステージから見下ろすとカンタンに答えに辿りつけることがよく起こります。なぜなら、問題の原因と結果の因果関係が見いだせるようになるからです。

それによりあなたが手にするものは、物事に翻弄されず、冷静に全体を俯瞰できる広い視野心のゆとり。さらにさらに、あなたを縛ってきた根本原因を解放することで、自由にキラキラと輝いて生きられる理想の自分へとシフトすることだってできるのです。

今なら7日間無料でご参加いただけます。

2007年4月の開校以来、延べ20000件以上の具体的な実践方法を提供し続けてきた学長が、スピ大生以外に初めてその機会を提供させていただきます。

▼まずは学長からのメッセージをお聞きください。


参加方法はカンタンです。お名前とメールアドレスを登録するだけ。

自分史上、最も輝くあなたと出会う始まりの7日間特別講座をお届けします。




▼実際にお届けする内容はコチラです。

本 日 望むことがなかなか現実化しない理由とは?
****
2日目 望む現実を創り出すことができる人はみなある秘密を知っている
****
3日目 天才に共通する秘密とは?
****
4日目 私たちが生まれてくる理由とは?
****
5日目 生まれてくる前に用意してきた設定と運命の分岐点とは?
****
6日目 習慣化されたネガティブ回路を書き換えるワーク
****
7日目 自らを縛ってきた制限を解放して心の自由を手に入れる!




学長の言葉が、あなたの中に眠っていた答えを引き出し、スッと心が軽くなるのを感じられた瞬間

「こんなに自分を縛っていたのか…」と驚かれるかもしれません。


気づいた分だけ軽くなる、あなたの心を自由にするレッスンの始まりです。

★――――――ご注意――――――★

iCloud.com関連のメールアドレス(@icloud.com、@me.comなど)に配信する際、迷惑判定のフィルターが厳しく、迷惑メールにすら入らず削除されてしまうこともあるようです。本校ではどうすることもできませんので、出来ればご登録はiCloud.com関連以外のメールアドレスでお願いします。

もしお持ちでなければ、グーグルのgmailやyahooメールのような無料メールでご登録頂きますと、問題なく講座をお届けすることができます。




◆オープンスクール無料登録はこちら




※ワンクリックで簡単に解除できます。安心してご参加ください。





◎無料オープンスクールにご参加いただいた方の感想をご紹介

 

オープンスクール4日目、5日目の冒頭の動画がインパクトがあってすごく面白かった!こんな内容は今まで見たことない!親と一緒に見ました!

 

このサイトに出会う前、色んな自己啓発や、オラクルカード、占いサイト、本を通して頭ではわかっていたはずの引き寄せ、魂のステージを上げるなどの知識で分かっていました。

しかし、実際の生活に落とし込んでみると、自分を変えることばかりで苦しくて、苦しくて、嫌いな自分、出来ない自分を責めつづけてきました。

何が起きたかと言うと、生きる気力を失い、毎日死なずに日々生きることに必死になっており、自分を信じるとか、能力を信じるだとか、もうどうでもよくなっていました。

そこで、もう、どうしたらいいか分からなかったとき、神に祈りながら、答えを教えて欲しいとネットを探していたら、こちらのサイトを見つけ、何と優しい言葉の数々。

もう、無理しなくていいだなぁ。って、思えました。

絶えず同じパターンの思考を繰り返し、日々同じ習慣を繰り返し、人生脚本もどうせ…と言う内容ばかりで、自分のしっぽを追い回していた自分に気付き、ワークを実践し、新しい回路にし始めたら、一つ、ひとつの出来事に幸せを感じ、家族を宝と感じ、今までとはちがう見方で、家族とふれあい、会話しています。

あんなに憎かった主人のことも、感謝の気持ちで満たされています。この人で良かった…って、心から感じています。仕事場では、新たな思考回路にするために、自分の意図とする内容のアファメーション、祈りを繰り返すことで、とても楽になり始めています。これがずっと続くよう、実践しつづけます。

実践は、何より自分の為であり、自分の幸せのためでもあります。
これに気づかせて頂けた事に、心から感謝しています。

 

私はいままで、潜在意識関係の本を結構、読み漁ってきましたし、いくつかの成功法則セミナーのようなものも受講して、相応のお金も使ってきました。

しかし、いろいろ知識は増えたのですが、実際の自分の生活は、まったく変わらないままで、人生もとうとう半ばを過ぎてしまいました。

もうセミナーの類は絶対に受けないぞ、と思っていたのですが、今回、ひょんなことからこのオープンセミナーを受講する機会を得て、学長のメッセージに、心惹かれるものを感じ、引き続き、学んでみたいと思うようになりました。

 

25年以上前から自己啓発には興味があり、セミナーをたくさん受けたり、セミナーを開催する側の社員になる程関心はありました。

でも、いわゆる頭でっかちで、結局実践出来ていませんでした。頭では分かっていても、腑に落ちていなかったので実践まで至っていませんでした。具体的な方法も、今まで学んだやり方がやっぱり腑に落ちず続きませんでした。

でも、このオープンスクールを体験して初めて腑に落ちました!

自分軸も見させて頂いたんですが、その実践方法はとても有効的で効果抜群です!これに回路の書き換えをプラスして今実践しています!

昨日も早速職場で嫌な感情になったので、その感情に気づき、すぐにワークを実践してみました。私の場合、Q4の4は「いらない!」と言うだけでなく焼却炉で燃やしてしまいます(笑)

今までにないスッキリした気持ちとうれしい感情が生まれてきました。でも当たり前ですが、すぐには書き換えられませんね…何十年とこの回路だったんですから。

たぶんこの回路の方が慣れているから楽なんだと思います。でも、古い回路の感情が自分にとってとても嫌なことにハッキリと気付いた今からは、この作業を繰り返していけば必ず書き換えられて、幸せに楽しく生きていけると確信しています。

 

▼他にも無料オープンスクール参加いただいた方から、沢山の感想をいただきありがとうございます。

☆明子さん

メールが送られてくるのを毎日とても楽しみにしていました。

古い回路を新しい回路に書き換えるワークは、最初難しそうに思えましたが、考えることによって、自分の中に新たな回路が生み出されたように思います。これから変わることができそうです。

毎回一番最初に出てくる動画、私たちの魂の誕生などに関する内容は、大変興味深く、私が今まで疑問に思っていたことを解き明かしてくれるものでした。とても良い勉強になりました。




☆ますみさん

スピ大学のメールを購読し始めた頃は、アセンションの意味が全くわからず、それでもなぜかしら、読み続けていました。今回、久しぶりにメールでしたが、今の私は、アセンションの意味がわかるどころか、ものすごい興味があって、本当にいいタイミングで、メールをいただいたと感謝しています。

おまけに、この内容が、今私が一番取り組んでいる課題だったので、シンクロにまたまた感謝です。(思い込みを書き換えるという課題に取り組んでいます。)




☆ゆいさん

とても勉強になったオープンスクールでしたが、特にこのワークは一度しただけでガラッと自分の中の回路が書き変わり、今まで悩んでいた時間は何だったんだろうと思うくらいポジティブな自分に早変わりして驚きました。

そして、自分にはこんな一面もあったのかと、新しい自分の要素を発見することが出来ました!また、苦しい体験ほど、大きく感謝できる経験に書き換えられることを身をもって学びました。




☆三枝子さん

「スピリチュアル大学っていいよ。暇があったらネットで見てみて」…と友人に言われていたけど、なかなか時間がない。

今回、旅行の初日に新幹線の中でチェックして申し込み、毎日の移動の時間に見ています。

いつもと違う時間の流れで「毎日の自分」を見ています。主人の欠点が嫌で嫌で許せなくて機嫌が悪くなっていましたが、許していけそうです。




☆麻世さん

すごくよかったです。ありがとうございました^^

なんかいま夫婦問題とかいろいろいろいろ向き合わざるをえない状況でなんだか朝が憂鬱でした!が、お蔭様で朝ゆめうつつでiPhoneで聴く音声や動画にはホっとさせていただきました。おっといけないいけないいまフォーカスずれてるって気付かせていただき自分の中心にかえろう^^とおもえました。

こういう宿題的なのも、ふだん大嫌いなんですが。いま本気で自分と向き合うことがあたしには必要な気がしてて正直めんどくさいけどやりましたーー笑!ことばでうまく言えないけどほんとなんかタイムリーでありがたかったです。途中からの動画もなんだかココロわしづかみなかんじでした。




☆千佳さん

とても分かりやすかったです。願望を達成するために宿命があるというのが意外でしたけど話を聞いていてちょっとずつ理解してきた感じです。非二元や思考は三次元ではないという話、全てが一瞬にして繋がるという部分に特に興味が出ました。




☆さちこさん

こんにちは。オープンスクールを7日間楽しく学ばせてもらいました。ありがとうございました。

今まで人とは違う感覚を持っていて、なぜ?と思う事がいろいろあって、誰にも共感してもらえなくて、しんどかったですが、本当にわかりやすく、今までの喉のつかえが取れた様な気持ちです。

あー、そうなんだ。そういうことなんだ。と思いました。
もっと、学びたいと思いました。




☆智美さん

スピリチュアルを感じ始め、なんとなくわかっていることを、映像や音声とともにはっきりと確認できた感じです。

だいたいこうだろうなーって思ってた今ここに自分がいる仕組みと同じで嬉しかったです。このワークも文字で書くことで、より学べました。

いつもなら後回しにしたくなるような面倒そうなワークが、わかりやすいメールフォームと、達成あとにプレゼントがあるという素晴らしい仕組みで、モチベーションを保ったまま学ばせていただき本当に嬉しいです。




☆祐子さん

オープンスクールに参加させて頂いたことをきっかけに、自分を愛すること、どんな感情も自分で丸ごと受け止め許し、癒してあげること、これらの大切さに気づきました。

今はまだ毎日がジェットコースターに乗っているようで、上がり下がりの激しい状態で、前よりも疲れてしまうこともありますが、気付けたこと、自分と向き合えるようになったことは素晴らしい前進だと思えます。このような情報を開示くださったこと、とても感謝しています。




☆恵さん

毎日楽しみにしていました。今まで考えた事のない世界に触れ、世界が広がった気持ちです。ただわからない事や府に落ちないことももちろんたくさんですが、知っていきたいと強く思いました。




☆英美さん

最後のワークは難しかったですが、何とか取り組んでいくうちに、自分の思考回路・無意識な感情の反応パターンに気付く事かできて、本当に良かったです。

実際に現実で何度もチャレンジして、新しい思考回路を定着させます。




☆昌美さん

なんだか、これまで「知っていた」ことを、再認識させられるような気分でした。これまで、プールの端で、水に飛び込むべきかどうか、ずっと悩んでいたのだ、と思い知らされました。

そろそろ覚悟を決めて、新しい世界に飛び込む時期が来たのだ、と思いました。




☆あゆみさん

動画がとても分かりやすくスッと自分の中に入ってきました。回路を書き換える事でどのように自分が変化していくのか楽しみです。




☆さやさん

わたしも、堂々巡りの中にいましたし、まだいる状態でもあります。わかりやすく説明していただいて、ハッとすることが多く、ありがたく読んでいます。




☆ヨウコさん

今まで聞いたことが無い内容ばかりだったので、驚きながら受講しました。




☆いずみさん

ここ数年感情が揺さぶられることが続き、自分に自信がもてないこと、自分軸がブレやすいとに気づき、自分の人生の課題を意識するようになりました。オープンスクールの内容はわかりやすく、なるほど、と思えることが多くありました。これから人生を前向きに進めるように少しずつ実践したいです。




☆なおみさん

少しでも自分を変えたいと登録しました。人のためと思いながら、実は自分のためだと指摘されたときはショックだったけど、オープンスクールでもやっぱりそうなんだ。とある人に言われた言葉と重なりました。

今、やりたいこと目指していることがあります。少しでもそこに近づきたい。そのヒントが得られたような気がしました。




☆昌枝さん

毎日少しずつ知る事が出来て楽しかったです。最後の課題は考える事自体が結構難しくて、しかもこれだけでは無い気もしますが、確かにパターンなのだな、と気付けて良かったです。

先程丁度またパターンが出て来て、考えただけでは書き換え出来た訳では無いのかな、と思ったのですが、その時点でちゃんと説明しよう、悪かった点は謝ろうとした結果、いつもなら相手が一方的に怒りまくる方向にはいかなくて、大丈夫でした。

続けてきたパターンを急には上手く書き換えられないのかもしれないけれど、きっと日々の実践なのですね。




☆航太さん

願望実現やアセンションの方法について両面について教えてくださり、しかもとても優しくわかりやすいので、なるほどと思うことや納得する話がいくつかありました。




☆静さん

まだ、自分の思考パターンを客観的に書いてみる作業になれてないせいか、自分が感じている感情や思いを、うまい言葉で書き表すことができないが、頭の中だけで漠然と思っているだけでは、考えているようで考えていないんだなと、書いてみて思いました。書き方のテンプレートがあったので助かりました。




☆智子さん

今までもやもやしていたことがすっきりしたというか整理出来たような感じで 毎日のメールが楽しみでした。もっと色々知りたいと思いますし実践して変化していきたいと思いました。




☆優子さん

一週間で、なんとなくわかってきました。
面白いい、楽しい、回路の変換が、これからできそうでワクワクしてます。




☆昭子さん

ワークを通して自分の潜在意識の中にある否定的な感情や敵対心などが浮き彫りになるにつれて、そういう感情を抱えてよく生きてきたなと思いました。そういう古い回路をあたらしく書き換えることによって、楽な自分になっていけるという事がわかりました。まだまだ書き換えは続くと思いますが、その方法を知る事が出来て良かったです。



◆オープンスクール無料登録はこちら




※ワンクリックで簡単に解除できます。安心してご参加ください。





SNSでもご購読できます。