焦燥感を解消するための根本解決!自分自身を観察する習慣

焦燥感(あせり)をいつも感じている。
なんとなく不安で何かしていないと落ち着かない気分。

つい周りのあれこれが気になって焦る!
気づいた時にはミス多発!
落ち込む。。。疲れ果てる。。。

同じ仕事をしていても落ち着いてやっている人もいるのに、なぜ私はこんなに焦ってしまうのだろう?と悩みは深まります。

焦燥感を解消するために一番大切なことは、自分自身の考え方、物事の感じ方のクセに気づくことです。

自分を観察することがもっとも早い解決につながります。

自分を観察する習慣が身につくとあなたが心から望む幸せはすぐに叶うようになります。

1・習慣になっていることに気づく

あなたが感じている焦燥感。いつ頃からのおつきあいですか?
もしかしてお馴染みの感覚だったりしていませんか?

「あ、またやっちゃった!」そんな心のつぶやきが聞こえてきそうです。

いつもなんとなく不安を感じている。
人と一緒に何かをすることに緊張感を感じる。

そんな感覚が「あたりまえ」になっているのであれば、それはあなたが身につけてしまった「習慣」なのです。

人は習慣の生き物といいます。

子どもの頃に身につけた生活習慣、親から言われたことや教えられたことは自然と身についてしまっています。

小さなメモ帳があるといいですね。
今日1日朝、目を開けた時から、夜眠りにつくまで、どんなことを考えどんなことを感じたか?出来事と一緒にメモをとってみましょう。

あなたがいつも「あたりまえ」に考えていること、「クセ」に気づくのもいいですね。

その考え方が行動につながっています!

◆頑張っていることに気づく

焦ったり不安を感じたりする人というのは、それだけ意欲的に物事を捉えている人です。とても頑張り屋さんなのです。

例えば、仕事の場においても誰に指示されなくても自分から率先して考えて仕事をしようとするタイプです。

あなたは自分のことを「とても頑張っている!」と褒めてあげていますか?

それとも「私はまだまだダメだなぁ〜」と日々反省&叱咤激励していますか?

不安を感じることは悪いことではありません。

不安を感じるからこそ安心できるように変えていこうと考えることができます。

繊細な感覚を持ち合わせている自分自身のことを「今日も一日よく頑張ったね」と褒めてあげることを今日から新しい習慣にしてください。

まずあなた自身が自分のことをたくさん褒めてあげてください。

◆自分自身を許すということ

「許す」という行為は他人だけにすることではありません。

あせりを感じても自分を責めないで「焦っていたな。。」と気づくだけでいいのです。

焦燥感=焦りはどんなシーンの時に強く出てきますか?

私の場合、子どもの頃、家族や身近な人が困ったり病気になったりすると、いてもたってもいられなくて「私がなんとかしてあげなければいけない!」と強く思っていました。

焦燥感を感じる時、出てくる思考や感情はマイナス=ネガティブなものです。

感情や思考に意識を向けることの大切さを知らなかった当時の私は、ネガティブな感情は「悪い」ものだと信じ込んでいました。

ですから、無意識のうちに、ねじ伏せたり隠したり見ないように心の奥に押し込めていました。

向かい合うことが怖いし、辛かったからです。

2・どうなりたいか?

心配や不安、怖れの感情をあなた自身が感じてあげることができたら、手放す(解放)ことができます

この3次元の地球という場の体験において、心配や不安、怖れの感情はなくなることはありません。

ネガティブな感情にフタをせず、しっかり感じて「いらない!」と強く手放します。

「手放す」という行動を選択できるのはあなたしかいません!!

これまでの人生でずっと頑張って焦燥感と共に生き抜いてきた人にとって、時に「あきらめ」や「無力感」に襲われるときもあったことでしょう。

しかし、そこから抜け出す方法はまずいらないネガティブ感情を感じて手放すこと!

そして、どうなりたいか?をしっかり意図します。

喜びと幸せの世界、心から望むことを明確に意図しましょう!

この『解放と意図』は本来のあなた自身を取り戻す大切な実践です。

◆苦労を背負わない&心配を拾わない

あなたはこれまで充分頑張って生きてきました。

これからはもっと自由に軽やかに楽しんで生きていくことができるのです!

そのためには、今までの習慣を無意識に引きずらないことを意識してください。

いつも一生懸命なあなたは、ついつい苦労を背負うこと、心配を拾うことに慣れてしまっていることを自覚してください。

習慣は無意識=あたりまえになって行動に現れます。

気づいたら重たいネガティブな感情を手放して喜びと幸せのポジティブな感情を選択することを思い出してくださいね!

そのことを意識的にやるだけで、ふと気づいた時には、焦燥感は姿を消しているでしょう。

3・カルマの設定は書き換えるためにある。

あなたも私もこの地球に生まれてくる時に「カルマ」=課題を持ってやってきています。

そのカルマをクリアするためのキッカケがあなたを悩ませ続けた「焦燥感」だとしたらどうでしょう?

なぜ焦燥感を感じるのか?

どんな考え方をしている時に焦燥感に悩まされているのか?

自分自身に問いかけ、あなた自身の考え方や感じ方を観察します。

すると、今まで無意識のまま放置されていた思考や感情が動き出します。

「思考」と「感情」というツールを使いこなすことで人は意識が広がり「進化」していきます。

起こってもいない先のことを心配して不安になったりしていた焦燥感とはお別れです!

あなたには、いつでも望むことを選択するという自由があります。

これまでの人生の様々な苦渋の体験は、幸せで喜びに満ちた人生を創造することへつながっています。


★自分軸読者への特別特典★太田ヒロ無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント太田ヒロが無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。