「もう悩みたくない!」今すぐ悩みから抜け出す為の実践法

もう悩みたくない!

「どうしていいかわからない。どうしよう~」
「なんでいつもこうなるの!」
「やっぱり私って駄目なんだ。」
「もう、消えてしまいたい・・」

こんな思いですっかり落ち込んでしまっているあなたが、すくっと顔を上げて立ち上がるそんなきっかけを是非お伝えしたいのです。「ああ、なるほど」って読み終えた後には爽快な気分になってくれると嬉しいです。

「やっぱり私たちは悩みのない人生がいい。」そう思っています。なのに、どうして私たちは悩むのでしょう。

いったい悩みの正体って何なの?なぜ私たちは悩むの?悩みのない人っているの?

そんなことを考えたことは誰でも一度や二度はあると思います。

なかなか悩みから抜け出せないで苦しみの真っ只中にいるあなたに、悩みの意味を理解して解消する為にぜひお役に立てていただきたいと思います。


ー 目次 ー

1、今の悩みのきっかけは?(悩みの分析)

2.そこであなたはどう感じましたか?(感情のチェック)

3、今までにも似た体験はなかったですか?(悩みのデータ化)

4、なぜ悩むの?(悩みが存在する意味)

5、もう悩みたくない!(悩みを解決する方法)

6、最後に


1、今の悩みのきっかけは?(悩みの分析)



まずは、今あなたが悩むことになったきっかけを探してみてください。

*人から攻められた。
*人に無視された。
*いくら頑張っても成果が上がらない。
*人間関係がうまくいかない。
*健康状態がよくない。
*身内の心配事がある。

これ以外にも今抱えている悩みの原因があると思います。あなたが今悩んでいることを書き出してみてください。

まずは、悩みが発生した原因ですね。

頭の中で考えるだけでなく、実際にメモ書きすることをお勧めします。それはあなたの頭の中でぐるぐる回って繰り返し起きている悩みの状態を整理するためです。かい、人に話したらすっきりするのとよく似た感じですね。

2.そこであなたはどう感じましたか?(感情のチェック)


さて、その悩みの現象からあなたはどんな感情を感じましたか?ここがとても重要です。

「自分ってやっぱり駄目なんだ」という

自己否定

「なんでこんなことになるの?」という

情けない思い。

「一体これからどうなっていくのだろう?」という

恐れや不安

「自分が悪いからこうなったんだ」という

罪悪感

「あの人のせいで自分は・・・」という

被害者意識

などなど、こんな感じで出てくると思います。これはあなたに湧き出てくる感情にたいしてあなたが冷静に向き合う作業です。「悩んでいる時にこんなことやってられないよ!」ってもし思われたら、ちょっと立ち止まって自分に問いかけてみてくださいネ。

問1.「悩むことで解決するの?」
問2.「もしかしたら、悩みの濃霧の中に入り込んでいるだけじゃないの?」

つまり、ここは一歩引いて冷静に自分と向き合ってほしいのです。自分の悩みを客観視すること。これは非常に大事なことだと思います。

それでは、次の作業です。

3、今までにも似た体験は?(悩みのデータ化)


今感じている悩みの感情をあなたは過去においても感じたことがありましたか? 子供の頃はいかがだったでしょう?

実は、あなたの中で繰り返し起こる感情が悩みを引き出す原因と大いに関係があるのです。ですから「あなたの感情と冷静に向き合ってみる。」これがとても大事なことになります。

なぜなら、悩みの原因は外に存在するのではありません。外の原因に対してあなたの感情が反応しているから悩むのです。そこには持って生まれたものもありますが、子供のころについた思い込みや固定観念が大いに関係しているのです。

 

4、私たちはなぜ悩むの?(悩みが存在する意味)


3でお伝えした悩みと感情の関係ですが、実はこのこと(悩みと感情の関係)が「私たちが生きてる理由」と大いに関係があるのです。

私たちは、この世で感情を感じる体験をしています。幸せな感情の体験もあれば辛い感情の体験もありますね。

それが生きることにとても意味があると言われています。

辛い体験があったこその喜びや幸せ感は大きいものです。あなたの今感じている辛い体験はあなたにより大きな幸せ感をもたらすためにあると考えてください。そのより大きな幸せ感を感じることこそ今世であなたが生きている理由でもあるのです。

5、もう悩みたくない!(悩みを解決する方法)

今もしかしたらあなたは、「そんなことはどうでもいいから、とにかく悩みから抜け出したい!」と思われているのでしょうか?

はい、ではその悩みから抜け出す方法をお伝えしましょう。まずは先ほど拾い出したあなたの感情を思い出してくださいネ。

1、「私は今こんな感情で苦しんでいる。」と、自分の感じている感情をしっかり捕まえてください。その時に決して悩みの要因である外の出来事にフォーカスしないことが大事です。たとえば、「嫉妬」「自分が嫌い」「人にどう思われているのか不安」「大きな失敗をしてしまった後悔」「私が悪いのではないかと思う罪悪感」などなど。。。

2、1で感じた感情はあなたにとって今とても辛いものですよね。

ところで、「あなたはその感情をこれからも感じたいですか?」おそらく答えは「NO!」だと思います。もう二度と感じたくない!と思われたら、そこできっぱりと「この感情はもういらない!」とあなたご自身が決めてください。

これがとても重要なこととなります。あなたは今までその感情を何度か体験されてきたはずです。まだこれからも出てくることがあるかもしれません。
でも、その都度宣言してください。「私はもうこの感情はいらない!」と自分が決めるのです。そもそもあなたの感情の主導権は外の世界にあるのではなく、あなた自身が握っているのですから。

6、最後に

 

私たちはいろいろな感情の体験をするためにこの人生を生きています。そしてあなたは今その辛い体験をされていたのです。ですからもうその体験は終えるとご自身で宣言されることが大切です。

私たちは外の世界に振り回されて生きているように感じますが、実は外の現象は心の反映であることを知ってほしいのです。

さあ、あなたの心の中にあったいらない感情が解き放たれました。今までこうありたいと思っていたことを阻止してきたあなたの感情があなたの心から取り除かれました。

では、その空いた所に何を入れましょうか?

あなたが望む状況を描いてください。幸せ感が溢れるあなたをイメージしてください。その理想とするあなたのイメージをそこに意識してください。

これを繰り返すうちに、あなたの心の中は悩みの多いことからいつの間にか悩みを忘れてしまう心に移行し始めます。それに合わせるように、やがて現実もそれに合わせて幸せへと展開されていくのです。


2021年3月グランドオープン特別無料ご招待!!

この自分軸を書いた仲間たちが体験したように…。


ニチメコあなたの人生のステージを引き上げる学び体験してみませんか?



 

今、ニチメコの無料オープンクラスに登録すると・・・



すべて無料で受け取れます。


▼▼▼


ニチメコは、いつも心が穏やかで毎日幸せを感じる真の自由自分らしさを手に入れたい人を応援します!

SNSでもご購読できます。