夫婦円満の秘訣・・・不一致の素晴らしい!

夫婦の不一致で悩んでいるあなた。それは、人生を2倍楽しむチャンスです。あなたの理想の夫婦とは、どんな夫婦でしょう。趣味が合う 話が合う 価値観が合う。そうですね。実際、カップルの多くは、価値観が似ている者同士が大半です。それに、一致していることは、夫婦の形として素晴らしいことだと思います。そういう夫婦を見ると羨ましいな~と思ってしまいますね。そして、理想の夫婦を目指していくうちに苦しくなっていく。私もそうでした。

結婚生活35年。子供たちも我が家から巣立ち 夫婦2人暮らしに戻り、夫婦だけの生活を夫と楽しんでいます。人は誰でも「幸せになる」ために生きています。お互いの幸せを実現するために2人で力を合わせようと結婚します。「それなのに、どうして?」と思っているあなたの悩みを解決するきっかけなればと思い、私の結婚生活を振り返り、私なりの夫婦円満の秘訣を書いてみました。

1 不一致はチャンス

keiko_no13_1-300x225

夫婦が上手くいくためには、一致していることが素晴らしいことだと思われがちですが、実は一致しないことも素晴らしいことなのです。
理想の夫婦を目指し悪戦苦闘することは、相手に自分の価値観を押し付けたり、相手に合わせて自分を押し殺したり、理想の夫婦から、どんどん遠ざかっていきます。そして、悩みだします。どうして私たちは、こんなに合わないのだろうと・・・・。
ここで、提案が一つあります。世の中、夫婦は「合うからいい」という風潮がありますが、「合わないからこそいい」という考え方に変えてみませんか?そうすると、今まで見えなかったものが見えてきます。
趣味も、考え方も、価値観も、違うということは、実は人生を2倍楽しむチャンスなのです。今までの自分と違った角度から、人生を楽しむことができます。そして、合わないからこそ、相手からたくさんのことを学ぶこともできるのです。
どうですか?不一致をチャンスに変えて、夫婦生活を2倍楽しんでみませんか。

2 不一致は豊かさに変わる

keiko_no13_2-300x214

実は、不一致は豊かさも2倍になります。趣味の違いは、お互いの趣味をそれぞれ教えあうこともできますし、お互いの趣味が、刺激になることもあります。インドア派の私は、アウトドア派の夫からたくさんの刺激を受けてきました。また考え方の違いは、考えの偏りを防ぎ、大きな視点で物事を捉えることができるという利点があります。これは、つい偏りがちな子育てにとても役に立ちました。偏りのない大きな視点から子育てができたのは不一致のお陰だと思っています。
不一致を「なるほど」と思えば、豊かさも2倍になります。
一致はもちろん素晴らしいことですが、不一致も素晴らしいということですね。
「合わないから嫌だ」と思うのではなく、「人生を2倍楽しもう」と前向きに考えてみてはどうでしょう?不一致を受け入れることで、夫婦生活はより豊かに偏りのない充実したものになっていきます。

3 不一致の悩みが喜びに変わる

keiko_no13_3-300x200

不一致とは、自分にないものに出会うチャンスです。不一致を見つけた時がチャンス!楽しみや喜びも2倍に増えます。そう思うとワクワクしてきませんか?
私は、不一致の悩みから、不一致の素晴らしさに気づき、私の夫婦生活はより豊かに楽しいものになりました。今まで悩んでいた夫婦間の不一致は、180度変わり、喜びへと変わっていきました。

4 夫婦は運命共同体

keiko_no13_4-300x199

まず、「円満」の意味を調べてみました。

物事の様子や人柄が、調和がとれて穏やかなこと。また、そのさま。
まるく満ちていること。
完全に満ち足りていること。

円満な夫婦とは、調和がとれて穏やかで満ちたりた夫婦のイメージが浮かんできます。角がとれた曲線、形では球体。夫婦は一対の相反する組み合わせ。磁石のNとSのように惹かれあい、夫婦としての人生の学びを一緒にする運命共同体が、夫婦のように思います。
お互いに助け合い、励ましあい、支えあえる幸せ。一人で生きていく人生より、二人で生きていく人生のほうがもっと楽しい。ふたりでひとつ。
夫が妻を助け、妻が夫を助け、お互いに助け合う存在。そういう夫婦になれたら素敵だと思いませんか?

最後に、私が結婚当初に聞いて大切にしている「夫婦円満の秘訣の3つの袋 」の話しを紹介したいと思います。

3つの袋とは、胃袋、お袋、堪忍袋のことです。この3つの袋にも夫婦円満の秘訣があるというお話しです。
まず、「胃袋」。美味しい料理を夫に作っておけば、夫は美味しい料理を食べに家に帰ってくるというお話しです。健康を気遣い、相手への思いやりの気持ちが大切。相手に対する思いやりを忘れないこと。これが夫婦円満の秘訣です。

次は、「お袋」。お互いの両親を大切にしなさいというお話しです。育ててくれた親の恩を忘れずに、子の親になることで、尚いっそう親の有難さを感じるようになりますが、お互いの親を大切にすることは、お互いに嬉しいことです。時には、相手の親に感謝の気持ちを伝えましょう。親を大切にする、これが夫婦円満の秘訣です。

最後に、「堪忍袋」。育った環境の違う二人が一緒に生活するわけですから、時には、けんかになることもあるでしょうが、お互いの違いを認めて、相手を尊重することの大切さを教えられたように思います。堪忍袋が切れないようにする。これが夫婦円満の秘訣です。

この話しは、結婚式の定番ですが、きっと円満な夫婦生活を望んでいる方には、参考になるお話だと思います。

私は、年をとっても、いつまでもニコニコと笑い合える夫婦関係を目指しています。相手を変えることはできませんが、自分を変えることは、いつでもできます。夫婦円満は、自分磨きまず自分が、調和して穏やかで満ちていること。ここに夫婦円満の秘訣があるよう思います。まだ道半ばの私ですが、これからも楽しみながら自分磨きをしていこうと思います。

いかがでしたか?
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。


SNSでもご購読できます。