本当に思考は現実化する!思い通りに現実化させる3つのコツ

「思考は現実化する」のは本当です。

誰もが皆、自分の考えたことが現実になります。誰もが皆、自分の考えた通りの現実しか起こっていません。自覚のあるなしに関わらず、今までもそうだったし、これからもそうです。

過去は、例外なくすべて自分の思考の結果です。未来は、例外なくすべて自分の思考が決定します。種を蒔けば芽が出て花が咲く自然の摂理のように、それがこの世の法則です。

この法則を活用すれば思い通りの現実を生きることができる、ということです。

しかし現実はどうでしょう?思考が現実化することを知っていても、なかなか思い通りの現実を生きることができません。

思考は現実化することを知っていながら、思い通りの現実を生きられないって、よく考えたらおかしいですよね。

思い通りに現実化できない理由を明確にし、問題解決する3つのコツを提案します。

1.「願望を叶える」ということを根本から見直す

「念ずれば花開く」という言葉があります。あきらめず心に思い続ければ願いが叶う、ということです。「思考は現実化する」は、自分が考えたことが現実になる、ということです。

「念ずれば花開く」も「思考は現実化する」も、表現は違いますが、結局同じことを言っています。自分の思うことが現実になる、ということです。

「念ずれば花開く」を使って考えてみたいと思います。

「念ずれば花開く」が広く知られ活用されているということは、わたしたちは願望を叶える方法をすでに知っている、ということを表していると思います。

が、しかし、その法則を知っていても思い通りの現実を生きている人がどれだけいるでしょう?

その理由を考えたいと思います。

「念ずれば花開く」を活用するとき、どういう願望を叶えようと思いますか?

自分にとって特別叶えたい願望に対してだけ、活用していませんか?特別な願望に対してだけ活用するもの、となぜか思い込んでいませんか?

日常的な些細な願望に対しては活用していない、そういう発想すらなかった、ということはありませんか?

ここに、自分の思う通りの現実を生きられない、1つの落とし穴があります。

願望を叶えることと、日常生活が切り離されているんです。

自分にとって特別な願望、夢を叶えるような願望に対しては、「念ずれば花開く」を活用します。ところが、日常生活の日々の些細な願望には活用していません。

願望を叶えることと、日常生活が、別物になっているんです。分けられているんです。

願望を叶えるということは、特別な願望を叶えるだけ、ではないんです。

わたしたちの現実を創っているのは、毎瞬毎瞬の積み重ねです。願望を叶え思い通りの現実を生きるということは、その毎瞬毎瞬のすべての願望を叶える、ということなんです。

特別な願望も日常の些細な願望も、すべての願望を叶える、ということなんです。

そうすれば、思い通りの現実になると思いませんか?

特別な願望を叶える視点を、すべての願望を叶える視点に変更します。

「念ずれば花開く」これは、ただ念じていれば、じっとお願いをしていれば、夢が叶うという意味ではありません。 この言葉の本当の意味は、何事も一生懸命に祈るように努力をすれば、自ずから道は開ける、夢や目標がかなう、という意味です。また、「念」という字を分解すると「今」と「心」になります。

2.古いデータから新しいデータへ移行する⇒思考回路を変える

2つ目のコツは「思考回路を変える」です。

思い通りの現実になっていないと書きましたが、実は、常に思い通りの現実になっているんです。思い通りに叶っているんです。思い通りにならない現実なんて有り得ないんです。なぜなら「思考は現実化する」からです。

特別な願望は念じたので叶った。日常生活の日々の願望は別物として分けていたので念じなかった。だから当然叶っていない。つまり、結果、自分の思い通りなっているということなんです。

2つ目のコツの核心に入ります。ではなぜ、思い通りの現実になっているのに、思い通りの現実じゃないと思うのでしょう。

それは、自分の真から望む現実になっていないからです。

自分の心の浅いところで思うことが現実化されているんです。自分の真に望む現実は現実化されていないんです。

実は、思考が、まだその段階ではなかったんです。

自分の心の浅いところで思っていることは、完璧に叶っているんです。でもそれは自分の真の願いではないので、思い通りの現実ではない、と思ってしまうんです。

ここで「思考」の出番です。2つ目のコツ「思考回路を変える」です。

思考は現実化します。じゃあその元々の思考はどうなっているんだ?ということです。思考に焦点を当てます。

こうしたい!という願望が湧き上がったとします。願望を湧き上がらせるのは感情です、感情の役割、担当です。

感情が湧き上がらせた願望を叶える役割、担当が思考なんです。

思考は願望を現実化するための方法を、わたしたちの中にあるデータから探し出します。検索して出てきた方法によって、現実化するための行動を開始します。その結果が現実ということです。

例えば、友人と新宿でランチをするとき、「新宿駅 人気のランチ」とネット検索し、おいしいランチのお店を決めます。それと同じです。

思考は願望を受け取ると、どういうふうに現実化するか?その方法を、わたしの中からデータ検索します。そして一番上に出てきたデータを採用し、そのデータ通りに現実化させます。

検索したとき一番上に出てくるデータが重要だということです。浅い願望を現実化させるデータが1番上に出てくればその結果になります。真から望む願いを現実化させるデータが一番上に出てくればその結果になります。

「思考回路を変える」ということは、自分の中にあるデータを書き換えるということなんです。今までの古いデータを新しいデータに書き換えるということです。願望を叶えるための新しいデータを入れて、検索順位を変えるということです。

3.思考回路を書き換える具体的な方法

3つ目のコツは「思考回路を書き換える具体的な方法」です。

毎瞬毎瞬、思考は現実化し続けています。毎瞬毎瞬、願望が叶っているということです。思考は、休むことはありません。

願望に対してどんなデータを入力しているかによって、現実化される内容が変わってきます。

新しいデータを入力し、データを書き換えない限り、自動的に古い回路の過去のデータによって現実化され続けます。

実は、古い回路のデータは、繰り返しの思考パターンで成り立っています。人それぞれ、その人特有の繰り返しの思考パターンがあります。

例えば、ある願望を叶えたいとします。そのためには新しい回路を創らないといけません。新しいデータを入力しようと意氣揚々と計画を練っています。そのまま願望を叶える意識を保ち続ければ、その願望は現実化されます。

ところがこういうとき、古い回路を頑なに守っているもう一人の自分が、新しい回路を創るのをやめるように説得します。

自分だけ好きなことをやっていいの?お金がかかるんでしょう?どうせすぐ飽きちゃうんじゃない。そんな無駄なことやめなよ。

説得の仕方には、その人独自の繰り返しの思考パターンがあります。その人に通用する繰り返しの説得パターンがあるということです。その繰り返しのパターンで説得し、古い回路に引き戻し、新しい回路に行かせないようにします。

その繰り返しの思考パターンが作動すると、古い回路に戻ってしまいます。新しい回路の書き換えは断念され、今まで通りの現実が繰り返されることになります。そして、思い通りの現実にならない、という仕組みです。

思い通りの現実にしたかったら、この繰り返しの思考パターンを書き換える必要があります。

自分だけ好きなことをやっていいの?⇒自分の好きなことをやってわたしがしあわせになればみんなもしあわせになる。だから大丈夫!

お金がかかるんでしょう?⇒なんとかなる!大丈夫の方に意識を合わせて工夫しよう。そうすれば問題ない。お金への恐怖を手放そう!そんな恐怖に縛られて萎縮するのはもう嫌だ!大丈夫!

どうせすぐ飽きちゃうんじゃない⇒やってみなければわからない。それに飽きてもいいじゃない。飽きたら次の好きなことをやればいい。やりたいことをやってみることの方が大事。まずはやってみよう!大丈夫!

そんな無駄なことやめなよ⇒無駄なことはなに1つないことをわたしは知っている。無駄だとしても、無駄なことにするかしないかわたしが決められる。無駄なことをしてもいいじゃない。断念する理由にはならない。大丈夫!

こんな感じで、新しい回路への書き換えをします。思考を変えることで、わたしの中のデータが変わり、検索結果の順位が変わります。

思考が新しい回路のデータを選択し、やりたいことをやって喜びに満ちている現実を楽しんでいるでしょう。

まとめ

 

念ずれば花開きます。思考は現実化します。現実は100%自分の思考が創っています。それがこの世の仕組みです。

どうすれば思い通りの現実を創るかわかっているのに、わたしたちは思う通りの現実を生きていません。なぜでしょう?

その理由を明確にし、問題解決する3のコツを提案しました。

1つ目のコツは、「願望を叶える」ということを根本から見直すことを提案しました。ちょっとした落とし穴に氣がつきました。特別な願望だけを叶える視点から、現実そのものである日々、毎瞬毎瞬の願望を叶える視点に変更しましょう。というのが1つ目のコツでした。

2つ目のコツは、古いデータから新しいデータへ移行 して、思考回路を変更することを提案しました。自分の中にある不要なデータを書き換え、願望を叶える新しい回路を創るために必要なデータを入力することを知りました。検索順位を変える、ということが2つ目のコツでした。

3つ目のコツは、思考回路を書き換える具体的な方法を提案しました。願望を叶えるとき、もう一人の自分が阻止することを知りました。願望を叶えるためには繰り返す思考パターンを変える、その具体的な方法が3つ目のコツでした。

1.2.3のコツは、自分の思い通りの現実を創るサポートになると思います。「思考は現実化する」法則を知っているならば、使いこなしたいですね。真の願望を現実化して、自分らしい豊かな人生を創造したいですね。

あきらめず心に思い続ければ願いが叶うという「念ずれば花開く」の真髄を貫き通してください。念ずれば花開く意識を保ち続けてください。

心に願ったことは叶うと信じ続けること、思い込み続けることが、本当のコツです。

あきらめないでください。心が折れてしまっても、立ち直ればいいんです。何度でも立ち直ってください。

思考は現実化します。

念ずれば花開きます。

必ず!


☆あなたの心を自由にする無料レッスン

この自分軸を書いている仲間たちが体験したように…。

スピリチュアル大学あなたの人生のステージを引き上げる学びを体験してみませんか?




◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…



解決の糸口を見いだせなかった問題も、それを作ったステージより高いステージから見下ろすとカンタンに答えに辿りつけることがよく起こります。なぜなら、問題の原因と結果の因果関係が見いだせるようになるからです。

それによりあなたが手にするものは、物事に翻弄されず、冷静に全体を俯瞰できる広い視野心のゆとり。さらにさらに、あなたを縛ってきた根本原因を解放することで、自由にキラキラと輝いて生きられる理想の自分へとシフトすることだってできるのです。

今なら7日間無料でご参加いただけます。

2007年4月の開校以来、延べ20000件以上の具体的な実践方法を提供し続けてきた学長が、スピ大生以外に初めてその機会を提供させていただきます。

▼まずは学長からのメッセージをお聞きください。


参加方法はカンタンです。お名前とメールアドレスを登録するだけ。

自分史上、最も輝くあなたと出会う始まりの7日間特別講座をお届けします。




▼実際にお届けする内容はコチラです。

本 日 望むことがなかなか現実化しない理由とは?
****
2日目 望む現実を創り出すことができる人はみなある秘密を知っている
****
3日目 天才に共通する秘密とは?
****
4日目 私たちが生まれてくる理由とは?
****
5日目 生まれてくる前に用意してきた設定と運命の分岐点とは?
****
6日目 習慣化されたネガティブ回路を書き換えるワーク
****
7日目 自らを縛ってきた制限を解放して心の自由を手に入れる!




学長の言葉が、あなたの中に眠っていた答えを引き出し、スッと心が軽くなるのを感じられた瞬間

「こんなに自分を縛っていたのか…」と驚かれるかもしれません。


気づいた分だけ軽くなる、あなたの心を自由にするレッスンの始まりです。

★――――――ご注意――――――★

iCloud.com関連のメールアドレス(@icloud.com、@me.comなど)に配信する際、迷惑判定のフィルターが厳しく、迷惑メールにすら入らず削除されてしまうこともあるようです。本校ではどうすることもできませんので、出来ればご登録はiCloud.com関連以外のメールアドレスでお願いします。

もしお持ちでなければ、グーグルのgmailやyahooメールのような無料メールでご登録頂きますと、問題なく講座をお届けすることができます。

★――――――ご注意――――――★




◆オープンスクール無料登録はこちら




※ワンクリックで簡単に解除できます。安心してご参加ください。





SNSでもご購読できます。