「孤独で寂しいとき」辛くて苦しいを抜け出す1つの根本解決法

孤独で寂しいときほど、辛いときはないかもしれません。

世界中の誰からも見放され、暗闇に一人取り残されたような孤独感は、この世から消えてしまいたいと思うほど辛く苦しいです。

寄り添ってくれる人も、孤独から救ってくれる人も、氣にかけてくれる人さえもいないと絶望的になってしまいます。

誰にも必要とされていないと心を固く閉じ、人を恨み自分を責め、ネガティブ感情から抜け出すことができません。

こんな思い二度としたくない!と心底から思います。

なんとか元気を取り戻しても、孤独や寂しさが根本から解決されているわけではないので、また同じことを繰り返すことになります。

あんな辛いこと、繰り返すのはもう終わりにしませんか?

寂しさや孤独を解決して、孤独や寂しさとは無縁の喜びの人生に変換しませんか。

実は、孤独や寂しいときこそが大チャンス!です。

私たちは、辛く苦しいからこそ、自分変えようと本気で行動を起こせるからです。

「孤独や寂しいとき」辛さ苦しみを抜け出す1つの根本解決法をご紹介します。


1.寂しいのはあなただけじゃないみんな寂しい

「寂しいのはあなただけじゃないみんな寂しい」という励まし方があります。

自分だけじゃないと思うと、私たちは解き放たれたように心が軽くなり、苦しみから解放されるものです。

しかし、孤独や寂しさ自体は解決されていません。

視点をズラして気持ちの向きを変えただけなので、一時的に解決した状態です。

根本解決していないので、孤独や寂しさを繰り返し体験することになってしまいます。

また、この励ましが効力を発揮しないときもあります。

自分はもっと寂しい、誰もこの寂しさをわかってくれないと、ますます孤独の檻の中に閉じ込もってしまうこともあります。

誰もがみな寂しいんだという励ましは、結局一時しのぎの解決方法です。残念ながら根本解決ではありません。

この励まし方が悪いというのではありません。

繰り返さないように根本解決して、孤独や寂しさの辛さ苦しみから解放されましょう、そこに焦点を当てましょうということです。

2.なぜ寂しいのか?

つながりたい。誰かとつながりたい。みんなとつながりたい。たった一人でもいいから誰かとつながりたい。

心と心でつながりたい。

人と気持ちが通じ合わなかったり、人との間に隙間や距離ができたり、つながっていた人と疎遠になってしまったとき。

一人ぼっちで闇に放り出されたように、孤独になり寂しくなります。

心と心がつながっていないと感じるから寂しい。

それが人類共通の寂しいと感じる理由ではないでしょうか。

また私たちは、つながりたいのにつながることを拒否する、という一面があると思いませんか?

あんなにつながりたがっていたのに、いざつながろうとするとつながることを拒否する。つながりたいのにつながりたくないと思っている自分がいる。

私たちは矛盾する心を持っていると思いませんか?

そうなんです、わたしたちは矛盾する生き物なんです。それもまた人類共通と言えるでしょう。

少しだけ種明かしすると、矛盾するというのは二元性の世界だからこそ起こり得る、ある意味自然なことと言えるかもしれません。

人とつながりたいということが、わたしたちの1つの究極的な願望ではないでしょうか。

人とつながっている実感を持てないから孤独で寂しく、辛く苦しいのではないでしょうか。

3.問題の根本にあるもの

私の体験話にお付き合いください。

私は過去、深刻な問題をいくつも抱えていました。

問題を解決するために多くの本を読み、セミナーに参加しました。がんばって自分を変えようとしました。

ある程度、いい方向に変化しましたが、根本解決はできませんでした。これ以上どうしたらいいのかわからず、行き詰まりました。途方にくれました。

そんな中、ニチメコに出会いました。

物事の成り立ち、この世の仕組みを学ぶことで、根本から問題を解決する方法を知りました。どうして解決できなかったのかが、ようやくわかりました。

問題の根本解決に向け、日々実践していくうちに、私がずっと何を求めていたのかがわかったんです。

私は、人とつながりたかったんです。

だけれど、つながることができなかったので悩み苦しんでいたんです。

私のいくつもあった問題の根本は1つでした。人とつながっていないことからくる辛さであり苦しみでした

人とつながりたいけれど、誰ともつながっていない。だから寂しいし、孤独だし、悲しいし、辛い。

そして、自分を孤独にさせる人や、世の中に対して怒り、結局心を閉じてしまう。問題は何も解決していない。

それをエンドレスで繰り返していました。

そして同時に、人とつながることを拒否している私がいました。

でも、本当の本当は、つながりたかった。つながりたい、つながりたい、つながりたい、その一点でした。

つながりたくないと思ったのは、その思いが裏切られるのが恐かったから、傷つきたくなかったからだったと思います。

4.ネガティブ感情を解放し望む意図をする

さて「孤独で寂しいとき」辛くて苦しいを抜け出す1つの根本解決法に入ります。

根本解決法は『解放と意図』をすることです。

では、説明していきます。

ステップ1「解放」

孤独や寂しいとき、自分の中から出てきたネガティブな思考感情があると思います。

そのネガティブな思考感情の鎖に、自分ががんじがらめに縛られているとイメージしてください。

ステップ1「解放」は、そのネガティブな思考感情から自分を解放してあげることです。

なぜなら、そのネガティブ思考感情に縛られている間は、そのネガティブ思考感情を感じる出来事が起こる、というこの世の仕組みがあるからです。

ネガティブなエネルギーでいると、ネガティブな現実を創ってしまいます。

自分を縛っているネガティブな思考感情の鎖を解き自分を自由にするイメージで、
「そのネガティブな感情はもう選択しない!」
と決め、自分に宣言し、鎖を解きます。

そのネガティブな思考感情を自分から切り離すイメージです。

そのネガティブな思考感情はもう選択しない、そのネガティブな思考感情が登場する現実は私にはもう必要ないと、自分が自分に宣言します。

そうすると、孤独や寂しさを感じる現実が起こらなくなります。それが、ステップ1「解放」です。

鎖を何重にもグルグル巻きにしているので、その分繰り返し解放する必要があります。

ハイゼミでは繰り返し解放することを、玉ねぎの皮を向くようにという表現をしています。一枚一枚薄皮をむくように何度も何度も解放をする必要があります。

解放するごとに現実が変化していき、遂には孤独や寂しいと感じる現実が起こらなくなります。

ステップ2「意図」

「意図」とは、ネガティブな思考感情を解放した後、自分の望む意図を自分に宣言することです。

ネガティブな思考感情を解放すると、自分の中に空席ができます。そこに自分の望む意図を入れないと、解放したネガティブな思考感情が戻ってきます。

なので、解放して空席になったら、すぐ自分の望む意図を着席させます。

すでに叶った!ポジティブなイメージをすることがポイントです。

望むが叶うと自然とポジティブなエネルギーが出てきます。そのポジティブなエネルギーがポジティブな現実を創ります。

自分の望む意図をすると、その意図が叶う現実が起こるという仕組みです。

解放と意図はセットでやります。

5.わたしにはわたしがいる

魔法の呪文を伝授しましょう。

解放と意図の「意図」の部分になります。

人とつながらないことで苦しんでいる私に、私はこう意図しました。

自分がいるよ。わたしにはわたしがいるよ。まわりの人全員に嫌われてもわたしにはわたしがいるよ。わたしだけはわたしの味方。

わたしにはわたしがいる。

「わたしにはわたしがいる」は究極であり最強の、自分とつながる魔法の呪文であり、意図です。

自分と自分がつながっていることを思い出させてくれる魔法の呪文であり、意図です。

わたしにはわたしがいる。

自分と自分がつながっていれば、人とつながっていなくてもそれで十分なんです。種明かしすると、それはイコール相手とつながることでもあるんです。

「わたしにはわたしがいる」の呪文で自分と自分がつながれば、人と自分もつながったことになるので、それ以上なにも必要ないんです。

しかし、この世界で生きていると、現実的に目に見える形で、自分以外の人とつながっていないと恐ろしい不安になります。

現実的に目に見える形というのは、仲良いですよ、つながっていますよと、確実に体感できる証拠のようなものがあることです。

例えば、一緒に仲良くお茶しておしゃべりが弾んだという状況が、つながっていると思う確証になるとういう感じです。

私も以前は、現実的なつながりを求めました。つながっている確証を感じないと、孤独になり寂しくなりました。

わたしにはわたしがあると知っていても、現実的な思考に戻ってしまうんです。そして、孤独や寂しさに辛くなり苦しみます。

苦しんだ挙句、自分とつながり直すために魔法の呪文を唱えます。

わたしにはわたしがいる。わたしはいつもわたしと一緒。

人とつながっていないと不安になったとき、孤独になり寂しくて辛くて苦しくどうしようもないとき、1つだけ絶対的にわたしを支えてくれるものがわたし自身でした。

わたしと常につながってくれているのが、わたしでした。

わたしとつながると不安も恐怖は消えました。

世界の誰一人とつながっていなくても、わたしとつながっていたら大丈夫でした。

逆に、わたしとつながっていないと不安になったり恐怖を感じたり、自分らしく生きることができません。

実は、わたしとわたしがつながると、私は世界の全員とつながります。

ずっと欲していた、人とつながりたいが、わたしとわたしがつながることで叶うのです。

わたしを信じて、わたしを大事にして、わたしを認めて、わたしを愛して、わたしを慈しんで、わたしを尊んで。

わたしだけはわたしを愛して。

わたしだけはどんなことがあっても、わたしを見捨てない。だから安心して。わたしはわたしとつながる。

それだけで十分だ。

いつもわたし自身とつながっていることを生きる基本としています。

それが、孤独で寂しいを根本から解決する1つの方法です。

まとめ

「孤独で寂しいとき」辛くて苦しいを抜け出す1つの根本解決法とは、ネガティブな思考感情の解放と自分の望む意図をします。

解放と意図は必ずセットでやる、と覚えてください。

なぜ寂しいと思うのか?

人とつながっていないと思うから、孤独や寂しさを感じるのではないか。

そこで登場するのが、「わたしにはわたしがいる」という最強の魔法の呪文であり意図です。

孤独や寂しさを根本解決する1つの方法は、わたしにはわたしがいるという視点に立つことです。

自分とつながることです。人とつながるのではなく自分とつながることです。結果、自分とつながることは人とつながることです。

それがこの世の仕組みです。

人とつながるのは相手がいるので難しいですが、自分とつながるのは自分の許可だけでOKです。いつでもどこでもできます。

「わたしにはわたしがいる」

自分とつながることが、孤独や寂しさを根本解決する1つの方法です。

自分とつながると不安や恐怖は一切出てきません。

不安や恐怖の入り込めない領域だからです。

「わたしにはわたしがいる」

この魔法の呪文は、最強です。

孤独や寂しいときは、自分の人生を変えることができる大チャンス!です。

チャンスを生かして、自分の望む人生に変換してください。

誰でもできることです。自分を信頼し、チャレンジしてみてください。


★自分軸読者への特別特典★後藤美保無料カウンセリング

この自分軸を書いている私たちが体験したように…。

ニチメコであなたの人生のステージを引き上げてみませんか?



◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…

◆人生に繰り返されるネガティブパターンを終わらせたい…



夫婦・親子・家族・社内・恋愛など、人間関係にまつわる問題から、人生の目的や生きる意味まで。

あなたの抱える問題の根本改善に導くプロセスを、メンタルコンサルタント後藤美保が無料にてプランニングします。


SNSでもご購読できます。