自己否定の苦しみから抜け出してしあわせになる1つの回路

自己否定して、苦しんでいませんか?

自己否定しているときって、とっても不快で、とっても嫌です。氣が重くて、どんよりと暗い氣持ちになります。

一日に何回、自己否定しているでしょう。小さな自己否定なら、癖?を通り越して、趣味?と言っていいくらいの頻度、と言ってもいいかもしれません。

それほどに、自己否定が当たり前になっていませんか?

自己否定で苦しむことに、いい加減、嫌氣がさしていませんか?

わたしは、散々自己否定してきて、遂に、自己否定するのをやめました。

自己否定をやめると、こんなに楽になるの?こんなにしあわせになるの?と、自己否定をやめると 起こるマジックに、驚きました。

「自己否定とさよなら!」して、新しい喜びの世界を体験してみませんか?

1d83f1e25ca3e84a211faf8139d5db8a_m
自己否定とさよならしよう!と思うだけでもいい

まずは、そこからスタート!

自己否定とさよならしよう!という氣持ちになること、決意することが第一段階です。

決意することで、自己否定とさよならする!ように、自分の意識が動き出します。

まだ決意できません、でも大丈夫です。

決意する方向に氣持ちを近づけていくことを決意する、でもいいです。

自己否定とさよならする!ことを意識するだけでも、大きな前進であり、違いです。

自己否定って?

わかりきったことですが、こういう自分は駄目だ!と、自分を認めない、自分を受け入れられない、自分に駄目出しをする、ことですよ。

自分に自信が持てないので、結局自分のやりたいことができない、ということなるんです。やりたいことを見つける氣力さえも、出てこないかもしれません。

なので、自己否定は自分の人生を生きられない、ということになります。

また、自己否定は、自分の人生に責任を持ちたくないという表われでもあるかもしれません。自己否定は、誰かと比べて発生することです。

誰かと比べるということは、他人に合わせた人生を生きる、ということになります。

他人任せで自分の人生に責任を持たない、という図式になります。自分の人生に責任を持たないということは、自分の人生を自由に生きていない、ということになりますね。

自己否定は自由に生きることを阻止する1つの要因になる、ということですね。

そんなふうに生きたいですか?

自己否定は、極力なくしたいです。

自分の人生に責任を持ち、自由を獲得する。自分のやりたいことを見つけ、自分のやりたいことを活き活きとやる。楽しいしあわせな人生にシフトしたいですね。

自己否定とさよなら!してしあわせに

でも、自己否定していいんです。

なぜなら、しあわせになる第一段階は、自己否定から始まるからです。しあわせになるためには、最初に自己否定が必要、とも言えます。

(注)しあわせになるためのいろんな方法がある中の、1つの方法です。

自己否定して苦しんだ自分がいるからこそ、自己否定しない自分にしあわせを感じることができるからです。

前の彼が良くなかったから、今の彼がとっても良く思える、というのと同じです。

自己否定していることが悪いわけではありません。なので、自己否定している自分を責める必要はありません。それこそ、自分を責めたら、自己否定になってしまいます。

自己否定をしあわせになるための材料にします。苦しみの種からしあわせの種に変換しましょう。

徐々に、自己否定を減らしていきましょう。

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_m

自己否定とさよなら!する方法は?

「人と比べることをやめる」

「自己否定している自分自身を丸ごと受け入れる」

「どんなに、自己否定したくなる自分であろうと、そのまんまのあるがままの自分を認めて受け入れる」

この一言に尽きます。だけれど、これがなかなかできません。

「駄目な自分であろうと、そのまんまの自分を認め受け入れる」

それが、自分を否定することとさよならする、一番の方法です。

これが出来れば、自ずと、自己否定はなくなります。

具体的には

自己否定している自分を例にあげてみます。

自己否定している自分を、責めるのではなく、認めて受け入れます。

自己否定しては駄目だ、ではないです。自己否定しているな~という自分を、ただただ認めて受けれます。

ただただ、心底から、あ、わたし、自己否定しているな~と認めて受け入れます。

心底認めて、心底受け入れることが、重要なポイントになります。

人を嫉妬している自分も、嫉妬しているな~と、ただただ認めて受け入れます。

人に怒りを感じていたり、人を批判している自分も、そんな自分は醜いなと思っても、醜い自分がいるな~と、ただただ認めて受け入れます。

なんのジャッジもせずに、ただただ認めて受け入れるだけです。

方法は、このように至って簡単なんですが、この簡単なことがなかなかできないのがわたしたちです。

最初は、なかなかうまくいかないかもしれませんが、認めて受け入れることができると、鎖から解き放たれたように、心が軽くなります。自由になります。そして、しあわせへの回路が開きます。

これは、やってみると、すぐに感じると思います。

自己否定しなくなったら空いたそこになにを入れますか?

自分を否定しなくなると、今までそこにあった感情がなくなるので、空間ができます。

そこにしあわせの種を蒔きたいですね。こうしたい!こうしよう!という希望、自分の望みをそこにいれたいですね。

そこに自分の望むことを入れないと、また自己否定が戻ってきてしまうそうです。

75d1bd23567b84dedd64741545184975_m

最後に

自己否定をさようならしようかな、と思うようになってもらえただけでうれしいです。そういう氣持ちで毎日を過ごすだけで、全然違います。

そのうちに、次の段階に行きたくなるものです。自己否定とさよならしよう!と決意したくなるのではないかと思います。

わたしも、いまだ自己否定が出てきます。

そのたびに、こういう自分は駄目だというその駄目な自分を、ただただ認めて受け入れます。その作業を日々やっています。

認めて受け入れると、駄目な自分が消えます。そうすると、わたしの望むことを邪魔するものが消えた、ということになるんです。

わたしの自信を奪わないので、逆に、自信を取り戻し始めます。

ただただ認めて受けれただけで、意識が、暗から明に転じます。萎れていた花が生き生きと咲き始める、感じです。

ただただ、ありのままの自分を認めて受け入れただけで、こんなにすごいマジックが起こります。

わたしも日々取り組んでいます。

自分を解放し、自信を取り戻し、本来の自分の力を取り戻す。この方法を、どうぞ試してみてください。

そして、素晴らしいギフトを手にしてください。


SNSでもご購読できます。