田中 千春

運のいい人になるためにやってほしい習慣と考え方のコツ5選

世の中には「運のいい人」と言われる人と、逆に「あの人はなぜかいつもついてないよね」と言われてしまう人がいます。この違いは何なのでしょう?

誰しも自分の運は強くあってほしいものだと思います。

どうやら「運のいい人」という状況は生まれつきのものではないそうなのです。そうだとしたら、誰にでも運のいい人になれるチャンスが有るという事ですよね。

私自身もそうなり続けたいですが、周りの人にも自分って運のいいと心から思える人になってもらってみんなで幸せになっていきたいと思っています。

それも手軽な習慣や考え方のコツだけで運のいい人になれるとしたら。あなたはどうしたいでしょうか。もしあなたが「そうなりたい!」と心から思えたとしたら、すでに運のいい人への1歩が踏み出せていることでしょう。

その次の1歩へのお手伝いをさせていただきたいと思います。

続きを読む


時間の使い方を見直して自分の充実時間を作る4つのコツ

人はみな同じ時間を与えられて生きています。なのに、充実した時間を過ごしている人と、無駄な時間を多く使って後悔している人がいるのはなぜでしょう?他人の事は良く見えるように思えるのは別にしても、もっと大切に思うことに時間を有効に使いたいと思うのは誰でも考えることだと思います。

誰だって後悔したくはありませんね。時間に余裕のない生活はイライラ度をあげてしまうとも言われています。心も体もイライラする時間が長いほどストレスを受けてしまいそうですね。

時間を上手に使ってストレスはなるべく少なく、そして充実感たっぷりに毎日を送ることは難しいと思う人が多々いるのは承知の上ですが、でもでも!

やっぱり充実感を実感できるのって最高でしょう?求められるとしたら求めたいものの1つですよね。

求めよ、さらば与えられん!

別に宗教とは関係はないのですが、この言葉をぜひ現実にしていきましょう。

続きを読む


気配りの上手な人が自然とやっている真似したい7つの行動

気配りができる人を見ると尊敬できますし、そんな人になりたいなって思うのは私だけでなないと思います。誰もが気配り上手になれば世の中優しい雰囲気の中でお互いに過ごせそうで、何とも言えない幸せを感じます。

気配りとはよく言いますが、実際の意味とはどんなものでしょう?

goo辞書の意味を引用させていただくと
[名](スル)あれこれ気を使うこと。手抜かりがないように注意すること。心づかい。配慮。「―が行き届く」「会場の設営に―する」

とあります。ここから見えてくるのを私なりに分析してみると名詞ですが「行動」という動詞が入っている意味を持っているようです。(そんなに大げさな言葉ではありませんでしたね^^;)

以前よりは気配りが出来るようになっているはずですが(意識しているという時点でと言う意味ですけれどね)より気配りができる人になりたいなと思ったので調べてみることにしました。

続きを読む