器の大きい人になるために、器の小さい人が実践した5つのこと

  • LINEで送る

「器の大きい人になりたい」ってずっと思ってきた。なぜなら僕の器が小さかったから。

些細な問題を大げさに捉えたり、相手の失敗を許してあげれなかったり、自分がイラついた問題に丁寧に対応している妻を見た時に、『なんてちっちぇー男なんだ!』って、自分の器の小ささに直面することになる。

理想とするのは、ピンチにも動じなくて、人に安心感を与えられて、居てくれるだけでホッとする人。何でも相談できて、一緒に幸せを分かち合える僕の妻のような存在だ。

だからこそ、器の大きい妻から学び、実践しトレーニングを積んできた。

十数年経って、周りの人に頼りにされたり、相談されることも増えてきた。人から慕われるってやっぱり嬉しいし、あなたといると楽しいとか、元気になれるなんて言われると、ちょっとづつでも自己成長を確認できたりする。

もし昔の器の小さいままの過去の自分を許していたとしたら、いまも大切な人にイライラをぶつけ、相手を責めまくり、自分を正当化させ、孤独な人生を送ることになっただろう…。

器の大きな人になるということは、相手にとって優しいだけではなく、自分にとっても優しい生き方になる。僕がそう思えるようになるまでの経緯や、どうやって器を育ませていったのかという具体的な内容を5つに分けてシェアさせていただこうと思います。

★器の小さい人の特徴から学ぶ5ポイント

その1 ありのままを受け入れられない

noriyasu_no1_1

「眠くないからゲームしててもいい?」そういって夜12時を過ぎても寝ようとしない小学生の息子に、「明日学校あるんだから寝なきゃだめだよ」 って言ってしまった自分。息子はシュンとして布団に戻った。これは親として当然と思っていると、妻から「いいんじゃない別に。」という意外な言葉。

即座に反発した。

「いいわけないでしょ。だって12時過ぎてるんだよ。」

そう言うと、妻から返ってきた言葉に考えさせられた。

「あなたも寝れない時だってあったでしょ。その時に親にガミガミ言われたらどうだった?受け入れてもらえなかった時どんな気持ちになった?反発したくなったり、隠れてコソコソしたりするようにならなかった?」

確かにそうだ。親に言ってもどうせダメと言われる。だから言わなくなるし、隠れてするようになった。

「子供がやってもいい?って聞きに来るのは、自分でもよくないかもしれないってわかってるんだよ。だから親に同意を求めにきている。私たちを信頼しているってことだよ。その気持ちを汲んであげて。」

そう言われて、また自分の正しいと思っている価値を子供に押し付けてしまっていたことに気づいた。息子の立場に立って一緒に考えるより先について出た言葉「ダメ!」

この言葉の呪縛から、自らの親との過去の関係を思い出した。そしてすぐ息子のところへ行って謝った。

「ごめんなぁ、頭ごなしにダメと言っちゃって。眠くないんだからしょうがないよな。お父さんと一緒に遊ぶか。」

そういうと息子は「うん!」と嬉しそうに抱きついてきた。

その2 どうでもいい事にこだわる

noriyasu_no1_2

娘が宿題で家族への感謝の手紙を書いた。それを授業参観で発表するという。どんな内容か聞いても教えてくれない。明日のお楽しみ~♪ということで当日。

娘の友達が次々と読み上げていく。
「お父さん、お母さん、いつも仕事をしてくれてお金を稼いできてくれてありがとう。僕はお父さんみたいに・・・。」

みんな家族のことよく見てるねと妻と話していると、いよいよ娘の番がまわってきた。
くるりと振り返り、恥ずかしそうにチラッとコチラをみてから読み始めた。

「お母さん、お父さん、いつも・・・」

そこ、順番逆だろ(^^;)

あとで妻に笑われた。子供ってよく見てるよね。確かに…。

その3 人からの評価が気になる

noriyasu_no1_3

「人からどう評価されるかでその人間の価値は決まる」

これは尊敬する叔父に小さいころから何度も聞かされてきた言葉。だから自分の中にしっかり刻んできた。

僕は子供の頃から要領が悪く、うまくできないことの方が圧倒的に多い。何をやってもダメ、一番下手からスタートする。前提にあったのは、「自分はできない」「失敗してはダメ」という恐れからくるものだった。

だから、こうすればいいという評価基準が明確にあり、それに従うだけのものであれば、たとえ要領が悪くても何度も見直しを繰り返すことで、形にすることが出来るようになり周りからの評価も高くなっていた。

ところが自分で考え、想像し創り出すというクリエイティブさに関しては全くダメ。

妻と二人で独立して事業を始めた15年前は、不安で押しつぶされそうになった。こうしたらいいんじゃないか?というアイデアに全く興味関心を示してもらえなかった時などは、とことん自信を失った。

そんな僕に妻がかけてくれた言葉がその後の支えとなった。

「人からどう思われたっていいじゃない!別に命がとられるわけでもないし。自分は自分だよ。失敗したっていいよ。自信なんてものは最初からみんなあったわけじゃない。こうやってダメな自分から逃げないで立ち向かった人だけが手に出来るものなんだから。

そうだ、人からどう思われたっていいじゃないか!!何をちっぽけなことに悩んでたんだ。

その4 時間に縛られている&相手のせいにする

noriyasu_no1_4

「僕の現実は自分で創っている」とは言ってもさ~。

この10年で当時では考えられない程、ありとあらゆるものを創り出した。10年前の僕にいまの僕の現状を伝えてもきっと信じられないと思う。そのぐらいの現実創造は体験してきた。

それなのにコントロール不能と瞬時に思ってしまうのが時間だ。

過去、車営業で交通渋滞に巻き込まれ何度か商談に遅れてしまうことがあった。そしてその中のいくつかは、時間の守れない奴は信用ならん!ということで商談できなくなってしまうこともあった。

そんなこともあって、時間には今でも敏感になっている。遅れてはならない。遅れると迷惑が掛かる。遅れると信頼関係を失う。こういう恐怖観念を時間に創り出してしまう。そして、それは家族にも無意識で強要してしまうことになる。

その課題を克服するためか、いつも妻からは対極の選択をせまられる。

飛行機を使って旅行する際も、出発の30分前に空港についていればいい。と言うのが妻の考え。僕は余裕を持って1時間以上前にはついておきたい。

そしていつも妻の予定が選択される(TT)

時間は毎回ヒヤヒヤものの、一度も乗り遅れたことはない。

「ほら間に合った!だから何度も大丈夫だって言ってるのに、どうして信頼できないかな?」

返す言葉もない。

そんな僕に逆襲する日がやってくる。広島に家族で旅行を計画し、初めて新幹線グリーン車を予約して、新横浜駅に向かう時の事だった。

「もうちょっと早めに出発した方がいいんじゃない?保土ヶ谷バイパスが渋滞したら時間まにあわなくなっちゃうよ」

前日の夜に妻に伝えたことが現実になった。

「ほら、だから言ったじゃないか?」

と目の前の渋滞で身動きの取れなくなった車内で妻を責めた。

「それはあなたが望んだからじゃないの?」

という言葉に、自分のせいにされたと判断し、怒って無口になった。(子供かっ!)

そして駅到着。

案の定、間に合わない。15分前に予約した新幹線は出発してしまった。

みどりの窓口で事情を説明すると、「では次の新幹線に振替えましょう」とあっさり新しい切符を発券してくれた。切符をみるとそこには「グリーン車」の文字。驚いて妻を見ると「ねっ」と笑顔で返された。

ああ俺って、小さいなぁ。

その5 視野がせまい

noriyasu_no1_5

もともと人からいかに評価されるかを気にしていただけに、正しい、間違っているという価値基準を大切に生きていた。それ故、自分が正しいと思ったことに、いつしか絶対的な自信を持つようになっていた。それが非常にやっかいなものだったというのは、後から気づくことになる。

自分が正しいというものが強いと、僕と相反する価値を受け入れることができない。なぜならそれは間違いを示すから。

例えば、僕が子供のころ食べていた卵焼きは醤油で味付けされたものだった。ところが、友達の家で食べた卵焼きは甘くてふっくらしていてデザートみたいだった友達はそれを卵焼きと呼んだ。僕はそれは卵焼きじゃないって主張する。

そもそも何が正しくて、何が間違っているのかなんてものは存在しない。生まれ育った環境や教育でベースとなる価値観や考え方は作られる。

しかも小学生の時点で、道徳の授業や国語の授業で、この考え方が正しくて、この考え方は正しくないと教える。「そんなはずないでしょ」って考える子供がこの時点でいたなんて知る由もなかった。だって先生がいうことは全て正しいと信じていたのだから。

そうお察しの通り、「そんなはずないでしょ」って思ってたのは僕の妻です。

じゃあここからどうやって、視野を広くしていけばいいのかと言えば、自分とは違う価値観を受け入れることから始まる。これじゃなきゃダメから、これもいいよねに。

例えるなら、「卵焼きは醤油で味付けされたものでも、砂糖やみりん、出汁で味付けされたものでも、どちらでも美味しいよね」って自然体で言えるようになるというのが、価値観を受け入れられるようになるということ。

こればっかりは経験しかない。

どんなところに自分が価値基準を置いているのか理解するには、「そんな馬鹿なっ」って感情が揺れ動く情報を受け取ったり、体験を経験しないことには、新しい価値観を受けいれるタイミングが訪れないから。

だからこそ、受け入れられない価値観に出会った時が自分の器を広げるチャンスとなる。

最後に…

このように日常生活の中に自分の器を広げるきっかけは数多く存在します。
でも「学ぼう」とか「成長したい」という意志がなければ何事もなく過ぎ去ってしまうのが日常です。

・ありのままを受け入れられない
・どうでもいい事にこだわる
・人からの評価が気になる
・時間に縛られている&相手のせいにする
・視野がせまい

そんな自分を変えたいと思うのであれば、こうやって意識的に過ごす毎日が、あなたの器を育み「受け入れる」ことも自然とできるようになっていくと思います。

参考になれば何よりです。


☆あなたの心を自由にする無料レッスン

この自分軸を書いている仲間たちが体験したように…。

スピリチュアル大学あなたの人生のステージを引き上げる学びを体験してみませんか?




◆幸せなはずなのに、なぜか心が満たされない…

◆この人生でまだやり残している大切なことがあるんじゃないか…

◆漠然と出てくる不安や恐れ、怒りをどうやって解放したらいいのか…

◆「こうあるべき」に縛られた窮屈な人生からなかなか抜け出せない…



解決の糸口を見いだせなかった問題も、それを作ったステージより高いステージから見下ろすとカンタンに答えに辿りつけることがよく起こります。なぜなら、問題の原因と結果の因果関係が見いだせるようになるからです。

それによりあなたが手にするものは、物事に翻弄されず、冷静に全体を俯瞰できる広い視野心のゆとり。さらにさらに、あなたを縛ってきた根本原因を解放することで、自由にキラキラと輝いて生きられる理想の自分へとシフトすることだってできるのです。

今なら7日間無料でご参加いただけます。

2007年4月の開校以来、延べ20000件以上の具体的な実践方法を提供し続けてきた学長が、スピ大生以外に初めてその機会を提供させていただきます。

参加方法はカンタンです。お名前とメールアドレスを登録するだけ。

自分史上、最も輝くあなたと出会う始まりの7日間特別講座をお届けします。




▼実際にお届けする内容はコチラです。

本 日 望むことがなかなか現実化しない理由とは?
****
2日目 望む現実を創り出すことができる人はみなある秘密を知っている
****
3日目 天才に共通する秘密とは?
****
4日目 私たちが生まれてくる理由とは?
****
5日目 生まれてくる前に用意してきた設定と運命の分岐点とは?
****
6日目 習慣化されたネガティブ回路を書き換えるワーク
****
7日目 自らを縛ってきた制限を解放して心の自由を手に入れる!




学長の言葉が、あなたの中に眠っていた答えを引き出し、スッと心が軽くなるのを感じられた瞬間

「こんなに自分を縛っていたのか…」と驚かれるかもしれません。


気づいた分だけ軽くなる、あなたの心を自由にするレッスンの始まりです。




◆オープンスクール無料登録はこちら




※ワンクリックで簡単に解除できます。安心してご参加ください。





SNSでもご購読できます。

  • LINEで送る

コメントを残す

*