離婚しない選択~問題を乗り越えた先に観える幸せに向かって~

最近ネットニュースを見ていたら、こんな記事に出くわしました。
【結婚・離婚の幸福論】「ますだおかだ」岡田夫婦に共感!? 子育てを終えた夫婦が離婚するとき…

この記事を読んだとき私は、ものすごい違和感に襲われました。

岡田夫妻は、別居はされてありますが離婚はされていません。そのことを考えたとき、私の中で「夫婦に温度差が生じたとき、『別れる、別離、離婚』の方向に持っていこうとする、一般的な考え方、解釈の仕方になるのは一体なぜなんだろう?」という疑問が生じたのです。

簡単な言葉にすると「え?今の夫婦って、温度差を感じただけで離婚するの?」というものでした。

今日は、この違和感・疑問に迫り、この世の中がなぜこうも“別れさせたがり”“争わせたがり”、トラブルの方向へ行ってしまうのか?自身の結婚観も含めて切り込みたいと思います。

そして、今「離婚しようか迷っている」と思っているあなたへ…。

「結婚して紆余曲折、子育て中もドタバタ劇、子育て終わってほっと一息ついたら今度は温度差で離婚?!」なんて世間の、なんとなくに流されてしまって離婚?みたいなことにならないための生き方があるよ!のご紹介です。

続きを読む


長続きカップルの秘訣!好きな人とずっと仲良くいられる究極の方法

好きな人とずっと一緒にいたい。本当はわかりあってお互いを尊敬しあうような関係性を築きたいのに、会えば喧嘩ばかりしてしまう。

どうしたらずっと仲良くお互いを思い合える長続きカップルでいられるの?そんな悩みを抱えているあなたへ。

今日はこの世の男性と女性の仕組みから始まって、好きな人とずっと仲良くいられる根本的な方法を紐解いていきたいと思います。

きっと女性なら、好きな人と共に思い合い、支えあって生きていきたい、と一度は思ったことがあるかもしれません。もちろん、女性だけじゃなくて、男性の皆さんも。^ ^

あたり前なことですが、この世は、男性と女性、二つの性があります。神話の世界では、両方の性を兼ね備えた両性具有の存在もいますが、でもきっと今これを読んでくれているあなたは、「女性」か「男性」のどちらかですよね。^ ^

こんな風にこの世に2つの性があるのは、きっと二つに分かれた方がよい理由があるのだろう!と私は考えてみました。するとその奥に、好きな人とずっと仲良くいられる道を見つけたのです。

今日はその、好きな人とずっと仲良くいられる究極の方法をご紹介しましょう!

続きを読む


忙しい毎日を心から望む日々に変える鍵は感情にある!

私:「ねぇねぇ・・・この日空いてる?久しぶりにお茶でもしよう~~!!」

彼女:「あーーダメだぁ。。。打ち合わせ入ってる!!ごめーん」

私:「そっか。。じゃあ、この日は?」

彼女:「・・・・ごめん、そこも仕事。。あ~~忙しいっ。。ごめん。。」

私:「そうなんだぁ~~」(がっかり・・・。)

仕事が順調な彼女のスケジュール帳は空いてるスペースがほとんどありません。

仕事だけではなく、オフの日もスケジュール帳には予定がすでにいっぱいです。

お茶の誘いをふられてしまった私はもちろんがっかりですが、うつむき加減に「忙しい・・・」とため息をもらすようにスケジュール帳をそそくさと閉じる彼女はちょっとお疲れの様子。。。

「忙しい」は漢字では心を亡くすと書きますがまさにそんな感じです。

「忙しい」が口癖になっているとしたら、実は、そこには隠れている感情が必ずあります。

その隠された感情はあなたに気づいてもらうのを待っています。なぜなら「感情」があなたを本来の輝きに戻す鍵を握っているからです。

その感情が癒されるとうつむき加減だったあなたの心は日に日に明るくなっていきます。

そしてあなたは自分自身の心からの望みに気づき自然とそれを叶える道を選択し新たな一歩を踏み出します。

続きを読む


波動を上げてストレスをなくす!自分でできる簡単3ステップ

最近、何となく元気がなくて気が重い。
イライラすることが多くて家族にあたってしまったり、不機嫌になってしまう。

そんなストレス状態のときは波動が下がっているので表情は暗く、話すことはネガティブなことが多くなります。そして周りにも愚痴や不満を言う人が増えてきます。

いくら気持ちを立て直そうとしても、愚痴や文句を聞かされるとますますストレスを感じて波動が下がりますよね。それはある意味仕方ないことなのです。

すべてのものは波動ですから感情や思考も波動です。ですから波動の低い愚痴や不平不満などを聞かされることは、話し手だけでなく聞き手の波動も下げて気分を重くします。

物質も自然界も、人間をはじめとする動物も、私たちの感情も思考も大元は波動です。そして、自分の波動に合ったものが引き寄せられます。

つまり体験していることは、自分の波動と共鳴して引き寄せられたことですから、現実は自分の波動のバロメーターでもあります。

私たちは意識的にしろ無意識的にしろ、たえずお互いの波動で影響し合っています。それはいつも一定ではなく、日々何度も上がったり下がったりしながら他に影響を与えています。

そう考えると、今の自分の波動は高いのか低いのか気になりますよね。波動を自分で測ることができて、波動を上げると何を引き寄せるのかを知っておきたいですね。

まずは、あなたの波動の状態を知ることからチャレンジしてみましょう。

続きを読む


元氣が出ないとき役に立つ!元氣の出る3つの方法

元氣が出ないとき、みんなどうしているのかなあ?

元気が出ないときどうしてる?30代前半の娘に聞いてみた。

音楽を聴く。日記を書く。と答えた。他には?なしっ!と即答。

娘は、自分なりの元氣を出す方法を会得しているようだ。

実は、わたし自身が元氣が出なくなったとき、元氣の出ない人と元氣の出ることを共有したい、と思った。

自分が元氣が出ないとき、自分と同じように元氣の出ない人たちのことを思う。そう、傷ついた分だけ人はやさしくなれる、と同じように。

元氣が出ないのは嫌だけれど、人のことを思いやれる、という特典をゲットできる。やさしさのポイントがたまる。器が大きくなる。元氣が出ないことも、考え方1つで、プラスに変えられる。

人生はオセロゲーム。元氣が出ないことをプラス(白)に変えることもできるし、マイナス(黒)のままにすることもできる。白にするか黒にするかで、人生はまったく違ってくる。白はポジティブに、黒はネガティブに、人生が進んでいく。人生は、オセロゲームをするように、自分でコントロールできる。

元氣を出す方法。元氣が出ないというマイナスをプラスにひっくり返し自分のパワーにする方法。

この2つの方法をご紹介したいと思います。

続きを読む


自分が何をしたいのかわからない君へ…3つのcheckpoint

ときどきふと…、自分が本当は何をしたいのか?わからなくなるときってありますよね…。

親が「一生懸命勉強して、成績上げていい高校・大学に入って、いい会社に入って安定した収入得て、いい社会人になりなさい!」と言うから、ずっと頑張ってきた…。

今まで、がむしゃらに勉強してきたけど、言われた通り生きてきたけど、最近なんだか心にぽっかり穴が開いたように何をしても空しいだけなんだけど…。これから先、自分がいったい何がしたいのか?わからない…。

こんな境地に陥ったことがありませんか?
あまりに周りの環境や人々に囚われすぎて、自分で考える時間もなかった君へ…。

今ここで、大きく深呼吸してリラックスしてみましょう!

今まで、言われるがまま突っ走って生きてきた人生に一息ついて、是非チェックしてもらいたいことがあります!視点を変えることで、何もかものしがらみから解き放たれる瞬間があります。

その体験をしてもらいたい!そんな気持ちで、この記事をしたためてみました♪

続きを読む


感謝したいけどできない人も本当の感謝を知ると人生が変わる!

うまくいった日は幸せを感じ、うまくいかなかった日は、そこから学ぶものがあったことに感謝できる..そんな生き方ができたら、穏やかにいられるだろうなあ~と思いました。

でもそうはいっても、心に不満や文句、何かが足りないという気持ちが止められないのはどうしてでしょう~?いったい私たちは、どうやったら、いつも心穏やかに感謝と優しさの気持ちで生きられるのでしょうか?

感謝はするものではなくて、心から自然に沸き上がる感情だったのです。でも感謝を感じられないのにもちゃんと理由があります。その理由に気づき、ある実践をしていくことで、誰でも感謝を感じて生きられるようになれます!

感謝を感じられると、全てを反転させ、なんでも上手くプラスに展開させていくことができます。さらには、次々に願いも叶うのです!ここではその理由と、感謝が湧かない人も、感謝ができるようになる考え方とその具体的な実践方法をご紹介しましょう。

続きを読む


不安がスッキリ!究極の「心のクリーニング」を身につける

ずっ〜と気になっていることってありますか?

随分前の出来事なのに「失敗だった〜〜」

「あんなこと言わなければよかった」

「あそこでどうしてイヤと言えなかったんだろう」

「○○さんに話したら、私だったら絶対そんな選択はしないよ!」とびっくりされた。

「私ってどうしてこうなんだろう。。。」と
思い出すたびに気持ちが沈んでしまう。

そんな気持ちがあるとどんなに時間が過ぎてもそれを思い出しただけで憂鬱になってしまいますよね?
どんなに前向きに行動を起こしたとしてもひと休みしたとたんモヤモヤ〜〜っとどこからともなく
いやぁ〜〜な気分になってしまう。
それなんです!
不安のモヤモヤが消えてない証拠ですよね!

不安は部屋の汚れやゴミと同じで気づいたら捨てないとずっとそこにあります。
汚れを見つけてきれいに掃除する!そうして初めて
スッキリに変えることができます。

部屋のお掃除もプロに頼むと見違えるようにスッキリするのと同じで
この不安のクリーニング方法はプロ級!究極のものです!

これが身についてしまえば簡単に毎日がワクワクの連続!

鏡に映るあなたの顔が笑顔に変わります。

続きを読む


面倒くさいが教えてくれる新しい自分発掘のたった1つの方法

「あ~面倒くさい!」
「なんかやりたくなあい!」

面倒くさいと思うと、やらなければならないと分かっていることでも後回しにしてしまいます。面倒くさいと思わなければいいのでしょうが、気づくと面倒くさいモードになっています。

この面倒くさいという得体の知れないものは、ゆるいネガティブ感情のひとつです。決して激しいものではありませんが、あまり気持ちのいいものではありませんね。

そして面倒くさいというイメージは怒りのように激しくもなく、不安のようにはっきりしてるわけでもない。別に気にしなくてもいい普通にある大したことない感情だと思われています。

けれど面倒くさいという感情は激しさこそないものの、結構あちこちに伝染します。放置しているといろんなことに面倒くさいがはびこって、面倒くさいがすべてになってしまう。言い換えれば、すべてのことが面倒くさくなってしまうのです。

困った感情ですが、厄介な面だけではありません。面倒くさいはあなたの未知の部分を開拓してくれる頼もしい感情でもあります。

この際、面倒くさいの火種を新しい自分発見の材料にしてみませんか?

続きを読む


「アウト・オン・ア・リム」は願望を叶えるおまじない!

「アウト・オン・ア・リム」は願望を叶えるおまじない!ってどういう意味!?と思われたかもしれません。

スピリチュアル界のレジェルト本といってもいいであろう、ハリウッドの大女優シャーリマクレーン著「アウト・オン・ア・リム」。

この本が火付け役となり、世界的なスピリチュアルブームが巻き起こりました。

「アウト・オン・ア・リム」とは「果実、すなわち”真理”を得るためには、枝の先まで危険を冒して登らなければならない」という意味だそうです。

その意味がストンと腑に落ち、問題に直面したとき、いつも思い出していました。

この世の仕組みを知っていくほど、「アウト・オン・ア・リム」の意味の真実性が、どんどん強くなっていきました。ついには、「アウト・オン・ア・リム」というタイトル自体が本一冊分の内容がある、と感じるようになりました。

「アウト・オン・ア・リム」は心から望む願望を叶えるための、格別な言葉になりました。強力で壮大な鍵であり、おまじないです。

最近さらに、「アウト・オン・ア・リム」の意味はここまで深く意図されているものだったのか!?ということに氣づき、驚きました。

ト・オン・ア・リム」が、なぜ願望を叶える鍵でありおまじないなのか、さらに驚いたこととはなんなのか、みなさんと共有したいと思います。

「アウト・オン・ア・リム」のエネルギーを使って、心から望む願望を叶えませんか。

続きを読む